「介助犬」とは?

関連ニュース

【看板犬】もふもふ&ぶちゃかわ&かっこいい~!最強の癒しわんこがいるお店7選 - 01月17日(水)14:00 

世間では空前の猫ブームでも、2018年の戌年はやっぱりワンコが一番!「いらっしゃい!どこから来たの?」としっぽを振ってお迎えしてくれる。そんな犬好きのハートをわしづかみにする看板わんこがいるお店をご紹介!<※情報は関西ウォーカー(2018年1月5日発売号)より> 店に入ると真正面にこの姿が/ナナクモbooks&folkart ■ 凛として超クール!看板犬マツ 「あ!いる!」。思わず声をあげてしまうほどの存在感を放つ「ナナクモ books&folkart」のマツ。でも、真っ白なモフモフの毛並みとおっとりとした立ち振る舞い、あの賢そうな瞳に見詰められるとキュン。思わずなでてしまいそうになるが、秋田犬は主人だけに忠誠を誓う犬。驚かせないようにあいさつから始めて。 【看板わんこPROFILE】マツ(1歳半オス)秋田犬。マツは「ナナクモ」の3代目秋田犬。2代目まで女の子で花の名が付いていたが、男の子だからと松の木からマツと命名。 店奥の窓辺がマツの定位置。店に入ると真正面にこの姿が! 築約80年の町家を改装した店内には雑貨やアンティークが並ぶ。 ■ナナクモbooks&folkart<住所:宇治市宇治妙楽144 電話:0774-21-8118 時間:12:00~17:00 休み:月曜~木曜(祝日の場合営業) 駐車場:なし 交通:JR宇治駅より徒歩6分 店は犬同伴NG> ■ 優しいお兄ちゃんとや...more
カテゴリー:

【動物】ワンダフル「がん探知犬」的中率99・7% 人を助ける嗅覚、人の心を読む「コミュニケーション能力」 - 01月11日(木)16:20  newsplus

人の尿で「がん」を嗅ぎ分ける  盲導犬や介助犬、警察犬、災害救助犬など、いろいろな場面で私たちを助けてくれる犬たち。その優れた嗅覚を使って、人間のがんなどを調べる研究も進んでいる。今年は戌(いぬ)年。医療での活躍が期待される犬の最前線と、人との関わりを探った。【伊藤奈々恵】  ●的中率99・7%  「探せ!」。トレーナーのかけ声で、黒いラブラドルレトリバーが木箱に鼻を近づけてにおいを嗅ぎ始めた。がん探知犬のエスパー号(メス・9歳)だ。木箱には人の尿が入った小瓶が入っており、「がんのにおい」...
»続きを読む
カテゴリー:

【看板犬】人気クレープ店「HAHAHA CREPE」の広報担当は美しい毛並みが自慢のレトリバー - 01月16日(火)12:00 

週末になると行列ができる人気クレープ店「HAHAHA CREPE」の広報担当・オリザちゃん。以前は、兵庫介助犬協会でPR犬として活躍していたというだけあり、お客さんや通行人にも愛想よし。オーダーが入ってから焼き、立てたての生クリームを使用したクレープは、スイーツ系からフード系まで充実している。<※情報は関西ウォーカー(2018年1月5日発売号)より> 【写真を見る】ぬいぐるみとくつろぎ中/HAHAHA CREPE 【看板わんこPROFILE】オリザ(10歳メス)ラブラドールレトリバー。上目遣いになるとさらにかわいい!散歩の時にダッシュするのが大好きで、高タンパクな鶏肉や鹿肉が好物。 ■ 美しい毛並みが自慢のラブラドール・レトリバー ベンチ席の横にあるケージで、ぬいぐるみとくつろぎ中。 ツヤツヤとした美しい毛並みと、ややぽっちゃりのボディラインがチャームポイント。 散歩は1日2回。すれ違う人にもごあいさつ。 定番人気の「生チョコいちご」(550円)。生地などには、コクはあるのにあと味があっさりするカルピスバターを使用。ソーセージやチキンのクレープは地ビール(480円~)と! ご夫婦で経営。 ■HAHAHA CREPE<住所:神戸市中央区北長狭通 3-10-1 クロスビル1F 電話:078-219-9947 時間:12:00~21:00 ※売切れ次第終了 休み:不定休(1月は未定) 席...more
カテゴリー:

「介助犬」の画像

もっと見る

「介助犬」の動画

Wikipedia

介助犬(かいじょけん)とは、身体障害者の為に生活のパートナーとなる犬である。

概要

日本ではまだ馴染みが薄いが、の代わりとなって起立を助けたり、手指の代わりとなって物を取ってきたり、ドアを開けたりするなど重要な補助が可能である。また、盲導犬聴導犬・介助犬をあわせて身体障害者補助犬という。

歴史

1970年代後半にアメリカで初めて誕生した。ボニーバーゲンが障害を持つ人と犬たちの関係を考えたところから介助犬の歴史は始まったと言われている。

日本での歴史は1992年3月11日 アメリカで訓練されたチェサピークベイレトリーバーのブルースを連れ千葉れい子がこの日羽田に降り立った、

これが日本での介助犬の始まりである、

その3年半後、ブルースの体調不良により生まれ故郷のアメリカへ帰すこととなり、ブルースが去った3年後1998年千葉れい子は介助犬の育成と普及のための団体を立ち上げ活動を開始する。

1995年に完成したイエローのラブラドールレトリーバー、グレーデルは介助犬協会(現 日本介助犬協会)トレーナー矢澤知枝による国産第1号である。1999年2月に、シンシア(イエローのラブラドールレトリーバー、メス)が、介助犬として初めて国会(衆議院予算委員会)傍聴への同伴を許可され木村、250頁、1999年7...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる