「代理人弁護士」とは?

関連ニュース

日大アメフト選手の「顔報道」 最も「配慮に欠けた」メディアは? - 05月23日(水)20:00 

「できればアップに撮るようなことは避けていただきたい」――。日本大学アメリカンフットボール部の宮川泰介選手(20)の記者会見で、代理人弁護士は冒頭、報道陣にそう要望した。
カテゴリー:

ハリル氏、24日に提訴へ 解任問題、協会相手取り - 05月21日(月)13:16 

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ前監督(66)の代理人弁護士の事務所は21日、日本サッカー協会を相手取った東京地裁への提訴は24日の予定だと明らかにした。  弁護士はこれまで、名誉毀損(きそん)による慰謝料や謝罪広告掲載を求める方針を…
カテゴリー:

サッカー:ハリル氏、謝罪と慰謝料1円求め提訴へ - 05月18日(金)23:39 

 サッカー日本代表の監督を解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏の代理人弁護士が18日、日本サッカー協会に対し、来週中に東京地裁に民事訴訟を起こすことを明らかにした。名誉毀損(きそん)を理由に謝罪と慰謝料1円を求める。裁判の過程で解任理由を知ることも目的。
カテゴリー:

裁量労働制の28歳過労死=適用直後に36時間勤務-労基署 - 05月16日(水)22:53 

 システム開発会社に勤務していた男性=当時(28)=が、裁量労働制の適用から約1カ月たった昨年8月にくも膜下出血で死亡し、池袋労働基準監督署が労災認定していたことが16日、分かった。遺族の代理人弁護士によると、男性は裁量労働制の適用直後に36時間連続で勤務するなどし、労基署は過労が原因で死亡したと判断したという。 弁護士によると、男性は「レックアイ」(東京都豊島区)で不動産会社のシステム開発を担当。チームリーダーに昇格した2017年7月1日から専門業務型の裁量労働制が適用され、同4日午後1時から同6日午前1時まで連続勤務した。男性は同年8月、自宅アパートで死亡しているのが見つかった。 死亡前2カ月間の時間外労働は月平均約87時間で、「過労死ライン」とされる80時間を超えていた。以前には残業が約184時間に上る月もあったが、弁護士は「裁量労働制が徹夜勤務を招くなどし、悪影響を及ぼした可能性は高い」と話した。 レックアイは「事実関係を把握できておらず、コメントできない」としている。 【時事通信社】
カテゴリー:

高野山:僧侶、寺院側を提訴「連続勤務でうつ病に」 - 05月16日(水)18:59 

 世界遺産・高野山(和歌山県高野町)の寺院の40代男性僧侶がうつ病を発症し休職したのは宿坊などでの連続勤務が原因として、寺院を運営する宗教法人に慰謝料などの損害賠償や未払い賃金計約860万円を求めて和歌山地裁に提訴したことが16日、男性の代理人弁護士への取材で分かった。提訴は4月27日付。
カテゴリー:

【アメリカンフットボール】<日大選手の直接謝罪>内田前監督が止める - 05月23日(水)01:38  mnewsplus

アメリカンフットボールの定期戦での悪質な反則行為で関学大の選手を負傷させた日大の選手の会見が22日、都内の日本記者クラブで行われた。 会見に出席したのは日大の宮川泰介選手(20)。丸刈り頭で報道陣の前に現れた。 冒頭で西畠正弁護士は、今回の会見について「顔を出さない謝罪はないと会見を決意した」と説明。また「反則行為の指示があったことを明らかにするのが会見の趣旨」と述べた。 今月11日には宮川選手が親と直接謝罪したいと日大の内田前監督に申し出たところ、止められたという。そのため、代理人弁護士に...
»続きを読む
カテゴリー:

ハリル氏、24日に提訴へ 解任問題、協会相手取り - 05月21日(月)13:00 

サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ前監督(66)の代理人弁護士の事務所は21日、日本サッカー協会を相手取った...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

強制不妊手術で一斉提訴=3地裁、人権侵害と救済訴え - 05月17日(木)11:53 

 旧優生保護法に基づき、障害者らが不妊手術を強制された問題で、同意のない不妊手術で人権を侵害されたとして、男女計3人が17日、国に計約7900万円の損害賠償を求め、札幌、仙台、東京の3地裁に提訴した。訴えたのは、実名を公表した札幌市在住の小島喜久夫さん(76)、宮城県の70代女性、東京都の男性(75)。 訴状によると、3人はいずれも10代の頃、精神科病院などで、本人の同意がないまま不妊手術を受けさせられた。東京の男性は、障害者と診断されたこともないという。 原告側は、子供をつくる自由を奪われたことで、憲法が保障する自己決定権を侵害され身体的、精神的苦痛を受けたと指摘。国は救済措置を怠っており、立法不作為の過失があったなどと主張し、1人当たり1100万~3850万円の支払いを求めた。 不妊手術強制をめぐっては、宮城県の60代女性が国を提訴し、仙台地裁で審理が始まっている。 この女性と異なり、今回の3人は手術の記録が、行政機関が保管していなかったなどの理由で見つかっていない。代理人弁護士らは、手術痕のほか、本人や親族、医師らの証言などに基づき、手術を受けたことを立証する。 【時事通信社】
カテゴリー:

【和歌山】うつ病の原因は「連続勤務」 高野山僧侶が寺院側を提訴 - 05月16日(水)19:07  newsplus

http://www.sankei.com/smp/west/news/180516/wst1805160066-s1.html 2018.5.16 17:40  世界遺産・高野山(和歌山県高野町)の寺院の40代男性僧侶がうつ病を発症し休職したのは宿坊などでの連続勤務が原因として、寺院を運営する宗教法人に慰謝料などの損害賠償や未払い賃金計約860万円を求めて和歌山地裁に提訴したことが16日、男性の代理人弁護士への取材で分かった。提訴は4月27日付。  代理人弁護士は「寺院での仕事は修行だとされ、労働者としての側面が見えづらい。過重労働の実態を明らかにしたい」と話している...
»続きを読む
カテゴリー:

【前川喜平氏】安倍首相答弁に「私の名前使わないで」 - 05月15日(火)15:00  seijinewsplus

文部科学省前事務次官、前川喜平氏は15日、安倍晋三首相が14日の参院と衆院の予算委員会での答弁で、前川氏に言及したことについて、「内容は私の事実認識に反する」とするコメントを代理人弁護士を通じて報道機関に出した。 学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり、安倍首相が「前川次官も含め、誰一人として私から何らか指示を受けていない」などと答弁したことに対し、「(獣医学部新設への関与を否定する材料として)私の名前を使わないでいただきたい」と抗議している。  全文は以下の通り。  5月14日の衆参両...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「代理人弁護士」の画像

もっと見る

「代理人弁護士」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる