「仁川線」とは?

関連ニュース

ピーチ、弾丸スペシャル3路線の設定期間を延長 台北・ソウル往復が7,000円から - 04月22日(土)12:04 

ピーチ(Peach)は、東京/羽田〜台北/桃園・ソウル/仁川線と大阪/関西~ソウル/仁川線の弾丸スペシャル運賃を期間を延長して販売している。 東京/羽田〜台北/桃園線は、月・火・水・木・金曜運航の往路MM859便・復路MM858便が対象。7月13日までの搭乗分は往復7,000円、7月18日から8月31日までの搭乗分は往復9,000円で販売する。東京/羽田〜ソウル/仁川線は、火・水・木曜運航の往路MM809便・復路MM808便が対象で、7月13日まで搭乗分は往復9,500円。大阪/関西〜ソウル/仁川線は、火・水・木曜運航の往路MM001便・復路MM010便が対象で、7月13日まで搭乗分は往復9,000円となる。 いずれも支払手数料・空港使用料等が別途必要。販売座席数には限りがあり、売り切れ次第終了となる。 ■ダイヤ MM859 東京/羽田(05:55)〜台北/桃園(08:25) MM858 台北/桃園(20:40)〜東京/羽田(00:55+1) MM809 東京/羽田(01:55)〜ソウル/仁川(04:20) MM808 ソウル/仁川(22:40)〜東京/羽田(00:55+1) MM001 大阪/関西(07:40)〜ソウル/仁川(09:30) MM010 ソウル/仁川(20:40)〜大阪/関西(22:25) ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

ピーチ、「Hello! Spring SALE」開催中 国内・国際線が1,990円から - 04月21日(金)20:49 

ピーチは、4月21日から23日まで、「Hello! Spring SALE」を開催する。 設定路線と片道運賃は、大阪/関西〜松山・宮崎線は1,990円から、大阪/関西〜福岡・長崎・鹿児島線と沖縄/那覇〜福岡線は2,490円から、東京/成田〜大阪/関西線は2,790円から、大阪/関西〜札幌/千歳・仙台・釜山・台北/桃園線と沖縄/那覇〜台北/桃園線、東京/成田〜福岡線は2,990円から、大阪/関西〜沖縄/那覇線と沖縄/那覇〜ソウル/仁川線は3,490円から、大阪/関西〜上海/浦東線は3,590円から、大阪/関西〜香港線は3,690円から、大阪/関西〜石垣・ソウル/仁川線は3,990円から、東京/羽田〜ソウル/仁川線は4,290円から、大阪/関西〜高雄線と東京/羽田〜台北/桃園・上海/浦東線は4,590円から、沖縄/那覇〜バンコク線は5,590円から。燃油サーチャージなし、支払手数料、空港使用料別。 搭乗期間は5月1日から8月31日までとなる。販売座席数には限りがあり、売り切れ次第終了となる。 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

ティーウェイ航空、日本発韓国便対象の「SPRING SALE」開催 片道総額3,000円から - 04月19日(水)09:45 

ティーウェイ航空は、日本発韓国行き対象で「SPRING SALE」を4月18日午前10時から28日まで開催している。 設定路線と片道運賃は、大阪/関西・佐賀・大分・福岡・熊本〜ソウル/仁川線、福岡・大阪/関西〜大邱線は3,000円から、東京/成田〜ソウル/仁川線は3,500円から、沖縄〜ソウル/仁川線は4,000円から、札幌/千歳〜ソウル/仁川線は4,500円から。運賃は燃油サーチャージ、空港利用料を含む総額。 搭乗期間は4月24日から6月28日まで。座席は限定発売で先着順となり、早期終了することもある。公式ホームページ、モバイルサイト、アプリでのみ購入可能。 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

大韓航空、青森〜ソウル/仁川線の機材を大型化 6月30日まで - 04月17日(月)08:14 

大韓航空は、青森〜ソウル/仁川線の機材を大型化する。 インバウンド需要の拡大や、夏季の需要取り込みを目的としたもので、4月14日から6月30日まで、従来のボーイング737-900ER型機から、ボーイング777-200ER型機、エアバスA330-200型機、エアバスA330-300型機のいずれかに変更する。これにより、供給座席数は最大で2倍となる。5月3日から19日まではボーイング737-900ER型機で運航する。 大韓航空は青森〜ソウル/仁川線を、水・金・日曜の週3便を運航している。 ■ダイヤ KE768 青森(13:25)〜ソウル/仁川(16:00)/水・金・日 KE767 ソウル/仁川(10:10)〜青森(12:30)/水・金・日 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

ピーチ、48時間限定セール開催 国内・国際線が1,990円から - 04月13日(木)18:02 

ピーチは、4月14日から15日まで、48時間限定セールを開催する。 設定路線と片道運賃は、大阪/関西〜松山線は1,990円から、大阪/関西〜長崎・鹿児島線は2,490円から、大阪/関西〜東京/成田線は2,790円から、大阪/関西〜仙台・釜山線と福岡〜東京/成田・沖縄/那覇線は2,990円から、大阪/関西〜札幌/千歳・沖縄/那覇線と沖縄/那覇〜ソウル/仁川線は3,490円から、大阪/関西〜上海/浦東線は3,590円から、大阪/関西〜石垣・ソウル/仁川・香港・台北/桃園・高雄線は3,990円から、東京/羽田〜ソウル/仁川線は4,290円から、東京/羽田〜上海/浦東線は4,590円から、沖縄/那覇〜バンコク線は6,590円から。燃油サーチャージなし、支払手数料、空港使用料別。 搭乗期間は4月19日から7月20日までとなる。販売座席数には限りがあり、売り切れ次第終了となる。 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

ティーウェイ航空、東京/成田〜ソウル/仁川線の増便期間延長 10月28日まで週10便 - 04月22日(土)07:23 

ティーウェイ航空は、東京/成田〜ソウル/仁川線の増便期間を、10月28日まで延長することを決めた。当初は4月29日から6月29日までを予定していた。 現在、ティーウェイ航空は東京/成田〜ソウル/仁川線を1日1便運航しており、増便期間中は週10便を運航することになる。これにより、東京/成田線は大邱線を合わせて週17便を就航することになる。航空券は、ティーウェイ航空ウェブサイトや旅行会社ですでに販売を開始している。 機材はボーイング737-800型機を使用する。 ■ダイヤ TW204 東京/成田(14:25)〜ソウル/仁川(16:55)/火・木・土 TW203 ソウル/仁川(11:15)〜東京/成田(13:25)/火・木・土 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

ジンエアー、運賃が最大82%OFFとなるセール開催中 韓国へ往復総額1万円台から - 04月19日(水)12:52 

ジンエアーは、4月17日午前10時から27日午前0時まで、運賃が最大82%オフになる「JIN AIR Slim JEANS」セールを開催している。 日本発着での設定路線と往復運賃は、いずれもソウル・済州行きで、北九州発が10,560円から、福岡発が11,920円から、沖縄/那覇発が14,250円から、大阪/関西発が14,990円から、東京/成田発が16,860円から、札幌/千歳発が17,280円から。また釜山行きでは、北九州発が10,230円から、福岡発が10,230円から、大阪/関西発が12,800円から、沖縄/那覇発が15,260円からとなっている。運賃は燃油サーチャージ、諸税込みの総額。 搭乗期間は4月20日から7月31日のうち指定日のみ対象。ジンエアーのすべての航空券には機内食と委託手荷物の費用が含まれている。一部の短距離路線で機内食を提供する時間が足りない場合は、機内食は無しとなる。大阪/関西〜ソウル/仁川線では3月11日から10月28日まで、エコノミークラス393席を配置したボーイング777-200ER型機で運航している。 ■関連記事 ジンエアー、大阪/関西・札幌/千歳〜ソウル/仁川線の機材大型化 ボーイング777型機で運航 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

チェジュ航空、名古屋/中部〜ソウル/仁川線の増便期間延長 5月28日まで - 04月17日(月)12:35 

チェジュ航空は、名古屋/中部〜ソウル/仁川線の増便期間を、5月28日まで延長した。増便期間中、従来運航している1日2便を加えた1日3便体制となる。 チェジュ航空では、3月から中部国際空港に夜間駐機を開始。これにより、名古屋/中部を朝、ソウル/仁川を夜に出発することができるようになり、日帰りや1泊など短期間の旅行でも利便性が高くなった。機材はボーイング737-800型機を使用する。 チェジュ航空は、2007年に広島〜済州線にチャーター便として乗り入れを開始。2009年に定期便を開設後、現在は東京/成田、大阪/関西、名古屋/中部、福岡、札幌/千歳、沖縄/那覇とソウル、釜山を結ぶ11路線を運航している。 ■ダイヤ 7C1603 名古屋/中部(18:35)〜ソウル/仁川(20:35)/火・土・日(4月1日〜30日)、火・土(5月1日〜7日)、土(5月13日〜28日) 7C1603 名古屋/中部(19:35)〜ソウル/仁川(21:35)/木(4月1日〜5月7日) 7C1603 名古屋/中部(18:35)〜ソウル/仁川(20:30)/日(5月1日〜7日・13日〜28日) 7C1604 ソウル/仁川(15:25)〜名古屋/中部(17:15)/火・土(4月1日〜5月7日)、土(5月13日〜28日) 7C1604 ソウル/仁川(15:35)〜名古屋/中部(17:15)/木・日(4月1日〜5月7日)、...more
in English
カテゴリー:

大韓航空、新潟〜ソウル/仁川線の機材大型化 座席数は最大で従来の2倍に - 04月15日(土)19:00 

大韓航空は、新潟〜ソウル/仁川線の機材を大型化する。 インバウンド需要の拡大や、夏季の需要取り込みを目的としたもので、4月13日から6月29日まで、従来のボーイング737-800型機から、ボーイング777-200ER型機、エアバスA330-200型機、エアバスA330-300型機のいずれかに変更する。これにより、供給座席数は最大で2倍となる。4月29日のみ除外日となる。 大韓航空は新潟〜ソウル/仁川線を、火・木・土曜の週3便を運航している。 ■ダイヤ KE764 新潟(13:00)〜ソウル/仁川(15:15)/火・木・土 KE763 ソウル/仁川(10:05)〜新潟(12:00)/火・木・土 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

「仁川線」の画像

もっと見る

「仁川線」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる