「仲間由紀恵」とは?

関連ニュース

「明日の約束」監修のカウンセラーが明かす、親子問題という永遠のテーマ - 12月12日(火)12:00 

12月12日(火)放送の「明日の約束」(夜9:30-10:24、フジ系※変更あり)第9話では、主人公の日向(井上真央)をはじめとする登場人物たちが、自分の抱える人間関係に正面から向き合い、それぞれの決断を下していく。 【写真を見る】ラスト2話!尚子(手塚理美)と日向(井上真央)の”親子関係”の行方に注目‼/(C)カンテレ 同ドラマは、高校のスクールカウンセラー・日向(井上)が、人間関係に葛藤しながら男子生徒の吉岡圭吾(遠藤健慎)の死の謎を究明するヒューマン・ミステリー。 第8話では、これまで日向を支えてきた霧島(及川光博)の”裏の顔”が明らかになり話題に。そんな中、第9話で日向は、両親からの愛情不足という”親子問題”を抱える恋人・本庄(工藤阿須加)との関係にある結論を出し、「私はお母さんの所有物じゃない」と言い切った母親・尚子(手塚理美)とも深く向き合おうとする。 一方、息子・圭吾の自殺の原因として名指しされ、追い込まれた真紀子(仲間由紀恵)は、「ちゃんとした家族を作りたかった。私はどこで間違えたのか?どこがいけなかったのか?」と絶望する。 そんな真紀子について、本ドラマの監修も行う床心理士でスクールカウンセラーの鈴木水季氏は、「親は子のために一生懸命なのです。子供を強くコントロールしてしまう母親は実はすごく頑張り屋さんで、自分の気持ちを押し殺している人が多い。真紀子も自分のことを...more
カテゴリー:

「明日の約束」8話。ほんのわずかな希望が見えたが、工藤阿須加だけは救われる気がしない、ミッチーは怖い - 12月12日(火)09:45 

フジテレビ系「明日の約束」(火曜21時~ 制作カンテレ)8話。真紀子(仲間由紀恵)の放置児・英美里(竹内愛紗)が、真紀子から離れるという選択をした。これは、第1話の希美香(山口まゆ)のときと同じケースだ。1話の希美香を振り返る「明日の約束」1話で、希美香は母親を捨てた。希美香の母・麗美(青山倫子)は離婚後、男遊びに夢中で希美香を放置していた。ネグレクトというやつだ。希美香は、母親に構ってもらいたくて万引きをして注意を引こうとするが、失敗。最終的に選んだのは、「母親を捨てる」という選択肢だった。これを正解と言い切るのは難しいが、希美香がポジティブになれたのは、間違いなくこの選択をしたからだ。希美香からの影響英美里は、物語を大きく動かすとんでもない行動に出た。母・真紀子が死んだ圭吾(遠藤健慎)の部屋を盗聴し、さらには圭吾の行動を縛っていた証拠の音声を週刊誌の記者・小嶋(青柳翔)に売ったのだ。これで真紀子の援護をしていた「鎌倉からイジメを根絶する会」は、この件から手を引く。ネット上は、真紀子の悪評で溢れた。「もう児童相談所にはメールした。母親はネグレクト、父親は愛人作って別居状態。こんな家じゃまともに生きていけません。結局、私のことは見てくれなかったし、声も聞いてくれなかった」英美里が両親に向けて言ったセリフ。全てをぶち撒けるという、真紀子の視界に入るための最後の賭けだ。現時点で真紀子に...more
カテゴリー:

【芸能】米倉涼子「ドクターX」のギャラは1話あたり500万円と推定 - 12月10日(日)21:42  mnewsplus

ギャラ一覧 「ドクターX」で主演を演じる米倉涼子の1話あたりのギャラをFLASHが伝えた 推定500万円で、秋ドラマ出演女優たちのなかで断トツの1位だという 「現在のテレビ局に出演する全女優中のトップに上りつめた」と民放関係者  断トツの1位は『ドクターX~外科医・大門未知子~第5シリーズ』(テレ朝系)で主演・天才外科医を演じる米倉涼子(42)。一話あたりのギャラは500万円。 「現在のテレビ局に出演する全女優中のトップに上りつめた。平均視聴率20%を超える局のドル箱番組だけに、ロスで制作発表をおこなうなど、“...
»続きを読む
カテゴリー:

お笑い芸人から役者に目標変更!堀家一希「お芝居でも面白いことができる」【U-22美男子名鑑】 - 12月08日(金)12:00 

この冬、ドラマ&映画出演する22歳以下限定の期待度高な“イケメン”俳優を紹介する「美男子名鑑」シリーズ。今回は、現在放送中のドラマ「明日の約束」(フジ系)では初の連続ドラマレギュラー出演を果たした堀家一希。ドラマ「ラストコップ」(2016年日本テレビ系)で俳優デビュー。その後、ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(2017年フジ系)、「貴族探偵」(2017年フジ系)、映画「トモダチゲーム 劇場版FINAL」などに出演作品を増やしている彼に20問20答を直撃! 【写真を見る】ドラマ「CRISIS―」(2017年フジ系)で、平成維新軍の一人・正一として熱演!/撮影=コザイリサ ■ Q1:役者になろうと思ったきっかけと、現在の事務所に入ったきっかけを教えてください。 役者になろうと思ったきっかけは、「ザ・マジックアワー」(2006年)という映画を見て、お芝居って面白いことができるんだなと思い、役者を目指しました。事務所に入るきっかけになったのは、母がオーディションを見つけてくれて、「行ってみる?」ということで受けたことですね。僕、地元が岡山県なんですけど、3年間は大阪にある育成所に通って、高校卒業とともに上京しました。そこからレプロエンタテイメントで、少しずつ活動させてもらっています。 ■ Q2:ご自身の魅力は何だと思いますか? 台本をたまに書いたりしています。そういったところ、...more
カテゴリー:

ショック「明日の約束」7話。工藤阿須加がなんでDVに至ったのか考えてみよう。まさかの二重人格説浮上 - 12月05日(火)09:45 

フジテレビ系「明日の約束」(火曜21時~ カンテレ制作)第7話。ず~っと良い人だった日向(井上真央)の婚約者・和彦(工藤阿須加)が、ついに本性を現した。何かしらの闇を抱えているのは、公式ホームページの「特殊な環境の中で複雑な感情を抱きながら生きてきた」という人物紹介から読み取れていたが、急にDV男になってしまうとは。爽やか工藤阿須加ファンは、さぞかしショックを受けたことでしょう。暴力を振るった理由とキレた理由結婚するに当たって、お互いの親を会わせるための食事会を設けた日向と和彦。しかし、日向は仕事のトラブルで、来られなくなってしまう。ずっと待っていた母・尚子(手塚理美)に電話で罵倒された日向は、そのことで和彦に愚痴をこぼす。仕事のことには一定の理解を示す和彦だったが、親を悪くいう日向に暴力を振るってしまう。ずっと良い人で、ずっと日向の言葉を尊重してきた和彦が、なぜいきなりDVを行ってしまったのか。公式ホームページのキャラ紹介の欄に「兄の家庭内暴力を目の当たりにする」とある。おそらく和彦は、兄の生で暴力というものが脳裏に焼き付いてしまったのではないだろうか。和彦は、兄の暴力に強い嫌悪感を示していたはずだが、日向に本気で怒りを感じてしまったことで、暴力という間違った説得方法を思い出してしまったのだ。とてつもない良い人がたまに怒ると、キレ方がわからずにグダグダになるということがあるが、和...more
カテゴリー:

仲間由紀恵演じる母は"毒親"だったのか…ドラマ監修「実はすごく頑張り屋」 - 12月12日(火)12:00 

女優の井上真央が主演するカンテレ・フジテレビ系ドラマ『明日の約束』。きょう12日(21:30~)に放送される第9話では、それぞれの登場人物たちが、決断を下していく。
カテゴリー:

【試写室】「明日の約束」食わず嫌いしていたら確実に後悔するドラマ - 12月12日(火)05:00 

「普通そうな人間が一番怖い」というのはかなり的を射た言葉な気がする。 【写真を見る】霧島(及川光博)の過去についても明らかに! ミッチーの表情が怖い…/(C)カンテレ それこそ見た目からして怖そうな人や見るからに怪しい人に限って実はいい人だったり、そういうフィルター越しに見ているからこそちょっとしたいいことをされただけで、「あ、あんちゃん…」と逆転でいい印象になったりする。 サスペンスでよく「こいつ犯人なんじゃない?」と最初に疑われる人は全然悪い人じゃなかったり、「ポロリ」という文字だけに釣られてよく読んだら「涙がポロリ」な話だったり、“ミスリード”やギャップって大事なんすよ。 各局で放送されているドラマやバラエティー、アニメなどを事前に完成DVDを見て、独断と偏見とジョークに満ちたレビューで番組の魅力を紹介する、WEBサイト・ザテレビジョン流「試写室」。 今回はいろいろな人が、「いい人に見えた人けど実は…」という裏の姿を見せてきた、毎週火曜夜9時から放送中の井上真央主演ドラマ「明日の約束」(フジ系)を取り上げる。 同ドラマは、井上演じる高校のスクールカウンセラー・藍沢日向が、ある不登校の男子生徒の不可解な死の原因を究明していくヒューマン・ミステリー。 “毒親”ともいえる過干渉な母親とのいびつな関係に悩んで育ってきた日向は、生徒の死からさまざまな問題と向き合い、人の心の闇と対峙(た...more
カテゴリー:

若槻千夏が声優を目指す理由告白にネットでは「声優なめんな!」と激怒 - 12月10日(日)21:00 

タレントの若槻千夏が、8日放送の『有吉ジャポン』(TBS系)で声優を目指していることを明かしたが、その志望理由について一部で批判が集まっている。 同番組では「初公開!若槻千夏 あえて今密着したらスゴかった!」というタイトルで、若槻の私生活に48時間密着する模様を放送した。 その中でボイストレーニングを行っている姿も映されたが、その理由について「私、声優になりたいんです」と明かした。 声優を脂肪した理由について聞かれると、若槻は「(芸能界に)復帰して今後のプランを見た時に、今から基礎作りをして歌える声優になれたら、(仕事の)幅が広がるんじゃないかなって」と答えた。 ◆正直に理由を告白したため炎上? VTR明け、スタジオにいた若槻は、「(声優さんの仕事は)本当にガチ」と声優の仕事をリスペクトしつつも、「声優さんって極めれば息が長いじゃないですか?」とコメントした。 ある意味正直な理由とも言えるが、芸能界に長く居たいから声優を目指していると取られてしまったためか、女性向けネット掲示板「ガールズちゃんねる」では、多くの辛らつな意見が並んでいる。 「止めろ。プロの声優さんに失礼だ」 「そんなあまっちょろいもんじゃない」 「ツテがあって仕事が貰えても、本当に上手でなければ世間は認めない。作品が安っぽく見えそう」 「声で食べていけるのは羨ましいけど、厳しい世界みたいだよ」 「声優って顔がわから...more
カテゴリー:

仲間由紀恵演じる毒親、窮地に立たされ号泣「かなりのショックを受ける」 - 12月05日(火)12:30 

女優の井上真央が主演するカンテレ・フジテレビ系ドラマ『明日の約束』(毎週火曜21:00~)。きょう5日に放送される第8話では、仲間由紀恵演じる"毒親"が、窮地に立たされる。
カテゴリー:

工藤阿須加『明日の約束』で怪演「怖すぎて震えてる」「顔やばい」との反響に満足気 - 12月01日(金)21:00 

井上真央主演の連続ドラマ『明日の約束』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)に出演している工藤阿須加から、コメントが到着した。本作は、井上演じる主人公・日向が人間関係に葛藤しながら、男子生徒・吉岡圭吾(遠藤健慎)の死の謎を究明するヒューマン・ミステリー。仲間由紀恵演じる圭吾の母・真紀子は、過干渉で束縛の激しい“毒親”と言われる存在で、息子の死を学校のバスケ部のいじめが原因だと考え、マスコミや弁護士をも巻き込んで日向らを攻撃。そんな中、学校関係者や生徒が次々に何者かに襲われる事件も発生している。日向の恋人で心のよりどころとなる好青年・本庄和彦役を演じてきた工藤。しかし第7話で、日向が過干渉な母・尚子(手塚理美)について愚痴をこぼしていると、本庄の表情がこわばり、日向を突き飛ばしたあげく髪を掴んで「親を悪く言うな」とすごみ、豹変ぶりを見せた。これまで、工藤は爽やかな好青年役が多く、これまでのイメージを覆すような一面を見た視聴者はネット上で「怖すぎて震えてる」「かなりショック」「あんな顔、声できるのやばい……」などと驚きの声を上げた。この反響に対し、工藤は「そう思って頂けて良かったです」と満足気。「監督と“キレる”“暴力をふるう”行為を本庄ならどうするかと話し合い、日向の髪をつかむのが良いのではないかとなりました。殴るよりも、髪を掴まれるショック、恐怖の方が強いと思ったんです」...more
カテゴリー:

もっと見る

「仲間由紀恵」の画像

もっと見る

「仲間由紀恵」の動画

Wikipedia

仲間 由紀恵(なかま ゆきえ、1979年10月30日 - )は、日本の女優、タレント沖縄県浦添市出身。プロダクション尾木所属。夫は俳優田中哲司

プロフィール 経歴

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる