「代替医療」とは?

「代替医療」の画像

もっと見る

「代替医療」の動画

Wikipedia

代替医療(だいたいいりょう、)とは、「通常医療の代わりに用いられる医療」を指す用語である。Medicineは医療とも医学とも訳されることがあるので、代替医学とも呼ばれる。近代ドイツ医療社会史専攻の服部伸は、代替医療(オルタナティブ医療)とは、科学的・分析的な近代医学の限界を指摘し、時にはの力を援用しながら、患者の心身全体の調和を取り戻そうとする医療であり、中国医学漢方医学アーユルヴェーダもこれに含まれると述べている服部伸 著 世界史リブレット82 近代医学の光と影 山川出版社、2004年 。今のところ、通常医療に取って代わるような代替医療は存在しないこれって効きますか? 《111》「代替医療」の功罪 大野智 朝日新聞の医療サイト・アピタル。帝京大学の大野智は、科学的に有効性が裏付けられた医療は通常医療に組み込まれるため、代替医療という言葉自体に矛盾があるのかもしれないと指摘している。日本でも一部の漢方薬は通常医療に取り入れられている。

似た用語に、補完医療相補医療(ほかんいりょう、complementary medicine)があるが、これは「通常医療を補完する医療」を指す用語である。アメリカでも日本でも、学会等の正式の場では代替医療と補完医療を総称して補完・代替医療(Comple...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる