「今年公開」とは?

関連ニュース

浜辺美波、『キミスイ』大ヒット御礼でロケ地・太宰府天満宮に御礼参り - 09月20日(水)20:30 

7月28日に公開され、9月18日までの53日間で、興行収入32億2500万円、観客動員254万8000人を記録した『キミスイ』こと『君の膵臓をたべたい』。映画公式サイトでは、映画と原作、双方のリコメンドカードを作成・掲出し互いを応援しようというコンセプトのもと、7月1日より書店での「映画×原作 相互応援キャンペーン」&図書館を中心とした「棚作りコンテスト」を実施。結果、「映画×原作 相互応援キャンペーン」には54店舗、「棚作りコンテスト」には67館から応募があり最優秀賞が決定。主演の浜辺美波が最優秀賞の店舗&図書館を表敬訪問した。 9月15日。まず、浜辺が向かった先は、全国キャンペーンスタートの地・福井。原作表紙のモデルとなった足羽川が流れるこの県で訪れるのは、「棚づくりコンテスト」で最優秀賞となった福井県立鯖江高等学校。学校に着いて早々、浜辺は図書館を訪問。司書教諭に迎えられ、実際の「キミスイ」棚を見ると「手書きの装飾など、すごく手の込んだ棚でびっくりしました」とコメント。 さらに、体育館で行われている全校集会にサプライズ訪問。登場するや否や「美波ちゃーん」と叫ぶ生徒も現れ、歓迎の悲鳴が上がった。また、同校の新聞部の公開取材が行われ「(福井名物)ソースカツ丼の大盛りを食べたい」といったコメントも飛び出し、生徒たちは大喜び。自身も17歳ということもあり、同世代との交流に浜辺も「...more
カテゴリー:

女優・のんが『映画秘宝』で新連載を開始! ワンダーウーマンに扮した本誌未公開カットが到着 - 09月19日(火)11:00 

『映画秘宝』さん、次号もまたワンダーウーマンが表紙っすか!? と思ったら、ガル姐さんじゃなくて、“のん”さんじゃん! 映画雑誌『映画秘宝』は、女優・創作あーちすととして活躍する“のん”さんによる新連載「ヒーローになりたい!」をスタート。連載初回となる2017年11月号(9月21日発売)では、ワンダーウーマンに扮した“のん”さんが表紙を飾るほか、巻頭カラーぶち抜き10ページに渡るグラビア&独占ロングインタビューを展開します。 今年公開されて大ヒットした映画版ではなく、1976〜77年放送のTVシリーズ『空飛ぶ鉄腕美女ワンダーウーマン』のリンダ・カーター版をコスチュームにチョイスしているのもグッドです。 そしてこのたび、本誌には収録されていない未公開カット2点も到着。ガル姐さんよろしく両腕をクロスさせたお馴染みのポーズと、星条旗カラーのサテンマントをふぁさっと構える“ワンダーのん”。 本誌では、ミュージカル映画『アニーよ銃をとれ』(1951年)よりアニー、映画『ニッポン無責任時代』(1962年)より平均(たいらひとし)を演じた植木等さんに扮したグラビアも披露しているとのこと。 「私、ヒロインよりもヒーローにずっと憧れているんです」と語る“のん”さんの新連載は、古今東西、憧れのヒーロー映画を“のん”さんが観まくる、というコンセプト。様々な現場でシネフィルっぷりを発揮している“のん”さ...more
カテゴリー:

『キミスイ』興収30億円突破 今年公開の東宝実写映画でNO.1ヒット - 09月11日(月)22:06 

浜辺美波と北村匠海のW主演で7月28日に封切られた映画『君の膵臓をたべたい』、通称『キミスイ』が9月10日までの公開45日間で興行収入30億円を突破したことがわかった。
カテゴリー:

【芸能】デヴィッド・ハッセルホフ、『ナイトライダー』のダークな復活を希望 - 08月28日(月)05:03  mnewsplus

http://dramanavi.net/sp/news/2017/08/post-6351.php 1980年代に世界中で人気を集めたカーアクション・ドラマ『ナイトライダー』で、主人公マイケル・ナイトを演じたデヴィッド・ハッセルホフ。その彼は、『ナイトライダー』の復活を願っているだけでなく、今年公開されたマーベル映画『LOGAN/ローガン』のようなテイストを求めているという。 米Cinema Blendが伝えたところによると、デヴィッドは『シン・シティ』『フロム・ダスク・ティル・ドーン』や『マチェーテ』を手掛けたロバート・ロドリゲス監督と出会い、次のような会話...
»続きを読む
カテゴリー:

キアヌ・リーブス主演「ジョン・ウィック3」は2019年夏公開 - 09月20日(水)11:00 

 キアヌ・リーブスが伝説の殺し屋を演じる人気シリーズ「ジョン・ウィック」の第3弾が、2019年5月17日に全米公開されることが決定した。  米ライオンズゲート製作の「ジョン・ウィック」は、銃とカンフーを融合した新銃術“ガンフー”アクションで大ヒットした、リーブスの新たな代表作。今年公開された第2作「ジョン・ウィック チャプター2」は、「マトリックス」シリーズのローレンス・フィッシュバーン、「トリプルX 再起動」のルビー・ローズ、ラッパーのコモンが共演し、マフィアに7億円の懸賞金をかけられた殺し屋ジョン・ウィック(リーブス)が、世界中の殺し屋と死闘を繰り広げるさまを描き、世界累計興行収入1億7150万ドルを記録した。  米Deadlineによれば、「ジョン・ウィック3」は、1作目の共同監督で、2作目で単独メガホンをとったチャド・スタエルスキが監督を続投。また、1作目から執筆してきたデレク・コルスタッドが再び脚本を手がける。 【作品情報】 ・ジョン・ウィック 【関連記事】 ・キアヌ・リーブス「ジョン・ウィック」第3作では「馬に乗って銃を撃ちたい」? ・キアヌ・リーブス主演「ジョン・ウィック3」に脚本家デレク・コルスタッドが続投 ・90秒で約20人を瞬殺!「ジョン・ウィック」スピード感あふれる本編映像公開 (C)2017 Summit Entertainment, LLC. A...more
カテゴリー:

浜辺美波写真集、発売2週間で4刷となる重版が決定! - 09月16日(土)14:49 

浜辺美波の写真集「浜辺美波写真集 voyage」(税抜2500円)が売上好調につき、発売2週間で4刷となる重版が決定した。 本写真集は浜辺の17歳の誕生日である8月29日に発売。発売前には予約が殺到し、発売前重版が決定。その後も発売わずか3日で3刷、そして今回の4刷と、写真集としては異例の早さで続々と重版が決定している。 また、9月5日には写真集の未公開カットのみで構成した「浜辺美波 2018カレンダーブック」(税抜1800円)も発売中。こちらも発売前に重版が決まり、“史上初の発売前ダブル重版”として話題になった。このたびカレンダーブックも、写真集と同時に3刷の重版が決定。こちらも発売1週間での重版となっている。 浜辺は第7回東宝シンデレラオーディションでニュージェネレーション賞を受賞し芸能界入り。2015年に実写版ドラマ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の本間芽衣子(めんま)役で注目を集め、人気麻雀コミック「咲-Saki-」を実写ドラマ・映画化した『咲-Saki-』(16年)で連続ドラマ初主演。北村匠海とW主演した現在公開中の『君の膵臓をたべたい』は、9月10日時点で興行収入30億円を突破。今年の東宝実写作品でNO.1のヒット作となっている。 【関連記事】 浜辺美波、写真集が8/29の発売前に重版決定で「率直にうれしいです!」 浜辺美波、サプライズ・バースデー...more
カテゴリー:

『キミスイ』が興収30億円突破で今年公開の東宝実写映画NO.1ヒット! - 09月11日(月)20:34 

浜辺美波と北村匠海のW主演で7月28日に封切られた映画『君の膵臓をたべたい』、通称『キミスイ』が9月10日までの公開45日間で興行収入30億円を突破したことがわかった。 詳細な数字は興収30億5280万6400円、動員241万4957人で、この成績は2017年の東宝実写作品でNO.1の成績で、現在も記録を更新中だ。 また本作は、第22回釜山国際映画祭 オープンシネマ部門への正式招待も決定! 同映画祭は1996年に創設された韓国・釜山で開催されるアジア最大の国際映画祭で、昨年は『君の名は。』や『怒り』などが出品された。 『キミスイ』の上映は現地時間10月15日を予定しており、当日は主演の浜辺と月川翔監督も参加予定。韓国での配給も10月25日より決定している。 今回が国際映画祭初参加となる浜辺は「私自身、『キミスイ観たよ』として声を掛けてくださる人が多く、今までにないくらい身近でも反響を感じていて、そんな作品に携わることができて幸せだなと思っています。また今回、釜山国際映画祭というアジア最大の映画祭に、数々の作品のなかから、『君の膵臓をたべたい』を上映して頂けるということもとても光栄に思っています。国際映画祭は初めてなので、海外の人がどんな風に観てくださるか、いまからどきどきしますが、とても楽しみです」とのコメントを寄せている。 【関連記事】 小栗旬と北川景子が初共演!ベスト...more
カテゴリー:

【映画】『ゴジラVSコング』は現代が舞台!コングの成長ぶりに期待 - 08月27日(日)06:29  mnewsplus

2017年8月27日 5時35分 『ゴジラVSコング』は現代が舞台!コングの成長ぶりに期待  ゴジラとキングコングの対決を描く新作映画『ゴジラ vs. コング(原題) / Godzilla vs. Kong』の舞台が現代になることが明らかになった。 本作でメガホンを取る、Netflixオリジナル映画『Death Note/デスノート』のアダム・ウィンガード監督が/Filmに語った。  本作は、『GODZILLA ゴジラ』(2014)、『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)、そして2019年全米公開予定の『ゴジラ:キング・オブ・モンスターズ(原題) / Godzilla: King of t...
»続きを読む
カテゴリー:

「今年公開」の画像

もっと見る

「今年公開」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる