「人間社会」とは?

関連ニュース

動物が活躍するマンガといえば? 2位「動物のお医者さん」 - 12月11日(月)11:30 

日常生活ではなかなか触れ合う機会が少ない動物、漫画やアニメだとデフォルメされたりもしていますが、活躍している事が多いですね。 動物園に足を運んだり、図鑑で読んだりすると動物知識も付くんでしょうが、最近は漫画で動物を取り上げ、その生態や面白い特徴などを紹介する作品もあります。 そこで今回は「動物が活躍するマンガ」をアンケート、ランキングにしてみました。 一番動物が活躍する漫画とは、一体どんな作品だったのでしょうか? 1位 しろくまカフェ 2位 動物のお医者さん 3位 ジャングル大帝 ⇒4位以降のランキング結果はこちら! 1位は『しろくまカフェ』! シロクマが活躍する、『しろくまカフェ』が堂々の1位に輝きました。 外見がデフォルメされず割とリアリティあるデザインながら、ごく自然に人間社会に溶け込んでいる動物たちが登場するこの漫画、リアル調の動物たちがカフェで和気あいあいとしている姿はなかなかシュールです。 主人公(主熊公?)のシロクマくんはそんなカフェのマスターなのですが、常連客であるパンダくんやペンギンさんに振り回される様はなんだかほっこりしてしまう楽しさがありますよ。 2位は『動物のお医者さん』! 社会現象を巻き起こした、『動物のお医者さん』が2位を獲得しました。 獣医師を目指す主人公と、鳴き声の代わりに書き文字でセリフが表現される動物たちのコメディ漫画なのですが、この漫...more
カテゴリー:

恐ろしい事態。在米作家が語る「自律型ロボット兵器」の危険性 - 12月09日(土)14:00 

「ロボット兵器が戦争に使われる」…まるで映画の中だけのような話が現実になりつつあるようです。では、人を殺すために開発されたロボット兵器を実際の戦争に投入すると、戦死者は今まで以上に増えることになるのでしょうか。メルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』の著者で在米ジャーナリストの冷泉彰彦さんは、米国をはじめ世界で開発が進む「自律型ロボット兵器」の「危険性とは何か?」について考察しています。 【Q】:ロボット兵器が投入されると、戦争全体の戦死者は減ると思いますか? 増えると思いますか? 【A】:増えると思います。戦争の目的は相手国の屈服であり、ロボット兵器の犠牲だけでは済まないからです。勿論、ロボット戦に敗北したことで、人命が危険に晒される前に降伏するという判断ができれば、人的被害は減るかもしれません。ですが、そのような形で為政者が屈服することは考えにくい中では、結局は技術の進歩は人命損傷の効率化につながると思います。 自律型ロボット兵器、その危険性を考える テスラやスペースXを率いるイーロン・マスクなど、ロボティクスやAIに関係した世界のアントレプレナーが国連に対して「自律型のロボット兵器の開発に関する懸念」を表明し、「この種の兵器を禁止せよ」というオープン・レターを公表しました。 ● Tesla CEO Elon Musk joins other experts in asking ...more
カテゴリー:

「人間社会」の画像

もっと見る

「人間社会」の動画

Wikipedia

人間社会(にんげんしゃかい)とは複数の人間が集まることによって形成されている社会のことを言う。人間社会というのはそれの起源進化の過程を知るために類人猿と比較してみることが行われている。類人猿というのも人間と同様に子供というのは父母兄弟などといった血縁と共に過ごすという集団を構成しているものの、類人猿の場合は子供が成長したならばその子供は父母などといった他の構成員に反発すると共に集団を離脱し、独自の縄張りを形成しているという特徴が見られる。人間社会というのは親戚関係を元として大規模な形で成り立たせられているわけであるが、これはゴリラチンパンジーボノボの社会から行われるようになってきたと見られている。これらの動物は集団内のメスは他の集団に移っていくという形で婚姻関係を行っているという特徴が見られる。このことから複数の集団というのは親戚関係となりが生まれたり、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる