「代理人弁護士」とは?

関連ニュース

「補助金支給しないのは不当なシャベチュニダ!」神奈川の朝鮮学校保護者が人権救済申し立て - 01月17日(水)19:02  news

「神奈川朝鮮学園」(横浜市)が運営する神奈川県内の朝鮮学校5校の保護者計118人が17日、県が平成28年度から学費補助金を支給していないのは不当な差別に当たるとして、県弁護士会に人権救済を申し立てた。 弁護士会の判断に法的拘束力はないが、代理人弁護士は「社会的意義は大きく、県に再考を促したい」としている。 県は、高校生向けの教科書「現代朝鮮歴史」に、北朝鮮による日本人拉致問題を記載することを支給の前提としているが、学校側が改訂に応じなかったため、28年11月に不支給を決めた。 17日に県庁...
»続きを読む
カテゴリー:

スキージヤーナルが破産 負債8億円 - 01月15日(月)19:36 

 月刊誌「月刊スキージャーナル」「月刊剣道日本」を中心とするスポーツ関連の出版を手掛けるスキージヤーナル(東京)が、元従業員らから東京地裁に破産を申し立てられ、受理されたことが15日分かった。元従業員らの代理人弁護士が明らかにした。申し立て時の負債額は約8億円だが、変動する可能性がある。
カテゴリー:

阪神復旧作業で石綿死=公務災害認定求め提訴-神戸地裁 - 01月15日(月)12:27 

 阪神大震災の復旧作業で、アスベスト(石綿)を吸い込みがんを発症して死亡したとして、兵庫県明石市職員だった島谷和則さん=当時(49)=の妻らが15日、地方公務員災害補償基金を相手に公務災害の認定を求める訴訟を神戸地裁に起こした。 妻の代理人弁護士らによると、阪神大震災の復旧作業をめぐり、石綿被害の公務災害認定を求める訴訟は初めて。 【時事通信社】
カテゴリー:

【裁判】「壁ドン」はセクハラ、でもクビは重すぎ…元教授に判決 東京地裁 - 01月12日(金)19:05  newsplus

 「壁ドン」はセクハラ――。部下への嫌がらせを理由に懲戒免職となった東京の私立女子大の50代の元男性教授が処分の無効確認を求めた訴訟の判決で、東京地裁が12日、そんな判断を示した。若松光晴裁判官は漫画やドラマの影響でブームになった壁ドンには「性的な意味が多少含まれる」と指摘。一方で、懲戒免職の処分は重すぎて無効と結論付けた。  判決によると、男性は2014~15年、女性助手の悩みを聞いて抱きしめたり、廊下の壁際にいた女性に他の学生の前で、「壁ドン!」と言いながら、片手を女性の頭近くの壁に押し当て...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】「結婚しても姓を変えたくないという人もいる」 夫婦別姓求め夫が提訴へ IT企業サイボウズ社長「多様な価値認めて」★3 - 01月11日(木)18:28  newsplus

提訴を前に、夫婦別姓が認められないことの不合理について話す青野慶久さん=東京都中央区で  結婚して妻の姓に変えたソフトウエア開発会社「サイボウズ」(東京)の社長青野慶久(よしひさ)さん(46)が、夫婦別姓を認めない現行の法制度は違憲だとして、国に損害賠償を求め、東京地裁に九日提訴する。代理人弁護士によると、夫婦別姓を巡って、結婚後に姓を変えた男性側が訴訟を起こすのは珍しい。  青野さんは結婚前に現在の会社を起業。二〇〇一年に結婚した際、妻の希望に応じて自らの姓を「西端」に変更したが、仕事は...
»続きを読む
カテゴリー:

店長過労死で和解=ホンダ販売会社が謝罪-千葉地裁 - 01月17日(水)15:42 

 ホンダの子会社「ホンダカーズ千葉」(千葉市)の男性店長=当時(48)=が自殺したのは長時間労働などが原因だとして、遺族が同社を相手に損害賠償など約1億3600万円を求めた訴訟は17日、千葉地裁(小濱浩庸裁判長)で和解が成立した。同社が遺族に謝罪し、損害賠償金を支払う。金額は非公表。 遺族の代理人弁護士によると、男性は新規オープンする販売店の店長に就任したが、部下の残業を抑えるため長時間労働を強いられ、うつ病を発症。出勤できなくなって懲戒解雇され、2016年12月に自殺した。千葉労働基準監督署は17年6月、労災認定した。 【時事通信社】
カテゴリー:

出版社:スキージヤーナルが破産 負債8億円 - 01月15日(月)19:10 

 月刊誌「月刊スキージャーナル」「月刊剣道日本」を中心とするスポーツ関連の出版を手掛けるスキージヤーナル(東京)が、元従業員らから東京地裁に破産を申し立てられ、受理されたことが15日分かった。元従業員らの代理人弁護士が明らかにした。申し立て時の負債額は約8億円だが、変動する可能性がある。
カテゴリー:

東電、23人分の個人情報紛失=原発事故の賠償請求者ら - 01月12日(金)19:18 

 東京電力は12日、福島第1原発事故による損害賠償を請求した住民らの戸籍謄本など計5通を紛失したと発表した。23人分の氏名や本籍などが記載されており、東電は「多大な迷惑と心配をお掛けし、深くおわびする」とのコメントを出した。 東電によると、請求者は事故当時県内に居住しており、23人のうち19人は既に死亡しているという。 請求者の代理人弁護士から問い合わせを受け、対応状況を確認したところ、先月27日に紛失が判明した。保管する建物から持ち出された記録がないため、東電は外部への流出はないとみている。 【時事通信社】
カテゴリー:

軽井沢バス事故2年、「悲しい気持ち変わらない」=大学生の息子失った母 - 01月12日(金)17:49 

 長野県軽井沢町で大学生ら15人が死亡したバス転落事故から15日で2年を迎えるのを前に、亡くなった法政大3年だった西原季輝さん=当時(21)=の母親が12日、「今でも悲しい気持ちに変わりはありません」「季輝に会いたいという気持ちが消えることはありません」とするコメントを代理人弁護士を通じて公表した。 コメントの中で、「朝起きると季輝の部屋に向かって『朝だよ。起きる時間だよ』と声を掛けてしまう」「季輝がいないことは分かっているのに、起きてくるような気がして、祈るような気持ちで声を掛けてしまう」と、悲しみが癒えない心情をつづっている。 教師を目指していた西原さんがいじめ問題について熱心に語っていたことを振り返り、「志半ばで理不尽に命を奪われたことが本当に悔しい」と記した。 事故後もバスの事故が続いていることについて「こんな凄惨(せいさん)な事故が起きたにもかかわらず、どうして事故が減らないのか本当にもどかしい」と訴えた。 取り締まりを厳しくする仕組みや、事故を起こしたバス会社社長らを厳罰に処すよう求めるとともに「制度や抑止力だけでは避けられない事故をなくすためには、やはり社会全体の意識を変えていかなければいけません」と指摘。「事故がどんなつらく悲しい結果を生むのか、これからも私は訴え続けていきたいと思います」と結んでいる。 【時事通信社】
カテゴリー:

【悲報】知的障害者が警備員になれず、違憲だと国を訴える - 01月10日(水)18:42  news

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180110-00005436-cbcv-soci 成年後見制度の利用者が、仕事に就くことを禁じる警備業法の規定は、違憲だとして、元警備員の男性が、勤務していた警備会社での社員としての地位確認と、国に100万円の損害賠償を求め、10日、岐阜地裁に提訴しました。  提訴したのは、岐阜県東濃地方に住む30代の元警備員の男性です。  代理人弁護士によりますと、男性は、軽度の知的障害があり、2014年4月から岐阜県内の警備会社で警備員として働いていましたが、家庭内トラブルのため、成年後...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「代理人弁護士」の画像

もっと見る

「代理人弁護士」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる