「他人同士」とは?

関連ニュース

「いいね」よりも「それ、好き」。NY流コミュニケーション術 - 01月11日(木)21:30 

image via shutterstock 長年ニューヨークで暮らしている岡田光世さんが現地で偶然めぐり会った人々とのふれあいを描く「ニューヨークの魔法」シリーズ。つめたい大都会というこの街のイメージを溶かし去る、ほっこりした人情派エッセイ群です。ユーモアたっぷりNY流コミュニケーション術特に2017年12月出版の『ニューヨークの魔法のかかり方』(文春文庫)は「こう話せば相手との関係をあたためられる」というスキルも伝授してくれる一冊。常にユーモアを忘れず、笑顔と言葉を交わし合うNYの流儀に魅了されて、自分にも使えそうなコミュニケーション術をさがしてみました。ほめ言葉は「それ、好き! 」岡田さんを喜ばせたニューヨーカーのほめ言葉は「それ、好き! 」。いままで私は相手をほめる際「いいね」「さすが」「すごい」「うまいね」など、相手を評価するようなフレーズをならべてばかりで、「で、どう思ったのか」を表すことを惜しんでいたような気がします。すぐれているかどうかジャッジするより、好きだから声をかける。評価ではなく愛を伝えたほうが、心がつながる会話になると気づきました。他人同士でもほほえみ合う見知らぬ人同士でも、目が合ったらどちらからともなくほほえみ合うのがニューヨーカー。日本では気まずさを避けるために目を合わせまいとする人が多いのですが、パッと顔をそむける...more
カテゴリー:

【話題】エレベーターの「どうぞ、どうぞ」 過剰マナーは迷惑だ - 12月21日(木)20:04  newsplus

NEWSポストセブン 2017年12月21日 16時0分 http://news.livedoor.com/article/detail/14060570/ エレベーターから降りるときは、客や目上の人から先に出るよう促す──当然のビジネスマナーだが、最近これがかえって迷惑になっていることも多い。東京・目黒区議で芸能レポーターの須藤甚一郎氏(78)がいう。 「オフィス内ならそのマナーが重要なのは理解できます。しかし腹が立つのは、駅や公共機関など不特定多数が使うエレベーターでも上司や取引先に“どうぞ、どうぞ”とやっている人間が多いことです。  エレベーターに乗り合わ...
»続きを読む
カテゴリー:

キミしか考えられない♡男に「僕の理解者だ…」と思われる彼女の特徴4つ - 01月05日(金)21:00 

彼にとって大切にしたいと考える彼女は、自分のよき理解者である人。 自分のことを分かってくれて、味方でいてくれる彼女は手放したくないと考えます。 彼には、大切な彼女だと思って欲しいですよね。 今回は、男に「僕の理解者だ…」と思われる彼女の特徴を、紹介していきます。 ●(1)自分の考えていることを言い当てた時 『おいおい、エスパーかよ?俺の脳ミソの中まで丸見えかい?』(27歳/IT) 男性が思わず「何で分かったの!」と思うことが多いと、彼女は理解者だと感じます。 言わなくても分かってくれる、察してくれる彼女は、心が通じ合ってるように感じ嬉しいもの。 また何も言わなくても、求めていることをしてくれる彼女は、大切にしたくなります。 女性は、勘や洞察力が優れています。 彼の行動やクセなどを見ていると、一緒に過ごすうちに分かっていくものです。 ただし全てを先回りしてやってしまうと、母親のようになってしまう ので、注意して下さいね。 ●(2)自分のことを否定しない時 『全てを受け入れてもらった気持ちになれるから』(30歳/メーカー) 彼の意見を否定せず、味方でいてくれると、理解者だと感じます。 彼の意見にダメ出しをして、否定した意見ばかり言うと、嫌な気分になり、何も話さないようになります。 自分を認めてくれる女性は、信頼できずっと一緒にいたいと考えるのです。 否定されると、価値...more
カテゴリー:

「他人同士」の画像

もっと見る

「他人同士」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる