「人組ユニット」とは?

関連ニュース

指原莉乃、総選挙公約「サシコ100%」実行 アイドル続行宣言 - 01月18日(木)21:21 

 HKT48の指原莉乃(25)が18日、TOKYO DOME CITY HALLでソロコンサート『アイドルとは何か?』を開催した。2012年5月にソロデビューし、これまでにディナーショーなどは開催しているものの、単独コンサートは自身初。終盤には卒業宣言のフェイクで客席のHKT48メンバーを泣かせたが、「全然、辞める気さらさらない。もう少し、さっしーじゃなくて“莉乃ちゃん”で頑張りたい」とアイドル続行宣言した。  指原の好きな楽曲をランキング化した『指原莉乃リクエストアワー セットリストベスト25 2018』形式でパフォーマンス。25位の「12秒」からカウントダウン形式で披露していった。  18位の発表ではタイトルにモザイクがかかり、指原の後ろからバブリーなボディコン衣装に身を包んだHKT48の秋吉優花ら『さし丘高校ダンス部』が登場。リバイバルヒット中の荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー」のカバーし、ファンを沸かせた。  15位の発表前にはメディアに撮影NGを伝えたうえで、昨年6月の『第9回AKB48選抜総選挙』前に日本テレビ系『しゃべくり007』で公約した“サシコ100%”を実行。ステージ上での生着替えが見どころの「ジッパー」を歌唱中、秋吉が運んできたパーテーション越しにスカートを脱ぎ、股間にお盆を当てて登場した指原は、くるりとお盆を返し、会場は笑いと歓声に包まれた。  続く...more
カテゴリー:

m-flo、3月にLISA15年ぶり復帰作 復活後初の単独ライブも決定 - 01月14日(日)14:30 

 初代ボーカル・LISAが15年ぶりに復帰した3人組ユニット「m-flo」が、3月7日にEP(ミニアルバム)をリリースすることが決定した。原点回帰的なタイトルは、メジャーデビュー作『the tripod e.p.』になぞらえて『the tripod e.p.2』と名付けられた。 【ソロショット】2002年に脱退したLISAが15年ぶりに復帰  本作には、EXILE/三代目 J Soul Brothersの岩田剛典主演映画『去年の冬、きみと別れ』(3月10日公開)の主題歌「never」をはじめ、m-floの真骨頂であるダンストラック「No Question」などを収録。CD+DVD盤の付属DVDには、両曲のミュージックビデオが収められる。  CD発売に先駆け、今月17日からm-floの代表曲「come again」「let go」などをリミックスしたEPを6週連続配信限定でリリース。7週目の2月28日には、それらの収録曲に2曲を加えたリミックスアルバム『BACK2THEFUTURETHEALBUM』が配信限定で発売される。  参加リミキサー陣は、tofubeats、banvox、PKCZ(R)、TeddyLoid、WONK、Carpainter、Masayoshi Iimori、Kan Sano、TAAR、DJ Shimamura、YUC’e、Sweet William、st...more
カテゴリー:

舞台版「少女☆歌劇」次作は10月に上演決定! - 01月11日(木)14:30 

「少女☆歌劇 レヴュースタァライト ―The LIVE―」#1 revivalが1月6日から8日まで東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演された。本作は、ミュージカル×アニメの新感覚エンターテインメントプロジェクト第1弾の再演。1部は“スタァ”を目指す9人の“舞台少女”の物語を描くミュージカル、2部は舞台少女たちによるライブというステージは好評を博し、昨年9月の初演からわずか4か月での再演となった。演出は児玉明子、脚本は三浦 香。名門音楽学校を舞台に、そこで学ぶ舞台少女の夢を追う姿を描いた本作。メインキャストの9人はアニメ版(2018年夏・放送開始予定)と同じメンバーが演じる。W主演を務めるのは、ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」でセーラーマーキュリーを演じた小山百代(愛城華恋役)と、抜群の歌唱力を持つ声優・三森すずこ(神楽ひかり役)。そのほか声優、俳優とさまざまなジャンルで活躍する面子が揃い、迫力のアクションや歌、ダンス、ライブをリアルで繰り広げた。今作は、華恋とひかりの再会を描くストーリー。幼いころ、歌とダンスのレヴュー「スタァライト」に心を奪われ「いつか必ずふたりであの舞台に立とうね!」と約束し合うもはなればなれになったふたりが、華恋の通う“俳優育成科”にひかりが転校してきたことで、運命が動き始める。ひかりの態度に戸惑う華恋と、ライバルが増え動揺する...more
カテゴリー:

アプガ(プロレス)がデビュー! 高木三四郎もびっくりの大技カナディアンバックブリーカーが炸裂!! - 01月05日(金)05:00 

プロレスとアイドルでトップを目指す4人組ユニット・アップアップガールズ(プロレス)が2018年1月4日、東京・後楽園ホールで開催された東京女子プロレスの後楽園ホール大会でリングデビューを果たした。 【写真を見る】アプガ(プロレス)をサポートするDDTプロレスリング・高木三四郎も「まさかカナディアンバックブリーカーが出るとは」と驚いた大技で、ギブアップアップを奪ったミウ アップアップガールズ(プロレス)はミウ、ヒナノ、ヒカリ、ラクの4人で結成された、アップアップガールズ(仮)の妹分ユニット。アイドルとしては単独武道館公演、プロレスラーとしては日本武道館メインイベントの出場を目標に掲げている。 この日の大会では、ミウ&ヒナノ、ヒカリ&ラクに分かれての第1試合タッグマッチに出場。ミウ対ラクの手合わせから始まった試合は、バックの取り合い、グラウンドレスリングできっちり練習の成果を見せ、コブラツイスト、ボディスラム、ドロップキックなどシンプルながら力のこもった技で観客を大いに沸かせた。 フィニッシュはミウがヒカリに仕掛けた逆エビ固めからの流れで、カナディアンバックブリーカーに。力尽きたヒカリはここでたまらずギブアップ。8分55秒、ミウ&ヒナノ組がデビュー戦の勝利を飾った。 ハーフタイム明けには、応援に駆け付けたアップアップガールズ(仮)の5人と共に、再び4人がリングイン。アイドルとしてのデビ...more
カテゴリー:

AKB48横山由依、初ソロ公演でCHEMISTRYと夢の共演 「幸せ」と喜び爆発 - 01月17日(水)21:29 

 AKB48グループ総監督の横山由依(25)が17日、TOKYO DOME CITY HALLで自身初のソロコンサート『実物大の希望』を開催した。横山が歌手を志すきっかけとなったCHEMISTRYが駆けつけ、夢のソロ歌手への第一歩を祝福。3人で「PIECES OF A DREAM」を歌い、美しいハーモニーを響かせた。 【ライブ写真】後輩3人とNot yetの楽曲をパフォーマンス  オープニングは自身のソロ曲「月と水鏡」からスタート。作曲者の石井健太郎氏のピアノ伴奏でしっとりとバラードを歌い上げ、「どうですか? ド肝を抜かれましたか? “ワ~”っていう曲がくると思いました?」といたずらっぽい笑顔。「8年2ヶ月と3日前、AKB48に入る前から歌手になりたいと思っていました。口にできなかった時期もありましたが、この2年くらい、歌える女優さんになりたいと言ってきたら、皆さんのおかげでこうしてソロコンサートができました」とファンに感謝の気持ちを伝えた。  自身のこれまでを振り返る映像をはさみながら楽曲を披露していった横山は、影響を受けたアーティストのコーナーではSPEEDの今井絵理子のソロ曲「冷たくしないで」に続き、前総監督高橋みなみの代表曲「愛しさのアクセル」をたかみなそっくりさんとともに披露。続けて、「PIECES OF A DREAM」を歌い始めると、サビの直前でCHEMISTR...more
カテゴリー:

DEENのギター田川伸治が脱退へ「新たなチャレンジを」 - 01月12日(金)12:50 

 3人組ユニット・DEENのギター・田川伸治が、3月10日に開催する東京・日本武道館公演をもって、脱退する。12日に公式サイトで発表された。 【写真】3人で活動していたDEEN  田川は「25周年を機にDEENを離れ、一ギタリスト、一音楽人として新たなチャレンジをしたいという思いからです」と理由を説明し、苦楽をともにしたメンバー、関係者、ファンに感謝。  続けて「これからDEENとは別の道を進むことになりますが、DEENへのかわらぬ応援をお願いすると共に、私個人として新たな活動に向け準備中ですので、今後の活動も見守っていただけますと幸いです」とメッセージした。  ボーカルの池森秀一は「それぞれの今後の音楽人生や、DEENとしての活動について話し合い、このような結論になりました」といい「田川伸治の新しい音楽家としての活動も応援してください。DEENは二人になりますが、これまで以上のパワーで頑張って行きますので、引き続き応援よろしくお願い致します」と伝えた。 以下、コメント全文 【田川伸治】 この度、私、田川伸治はDEENを脱退することになりました。 25周年を機にDEENを離れ、一ギタリスト、一音楽人として新たなチャレンジをしたいという思いからです。 25周年を迎えるまで苦楽を共にしたメンバー、お世話になりました関係者の方々、そして何よりファンの皆様には本当に感謝してお...more
カテゴリー:

SURFACE、8年ぶり復活 5・27再始動ライブ - 01月06日(土)07:25 

 2010年6月に解散した男性2人組ユニット・SURFACE(サーフィス)が、8年ぶりに再始動することが明らかになった。デビュー20周年記念日の5月27日、東京・豊洲PITで行われるライブで復活する。 【写真】2010年 解散発表時のSURFACE  ボーカルの椎名慶治(42)、ギターの永谷喬夫(41)からなるSURFACEは、1998年5月27日、フジテレビ系ドラマ『ショムニ』のオープニングテーマ「それじゃあバイバイ」でデビュー。同局系ドラマ『お水の花道』主題歌「なにしてんの」などシングル21枚、オリジナルアルバム6枚をリリースしたが、10年6月の東京国際フォーラム ホールA公演をもって12年の活動に一度は終止符を打った。  解散後、椎名はソロ歌手として、永谷は作曲家として活動していたが、3年前に再会。椎名は「過去には言葉にしなかったであろう事も赤裸々に語り合う時間がありました。それからゆっくりとではありますが、確実に自分達が描くビジョンが重なり合ったんだと思ってます。節目に復活しようと前々から決めていたわけじゃなく、本当に磁石のように引き合う力が強くなったのが今で」と再始動の経緯を明かした。  再始動ライブ『SURFACE 20th Anniversary Live「Re:Attraction」』は、5月27日に東京・豊洲PITで開催。チケット一般発売は3月25日スター...more
カテゴリー:

「人組ユニット」の画像

もっと見る

「人組ユニット」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる