「今田耕司」とは?

関連ニュース

関ジャニ∞丸山隆平が「鑑定団」へ!とびっきりのお宝を持ち込む!? - 11月21日(火)10:00 

11月21日放送の「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系ほか)に関ジャニ∞・丸山隆平が出演することがわかった。 【写真を見る】丸山は今田耕司・福澤朗とどう絡むのかもお楽しみだ/(C)テレビ東京 同放送は、「ありえへん∞世界」(テレビ東京系ほか)とのコラボレーション企画の第3弾で、これまで2度「ありえへん∞世界」に出てきたお金持ちのお宝を鑑定してきたが、思うような鑑定結果にはいかず。果たして今回、“3度目の正直”となるのか? また、依頼人としてやってくる丸山と、今田耕司&福澤朗のやり取りにも注目だ。(ザテレビジョン) 【関連記事】 ・A・マホーン、嵐、梅沢富美男、亀と山Pら「ベストアーティスト2017」全アーティスト発表! ・今田耕司、自らを「3人目のダウンタウンやと勘違いしていた」 ・有吉弘行も嫉妬!? 蛭子能収が好き過ぎる18歳の女性タレントとは? ・嵐と乃木坂46「ベストアーティスト2017」で「A・RA・SHI」ダンスコラボ!
カテゴリー:

今田耕司やヒロミが「大嫌い」「憎たらしい」とバッサリ!山尾志桜里は虫の息? - 11月20日(月)11:19 

18日放送の『特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル』(読売テレビ)内で、今田耕司・ほんこん・ヒロミらが不倫相手とされる弁護士を政策顧問に起用した山尾志桜里議員に...
カテゴリー:

おばたのお兄さん、小栗旬から森山直太朗へ歌まねで新境地 - 11月20日(月)08:00 

フジテレビ系で11月24日(金)19時から放送される『日本一のものまね王者が今夜決定! ものまね王座決定戦 年に一度の鉄板ネタガチンコバトルスぺシャル』(※一部地域除く)の収録が行われ、おばたのお兄さん、ANZEN漫才、岡井千聖の3組が初出演を飾り、それぞれが収録を終えた感想を語った。「ものまね王座決定戦」では、年2回の「ものまね紅白歌合戦」の中から厳選された出場者と、実はものまねが得意という芸能人など、ものまね芸人、歌手、アイドル、お笑い芸人、一般素人ら24組が「王者」の座をかけ、“歌まね”・“声まね”で勝ち抜きトーナメント戦を実施。“小栗旬”のものまね芸で一躍人気者に駆け上がったおばたのお兄さんは、森山直太朗の「生きとし生ける物へ(2004年)」の“歌ものまね”を初披露。「小栗旬さんのものまねは首を使い過ぎてて結構大変だったんです(笑)“首を使わないで済む”歌ものまねに挑戦していこうと思えた自分の人生の中でも転機となる大会となりました。ぜひとも自分の新しい一面を見て評価してください!」とコメント。スタジオでは、司会の今田耕司と東野幸治がステージに熱視線を送る山﨑夕貴アナウンサーの表情や仕草を徹底解説。山﨑アナウンサーも「見ていて、気が気じゃなかったですよ!」と吐露する。ANZEN漫才は、米米CLUBの「浪漫飛行(1990年)」で勝負を仕掛ける。みやぞんは隠された才能でスタジオ審...more
カテゴリー:

様々な料理を食べ尽くした俺だが、最高の料理はスパイス料理と悟った - 11月19日(日)19:35  news

鈴木浩介、愛するカレーの聖地・インドでスパイス大捜索の旅…「アナザースカイ」 今田耕司とモデルで女優の中条あやみがMCを務める「アナザースカイ」の11月17日(金)の放送に、俳優の鈴木浩介がゲストで出演。 今回鈴木さんは“カレー”のスパイスの聖地である南インドで究極のカレーを堪能。カレー愛を熱く語ってくれる。 http://www.cinemacafe.net/article/2017/11/17/53952.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

西川史子、日馬富士関との記事のせいで「離婚が早まった」 - 11月19日(日)14:01 

11月19日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)では、メディアを連日騒がしている横綱・日馬富士関の暴行問題に対して、出演者それぞれが意見を交わし盛り上がった。 【写真を見る】西川史子は先日あの人気芸人との仲良さそうなツーショットも公開/※画像は西川史子(dr.ayako_nishikawa)公式Instagramのスクリーンショットです スポーツ界に精通しているという武井壮は、暴行が事の発端だと思うとした上で「指導的に相撲取りがペシってたたくのは、ワザの張り手とかより弱いし、そんなに大した問題じゃないと思うこともある」と持論を展開。 そして「問題なのは上から下の立場に対する、不機嫌とかの感情も入り交じったこともあると思っていて、その混在したものが業界のしきたりとか慣習とかで、内側でまぁこんなもんだよね、って思われていたものが、その線引きが手前になる時代。だから、やっちゃいけないことなんだなと感じる」とコメントした。 番組初登場となるSKE48・須田亜香里は「私は、以前殺害予告を出されたことがあって、周りは心配して警察に言った方がいいんじゃないかと言ってくれたんですが、私は大事にするのが怖くて行動に踏み出せずにいた。でも安全面を考えて、仕方なく被害届を出すに至った。(被害者の)貴ノ岩さんも同じで、周りの意見もあって被害届を出すに至ったのかな?」と自身の経験を踏まえた発言をし、議論...more
カテゴリー:

【芸能】今田耕司やヒロミが「大嫌い」「憎たらしい」とバッサリ!山尾志桜里は虫の息? - 11月20日(月)17:33  mnewsplus

 18日放送の『特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル』(読売テレビ)内で、今田耕司・ほんこん・ヒロミらが不倫相手とされる弁護士を政策顧問に起用した山尾志桜里議員について、「説明責任を果たせ」「大嫌い」などと批判の集中砲火を浴びせた。  番組では、山尾議員が不倫相手とされる弁護士を政策顧問に起用した件について取り上げられ、ほんこんが「弁護士なら嘘ならば訴えればいい」と激怒。  これについて、山尾議員擁護派の杉村太蔵が「政治家がイチイチ訴えていたらキリがない」と弁護するも、今田が「細かいの...
»続きを読む
カテゴリー:

天気予報士・森田正光が今田耕司に激怒「ありえない!」 - 11月20日(月)10:30 

11月19日(日)放送の「テンション上がる会?~地球のことで熱くなれ!~」(テレビ朝日系)に、天気予報士たちが大集合。「11月のテンションが上がる天気」を紹介し、天気予報士の森田正光が、MCの今田耕司に激怒する場面があった。 【写真を見る】顔を真っ赤にして「ありえない!」と大絶叫した天気予報士・森田正光 番組では、パール富士やグリーンフラッシュなど、11月に見られるさまざまな美しい現象を紹介。写真家・天気予報士の武田康男がおさめたオーロラの貴重な映像も飛び出し、今田とMCの指原莉乃がうっとりするシーンも。すると今田が、「若いころ、飛行機で寝ていたら、CAさんが“今、コックピッドからすごくキレイなオーロラが見られますが、見に来られませんか?”と起こしにきたんですよ。でも眠かったから、“いいです”と断ったの」と、何とも贅沢な過去を告白。これを聞いた森田は、顔を真っ赤にして「ありえない! ありえない! なんで見に行かなかったんですか!」と大絶叫。今田は「まだ20代で若かったし、少しでも寝たかったんですよ~」と必死に言い訳するが、貴重なチャンスを無にしたことに、気象予報士たちが一丸となって腹を立てる瞬間があった。 次回は、11月26日(日)昼1:55より放送。テーマは「恐竜ファンのテンションが上がる“恐竜界の大事件”」で、生田晴香、尾形比呂哉、尾関高文(ザ・ギース)、恐竜くんが出演。ことし...more
カテゴリー:

今田・東野・木村が板尾のせいでヤクザに絡まれた話 - 11月20日(月)00:07 

タレントの今田耕司(51歳)が、11月19日に放送されたバラエティ番組「ボクらの時代」(フジテレビ系)に出演。若かりし頃、板尾創路(54歳)のせいでヤクザに絡まれたエピソードを語った。
カテゴリー:

ことしのテーマはアメリカンポリス!「笑ってはいけない」最新作が放送決定 - 11月19日(日)19:34 

日本テレビ系では、毎年恒例の大みそか特番の最新作「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 大晦日年越しスペシャル! 『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』」を、12月31日(日)に放送する。 【写真を見る】ことしの舞台は「ヘイポー州立おまめ中央警察署」! 恒例のバス移動の結末は!?/(C)NTV 2016年大みそかに放送された「―絶対に笑ってはいけない科学研究所24時」に続く、12年目となる大みそか特番のテーマは「アメリカンポリス」。「ヘイポー州立おまめ中央警察署」を舞台に、“新人アメリカンポリス”に扮したダウンタウン、月亭方正、ココリコの5人がさまざまな研修に挑んでいく。 「どんなことが起こっても絶対に笑ってはいけない」という過酷な状況に置かれた5人には、大物俳優が扮(ふん)する署長との対面や訓練をはじめ、豪華ゲスト扮する刺客たちが仕掛ける、さまざまな「笑いのトラップ」が待ち受ける。 警察署という設定で起こり得る数々の訓練やイベントはもちろん、移動中のバスの中で仕掛けられたネタなど、襲いかかる幾多のトラップに笑ってしまうと、“罰隊”からのきついお仕置きが。また、恒例の“驚いてはいけない”ブロックなど、別次元のコーナーも展開される。 11月上旬、関東某所の廃校2校を貸し切り行われたロケは、スタッフ総勢約500人、カメラ台数212台という壮大なスケールで撮影。板尾創路、ジ...more
カテゴリー:

今田耕司、自らを「3人目のダウンタウンやと勘違いしていた」 - 11月19日(日)10:24 

11月19日に放送された「ボクらの時代」(フジ系)に、同世代を駆け抜けた芸人として、板尾創路、今田耕司、木村祐一の3人が登場。下積み時代から感じた、“ダウンタウン伝説”を語った。 【写真を見る】板尾創路は「そりゃ、勘違いするよな。あんなところ出ていったら」と過去を振り返る 若手だった自分たちが出演していた「心斎橋筋2丁目劇場」時代のトークでは、ダウンタウンのアイドル的人気がスゴかったと盛り上がる3人。 今田は「イベントがだんだん満員になってきて劇場に人が入らへんようになった」と振り返り、「当時の吉本やから、イスを外してゴザを敷いて客を詰め出したんや」と苦笑い。 これを聞いた板尾は「消防法違反やけどな(笑)」とポツリ。キャパ120人だったところに400人くらい入っていたらしく、同じ舞台に出演していたという今田と板尾は「人が壁のようやった」「フラッシュがブワーと来た」と、熱気のスゴさを伝え、板尾は「そりゃ、勘違いするよな。あんなところ出ていったら」とまとめていた。 ダウンタウン人気の余波により、劇場の外で女の子にキスをされたこともあるという今田は、サングラスをかけてフワフワのナイロンの服を着ていたらしく「わしゃ、ロックスターか!」と当時に自分にツッコんでいた。 また、ダウンタウンと番組で共演することの多かった今田は、自分のことを「3人目のダウンタウンやと勘違いしていた」らしく、遅刻の多...more
カテゴリー:

もっと見る

「今田耕司」の画像

もっと見る

「今田耕司」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる