「仲本工事」とは?

関連ニュース

カンヌ映画祭コンペ部門選出 濱口竜介監督作「寝ても覚めても」30秒予告披露 - 04月20日(金)13:00 

 第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出された濱口竜介監督作「寝ても覚めても」の30秒予告が、このほどお披露目された。 ・【動画】「寝ても覚めても」30秒予告  芥川賞作家・柴崎友香氏の恋愛小説を主演・東出昌大、ヒロイン・唐田えりかで映画化。物語は、ミステリアスな自由人の麦(バク)と、優しくて誠実なサラリーマン・亮平という、同じ顔をした2人の男と、その間で揺れ動く女性・朝子の8年間を描いた物語。東出が正反対のタイプの麦と亮平を1人2役で演じ、唐田が“本当の思い”を模索する朝子に扮している。  映画音楽に初挑戦したtofubeatsの劇伴が流れる30秒予告では、違う名前と温もりを持ちながらも同じ顔をした“運命の人”を好きになってしまった朝子の苦悩をとらえている。真っ直ぐに思いを伝えてくる亮平について「亮平のこと好きやで。めっちゃ好き」と語りながらも、友人から「それって似てなかったら、好きにはならなかったこと?」とかつての恋人・麦の話題を出されて閉口する朝子。亮平もそんな彼女の気持ちに気づいたのか、「俺のこと、ちゃんと見てくれ」という痛切な言葉を投げかける。  3人の複雑な恋愛模様を通じて「人は、人のどこを好きになるのか? なぜ、その人でなくてはならないのか?」と問いかけてくる本作。「わたしは誰を愛しているの――」という朝子の葛藤を表すようなテロップも印象深い仕上が...more
カテゴリー:

野口五郎「百恵ちゃんのDNAがそこに…」三浦祐太朗とのコラボに震える - 04月18日(水)21:33 

4月28日(土)に「三宅裕司と春風亭昇太のサンキュー歌謡曲一座~モーレツにハレンチは永久に不滅です編~」(夜6:30-9:00ほか、フジテレビ系)が放送される。 【写真を見る】三浦祐太朗と野口五郎が歌い出した瞬間、スタジオの雰囲気が一変!/(C)フジテレビ 同番組は、歌謡史に残る名曲を熱唱するだけではなく、本人自ら当時の爆笑裏話などを披露する歌謡トークショー&ライブを展開。 「あの時代だからあの名曲が生まれた」をコンセプトに、1960年代から70年代にかけての日本歌謡史を取り上げ、“モーレツにハレンチ時代(1968年~69年)、“永久に不滅です時代”(1973年~74年)として掘り下げていく。 28日(土)の放送では、野口五郎と三浦祐太朗が初共演。野口のギター演奏&美し過ぎるハモりで、三浦の母・山口百恵の「秋桜」を熱唱する。 歌い出しと同時にスタジオの雰囲気が一変! 百恵と同年代のスターやアイドルだった出演者たちは目が潤み出し、小柳ルミ子が終始涙を流していた。 三浦は、母・百恵についてあらためて聞かれると「本当に今も変わらずに、芯の強い母だなと思う」と胸の内を明かす。 共演した野口は、とにかく緊張しまくりの様子で、終わってからも「参った、心で号泣した」と感慨深げに話す。 一方、三浦は「僕を通じて母を感じてもらえるのはすごく光栄なことです」と感謝の思いを述べた。 ■ 野口五郎コメント...more
カテゴリー:

本木雅弘さん・宮沢りえさん演じる伊右衛門夫妻が営む「こころの茶屋」でザ・ドリフターズにタライが落ちる!?加藤茶さん、高木ブーさん、仲本工事さんが来客 - 04月20日(金)04:00 

[サントリー食品インターナショナル株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/20192/8/resize/d20192-8-395296-5.jpg ]  新TV-CMは、「 “こころにざわつき”を抱えた現代人が、江戸時代の伊右衛門夫妻の茶屋に訪れ、お茶を飲んでホッとして心を軽...
カテゴリー:

「仲本工事」の画像

もっと見る

「仲本工事」の動画

Wikipedia

仲本 工事(なかもと こうじ、1941年〈昭和16年〉7月5日 - )は、日本コメディアン歌手ギタリスト作曲家俳優ザ・ドリフターズこぶ茶バンドのメンバー。本名、仲本 興喜(なかもと こうき)。

東京府東京市渋谷区(現:東京都渋谷区)出身山下武大正テレビ寄席の芸人たちp.243(東京堂出版、2001年)には「東京・日本橋の靴屋の倅」とある。。イザワオフィス所属。バンドでの担当はボーカルギター。血液型はA...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる