「仲間由紀恵」とは?

関連ニュース

『相棒16』初回15.9% 前年より微増、安定の好スタート - 10月19日(木)10:00 

 俳優の水谷豊、反町隆史が出演するテレビ朝日系ドラマ『相棒season16』(毎週水曜 後9:00)の初回拡大スペシャル「検察捜査」(~10:24)が18日に放送され、番組平均視聴率が15.9%だったことがわかった(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)。前シーズンの初回15.5%をわずかながら上回る好スタートとなった。 【写真】相棒ワールドに田辺誠一も仲間入り 検察官・田臥  2000年6月3日に「土曜ワイド劇場」でスタートし、2002年から連続ドラマ化され、シーズン16が開幕。シーズン15の最終回(17年3月22日)までの全286話の平均が16.2%を誇る、21世紀の日本のドラマを代表する作品となっている。  シーズン14の初回(2015年10月)より登場した、杉下右京(水谷)の4代目・相棒の冠城亘(反町)とも3シーズン目になる初回は、歴代の妻3人の殺害容疑で警視庁に勾留中の大富豪・平井陽(中村俊介)が、捜査員から自白を強要されたとして、特命係の杉下、冠城、捜査一課の伊丹憲一(川原和久)、芹沢慶二(山中崇史)の4人を「脅迫」の罪に問う告訴状を提出した、というところから物語ははじまった。  平井の訴えの真偽はともかく、警視庁が身内の警察官に対する告訴状を受理するはずもなく、4人は不問に付されるはずだったが、サイバーセキュリティ対策本部の青木年男(浅利陽介)がこの情報...more
カテゴリー:

【芸能】仲間由紀恵の「劣化」が出演ドラマで露わに - 10月18日(水)22:28  mnewsplus

連続ドラマ『明日の約束』(フジテレビ系)が10月17日から始まり、初回の平均視聴率が8.2%(関東地区)だったことが18日にビデオリサーチの調べでわかった。 このドラマは、井上真央が大河ドラマ『花燃ゆ』(NHK)以来、約1年10カ月ぶりに連続ドラマで主演する話題作だ。井上が演じる高校のスクールカウンセラーが、 学校で巻き起こるさまざまな問題や事件の謎を追う。 藍沢日向(井上真央)はある日、不登校が続く1年生の吉岡圭吾(遠藤健慎)の家庭訪問を、担任の霧島(及川光博)と行う。吉岡の母の真紀子(仲間由紀恵)は、 ...
»続きを読む
カテゴリー:

小栗旬、父・哲家さんと初共演  哲家さんは「気恥ずかしくて、は、は、は」 - 10月18日(水)11:39 

 師走の風物詩、ベートーヴェンの「交響曲第9番」、通称「第九」を1万人が合唱するコンサート「サントリー1万人の第九」。1983年に始まり35回目を迎える今年、朗読ゲストとして俳優の小栗旬が出演することが、18日分かった。  「サントリー1万人の第九」は、小栗の父で舞台監督の小栗哲家(てつや)さんが演出を務める。哲家さんは、99年(第17回)から「サントリー1万人の第九」の演出を担当。ともに活躍中の2人だが今まで同じ舞台に立ったことはなく、今回“親子共演”が初めて実現することになった。総監督・指揮は、世界的指揮者の佐渡裕さん。   2013年から始まった “詩の朗読”では、第九の第四楽章で合唱されるシラーの詩「歓喜に寄せて」を翻訳した「よろこびのうた」を、朗読ゲストが1万人の前で読み上げる。これまで、仲間由紀恵、井川遙、栗山千明、佐々木蔵之介などが朗読ゲストを務めてきた。  小栗は「自分と同じ月日を生きてきている公演に参加させていただけることに、運命的なことを感じています。35回目の公演に少しでも花を添えられるように頑張りたいと思います」、哲家さんは「ビックリしています。どのような顔をして打ち合わせしていいのか。気恥ずかしくて、は、は、はです。しかしながら、少し心配です」とちゃめっ気たっぷりのコメントを寄せている。【関連記事】 ・小栗旬、デニムのこだわり明かす 重要視するのは「着心地...more
カテゴリー:

小栗旬『1万人の第九』で朗読 父・哲家氏演出のステージに初出演 - 10月18日(水)10:32 

 俳優の小栗旬(34)が、年末恒例『サントリー1万人の第九』に今年の朗読ゲストとして出演することが18日、明らかになった。舞台監督の父・哲家(てつや、68)氏が演出するコンサートに初出演を果たす。 【写真】小栗旬、妻・山田優の手料理&愛娘と親子ショット  1983年に始まり、今年35回目となる同イベントは、ベートーヴェンの「交響曲第9番」、通称「第九」を1万人が合唱するコンサートで、世界的指揮者の佐渡裕が総監督・指揮を務める。合唱団は一般人から参加者を募り、各地でのレッスンを経て本番に挑む。毎年12月の第1日曜日に行い、今では年末に欠かせない行事の一つ。2013年から始まった “詩の朗読”では、第4楽章で合唱されるシラーの詩「歓喜に寄せて」を翻訳した「よろこびのうた」を朗読ゲストが1万人の前で読み上げ、これまで仲間由紀恵、井川遙、栗山千明、佐々木蔵之介が朗読を務めてきた。  今年の朗読を担当する旬と演出の哲家氏が、同じ舞台で仕事をするのは今回が初。旬は「自分と同じ月日を生きてきている公演に、参加させていただけることに運命的なことを感じています。35回目の公演に少しでも花を添えられるように頑張りたいと思います」と意気込み。一方の哲家氏は「ビックリしています。どのような顔をして打ち合わせしていいのか。気恥ずかしくて、は、は、はです。しかしながら、少し心配です」と息子との“初共演”...more
カテゴリー:

井上真央主演『明日の約束』初回は8.2% - 10月18日(水)09:47 

 女優・井上真央が主演する関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『明日の約束』(毎週火曜 後9:00※初回20分拡大)第1話が17日に放送され、初回平均視聴率が8.2%だったことがわかった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。関西地区では9.6%だった。 【劇中写真】2年ぶり主演の井上真央はスクールカウンセラー役 井上にとって約2年ぶりの連ドラ主演となる今回、主人公で高校のスクールカウンセラー・藍沢日向(井上)が、親子をはじめとする人間関係に葛藤しながら、男子生徒の不可解な死の謎を追うオリジナルヒューマンミステリー。子どもに対して過干渉やネグレクト(育児放棄)などネガティブな言動を続ける“毒親”を題材として取り入れている。  第1話では、不登校が続く1年生の吉岡圭吾(遠藤健慎)のことが気になる日向は、クラス担任の霧島直樹(及川光博)と家庭訪問をする。圭吾は母・真紀子(仲間由紀恵)とともに明るく2人を出迎えるものの、自分たちの前で決して笑顔をくずさない圭吾の様子に気付く日向。やがて真紀子は一枚の診断書を取り出し、イジメが原因で圭吾が“軽いうつ”を患っていると、イジメに気付かなかった学校側の対応を非難する。しかし日向は、原因は学校だけでなく、真紀子にもあるのではないかと疑う。 【関連記事】 【写真】大胆な肩出しドレスで抜群のスタイルを披露した井上真央 【写真】仲間由紀恵、新川優愛ら...more
カテゴリー:

【舞台】小栗旬、父・哲家さんと初“共演”  哲家さんは「気恥ずかしくて、は、は、は」 - 10月19日(木)05:59  mnewsplus

2017年10月18日 / 11:39 小栗旬、父・哲家さんと初“共演”  哲家さんは「気恥ずかしくて、は、は、は」  師走の風物詩、ベートーベンの「交響曲第9番」、通称「第九」を1万人が合唱するコンサート「サントリー1万人の第九」。1983年に始まり35回目を迎える今年、朗読ゲストとして俳優の小栗旬が出演することが、18日分かった。  「サントリー1万人の第九」は、小栗の父で舞台監督の小栗哲家(てつや)さんが演出を務める。哲家さんは、99年(第17回)から「サントリー1万人の第九」の演出を担当。ともに活躍中...
»続きを読む
カテゴリー:

「明日の約束」、及川光博が井上真央の相棒役を熱演! - 10月18日(水)13:30 

井上真央主演ドラマ「明日の約束」(毎週火曜夜9.00-9.54、カンテレ・フジ系)に出演する及川光博が、自身の役どころや現場でのエピソードを語った。 本作で、ミッチーが新米スクールカウンセラーを演じる井上真央の”バディ”に!/(C)カンテレ 同ドラマは、井上演じるスクールカウンセラー・日向が、親子関係をはじめとする人間関係に葛藤しながら、生徒の不可解な死の謎を追うヒューマンミステリー。 及川は、生徒の死をきっかけに疲弊していく日向に寄り添う、数学教師の霧島を演じる。 自身の役どころについて及川は、「霧島はプロの教師。もしくはプロに徹しようとする男です。人当たりも良く、生徒やその両親の感情に振りまわされることなく問題に対処する、デキる男です。 そして、生徒の死と向き合う日向の相棒役。昔取ったきねづかで相棒役には慣れていますので、真央ちゃんをしっかりサポートしていきたいです!」とコメント。 また、主演・井上の現場での様子を、「真央ちゃんは男らしいところがあるんです。現場の雰囲気がダラっとしたときや、スタッフの準備が終わって撮影を再開するときに声を掛けたりして、座長として士気を高めてくれます」と明かした。 また、今作の撮影に臨むにあたり「このドラマがクランクアップするまで『日本酒断ち』をします! 代謝が落ちていく中、早朝の撮影で”むくミッチー”になってしまうのでそこは気をつけたいです(笑...more
カテゴリー:

井上真央主演ドラマ『明日の約束』、仲間由紀恵の毒親ぶりが「怖い」と話題に - 10月18日(水)11:05 

 井上真央主演の新ドラマ『明日の約束』(フジテレビ系/毎週火曜21時)が17日に放送がスタートした。イジメを受けた高校生の死を巡って巻き起こるミステリーで、放送後からSNSでは井上と仲間由紀恵の迫真の演技対決が話題に。特に仲間の毒親ぶりに「仲間由紀恵」「怖い」というワードが多く寄せられている。【関連】「井上真央」フォトギャラリー  高校のスクールカウンセラー・藍沢日向(井上)は、不登校が続く1年生の吉岡圭吾(遠藤健慎)のことが気になり、クラス担任の霧島直樹(及川光博)と家庭訪問に向かう。そこで母・真紀子(仲間)から圭吾が学校でイジメを受けていることを明かされ、霧島はクラスメイトや所属するバスケ部の顧問に聞き取り調査を行うが、問題はなかったと否定される。 しかし圭吾は家出。関係者が捜索に当たるなか、日向は学校の教室で圭吾を発見すると、圭吾に突然の告白される。圭吾は学校に押しかけてきた真紀子に連れ戻されるが、翌日、日向は圭吾が自殺したことを知らされる…。 第1話からいきなりディープなストーリー展開に、放送終了後に「途中から目が離せなくなってしまった」「重そうな内容だけど見応えがあった」「一瞬たりとも…目が離せない作品でした。それと…色々と考えさせられる内容」という声が続出。 また初回から井上VS仲間の演技対決に「真央ちゃんの声のトーンとか細かい表情の演技がより物語に引き込まれていく」「...more
カテゴリー:

【視聴率】井上真央主演『明日の約束』初回は8.2% - 10月18日(水)09:50  mnewsplus

 女優・井上真央が主演する関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『明日の約束』(毎週火曜 後9:00※初回20分拡大) 第1話が17日に放送され、初回平均視聴率が8.2%だったことがわかった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 関西地区では9.6%だった。 井上にとって約2年ぶりの連ドラ主演となる今回、主人公で高校のスクールカウンセラー・ 藍沢日向(井上)が、親子をはじめとする人間関係に葛藤しながら、男子生徒の不可解な死の謎を追う オリジナルヒューマンミステリー。子どもに対して過干渉やネグレクト(育児放棄)などネ...
»続きを読む
カテゴリー:

井上真央は「僕にとってもカウンセラー」遠藤健慎、告白シーンにドキドキ - 10月18日(水)06:00 

井上真央さんが主演を務めるドラマ『明日の約束』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)が、10月17日からスタート。完全オリジナルで描く本作は、井上さん演じるスクールカウンセラー・藍沢日向が勤務する椿が丘高校で起きた、男子生徒・吉岡圭吾の不可解な死の謎を追うヒューマン・ミステリー。そのキーマンとなる男子生徒を演じるのが、注目の若手俳優・遠藤健慎さんです。現在高校2年生の遠藤さんは、映画『ホットロード』(2004年)で主人公の弟・春山強役や、映画『がらくた』(2016年)で主役を務めるなど、多数の作品に出演。本作でも、早々に謎の死を遂げてしまう重要な役どころを担っている遠藤さんに、作品の見どころや現場の様子、井上さんをはじめ母親役の仲間由紀恵さんとの共演についてなど語っていただきました。――まず、出演が決まった感想をお願いします。マネージャーさんから電話をもらって、すごくビックリしたのを覚えています。言われたことが理解出来ないというか……一瞬何がおきているのか理解するのに時間がかかりました。しだいに実感が湧いてきて、嬉しすぎて携帯を落として液晶画面を壊してしまいました(笑)。――この『明日の約束』というタイトルから何を感じましたか?明日のことが決まっているという絶対的な支配感を感じました。――台本を読んだ感想を教えて下さい。正直、この中に出てくる圭吾のお母さんの愛情が怖いなと...more
カテゴリー:

もっと見る

「仲間由紀恵」の画像

もっと見る

「仲間由紀恵」の動画

Wikipedia

仲間 由紀恵(なかま ゆきえ、1979年10月30日 - )は、日本の女優、タレント沖縄県浦添市出身。プロダクション尾木所属。夫は俳優田中哲司

プロフィール 経歴

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる