「仮想移動体通信事業者」とは?

関連ニュース

「格安スマホ」人気に陰りが見え始めた理由 | 通信 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 - 11月23日(木)06:02 

「格安スマホ」人気に陰りが見え始めた理由 | 通信 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準「格安SIM」を展開するMVNO業界に陰りが見え始めている。ただ楽天モバイルは、不振だったフリーテルを買収するなど勢いが衰えない(撮影:田所千代美) 「格安スマホ」「格安SIM」といった売り文句でここ数年、多くの加入者を獲得してきたMVNO(仮想移動体通信事業者)の成長に急ブレーキがかかっている。 MVNOは大手通信キャリアーからネットワークを借りて、通信サービスを提供する事業者だ。インフラへの投...
カテゴリー:

NTTドコモ、3年ぶり減益 助けてー格安スマホに客を持ってかれるのー!! - 10月27日(金)05:55  news

NTTドコモが26日発表した2017年9月中間連結決算は、最終利益が前年同期比7.8%減の3739億円だった。 9月中間決算としては3年ぶりの減益。格安スマートフォン事業者に対抗する割安な料金プランを打ち出し、もうけが出にくくなった。 売上高に相当する営業収益は0.5%増の2兆3001億円だった。 吉沢和弘社長は記者会見で、格安スマホを手掛ける仮想移動体通信事業者(MVNO)に関し「MVNOを傘下に持つとか、 ドコモブランドでやることは全く考えていない」と述べ、ドコモとして格安スマホ事業を...
»続きを読む
カテゴリー:

【通信】KDDI、auの顧客流出止まらず 9期連続の減少 - 11月01日(水)18:58  bizplus

 KDDIが1日発表した2017年4~9月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比1%増の3294億円だった。18年3月期の通期計画は5650億円と過去最高を更新する見通しだ。インターネット通信の大容量プランを選ぶ人が増えたことなどから、通信料収入が伸びたことが寄与した。売上高は同18%増の2兆4160億円だった。 ■auだけだと13万人減  auと傘下の格安スマホ「UQモバイル」などを合わせた契約者数は、17年9月末に2608万人と6月末に比べ5万7千人増えた。だが、本体であるauに限ってみると、9月末時点で2...
»続きを読む
カテゴリー:

「仮想移動体通信事業者」の画像

もっと見る

「仮想移動体通信事業者」の動画

Wikipedia

仮想移動体通信事業者(かそういどうたいつうしんじぎょうしゃ、)とは、無線通信回線設備を開設・運用せずに、自社ブランド携帯電話PHSなどの移動体通信サービスを行う事業者のことである。通信サービスの提供には移動体通信事業者(MNO)の卸売をうけたり、仮想移動体サービス提供者(MVNE)の機能を利用したりする。

なお、総務省による定義では、「MNOの提供する移動通信サービスを利用して、又はMNOと接続して、移動通信サービスを提供する電気通信事業者であって、当該移動通信サービスに係る無線局基地局)を自ら開設しておらず、かつ、運用をしていない者」である。

概略

移動体通信サービスにおけるOEM製品ともいえる。MVNOは、物理的な移動体回線網設備の負担なくサービスを提供できる。MNO・MVNEは、MVNOの販...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる