「今田耕司」とは?

関連ニュース

山崎育三郎「自分のすべてを出し切っている!」 - 07月24日(月)19:46 

ミュージカル界のプリンス・山崎育三郎が24日、「テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り」で賑わう六本木ヒルズアリーナで行われた『あいの結婚相談所』(テレビ朝日系列、7月28日スタート 毎週金曜23:15~ ※一部地域を除く)の制作発表記者会見に出席。冒頭から歌と軽やかなステップを踏みながらステージに登場すると、そのまま一般客が詰めかけた客席を見渡し「(客席に)降りちゃおうかな」と会場を練り歩き、30度を越える暑さもなんのその、サービス精神旺盛に会場を盛り上げていた。 2010年6月~2016年「ビッグコミックオリジナル増刊号」で連載された加藤山羊作画、矢樹純原作の人気コミックを映像化したこの作品。山崎は、入会金は200万円だが、成婚率は100%という「あいの結婚相談所」の所長である藍野真伍を演じている。藍野は、元動物行動学の准教授で、何かにつけて見たこともない動物や昆虫の生態を例にとり、依頼者とお相手の性格や心理を分析。時には「言葉を選ばずに言うと……」と依頼者らの触れてほしくない部分にまで切り込み、イラッとさせることも。そんなこれまでのドラマにはない“毒舌ヒーロー”を演じている山崎は、藍野というキャラクターについて「本人はかっこいいと思っていろいろやっているのですが、なぜかみんなには笑われる。ちょっと中性的なところもあり、これまでドラマに出てくることのなかったキャラクターだと思いますので...more
カテゴリー:

「完全に田舎の人!」米米の元ダンサーの現在の姿に今田耕司がツッコミ - 07月24日(月)16:30 

元米米CLUBのイケメンダンサーだった竹下宏太郎が、7月22日放送の『こんなところにあるあるが。土曜あるある晩餐会』(テレビ朝日系列、毎週土曜22:28~23:29)に出演。現在は、東京から1200km以上も離れた鹿児島県奄美大島に移住しており、そこでの生活について紹介。インターネット上では、久々の登場にファンから驚きに声があがっていた。奄美大島には、事前に移住を体験できる制度もあるよう。農業のやり方から学校の見学など、移住希望者が知りたい事に合わせてプログラムを組むことができるよう。ちなみに、移住者向けの3DK(庭付き)の物件の家賃は、3万4千円(※世田谷区の3DK相場12万8000円)だという。そんな奄美大島で移住をしているのが、90年代に人気パフォーマンスグループとして一世風靡した米米CLUBの元ダンサーの竹下。彼が住んでいるのは、島のほぼ真ん中に位置する和瀬という小さな集落で、妻と夫婦2人暮らしをしているという。その生活ぶりをVTRで紹介したのだが、支配人の今田耕司も「もう、完全に田舎の人やね!」とツッコミを入れるほど。すっかり田舎暮らしに馴染んでいた様子だったが、ネット上では「コータローさんがでている!」「コータローさん奄美に移住してるのね」「こないだTVでコータローいないな、と思ったら、まさかの田舎暮らし」「コータローさんが奄美の生活を紹介してる」「コータローさんがでて...more
カテゴリー:

元米米CLUBのイケメンダンサー、鹿児島県奄美大島で田舎暮らし - 07月22日(土)17:45 

今田耕司が支配人、指原莉乃が副支配人に扮し、ゲストが持ち寄る“あるある”話で視聴者をもてなす『こんなところにあるあるが。土曜あるある晩餐会』(テレビ朝日系列、毎週土曜22:28~23:29)。今夜7月22日の放送は、「ただ今人生の楽園中!田舎暮らしをしている芸能人あるある」と題し、田舎に移住した芸能人と移住に詳しい専門家を迎え、“田舎移住”という選択にまつわるあるあるが披露される。陶芸や悠々自適な農業生活、子育てなど、様々な目的で田舎に移住した今回のあるあるゲスト。「移住にかかる金額」や「田舎で獲れる食材」など、移住に少しでも興味がある人に向けたあるあるが語られるが、なんと今回ゲストの暮らしを紹介するVTRのナレーションは、本家『人生の楽園』でナレーションを務める西田敏行・菊池桃子が担当。楽園の案内人の2人が、田舎移住あるあるを紹介していく。そして、今回のゲストだが、9年前から茨城県に住む林マヤは、様々な珍しい野菜をオーガニックに育て「一番美味しいタイミングで食べられる」と自慢し、栃木の那須塩原に移住した鈴木正幸は「家の周囲で山菜が獲れる」と山菜を使った料理を披露する。また、長野県八ヶ岳の麓のログハウスで30年暮らしている上條恒彦は、田舎暮らしだからこそ示せる父親の威厳や子育てについて持論を展開。田舎での子育ては子ども自身にとってはどうなのか? 田舎で育ち、今は都会で働く息子に本音...more
カテゴリー:

【テレビ】松本人志、ゴキブリ1匹で豪華マンションから引っ越し 今田耕司が暴露 - 07月22日(土)14:02 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170722-00000057-dal-ent デイリースポーツ  ダウンタウンの松本人志(53)が、ゴキブリが1匹出たためにかつて住んでいた豪華マンションから引っ越したことを、タレントの今田耕司(51)が、自身が司会を務める22日放送の読売テレビ「特盛!よしもと」で暴露した。  落語家の月亭方正(49)が「今じゃないですけど、途中の家もすごかった。マンションで、リビングにビリヤード台」と、松本がかつて住んでいた豪華マンションについて切り出すと、今田が「ゴキブリ出て引っ越しはっ...
»続きを読む
カテゴリー:

「東野、鹿を狩る」が凄い。鹿狩りを地上波で流すのは無理で片付けていいのか「今田×東野のカリギュラ」 - 07月20日(木)09:30 

Amazonプライムビデオでのみ配信されているオリジナル番組『今田×東野のカリギュラ』。地上波でNGだった企画を、WEBだからやってみよう、という番組だ。女性のオナラあてクイズ、ホームレスインテリクイズ王決定戦など。「地上波アウト!」と言われそうな、下品だったりくだらなかったりエグかったりするものばかり。中でも、「東野、鹿を狩る」シリーズは、まとめて見るとかなり面白い。狩猟企画は、かつて東野幸治が『東野・岡村の旅猿』で出した時に即ボツになったもの。4年越しで温めた(でもどこもOKしてくれなかった)企画だ。今田耕司は開口一番「(地上波では)絶対無理」と言う。実際に現場を撮影したことで、エンタメを作るテレビ屋と、命に向き合い続ける狩猟家の、価値観の衝突が如実に見える番組になった。スタッフと狩猟家の板挟み地獄全4回で構成される「鹿を狩る」シリーズ。1回目は、いかにもテレビ番組的な盛り上げ方、引っ張り方、冗談の飛ばし方が、正直鼻につく。カメラに映されているからこそ、東野幸治はプロとして、いかに面白く見せるかを反射的に考えてしまう。スタッフは「いい絵を撮るぞ」と意気込みすぎて、山にドローンを飛ばしてしまい、注意される。さすがに東野も呆れるものの、ここに「何が一番大事なのか」の考え方の差が見える。東野やスタッフに対し、狩猟をして暮らしているサバイバル登山家・服部文祥の言葉が飛んでからが本番だ。...more
カテゴリー:

山崎育三郎「自分のすべてを出し切っている!」 - 07月24日(月)19:45 

ミュージカル界のプリンス・山崎育三郎が24日、「テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り」で賑わう六本木ヒルズアリーナで行われた『あいの結婚相談所』(テレビ朝日系列、7月28日スタート 毎週金曜23:15~ ※一部地域を除く)の制作発表記者会見に出席。冒頭から歌と軽やかなステップを踏みながらステージに登場すると、そのまま一般客が詰めかけた客席を見渡し「(客席に)降りちゃおうかな」と会場を練り歩き、30度を越える暑さもなんのその、サービス精神旺盛に会場を盛り上げていた。 2010年6月~2016年「ビッグコミックオリジナル増刊号」で連載された加藤山羊作画、矢樹純原作の人気コミックを映像化したこの作品。山崎は、入会金は200万円だが、成婚率は100%という「あいの結婚相談所」の所長である藍野真伍を演じている。藍野は、元動物行動学の准教授で、何かにつけて見たこともない動物や昆虫の生態を例にとり、依頼者とお相手の性格や心理を分析。時には「言葉を選ばずに言うと……」と依頼者らの触れてほしくない部分にまで切り込み、イラッとさせることも。そんなこれまでのドラマにはない“毒舌ヒーロー”を演じている山崎は、藍野というキャラクターについて「本人はかっこいいと思っていろいろやっているのですが、なぜかみんなには笑われる。ちょっと中性的なところもあり、これまでドラマに出てくることのなかったキャラクターだと思いますので...more
カテゴリー:

「完全に田舎の人!」米米の元ダンサーの“現在の姿に”今田耕司がツッコミ - 07月24日(月)16:25 

元米米CLUBのイケメンダンサーだった竹下宏太郎が、7月22日放送の『こんなところにあるあるが。土曜あるある晩餐会』(テレビ朝日系列、毎週土曜22:28~23:29)に出演。現在は、東京から1200km以上も離れた鹿児島県奄美大島に移住しており、そこでの生活について紹介。インターネット上では、久々の登場にファンから驚きに声があがっていた。奄美大島には、事前に移住を体験できる制度もあるよう。農業のやり方から学校の見学など、移住希望者が知りたい事に合わせてプログラムを組むことができるよう。ちなみに、移住者向けの3DK(庭付き)の物件の家賃は、3万4千円(※世田谷区の3DK相場12万8000円)だという。そんな奄美大島で移住をしているのが、90年代に人気パフォーマンスグループとして一世風靡した米米CLUBの元ダンサーの竹下。彼が住んでいるのは、島のほぼ真ん中に位置する和瀬という小さな集落で、妻と夫婦2人暮らしをしているという。その生活ぶりをVTRで紹介したのだが、支配人の今田耕司も「もう、完全に田舎の人やね!」とツッコミを入れるほど。すっかり田舎暮らしに馴染んでいた様子だったが、ネット上では「コータローさんがでている!」「コータローさん奄美に移住してるのね」「こないだTVでコータローいないな、と思ったら、まさかの田舎暮らし」「コータローさんが奄美の生活を紹介してる」「コータローさんがでて...more
カテゴリー:

元米米CLUBのイケメンダンサー、鹿児島県奄美大島で田舎暮らし - 07月22日(土)17:41 

今田耕司が支配人、指原莉乃が副支配人に扮し、ゲストが持ち寄る“あるある”話で視聴者をもてなす『こんなところにあるあるが。土曜あるある晩餐会』(テレビ朝日系列、毎週土曜22:28~23:29)。今夜7月22日の放送は、「ただ今人生の楽園中!田舎暮らしをしている芸能人あるある」と題し、田舎に移住した芸能人と移住に詳しい専門家を迎え、“田舎移住”という選択にまつわるあるあるが披露される。陶芸や悠々自適な農業生活、子育てなど、様々な目的で田舎に移住した今回のあるあるゲスト。「移住にかかる金額」や「田舎で獲れる食材」など、移住に少しでも興味がある人に向けたあるあるが語られるが、なんと今回ゲストの暮らしを紹介するVTRのナレーションは、本家『人生の楽園』でナレーションを務める西田敏行・菊池桃子が担当。楽園の案内人の2人が、田舎移住あるあるを紹介していく。そして、今回のゲストだが、9年前から茨城県に住む林マヤは、様々な珍しい野菜をオーガニックに育て「一番美味しいタイミングで食べられる」と自慢し、栃木の那須塩原に移住した鈴木正幸は「家の周囲で山菜が獲れる」と山菜を使った料理を披露する。また、長野県八ヶ岳の麓のログハウスで30年暮らしている上條恒彦は、田舎暮らしだからこそ示せる父親の威厳や子育てについて持論を展開。田舎での子育ては子ども自身にとってはどうなのか? 田舎で育ち、今は都会で働く息子に本音...more
カテゴリー:

「決して見てはいけない」Amazonプライム・ビデオの番組とは? - 07月21日(金)18:00 

禁止されるほどやりたくなる心理効果「カリギュラ効果」。まさにそれがコンセプトとなったAmazonプライム・ビデオのオリジナルコンテンツが東野幸治と今田耕司がMCを務める『カリギュラ』だ。コンプライアンス的にNG、マニアック過ぎて視聴率が見込めないなどの理由から地上波放送では一度闇に葬り去られた企画を蘇らせようというこのコンテンツ。ややもすると、「覗き見」的な興味ばかりを追い求めたもの、と捉えられるかもしれない。確かにそういった一面もある。しかし、バラエティでありながら、リアルさを追求したドキュメンタリーの要素、ところどころ垣間見える人間のもろさや温かみなど、じつは学びや気づきを得られる内容だったりする。たとえば…日常では見られない、いろんな意味で生々しすぎる現場「東野、鹿を狩る」プロの猟師VSテレビスタッフ意識の違いから漂う緊張感かねてから「自分が食べるものを自分で調達してみたい」との願望を持っていた東野が、自らの生きる手段として日常的に狩猟を行うサバイバル登山家・服部文祥に弟子入り。服部氏が拠点のひとつとする北海道・占冠村にてロケを敢行。この企画いちばんの見どころは、射止めた鹿の血を抜き解体する一部始終、見る人によっては正視できないかもしれない圧倒的な現場の迫力にある。一方で、どこまで本気なのか窺い知れない東野含むテレビスタッフと服部との間に漂う不穏な空気、緊迫した...more
カテゴリー:

【芸能】ヒロミが「海外旅行ならラオス」と勧める理由とは - 07月14日(金)21:21 

7月8日放送の『こんなところにあるあるが。土曜 あるある晩餐会』(テレビ朝日系)に、タレントのヒロミ(52)が出演。 お笑いタレントの今田耕司(51)やHKT48の指原莉乃(24)らに、ラオスの民家に泊まった際のエピソードを披露した。  この日は、“世界中を旅した旅のエキスパートがこの夏の超穴場&激安で快適な海外旅行を教えます”と題し、 ハワイに25年以上通い続けているというヒロミや、経済評論家の佐藤治彦氏(56)ら旅のエキスパートが、 ガイドブックに載っていない世界の観光スポットなどについて語...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「今田耕司」の画像

もっと見る

「今田耕司」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる