「今年生誕」とは?

関連ニュース

文春砲も真っ青。400年前のドロドロ不倫愛憎劇 - 09月15日(金)16:30 

「切れば血が出るような、生々しさ」「いきいきとした人間ドラマ」──。出演歌手たちがそう口を揃えるリアルな愛憎劇。今年生誕450年の作曲家クラウディオ・モンテヴェルディの晩年の代表作、オペラ《ポッペアの戴冠》が上演される。公演の指揮者・鈴木優人と出演歌手らによる記者会見が開かれた。【チケット情報はこちら】(PC)指揮者の鈴木が「勧善懲悪ならぬ勧悪懲善」と表現するように、ローマ皇帝ネローネ(ネロ)と美女ポッペアのW不倫愛に端を発して、ネローネは反対する腹心を自殺に追い込むわ、正妻のオッターヴィアはポッペアの暗殺を企むわ、不道徳で不正義な謀略が渦巻く物語。その不条理をモンテヴェルディが官能性豊かな音楽で描いた傑作だ。17世紀初めのオペラ誕生から間もない時期に、人間の暗部までをこんなにリアルにえぐり出す作品が生まれていることに驚く。男役も含め、登場する役の多くが女声の音域で書かれた作品を演じるのは、森麻季(ポッペア)、レイチェル・ニコルズ(ネローネ)を始め、波多野睦美(オッターヴィア)、森谷真理、小林沙羅、藤木大地、櫻田亮ら実力派揃いの豪華オールスター・キャスト。古楽のベテランから、森谷や小林、そしてやや意外なことにカウンターテナーの藤木も、バロック・オペラ初挑戦の新進歌手まで広く起用しているのは、古楽に軸足を置きながら多様なフィールドで活躍する鈴木ならではの、唸らせるキャスティングだ。2...more
カテゴリー:

詩人・尹東柱生誕100年 各国で記念行事開催へ - 09月14日(木)07:30 

【ソウル聯合ニュース】今年生誕100年を迎えた韓国の詩人・尹東柱(ユン・ドンジュ、1917~45年)の記念行事が世界各地で開かれる。  日本人約20人でつくる「詩人尹東柱を記念する立教の会」は、10月に立教大のホームカミングデーで卒業生らを対象に尹東柱の詩の朗読会を開く計画だ。同会は毎年2月に尹東柱の追悼行事を開催しており、尹東柱国際交流奨学金を受給している学生との交流、他大学での尹東柱関連講演会の開催、映画「空と風と星の詩人 尹東柱の生涯」の上映など、多彩な活動を行っている。  米ボストンの韓米芸術
カテゴリー:

「今年生誕」の画像

もっと見る

「今年生誕」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる