「介助犬」とは?

「介助犬」の画像

もっと見る

「介助犬」の動画

Wikipedia

介助犬(かいじょけん)とは、身体障害者の為に生活のパートナーとなる犬である。

概要

日本ではまだ馴染みが薄いが、の代わりとなって起立を助けたり、手指の代わりとなって物を取ってきたり、ドアを開けたりするなど重要な補助が可能である。また、盲導犬聴導犬・介助犬をあわせて身体障害者補助犬という。

歴史

1970年代後半にアメリカで初めて誕生した。ボニーバーゲンが障害を持つ人と犬たちの関係を考えたところから介助犬の歴史は始まったと言われている。

日本での歴史は1992年3月11日 アメリカで訓練されたチェサピークベイレトリーバーのブルースを連れ千葉れい子がこの日羽田に降り立った、

これが日本での介助犬の始まりである、

その3年半後、ブルースの体調不良により生まれ故郷のアメリカへ帰すこととなり、ブルースが去った3年後1998年千葉れい子は介助犬の育成と普及のための団体を立ち上げ活動を開始する。

1995年に完成したイエローのラブラドールレトリーバー、グレーデルは介助犬協会(現 日本介助犬協会)トレーナー矢澤知枝による国産第1号である。1999年2月に、シンシア(イエローのラブラドールレトリーバー、メス)が、介助犬として初めて国会(衆議院予算委員会)傍聴への同伴を許可され木村、250頁、1999年7...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる