「今年公開」とは?

関連ニュース

夏休み興行本番突入 ヒットした映画は? 『ポケモン』『銀魂』『パイレーツ』 - 07月18日(火)21:46 

 映画興行が盛んになる夏休みシーズンが到来。海の日を含む3連休の初日、15日より公開となったアニメーション映画『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』が、最新の映画動員ランキング(7月15・16日、興行通信社調べ)で初登場1位に躍り出た。2位には14日公開の小栗旬主演『銀魂』。3位には2週連続1位だった『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』がランクインした。 【写真】『銀魂』『パイレーツ・オブ・カリビアン』など  今年の「ポケモン」映画は、テレビアニメの初回放送から20年目を迎えた記念作。土日2日間で動員43万6000人、興収5億1600万円をあげた。この数字は『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ』(2016年7月16日公開、最終興収21億5000万円)を大きく上回っており、配給の東宝は40億円を狙えるスタートを切ったと発表している。  テレビアニメ第1話のリメイクを含むサトシとピカチュウの出会いを描いたストーリーで、アニメやゲームの「ポケモン」に親しみながら育った大人の心の琴線にも触れる見どころも多い。初日アンケートの結果でも、小学生が29.2%、20代が27.7%、30・40代が12.4%と、幅広い客層を動員しており、20周年にふさわしいオープニングを飾った。  2位の『銀魂』は、空知英秋氏の人気漫画を、福田雄一監督のもと、小栗のほか...more
カテゴリー:

Apple、新絵文字にシマウマ、Tレックスなどお披露目――国際絵文字デーを記念してプレビュー - 07月18日(火)05:05 

Appleは今日(米国時間7/17)の世界絵文字デー〔Wold Emoji Day〕を記念してiOS、watchOS、macOSで今年公開する予定の絵文字をいくつかお披露目した。新しい絵文字にはTレックス、エルフが含まれるのでジュラシックパークやロード・オブ・ザ・リングのファンには大いにタイプ入力の節約になるだろう。またヘッドスカーフや母乳を授乳中の女性などの絵文字も追加され、ダイバーシティーの増進にも配慮されている。 今回の絵文字はすべてUnicode Emoji 5.0標準で、今年3月に決定、5月に一般公開されて合計69種類の絵文字が追加された。Appleではこの追加セットのうち数十種を今回公開した。 emoji_update_2017_3.png emoji_update_2017_4.png emoji_update_2017_12.png ...more
カテゴリー:

人気ゲーム「アサシン クリード」、ハリウッド映画の次はアニメシリーズに - 07月10日(月)11:00 

 全世界で人気のゲームシリーズ「アサシン クリード」のテレビアニメ企画が進行中だと、英エンパイア誌が報じた。  同作は、十字軍時代に活躍した暗殺者集団「アサシン教団」の一員として人混みに隠れて任務を遂行する潜入アクションゲーム。「ローン・サバイバー」や「THE GREY 凍える太陽」などの製作総指揮を務めたプロデューサー、アディ・シャンカールがこのほど、原作ゲームを販売するユービーアイソフトからテレビアニメの企画開発を委託されたと、自身のFacebookで発表した。  シャンカールは、「夢を実現するためにロサンゼルスにやってきた年に、最初の『アサシン クリード』をプレイしたんだ」と同ゲームへの思い入れたっぷりに、「当時は業界に1人も知り合いがいなかったし、まさか『アサシン クリード』の世界を下敷きにしたオリジナルのアニメシリーズの制作をユービーアイソフトに依頼されることになるとは想像もつかなかったよ」とコメント。放送局など詳細は明らかにされていないが、シャンカールは新作アニメシリーズ「悪魔城ドラキュラ キャッスルヴァニア」をNetflix向けに制作していることから、同配信サービス向けになる可能性がある。  なお、「アサシン クリード」は昨年、マイケル・ファスベンダーを主演に迎えオリジナルストーリーで実写映画化され、日本では今年公開された。 【作品情報】 ・アサシン クリード...more
カテゴリー:

高杉真宙、カメレオン俳優の野望「自分の限界を知りたい」 - 07月08日(土)06:00 

 俳優・高杉真宙(21)の勢いが止まらない。2013年~14年に放送された『仮面ライダー鎧武/ガイム』で一躍注目を集めて以降、今年公開の映画に6本出演、来年公開分もすでに2本が公表されており、ここに来て一気に露出が増えている。そんな高杉の主演映画『逆光の頃』が、きょう8日から公開される。 【写真】7つの高杉真宙の魅力がギュッ!写真集カバーカット  原作は、OL風の女性「フチ子」が腰をかけるフィギュア「コップのフチ子」の原案者であり、『マンガ サ道 ~マンガで読むサウナ道~』などで知られる漫画家・タナカカツキ氏のデビュー作。全12編から構成されており、映画ではその中から「僕は歪んだ瓦の上で」「銀河系星電気」「金の糸」の3編にオリジナル部分を追加し映像化されている。  撮影地は京都。福岡県出身の高杉にとって、主人公の孝豊が話す京都弁をマスターするまで時間を要した。「博多弁はけっこう早口で話すんですけど、比較的ゆっくりした京都弁のトーンになかなか慣れなくて…最後の母音をちゃんと残していったら京都弁っぽく聞こえるよっていうのを教えてもらいながら覚えていきました。本当に撮影が終わる前日まで、ずっと練習していましたね」。  葵わかな(19)や清水尋也(18)といった、同世代との共演の話題になると表情がより一層華やいだ。「尋也とか、葵さんと青春できてよかったなという感じで、自分の学生時代...more
カテゴリー:

【国内映画ランキング】映画20周年記念作「ポケモン」が首位奪取!「銀魂」は2位スタート - 07月18日(火)20:00 

 7月15~16日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。夏休みに向けて新作が5本ランクインし、「ポケモン」の映画20周年記念作品「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」が堂々の首位を獲得。全国368スクリーンで公開され、オープニング2日間で観客動員43万6000人、興行収入5億1600万円を稼ぎ出した。この成績は、最終興収21.5億円をあげた前作「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」(16年)の興収比159.3%。15年、16年は首位デビューできていなかっただけに、前作を大きく上回る絶好のスタートを切った。  2位には、「週刊少年ジャンプ」連載の空知英秋原作による大ヒットコミックを小栗旬主演で実写映画化した「銀魂」が初登場。7月14日より全国335スクリーンで公開され、土日2日間で動員39万2789人、興収5億4103万2900円を記録した。これは今年公開された実写邦画のオープニング2日間でNo.1の成績。10代から20代の若者を中心に動員し、オープニング4日間では累計動員74万2254人、興収9億8229万1500円をあげている。最終興収52.2億円を記録した「るろうに剣心 京都大火編」(14年)とほぼ同じ出足であることから、最終興収50億円以上が期待される。  ピクサー・アニメーション・スタジオの人気...more
カテゴリー:

永野芽郁、意外と男前な素顔「バイクの免許をとりたい」 - 07月17日(月)07:00 

 女優の永野芽郁(17)が18日スタートの関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『僕達がやりました』(毎週火曜 後10;00)でヒロイン・蓮子を演じる。来年春のNHK朝の連続テレビ小説『半分、青い。』の主演にも決定し、今年公開の映画は主演作含め5本と多忙を極める女優に成長。まるで少女漫画のヒロインのような清楚さと天真爛漫な発言が好感を呼んでいる彼女だが、実はその素顔は周囲の人から『男らしいね』と言われる機会が多いのだとか。インタビューを通して、「バイクの免許をとりたい」「金髪にしたい」と語る永野の意外な一面をひも解く。 【全身ショット】連ドラヒロインに挑戦する永野芽郁 ■ヤンチャだった少女時代 高校卒業までに「金髪にしたい!」  “ちょっとした復しゅう心”が大ごとになってしまう、というストーリーの同作だが、幼少期から男兄弟と育ち、おてんばだったという彼女。小学校低学年の頃の思い出として「向かいに同い年くらいの男女の兄弟が住んでいたんですけど、私とお兄ちゃんのことを好きじゃなかったみたいで。水鉄砲で水をかけてくるんです。でも度が過ぎてきてイジメみたいになってきたから、お兄ちゃんと仕返ししようとなって…」と懐かしむ。  「向かいの家のみんなが脱いだ靴が並べてあったので、そこにお兄ちゃんと泥団子をつくって投げ入れました。『仕返しだ!』って。ふざけたつもりだったのにそのお母さんが出てき...more
カテゴリー:

窪塚洋介、ハリウッドを経て出会った盟友・降谷建志との運命と未来 - 07月08日(土)07:30 

 レゲエアーティスト・卍LINEとしても活躍する俳優・窪塚洋介(38)。今年公開された巨匠マーティン・スコセッシ監督の『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを果たし、さらなる高みへ進んだ彼の最新作『アリーキャット』が7月15日より公開される。海の向こうで大きな経験を積み、2013年11月公開の『ジ、エクストリーム、スキヤキ』以来約4年ぶりとなる主演作に臨んだ心境や、仕事へ向き合う姿勢、そしてこの映画の共演を通じて生涯の友人と認め合うようになった降谷建志(38)との関係性について、話を聞いてみた。 【写真】ステージ上にそろって登場した窪塚洋介&降谷建志 ■財産になったスコセッシ監督の現場 決して妥協しない仕事への取組姿勢  本作の撮影時期は、2016年の冬。『サイレンス』を撮影し、日本で舞台『怪獣の教え』を経て、クランクインした。「『サイレンス』は台湾で撮影したから、ハリウッドの最前線って感じではなかったけど、マーティン・スコセッシが30年間温めてきた特別な作品の現場を体感することができた。その後に豊田利晃監督が演出する舞台『怪獣の教え』を挟んだから、ずいぶん自分をナチュラルに戻してもらって、ニュートラルな状態で『アリーキャット』にインできたかな」。この流れで臨んだ久々の主演作に「特別ないい流れが来てるなっていうことで、これを最大限感謝して、最大限楽しんで、自分の財産にする...more
カテゴリー:

「今年公開」の画像

もっと見る

「今年公開」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる