「今年公開」とは?

関連ニュース

【テレビ】"さんま"の青春時代を又吉脚本でドラマ化 本人役は北村匠海、ヒロインは飯豊まりえ - 11月18日(土)05:07  mnewsplus

2017-11-18 05:00 さんまの青春時代を又吉脚本でドラマ化 本人役は北村匠海、ヒロインは飯豊まりえ  タレントの明石家さんまが司会を務める26日に日本テレビ系『誰も知らない明石家さんま ロングインタビューで解禁!』(後7:00)で、お笑いコンビ・ピースの又吉直樹が脚本を手がけるさんまの17歳の頃の実話を描いたドラマ『ずっと笑ってた』を放送することがわかった。 ただただ人を笑わせることに夢中だった杉本高文(さんま)役には、今年公開の映画『君の膵臓をたべたい』が話題となった俳優・北村匠海が抜てき。さんまが思い...
»続きを読む
カテゴリー:

関が原の「永久戦犯」 宇喜多秀家がなぜ殺されなかったのか - 11月11日(土)12:48  news

関ヶ原の戦いで29歳の若さながら西軍の副大将をつとめ、最前線で奮戦した「備前中納言」宇喜多秀家。 敗戦後は八丈島に流罪となり、84歳まで生きた。 石田三成や小西行長など西軍諸将が処刑されていく中で、“最大級の戦犯”であるはずの秀家は「なぜ」殺されなかったのか!? ◆“脇役”だった宇喜多秀家が注目を集める 岡山城をつくった戦国大名・宇喜多秀家と妻の豪姫役に選ばれた男女を先頭に、武者行列が入城していく。 岡山市で毎年行われる「秋の桃太郎祭り」(10月7~9日)の一貫として10月8日、「宇喜多秀家☆フェス」が 岡...
»続きを読む
カテゴリー:

ロボットアニメの元祖「マジンガーZ」が甦る!豪華ゲスト声優とエンディングテーマが解禁 - 11月10日(金)08:25 

「デビルマン」「キューティーハニー」などの傑作を生み出し、今年で画業50周年を迎える漫画家・永井豪。彼の代表作のひとつである伝説のロボットアニメ「マジンガーZ」が『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』(18年1月13日公開)として甦る。そんな本作から、吉川晃司が書き下ろしたエンディングテーマが解禁された予告編が完成した。 【写真を見る】おかずクラブの2人が、セクシーな新キャラクターに挑戦!/[c]永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会 「マジンガーZ」は、1972年に連載を開始した漫画を原作に、同年から1974年にかけて放送された、搭乗型巨大ロボットアニメの元祖。ロケットパンチなどの多彩な武器や、出撃シーン、合体シーンなど、その後数多く作り出されてきたロボットアニメの特徴をすべて網羅した、まさに原点ともいえる作品なのである。 かつて悪の科学者Dr.ヘル率いる地下帝国によって滅亡の危機に瀕した人類は、兜甲児が操るスーパーロボット・マジンガーZや光子力研究所の仲間の手によって、悪の野望を阻止し、平和を取り戻した。それから10年、パイロットを離れ、科学者の道を歩み始めた兜甲児は、富士山の地中深く埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇。そして、時を同じくして現れる機械獣や宿敵Dr.ヘル。新たな脅威が襲いかかり、人類の未来は再びマジンガーZに託されるのだ。 今回解禁された予告編で...more
カテゴリー:

山寺宏一&山崎育三郎『美女と野獣』の世界がさらに広がる、新旧野獣夢の対談が実現! - 11月07日(火)12:00 

不朽の名作を「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン主演で実写映画化した『美女と野獣』。日本では今年4月に公開され、興行収入120億円突破の大ヒットを記録した大ヒット作だ。 【写真を見る】アニメ版と実写版“野獣”の比較画像はこちらから!/[c]2017 Disney 10月4日から発売となった本作のMovieNEXは、オリコン週間Blu-ray Discランキングで初登場1位を獲得しただけでなく、実写作品歴代3位となる初週売り上げを記録。TSUTAYAのレンタルランキングでも、歴史的大ヒット作『君の名は。』の首位記録を11週目でストップさせるなど、今なお『美女と野獣』旋風は続いている。 魔女の呪いによって野獣に姿を変えられてしまった王子。彼にかけられた呪いを解くためには、魔法のバラの花びらが全て散る前に誰かを心から愛し、そして愛されることだった。ところが、心を閉ざした王子は城に閉じこもっていた。そんなある日、彼の前に聡明で美しい女性・ベルが現れる…。 1991年に制作されたアニメーション版の『美女と野獣』は、アニメーション映画としては史上初めてアカデミー賞作品賞にノミネートされた、歴史的な一本。その翌年に日本でも公開され、今年はちょうど公開25周年の記念すべき年なのである。 その日本語吹替版アニメーションで野獣の声を務めたのは、声優以外にも俳優やタレントとしてマルチに活躍してい...more
カテゴリー:

さんまの青春時代を又吉脚本でドラマ化 本人役は北村匠海、ヒロインは飯豊まりえ - 11月18日(土)05:00 

 タレントの明石家さんまが司会を務める26日に日本テレビ系『誰も知らない明石家さんま ロングインタビューで解禁!』(後7:00)で、お笑いコンビ・ピースの又吉直樹が脚本を手がけるさんまの17歳の頃の実話を描いたドラマ『ずっと笑ってた』を放送することがわかった。ただただ人を笑わせることに夢中だった杉本高文(さんま)役には、今年公開の映画『君の膵臓をたべたい』が話題となった俳優・北村匠海が抜てき。さんまが思いを寄せる同級生役には女優・飯豊まりえが起用された。 【写真】学ランにメガネ姿の東野幸治も出演  「高校の時、俺が今まで経験したことのない大爆笑の連発。あの“笑い”を忘れられない。高校時代の俺が、いまだに最高で、男としての頂点」とさんま自身が語る自身の黄金時代。彼にとっては、学校は学びの場ではなく、人を笑わせる最高の舞台だった…。凡人の想像を超える壮大ないたずらや、片思いの女の子との甘酸っぱい思い出の数々。さんまとの感動のエピソードが描かれる“絶対に笑わない鬼”として恐れられていた体育教師は神保悟志が演じ、東野幸治とアンジャッシュ・渡部建も“同級生役”として出演する。  まさかのさんま役、しかも“神がかっていた”高校時代のオファーに北村は「とにかくびっくりしました」と驚きを隠せない。お笑い界のレジェンドを演じることに「僕で大丈夫なのかな?」とプレッシャーもあったがそうだが「人を...more
カテゴリー:

あなたの投票で決まる今年公開のベスト映画!毎日映画コンクール「TSUTAYA×Filmarks映画ファン賞2017」本日より投票開始! - 11月10日(金)10:00 

[TSUTAYA] 「TSUTAYA×Filmarks映画ファン賞2017」特設サイトより、Filmarksでレビュー投稿(投票)された方の中から抽選で100名様にTポイント1,000ポイントが付与されます。※投票方法の詳細は下記の特設サイトをご参...
カテゴリー:

マーベル映画を1兆円シリーズにした社長「ベストなアイデアが常に勝つようにしたい」 - 11月08日(水)09:00 

 マーベル・スタジオの最新作「マイティ・ソー バトルロイヤル」(現在公開中)が全米ランキング、国内ランキングともに首位発進。世界最速でシリーズ累計全世界興行収入が1兆円を突破し、破竹の勢いを誇る同スタジオの社長で、全作のプロデュースを手がけるケビン・ファイギが、成功の秘訣を米ロサンゼルスで映画.comに語った。  アベンジャーズの一員としても活躍する雷神ソーを主人公にしたシリーズ第3弾は、コメディテイストへと一気に路線変更したが、「キャラクターの新しいバージョンを見せることは大切」と不安はなかったことを明かす。「常に変化して観客を驚かせることが重要」であり、「コミックのキャラクターたちは50年、60年と存在してきた。いつも変化、適応することで、長く生き残ってきたんだ。僕たちは映画の中でそれをやりたいんだ」と、コミックでの成功例が念頭にあるようだ。  同スタジオの17作目にあたる本作は「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」への“序章”としての役割もあるが、監督にアドリブや即興演技を重視するタイカ・ワイティティを起用し、ソー役のクリス・ヘムズワースや、ハルク/ブルース・バナー役のマーク・ラファロの提案・希望も積極的に採用した。「いつも長期的なプランはあるけれど、古いアイデアよりもいいアイデアが出てきたら、僕らは新しいほうを使う。そのために、その後の出来事などを変える必要が生じれ...more
カテゴリー:

超特急・カイ、石原さとみ弟役に抜擢!1月期ドラマ『アンナチュラル』 - 11月05日(日)10:00 

 2018年1月スタートの新ドラマ『アンナチュラル』(TBS系/毎週金曜22時)に、7人組ダンス&ボーカルグループ・超特急のカイこと小笠原海が主演・石原さとみの弟役として出演することが分かった。連続ドラマ初出演の小笠原は「演技をすることが今とても楽しくて、新鮮な経験なので連続ドラマにレギュラー出演できることが幸せです」と意気込みを語っている。【関連】「石原さとみ」フォトギャラリー ドラマ『アンナチュラル』は、死因究明のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」を舞台に、石原演じる法医解剖医の三澄ミコトが、偽装殺人・医療ミス・未知の症例などから生じた「不自然な死(アンナチュラル・デス)」の真相を解き明かす姿を描く医療ミステリー。 小笠原が演じるのは、ミコトの弟・三澄秋彦。真面目で責任感が強く、大学時代にアルバイトをしていた予備校で講師として学生指導に従事。不在がちな両親のかわりに姉と過ごすことが多かったせいで“お姉ちゃんっ子”として育ち、ミコトから「秋ちゃん」と呼ばれることを最近は少々照れくさいと思っているという役どころ。共演する石原について「カメラの回っていないところでも気さくに話しかけてくださって、本当の姉のように慕っています!」と印象を語る。 役作りでは「普段家族といる時には何も意識せずに話しているので、その感覚を演技で自然に出すことを考えました」と自らの工夫を...more
カテゴリー:

「今年公開」の画像

もっと見る

「今年公開」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる