「今月中旬」とは?

関連ニュース

信州大学で共謀罪の特別講習 信大生「この国は民主主義では無くなった」「思想の制限ではないか」 - 05月26日(金)09:19 

信州大松本キャンパス(松本市)で「日本国憲法」の授業が24、25日にあり、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案がテーマになった。 共謀罪を巡って「何が問題になっているのか分からない」との声があり、担当の三枝有教授(刑事法)が取り上げた。学生たちは、成立した場合に市民生活に及ぼす影響を考えた。  授業は信大の全学部生が受講でき、本年度前期は計300人余が履修。基本的人権を扱った今月中旬の授業で「テロ等準備罪」と呼ばれている共謀罪に触れたところ、「テロを規制するならいいのでは」「なぜ...
»続きを読む
カテゴリー:

米仏首脳が初会談 - 05月25日(木)20:53 

マクロン仏大統領(右)との会談に臨むトランプ米大統領。就任から4カ月たったトランプ氏と、今月中旬に就任したばかりのマクロン氏が初めて顔を合わせた=25日、ブリュッセル
カテゴリー:

米仏首脳、25日に初会談=貿易・環境問題で隔たり - 05月24日(水)21:29 

 【パリ時事】今月中旬に就任したフランスのマクロン大統領(39)が25日にブリュッセルで開かれる北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席し、トランプ米大統領(70)との初会談に臨む。NATO首脳会議は国際会議に初めて参加する舞台となり、先進7カ国(G7)首脳で最も若いマクロン氏の外交手腕が問われる。 マクロン氏は25日、トランプ大統領と昼食を取りながら個別に会談する予定だ。マクロン氏は、保護主義的な姿勢を強めるトランプ氏を批判してきた。マクロン氏の就任直後、トランプ氏は「一緒に仕事をするのを楽しみにしている」と歓迎したが、自由貿易推進を掲げるマクロン氏とは考え方に大きな隔たりがある。 また、米国は地球温暖化対策の国際的な枠組みを定めた「パリ協定」からの脱退を検討し、今月末以降に判断を下す方針。これに対し、協定の合意を主導した仏政府は各国に協定の順守を求める立場で、マクロン氏も大統領選で「米国が協定にとどまるよう全力を尽くす」と訴えた。 会談でこの問題が話し合われた場合、マクロン氏が定評のある巧みな弁舌や英語力を駆使して、父子ほどの年齢差があるトランプ氏を説得できるかが焦点となりそうだ。 【時事通信社】
カテゴリー:

「不敬」で14歳少年ら拘束=前国王肖像に放火容疑-タイ - 05月24日(水)19:08 

 【バンコク時事】タイ東北部コンケン県で故プミポン前国王の肖像に放火したとして、14~20歳の6人が不敬容疑で軍に身柄を拘束された。警察当局者や人権団体が24日明らかにした。 6人は今月中旬ごろにコンケン県で拘束された後、取り調べのため首都バンコクの軍施設に連行された。警察当局者によると、現在はコンケン県の軍施設で拘束されているという。 6人は家族や弁護士と連絡が取れない状態にあるといい、人権団体は「こうした自由の剥奪は恣意(しい)的な拘束に等しく、国際人権規約に違反する」と当局の対応を批判している。 【時事通信社】
カテゴリー:

これはもう、ダイビングではなく「スカイドロッピング」だ! - 05月22日(月)18:48 

今月中旬。ある男性がチャレンジした世界初の試みは、ドローンで自身の体を吊り上げ、はるか上空から落下するスカイダイビング。その様はむしろ、ダイブというより「スカイドロッピング」と表現したほうが適切かもしれない。通常のようにヘリコプターから飛び降りるか、それとも今回のようにドローンから落ちるか。両者の恐怖度の天秤は、僕みたいな凡人にはわかりかねる。でも、後者には「本当に自分の体を持ち上げていられるのか?」というプラスアルファの恐ろしさが生まれるのは確かだろう。そんな“未知の世界”へ足を踏み入れる彼の気持ちを想像しつつ、挑戦を見届けよう。「飛ぶ」とは違う恐怖がそこに舞台はラトビアのとある街。高さ120mの電波塔がチャレンジの起点となる。世界初の試みゆえ、スタッフの表情には緊張感が。使用するのは、28機ものプロペラが搭載されたドローン「Aerones」。最大200kgまで持ち上げることができるらしい。電波塔の頂上に到着し、集中力を高めるダイバーIngus Augstkalnsさん。すると、池にセットされていたドローンが浮上し、Ingusさんの元へ。これが大人の男性を持ち上げると思うと、正直ちょっと心もとなかったりも。ドローンが到着。ロープを手に…。ここから、高度330mまで上昇!かなりのスピードで急上昇。Ingusさんの体が大きく前後に揺れる。3、2、...more
カテゴリー:

テロ対策など協議=米仏首脳が初会談 - 05月25日(木)22:18 

 【ブリュッセル時事】トランプ米大統領は25日、ブリュッセルでフランスのマクロン大統領と会談した。今月中旬に就任したマクロン氏がトランプ氏と顔を合わせたのは初めて。英マンチェスターでの自爆テロを踏まえ、テロ対策などをめぐり意見交換したとみられる。 トランプ氏は会談冒頭、マクロン氏に「見事な選挙運動で、素晴らしい勝利を収めた」と改めて祝意を伝達。「テロをはじめ、話すべきことがたくさんある」と述べた。 マクロン氏は「テロとの戦い、経済、気候、エネルギーなど、話し合うべき課題は極めて幅広い」と語った。トランプ氏は地球温暖化対策の国際枠組みを定めた「パリ協定」からの離脱を検討しており、マクロン氏は会談で協定にとどまるよう説得したもようだ。 【時事通信社】
カテゴリー:

【北海道】中学生棋士藤井四段に続け 子供たちに将棋ブーム 本や将棋セットが品切れに - 05月25日(木)12:31 

デビューから公式戦18連勝を続ける将棋の中学生プロ棋士、藤井聡太四段(14)の活躍を受け、札幌市内で子供たちの将棋熱が高まっている。 教室に通う小学生が増えているほか、書店では一部の将棋セットが品切れになるほどの人気だ。指導者らは「『羽生善治時代』を上回る将棋ブームが来るかもしれない」と藤井四段の活躍に熱い視線を注いでいる。 教室の参加急増 指導書、将棋盤も売れ行き好調 「王手だ」。24日、札幌市中央区の北海道YMCA(南11西11)で開かれた将棋教室。放課後の児童16人が夢中で盤面を見つめ...
»続きを読む
カテゴリー:

【タイ】「不敬」で14歳少年ら拘束=前国王肖像に放火容疑 - 05月24日(水)20:45 

http://www.afpbb.com/articles/-/3129487?act=all 【5月24日 時事通信社】タイ東北部コンケン県で故プミポン前国王の肖像に放火したとして、14~20歳の6人が不敬容疑で軍に身柄を拘束された。警察当局者や人権団体が24日明らかにした。  6人は今月中旬ごろにコンケン県で拘束された後、取り調べのため首都バンコクの軍施設に連行された。警察当局者によると、現在はコンケン県の軍施設で拘束されているという。  6人は家族や弁護士と連絡が取れない状態にあるといい、人権団体は「こうした自由の剥奪は恣意(しい)的...
»続きを読む
カテゴリー:

【神奈川】ボンネットに男性乗せ走行 動画投稿で捜査 - 05月24日(水)16:08 

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170524-00000049-nnn-soci 日本テレビ系(NNN) 5/24(水) 15:57配信  神奈川県横浜市で、車のボンネットの上に男性を乗せて走行する様子を撮影した動画がツイッターに投稿され、警察は道路交通法違反の疑いがあるとみて調べている。  映像は今月16日、ツイッター上にあげられた。ボンネットに男性を乗せた車が、約600メートルにわたり公道を走る様子が撮影されていて、かなりのスピードが出ていることがうかがえる。  警察は、防犯カメラの映像から今月中旬に横浜市旭区...
»続きを読む
カテゴリー:

仙台中野が初遠征組 渡辺監督「出す可能性ある」 - 05月19日(金)21:13 

 J1ベガルタ仙台は19日、20日アウェー横浜F・マリノス戦に向け、仙台市内でミニゲームなどで最終調整した。  左膝内側靱帯(じんたい)損傷が癒え、今月中旬に合流したMF中野嘉大(24)が、仙台移籍後初めて遠征組に選ばれ、途中出場の可能…
カテゴリー:

もっと見る

「今月中旬」の画像

もっと見る

「今月中旬」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる