「代理人」とは?

関連ニュース

進歩系擁護団体がFTCに要求。Facebookを民主主義にとって安全な場に - 05月22日(火)10:54 

MoveOnとDemand Progressを始めとする進歩主義的擁護団体のチームが、連邦取引委員会(FTC)に対して、Facebookを民主主義にとって安全な場にするよう要求した。Axiosによると、Freedom From Facebookと名付けられたこの運動は、月曜日(米国時間5/21)に10万ドル規模の広告キャンペーンをFacebook、Instagram、Twitterなどのプラットフォームで展開する。 ほかに、Citizens Against Monopoly、Content Creators Coalition、Jewish Voice for Peace、Mpower Change、Open Markets Institute、およびSumOfUsらの保護団体がキャンペーンを支持している。彼らは団結してFTCに「Facebookの独占を解体する」ために、Instagram、WhatsApp、およびMessengerを分離して競合会社にするよう求めている。また、相互運用性を必須にしてライバルのSNS間での連絡を可能にして、プライバシー規制を強化することを要求している。 Freedom From Facebookのサイトにはオンライン嘆願書のほか、プライバシーガイドと関連サイトへのリンク、Facebookのオンライン追跡をブロックするためのブラウザー拡張機能などが用意...more
カテゴリー:

アメフット:日大選手、22日に会見 指示の有無説明へ - 05月21日(月)18:49 

 アメリカンフットボールの定期戦で悪質な反則行為によって関西学院大の選手を負傷させた日本大の選手が22日に東京都内で記者会見し、日大の内田正人監督とコーチの指示の有無などについて説明することになった。21日、日大選手の代理人が発表した。
カテゴリー:

ハリル氏、24日に提訴へ 解任問題、協会相手取り - 05月21日(月)13:00 

サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ前監督(66)の代理人弁護士の事務所は21日、日本サッカー協会を相手取った...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

「秘密なことではない」…アラバ代理人、レアルからの関心を明かす - 05月19日(土)14:22 

 バイエルンに所属するオーストリア代表DFダヴィド・アラバにレアル・マドリードが関心を寄せているようだ。18日、イギリスのサッカー誌『FourFourTwo』が伝えている。  現在25歳のアラバは20
カテゴリー:

田沢の代理人、移籍に前向き=マーリンズ戦力外で-米大リーグ - 05月19日(土)10:43 

 【アナハイム時事】米大リーグのマーリンズで事実上の戦力外となった田沢純一投手(31)について、代理人のネズ・バレロ氏は18日、アナハイムで取材に応じ、メジャー他球団への移籍について「うまくまとまると思う。田沢はスロースターターだが好投手。他のチームではうまくいく」と前向きな見通しを示した。 バレロ氏は、田沢の日本球界入りの可能性については「分からない」と述べた。田沢は2008年9月に所属していた社会人の新日本石油ENEOS(現JX-ENEOS)を通じて、日本のプロ球団にドラフト指名の回避を要望し、大リーグ入りした。プロ野球の実行委員会は同年10月、ドラフト指名を拒否した選手が海外球団を退団した後の指名凍結措置を制度化している。 [時事通信社]
カテゴリー:

アメフット:内田監督の指示と主張へ 日大選手22日会見 - 05月21日(月)21:18 

 アメリカンフットボールの日本大と関西学院大との定期戦(6日、東京)で、悪質なタックルで相手の選手を負傷させた日本大の守備選手が22日に東京都内で記者会見を開くことになった。代理人が21日、明らかにした。悪質なタックルは19日に監督辞任を発表した内田正人氏らの指示によるものと主張する。
カテゴリー:

ハリル氏、24日に提訴へ 解任問題、協会相手取り - 05月21日(月)13:16 

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ前監督(66)の代理人弁護士の事務所は21日、日本サッカー協会を相手取った東京地裁への提訴は24日の予定だと明らかにした。  弁護士はこれまで、名誉毀損(きそん)による慰謝料や謝罪広告掲載を求める方針を…
カテゴリー:

派遣社員「退職します」→ 会社「契約期間残ってるから違約金払ってね」こんなのアリ!? - 05月19日(土)15:00 

派遣社員にとって困ることは色々とありますが、休みや辞職などの手続きについて不便さを感じている人は多いのではないでしょうか。とくに現場の労働環境が劣悪な場合、休むことも辞めることも難しく、疲弊してしまいます。 なかには「強引に」出社拒否し、あとで怒られることもあると聞きます。また、徹夜などが続き体調を崩した場合、契約期間が残っていたとしたとしても辞めざるを得なくなるでしょう。 そのような場合でも、会社によっては「勝手に辞めることは契約違反」とばかりに、違約金の存在をちらつかせ、働かせるケースもあるようです。 このようなことは許されるのでしょうか? 法律事務所あすかの冨本和男弁護士に見解をお伺いしました。   Q.契約期間が残っている派遣社員の辞職時に会社から違約金の請求…これは許される行為?   A.許されません 「許されません。そもそも労働契約に「違約金」を規定することは違法とされています(労働基準法16条)。違約金を定めて労働者の足止めをすることが労働者に対する不当な制約だと考えられているからです。 派遣社員としては、労働基準法違反である旨主張して拒否すればよいでしょう。もし、自分で主張するのが難しければ弁護士を代理人として立てればよいでしょう。」(冨本弁護士)   違約金の請求は違法です。仮に受けた場合は、拒否または労働問題を積極的に扱う弁護士への...more
カテゴリー:

「レアルが彼に強い関心がある」アラバ代理人が今夏のスペイン行きを示唆 - 05月19日(土)12:42 

3月に新たな挑戦の意思を示したバイエルンDFの代理人はレアル移籍の可能性を匂わせた。
カテゴリー:

サッカー:ハリル氏、謝罪と慰謝料1円求め提訴へ - 05月18日(金)23:39 

 サッカー日本代表の監督を解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏の代理人弁護士が18日、日本サッカー協会に対し、来週中に東京地裁に民事訴訟を起こすことを明らかにした。名誉毀損(きそん)を理由に謝罪と慰謝料1円を求める。裁判の過程で解任理由を知ることも目的。
カテゴリー:

もっと見る

「代理人」の画像

もっと見る

「代理人」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる