「介護老人保健施設」とは?

関連ニュース

2017年11月、岡山県北で初めて「ドッグセラピー」を取り入れた社会医療法人清風会の介護老人保健施設「おとなの学校 岡山校」に、新たなセラピー犬が増えました! - 12月15日(金)09:15 

[社会医療法人清風会] 全国的に注目されている「アニマルセラピー」。動物の癒しの力を、施設の利用者さんにお届けしたいという想いから、社会医療法人清風会の介護老人保健施設「おとなの学校岡山校」では岡山県北で初めて「ドッグセ...
カテゴリー:

【オムツ】介護「脱おむつ」支援の事業者は高報酬に 厚労省が方針 - 11月25日(土)06:18  newsplus

http://www.asahi.com/articles/ASKCS5GN2KCSUTFK00F.html  厚生労働省は、特別養護老人ホームや介護老人保健施設などでおむつをしている入居者がおむつなしで暮らせるように支援する施設事業者に対し、介護報酬を手厚くする方針を固めた。来年度の報酬改定で導入する高齢者の「自立支援」を促す仕組みの具体策だ。  まず、おむつを使う入居者に「ポータブルトイレをベッド脇に置けば自分でできる」などの目標を立てる。そして、実現に向けての支援計画を作り、計画を実施した場合に報酬を加算する方針だ。事業者が加算を得るため...
»続きを読む
カテゴリー:

「介護老人保健施設」の画像

もっと見る

「介護老人保健施設」の動画

Wikipedia

介護老人保健施設(かいごろうじんほけんしせつ)とは、介護保険が適用される介護サービスで、在宅への復帰を目標に心身の機能回復訓練をする施設

また療養型介護老人保健施設(りょうようがたかいごろうじんほけんしせつ)とは、介護保険が適用される介護サービスで、病気や障害で自宅での生活が困難または在宅への復帰が困難な高齢者の日常生活の介護をする施設。通称、療養型老健または療養型老人保健施設

これら施設入所者の95%は認知症を持っており、さらに44.6%は寝たきり状態である。平均在所日数は311.3日であった(2013年)。

定義

介護老人保健施設とは、設急性期の心身の病気や障害により、急性期病院と回復期(リハビリ)病院で治療を受けたが、自宅で自力で生活できる状態には回復せず、自宅で自力で生活できる状態に回復することを目的に、心身の機能回復(リハビリ)訓練、食事・排泄・入浴・就寝・健康管理などの日常生活の介護、心身の機能維持、通院への付き添い、急性の病気・負傷時の病院への搬送・付き添い、介護保険が適用されるサービスに関する相談などを行ない、できる限り、自宅での生活に復帰できることを目標にする施設である。

療養型介護老人保健施設とは、厚生労...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる