「介助犬」とは?

関連ニュース

盗まれた介助犬、3年ぶりに故郷へ - 10月24日(火)12:00 

すっかり元気になったレディバード FOX 7 の動画より テキサス州オースティンから3年前に連れ去られたスタッフォードシャー・テリアが、支援者の尽力によって故郷にたどり着いた。 この犬の名前はレディバード。ナルコレプシーなどの睡眠障害を抱える人のケアをするために訓練された介助犬だ。オースティンに住む女性の生活を助け、彼女が職を失ってホームレスになってからもかたわらで支え続けた。「この犬は彼女の唯一の家族でした。車いすを引っ張ったり、何かとお世話をしていましたよ」と、女性に金銭的支援を行っていたシャロン・ヘンダーソンは地元テレビ局FOX7の取材に語っている。 この女性は晩年、ホームレスの支援施設に入所。亡くなる前にレディバードの世話をヘンダーソンに頼んだ。レディバードの大ファンだったヘンダーソンはこれを快諾したが、彼女に引き取られる前にレディバードは同じ支援施設にいた男性ホームレスによって夜中に盗み出されてしまった。路上に座っていたとき、飼い主はこの従順なパートナーのおかげでいつもたくさんのお金をもらっていた。ホームレスにとってレディバードは“金のなる木”だったのだ。 後日、首に埋め込まれたマイクロチップを追跡すると、レディバードはオレゴン州ポートランドにいることがわかった。2700キロの距離を隔てたオースティンにいるヘンダーソンにはどうすることもでき...more
カテゴリー:

視覚障害者が盲導犬を蹴る動画が拡散 協会も利用者と犬を特定し事態を把握 - 10月13日(金)01:03  news

埼玉県和光駅のホームで盲導犬を連れた男性が介助していた犬を蹴る様子が撮影された。 その動画はTwitterに投稿され現在拡散している。 この動画を観た人が日本盲導犬協会に報告したところ、協会も動画を確認し該当者はいないとのことだったが、 12日になり利用者と盲導犬がアイメイト協会団体により確認出来た。 本来はパートナーであるはずの介助犬を足で蹴るという行為。動画を観ると方向を正すために足で蹴っているように見える。 視覚障害者の行きたい方向と違う方向を向いていたために犬を足で蹴ったようだ。 この動画...
»続きを読む
カテゴリー:

ほじょ犬ウェルカムセミナー(実践編)が嬉野温泉で開催されます - 10月16日(月)15:30 

[一般社団法人 佐賀県観光連盟] [画像: https://prtimes.jp/i/27600/20/resize/d27600-20-801125-0.jpg ]  佐賀県・嬉野市と嬉野温泉料飲店組合は、ほじょ犬(盲導犬・聴導犬・介助犬の総称)とほじょ犬ユーザーが安心して旅行を楽しむ事がで...
カテゴリー:

「介助犬」の画像

もっと見る

「介助犬」の動画

Wikipedia

介助犬(かいじょけん)とは、身体障害者の為に生活のパートナーとなる犬である。

概要

日本ではまだ馴染みが薄いが、の代わりとなって起立を助けたり、手指の代わりとなって物を取ってきたり、ドアを開けたりするなど重要な補助が可能である。また、盲導犬聴導犬・介助犬をあわせて身体障害者補助犬という。

歴史

1970年代後半にアメリカで初めて誕生した。ボニーバーゲンが障害を持つ人と犬たちの関係を考えたところから介助犬の歴史は始まったと言われている。

日本での歴史は1992年3月11日 アメリカで訓練されたチェサピークベイレトリーバーのブルースを連れ千葉れい子がこの日羽田に降り立った、

これが日本での介助犬の始まりである、

その3年半後、ブルースの体調不良により生まれ故郷のアメリカへ帰すこととなり、ブルースが去った3年後1998年千葉れい子は介助犬の育成と普及のための団体を立ち上げ活動を開始する。

1995年に完成したイエローのラブラドールレトリーバー、グレーデルは介助犬協会(現 日本介助犬協会)トレーナー矢澤知枝による国産第1号である。1999年2月に、シンシア(イエローのラブラドールレトリーバー、メス)が、介助犬として初めて国会(衆議院予算委員会)傍聴への同伴を許可され木村、250頁、1999年7...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる