「今クール」とは?

関連ニュース

【芸能】天海祐希 ドラマ高視聴率で「米倉涼子と同待遇」要求 - 06月21日(水)18:32 

 女優・天海祐希(49)と米倉涼子(41)が、激しいバトルを繰り広げそうだ。発端は15日に最終回を終えた天海主演のドラマ「緊急取調室 シーズン2」が予想以上の高視聴率を稼いだこと。米倉主演でヒットした「ドクターX~外科医・大門未知子~」シリーズVS天海の女刑事――。この両者が今後、“テレ朝看板ドラマ”の座をかけた熱い戦いに突入することになるという。 「緊急取調室2」は15日の最終回が視聴率14・4%、全話平均14・1%で今クールの民放ドラマで1位となるのはほぼ確実だ。  天海演じる主人公の刑事・...
»続きを読む
カテゴリー:

Do As Infinity、新曲「Alive」MVは人間が機械に侵され制圧されている様を表現!? - 06月15日(木)16:00 

Do As Infinityが6月28日にリリースする約1年ぶりのニューシングル「Alive / Iron Hornet」(アライヴ / アイアンホーネット)より、「Alive」のミュージック・ビデオを公開した。 機械で出来たトンネルのような空間を進んでいくシーンから始まり、やがて空間を抜けると機械で作られた人間がこちらを見ているという意味ありげなメッセージ記号やクローン人間の登場など、解読不能な絵が羅列される同ミュージック・ビデオは、人間が機械に侵され制圧されている様を表現している。 そして、2番以降になると、現在の東京の様子が実写として映し出され、日常の群衆と未来の機械化された人々との対比が描かれており、さらに初回限定盤の丸缶特殊パッケージに描かれているジャケット絵柄も登場する。ぜひDVD付き形態を購入して、フル尺で視聴することをおすすめする。 同ミュージック・ビデオのプロデュースを手掛けたのは、新たなオーディオ・ビジュアル・カルチャーを開拓し続ける、今東京で最もインフルエンスな映像クリエイター集団「BRDG」。彼らが手がけるチーム名と同じ名称の電子音楽と映像の交配イベント「BRDG」は、映像と音楽の新たな表現の可能性を生み出していくプラットフォームとなっており、その映像制作における評価は海を越え、今や世界中にコアなファンを持つ。 また、今回の楽曲は「進撃の巨人」「機動...more
カテゴリー:

【試写室】「緊急取調室」天海祐希らキントリの絆は永遠に不滅! - 06月15日(木)06:05 

「面白くなってきたじゃな~い?」 【写真を見る】最後に有希子(天海祐希)たちが見る“景色”とは!?/(C)テレビ朝日 というところで最終回を迎えるのが良い連続ドラマだ、とあるドラマ制作者が言っていた気がする。 確かに連続ドラマの醍醐味(だいごみ)は、「この続きどうなるの!?」と引き付けられる“余韻”であり、BSや配信含め連続ドラマが飽和状態と言ってもいいくらい増えたこのご時世では、大体が1話を見ただけで、「これはいっか」と烙印を押されがち。 当然、徐々に面白くなっていくドラマも多々あるので、もったいないなあと思いつつ。せわしない社会を生きる現代人にはそれもやむなしか。 少なくともこれまでそんな心配が要らなかったドラマが、毎週木曜夜9時から放送されてきた「緊急取調室」だ。基本は1話完結スタイルなので、個性豊かなキャスト陣が、次はどういった被疑者をどう“落とす”のかが気になって、木曜の放送後はいつも眠れない日々を過ごしてきた…人もいるだろう。 各局で放送されているドラマやバラエティー、アニメなどを事前に完成DVDを見て、独断と偏見とジョークに満ちたレビューで番組の魅力を紹介する、WEBサイト・ザテレビジョン流「試写室」。 今回は6月15日(木)夜9時から放送される、天海祐希主演ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系)の最終話を取り上げる。 本作は、天海扮(ふん)する取調官・有希子が緊急事案...more
カテゴリー:

【芸能】仲間由紀恵 夫の浮気に「ツラい思いさせたかな」とショック - 06月08日(木)08:47 

 夫が“モテる”のは昔から承知の上。過去にも何度も女性スキャンダルはあった。世間では不倫に大バッシングが起きる風潮もあるけれど、妻があまり気にしていないという夫婦は周囲にも結構いる。「もし浮気するなら、私にバレないようにやってほしい…」。内心、そんな感想を持つのも無理しているわけではない。だけど、今、この時期、この状況での不倫に、いつもは並大抵のことでは動じない彼女もショックを隠しきれなかったという。 「取り乱したり、怒鳴り散らしたり、そういうことは一切ない人。サバサバもしていますが、根っから優...
»続きを読む
カテゴリー:

【ドラマ】<相次ぐ低視聴率ドラマ>視聴者が考えるその「原因」とは?...第4位:出演者、第2位:企画、第1位は?★2 - 05月29日(月)22:44 

長年多くの人々に親しまれてきたテレビドラマ。今クールも『あなたのことはそれほど』(TBS系)『貴族探偵』(フジテレビ系)など話題作が放送されている。 しかし、視聴率のほうは、おしなべて低 長年多くの人々に親しまれてきたテレビドラマ。今クールも『あなたのことはそれほど』(TBS系)『貴族探偵』(フジテレビ系)など話題作が放送されている。 しかし、視聴率のほうは、おしなべて低迷気味。昨年放送された『逃げるは恥だが役に立つ』のような、爆発的な人気を誇る作品は登場していないのが現状だ。 そこでしらべぇ編集...
»続きを読む
カテゴリー:

天海祐希「緊急取調室」が高視聴率で終幕! 4月期民放連ドラ平均視聴率トップも決定的 - 06月16日(金)14:13 

6月15日夜9時から15分拡大で放送された、天海祐希主演ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系)の最終話が、平均視聴率14.4%を獲得。 【写真を見る】有希子(天海祐希)は、最終回では亡くなった夫ソックリの被疑者の取り調べに挑んだ/(C)テレビ朝日 この日の最高視聴率は終了間際の夜10時3分に記録した18.6%だった。また、これで全話平均視聴率も14.1%となり、現時点で4月期民放連続ドラマの平均視聴率トップの座をほぼ確実にした。(本記事内全ての数字はビデオリサーチ調べ、関東地区) 本作は、天海扮(ふん)する取調官・有希子が緊急事案対応取調班(通称・キントリ)のメンバーと共に、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる作品の連続ドラマ第2シーズン。並み居る話題作を抑え、今クールの民放連続ドラマで初回放送の平均視聴率トップとなる17.9%を記録し、前評判以上の結果を残してきた。 最終話は、第8話のラストで有希子(天海)が刑事部長・磐城和久(大倉孝二)をかばって被弾したところから始まる。撃ったのは警察官から拳銃を強奪した2人組の1人・峰岸充彦(眞島秀和)で、有希子の亡き夫・匡(眞島・二役)にうり二つの男だった。 峰岸はそのまま逃走。有希子の身を案じながらも、キントリの面々は拳銃強奪事件および連続狙撃事件を早期解決するため、全ての発端だと思われる5年前の事件を再捜査しようと立ち上がる。 その...more
カテゴリー:

Do As Infinity、澤野弘之をサウンドプロデューサーに迎えた新曲「Alive」のMV公開! - 06月15日(木)12:26 

Do As Infinity 6月28日に約1年ぶりとなるニューシングル「Alive / Iron Hornet」(アライヴ / アイアンホーネット)を発売するDo As Infinity。 今回の作品は、『進撃の巨人』『機動戦士ガンダムUC』『キルラキル』『アルドノア・ゼロ』『医龍』、そして今クールの人気ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班...
カテゴリー:

天海祐希「毎日楽しかった」キントリ撮了で感無量! - 06月15日(木)05:00 

天海祐希演じるたたき上げの取調官・真壁有希子が、警視庁の取り調べ専門チーム・緊急事案対応取調班のメンバーと共に、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる「緊急取調室」(テレビ朝日系)が、無事にクランクアップを迎えた。 【写真を見る】このゆる~い円陣もこれが見納めなのか!?/(C)テレビ朝日 第2シーズンに入り、豪華かつ一筋縄ではいかない被疑者ゲスト陣との重厚な取り調べ劇で視聴者の目をくぎづけにしてきた本作。 並み居る話題作を抑え、今クールの民放連続ドラマで初回平均視聴率トップ、クール平均視聴率トップの座もほぼ手中に収めた同ドラマが、有希子(天海)と管理官・梶山勝利役の田中哲司とのツーショットシーンをもって、全撮影を終えた。主演の天海は「毎日楽しかったです!」と、すがすがしい笑顔を浮かべた。 この日はクランクアップを祝うため、キントリと連携を取る捜査一課の刑事・渡辺鉄二を演じた速水もこみちも、現場にサプライズで登場。天海らに花束を手渡し、労をねぎらった。 芝居に対する緊張感を保ちつつも、楽しく和やかな雰囲気で進められてきた「緊急取調室」の撮影。天海は「この現場が楽しくてすてきなのは、本当に皆さんのおかげです。私も毎日楽しかったです。それもすべて、心を許したキャストの皆さんがいてくださったからこそだった、と思います」と感無量の様子。 さらに「万が一、続編もやらせていただけるようでした...more
カテゴリー:

【テレビ】キャリアとノンキャリアは仲悪い? 刑事ドラマのウソホント - 06月03日(土)23:33 

「近年の刑事ドラマには、犯人の追跡劇だけではなく、推理や人間ドラマの要素も加わり、魅力がぐっと増している」  そう話すのは上智大学文学部(メディア文化論)の碓井広義教授。昔と今のドラマに甲乙はつけられないものの、大きな違いがあるという。 「昔の警察ドラマは勧善懲悪で、犯人は悪者でした。しかし最近は、そういう単純な構図ではなくて、犯人側にも人生があり、犯罪へと至る事情があります。 一方刑事にも悩みや葛藤があって、追う側も追われる側にも、きちんとした人間ドラマがあるんです」(碓井教授)  高視聴...
»続きを読む
カテゴリー:

「今クール」の画像

もっと見る

「今クール」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる