「代替医療」とは?

関連ニュース

フンドシで精巣を冷やす、生牡蠣を食べる…枯れない男でいるための生活習慣を医師が解説! - 10月11日(水)15:00 

急に気温が下がる季節替わりのこのシーズン、体が重怠い、やる気が出ない、なんかイライラする…みたいなことでモヤってるメンズも多いはず? 季節の移ろいで草木は枯れども、男よ枯れてる場合じゃないだろ、違うだろ、このハゲーーーーっ!(失礼) というわけで、今回は『枯れない男になる30の習慣』の著者、平澤精一先生にご指南いただき、枯れない男とは何か? そもそも枯れるってナンだ!?など、あれこれお伺いしたぞ! * * * ―そもそも“枯れてる男”ってどんな男のことをいうんですか? 平澤 まあ、“枯れる”と表現したのはわかりやすく伝えるためなんですけどね。たとえ年齢を重ねてもイキイキとした男性はいますし、一方で若くても運動不足や意欲不足、無気力などによって明らかに不健康に見えて仕事もできずに愚痴ばかり…みたいな男性がいますよね。この後者は枯れてる男と言えます。 ―で、その枯れない男になるためにはテストステロン=男性ホルモンが大きく影響すると! 平澤 そうです。男性ホルモンが豊富であるかどうかが枯れてない男の第一条件です。テストステロンは精巣から分泌される男性ホルモンですが、これを多く保つことや増やすことが重要です。 ...more
カテゴリー:

EU「あれ、あかんやつやわ」やっとホメオパシーを医療から分離 - 09月25日(月)21:02  news

欧州科学アカデミー諮問委員会(EASAC)がロシアや米国の例に倣い、ホメオパシーを医療から分離した。委員会によると、 ホメオパシー製品は深刻な害をもたらす可能性がある。 肯定的感情は米国人の健康を増進する だが日本人の場合はそうではない これまでも多くの臨床実験が、ホメオパシーによって得られる効果はプラセボ(有効成分を持たない薬)による効果と同等だ と示していた。だが、ホメオパシーという代替医療を支持する人は世界各地で見られる。 2017年2月、ロシア科学アカデミー付属委員会がホメオパシーを攻撃。...
»続きを読む
カテゴリー:

「代替医療」の画像

もっと見る

「代替医療」の動画

Wikipedia

代替医療(だいたいいりょう、)とは、「通常医療の代わりに用いられる医療」を指す用語である。Medicineは医療とも医学とも訳されることがあるので、代替医学とも呼ばれる。近代ドイツ医療社会史専攻の服部伸は、代替医療(オルタナティブ医療)とは、科学的・分析的な近代医学の限界を指摘し、時にはの力を援用しながら、患者の心身全体の調和を取り戻そうとする医療であり、中国医学漢方医学アーユルヴェーダもこれに含まれると述べている服部伸 著 世界史リブレット82 近代医学の光と影 山川出版社、2004年 。今のところ、通常医療に取って代わるような代替医療は存在しないこれって効きますか? 《111》「代替医療」の功罪 大野智 朝日新聞の医療サイト・アピタル。帝京大学の大野智は、科学的に有効性が裏付けられた医療は通常医療に組み込まれるため、代替医療という言葉自体に矛盾があるのかもしれないと指摘している。日本でも一部の漢方薬は通常医療に取り入れられている。

似た用語に、補完医療相補医療(ほかんいりょう、complementary medicine)があるが、これは「通常医療を補完する医療」を指す用語である。アメリカでも日本でも、学会等の正式の場では代替医療と補完医療を総称して補完・代替医療(Comple...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる