「仁川線」とは?

関連ニュース

エアソウル、大阪/関西〜ソウル/仁川線を増便 3月5日から24日まで - 01月19日(金)13:05 

エアソウルは、3月5日から24日まで大阪/関西〜ソウル/仁川線を週5便増便する。 インバウンド需要の増加と韓国路線の需要拡大を受けて就航が実現した。エコノミークラス195席を配置したエアバスA321型機で、2017年9月12日から1日2便を運航している。 エアソウルは、アシアナ航空100%子会社の格安航空会社(LCC)。2016年10月より国際線に就航した。日本では、東京/成田、高松、熊本、静岡、富山、長崎、広島、米子、山口宇部に就航している。 ■ダイヤ RS765 大阪/関西(17:55)〜ソウル/仁川(19:55)/木・土 RS765 大阪/関西(17:55)〜ソウル/仁川(20:05)/月・水・日 RS766 ソウル/仁川(14:25)〜大阪/関西(16:15)/月・水・日 RS766 ソウル/仁川(15:05)〜大阪/関西(16:55)/木・土 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

エアソウル、日本線9路線で「サイダー特価」 片道総額1,500円から - 01月19日(金)12:05 

エアソウルは、日本発ソウル/仁川行きの9路線で「サイダー特価」として、1月24日まで特別運賃を販売している。 設定路線と片道運賃は、静岡・富山・高松・米子・広島・長崎・熊本〜ソウル/仁川線は1,500円から、東京/成田〜ソウル/仁川線は4,410円から、大阪/関西〜ソウル/仁川線は4,540円から。運賃は燃油サーチャージ、諸税込みの総額。運賃は購入日の為替レートにより変更される場合がある。搭乗期間は3月25日から10月27日まで。販売座席数には限りがあり、なくなり次第終了となる。 エアソウルは、アシアナ航空の100%子会社として2015年4月に設立した格安航空会社(LCC)。かつてアシアナ航空が運航していた路線を引き継ぎ、2016年10月から日本路線に相次いで就航している。機材はエアバスA321型機を使用している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

エアソウル、大阪/関西〜ソウル/仁川線を増便 3月5日から24日まで - 01月19日(金)13:05 

エアソウルは、3月5日から24日まで大阪/関西〜ソウル/仁川線を週5便増便する。 インバウンド需要の増加と韓国路線の需要拡大を受けて就航が実現した。エコノミークラス195席を配置したエアバスA321型機で、2017年9月12日から1日2便を運航している。 エアソウルは、アシアナ航空100%子会社の格安航空会社(LCC)。2016年10月より国際線に就航した。日本では、東京/成田、高松、熊本、静岡、富山、長崎、広島、米子、山口宇部に就航している。 ■ダイヤ RS765 大阪/関西(17:55)〜ソウル/仁川(19:55)/木・土 RS765 大阪/関西(17:55)〜ソウル/仁川(20:05)/月・水・日 RS766 ソウル/仁川(14:25)〜大阪/関西(16:15)/月・水・日 RS766 ソウル/仁川(15:05)〜大阪/関西(16:55)/木・土 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

エアソウル、日本線9路線で「サイダー特価」 片道総額1,500円から - 01月19日(金)12:05 

エアソウルは、日本発ソウル/仁川行きの9路線で「サイダー特価」として、1月24日まで特別運賃を販売している。 設定路線と片道運賃は、静岡・富山・高松・米子・広島・長崎・熊本〜ソウル/仁川線は1,500円から、東京/成田〜ソウル/仁川線は4,410円から、大阪/関西〜ソウル/仁川線は4,540円から。運賃は燃油サーチャージ、諸税込みの総額。運賃は購入日の為替レートにより変更される場合がある。搭乗期間は3月25日から10月27日まで。販売座席数には限りがあり、なくなり次第終了となる。 エアソウルは、アシアナ航空の100%子会社として2015年4月に設立した格安航空会社(LCC)。かつてアシアナ航空が運航していた路線を引き継ぎ、2016年10月から日本路線に相次いで就航している。機材はエアバスA321型機を使用している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

「仁川線」の画像

もっと見る

「仁川線」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる