「仮想化」とは?

関連ニュース

セキュリティで重要な存在になる--VMwareのAppDefenceトップ - 01月19日(金)07:30 

仮想化技術のVMwareが2017年秋の自社イベント「VMworld 2017」でセキュリティサービス「VMware AppDefence」を発表した。クラウドサービス「VMware Cloud Services」ブランドの1つであり、これまでの”悪い行為を探す”というアプローチから”正しい動作を確実に”と、考え方を180度変えたセキュリティサービスだ。
カテゴリー:

NvidiaのAutoSIMは「インセプション」ばりの自動運転車用仮想環境だ - 01月11日(木)17:07 

Nvidiaは今回のCESで、沢山の新しいものを発表しているが、そのほとんどは車を中心にしたものだ。その中でも最も興味深い発表の1つがAutoSIMだ。これは、これまで世の中で実際の車を使って実際の路上で行われたものよりも、遥かに多くの時間が使われた、シミュレーションのための仮想テスト環境だ。 NvidiaのCEO、Jensen HuangはプレスQ&Aの席で、AutoSIMを(夢の中の夢を描いた映画である)「インセプション」のような仮想環境だと語った。とはいえNvidiaのAutoSIMの構造は夢ではない。仮想化されたAIエージェントが、より大きな仮想環境の中で動作するものであり、仮想化された拡張現実ソフトウェアも実行されている。 AutoSIMは本質的に、非常に強力なNvidia DGX GPUベースのスーパーコンピュータ上で実行される巨大な仮想世界なのだ。その中には、複数の仮想都市とそれらの都市の仮想道路を周遊している仮想車両があり、生成された都市環境を仮想の歩行者、サイクリスト、動物などが共有している。 「私たちは本質的に、こうした仮想車両が走り回る仮想世界を、膨大に所有することになります」とHuangは語った。さらにViveヘッドマウントVRディスプレイのようなものを使うことで、こうしたシミュレーションの中への「ワームホール」を実現することが可能で、そこでは例えば...more
カテゴリー:

SDN導入の目的はセキュリティ対策--IDC Japan調査 - 01月10日(水)13:43 

IDC Japanは1月10日、ネットワーク仮想化に関する国内企業ユーザー動向調査の結果を発表した。これによると、企業がSDN(ソフトウェア定義ネットワーク)を導入する目的としてセキュリティ対策が浮上していることが明らかになった。
カテゴリー:

ヴイエムウェアがCPU脆弱性対策を追加、仮想化ソフトの対策進む(ニュース) - 01月12日(金)12:04 

 米ヴイエムウェアは2018年1月9日(米国時間)、「vSphere」などの仮想化ソフトの更新版を公開した。3日に公表されたCPUの投機的実行機能が抱える脆弱性への対策の一環。ハイパーバイザー上のゲストOSが実行するプロセス間で不正にデータを読み出せてしまう問題を軽減する。
カテゴリー:

NFVへの投資に「前向き」な企業が増加――IDC Japan、ネットワーク仮想化に関する国内企業ユーザー動向調査結果を発表 - 01月11日(木)11:00 

IDC Japanは、国内企業のネットワーク仮想化に関するユーザー動向調査を発表した。多くの企業がセキュリティ対策を目的にSDNを導入し、NFV導入にも前向きに取り組んでいることが明らかになった。
カテゴリー:

「仮想化」の画像

もっと見る

「仮想化」の動画

Wikipedia

仮想化()とは、コンピュータのリソースを抽象化することである。「リソースの物理的特性を、そのリソースと相互作用するシステム/アプリケーション/エンドユーザーから隠蔽する技法。単一の物理リソース(サーバ、OS、アプリケーション、補助記憶装置など)を複数の論理リソースに見せかけたり、複数の物理リソース(複数の補助記憶装置群やサーバ群)を単一の論理リソースに見せかけたりできる」という実用的定義がある。また、単一の物理リソースを何らかの特性の異なる単一の論理リソースに見せかけることもできる。そして、仮想回線により、幅が拡がる。

概要

仮想化という用語の起源は古く、1960年代には既に広く使われていた。ネットワーク全体や個々の機能やコンポーネントなど、コンピューティングの様々な面に適用されてきた。仮想化技術に共通する目的は、カプセル化によって「技術的詳細を隠蔽する」ことである。仮想化は、例えばアクセスを多重化したり、異なる物理的位置にあるリソースを統合したり、制御システムを単純化したりすることで、根底にある実装を隠蔽した外部...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる