「人気店」とは?

関連ニュース

ルクア大阪地下2階が拡大!「バルチカ」の新店18店全部見せます - 12月17日(日)12:00 

2015年4月にJR大阪駅のほぼ真下にオープンした、ちょい飲み&ちょい食べができるスポット“バルチカ”。この人気スポットが12月19日(火)に大幅に拡大。新たに18店が加わり、合計27店に!そんなバルチカ新店を18店全部見せ!<※情報は関西ウォーカー(2017年12月5日発売号)より> 【写真を見る】「鶏白湯 SOBA」(950円)/銀座 篝 ■ グルメ芸能人も大絶賛する個性が光る天ぷらの数々! 「立呑み・天ぷら 喜久や」。本店は東京・恵比寿の立ち呑み酒場。国産野菜の天ぷらや海鮮天をカウンターで気軽につまめる。ほぼ全員が注文するという名物の大根のほか、旬や変わり種の天ぷらがそろう。冷酒や白ワインなどドリンクも充実。 「天ぷら 大根」(216円)、「海老」(324円)、「万願寺」(270円)など。名物の大根の天ぷらは昆布とカツオダシを染み込ませ180℃の油でカラッと揚げる。天ぷらと相性のよい「白ワイン(グラス)」は540円。 ■立呑み・天ぷら 喜久や<電話:06-6151-2499 席数:スタンディング約50人 タバコ:禁煙 時間:11:00~23:00(LO)、ドリンク~23:30(LO) 予算:3000円> ■ 濃厚なのにあっさりしている極上の鶏白湯スープ 「銀座 篝(かがり)」の本店は東京・銀座。水炊き料理店出身の店主が手がける“鶏白湯 SOBA”で連日行列の人気ぶり。味はもち...more
カテゴリー:

実はうまかもんの宝庫!久留米の地元民に愛される名店5選 - 12月16日(土)12:30 

豚骨ラーメンや骨付きカルビの発祥地であり、人口密度ならぬ“焼鳥店密度”が日本一でもあり、そして九州屈指のうなぎ処としても名高い。実は“うまかもん”の宝庫として、じわじわと注目が集まる久留米。今回はそんな久留米で、餃子や焼きとりなどの名店5選をピックアップ。どれもわざわざ足を運ぶ価値あり!の必食グルメばかり!! 【写真を見る】「名物骨付きカルビ」(1人前918円、写真は2人前)。熟成した甘めのタレに漬け、炭火焼きにした豚の三角バラ。ゴマが振り、キャベツを添える ■ 開店前に行列ができる餃子専門店「ぎょうざ五十番」 1968(昭和43)年創業の「ぎょうざ五十番」(久留米市東町)は、鉄鍋を直火にかけて作り、鍋ごと熱々の状態で出してくれる「餃子」(9個450円)が名物の店。 ひと口サイズの餃子は、たっぷり入るキャベツの甘さが特徴の具を、手作りの皮で包む。鉄鍋に接した面の皮はカリカリに、蒸し焼きにした上部は心地よいモチモチ感があるなど、絶妙なバランスで焼き上げてくれるのも魅力だ。 店内はコの字のカウンター席のみで、店主や隣客との距離が近く、肩肘張らず、気軽に楽しめる屋台のような雰囲気。オープン前から行列ができるなど不動の人気を誇る。 [ぎょうざ五十番]福岡県久留米市東町34-42 / 0942-32-4194 / 17:00~22:00(LO)※売切れ次第終了 / 日曜、月曜休み ■ “久留...more
カテゴリー:

模倣店?が大人気=日本のラーメン店そっくり-タイ - 12月16日(土)05:52 

 【バンコク時事】タイで店舗のつくりから注文の仕方まで日本のラーメン店によく似たシステムを導入している店が庶民の人気を集めている。 バンコクに4店舗を構える「Aラーメン」。食事している姿を他人に見られないようにカウンターに仕切り板がある点や、味の濃さやこってり度などの好みを紙に書いて注文する方法など、日本の人気店「一蘭」にそっくり。 タイ商業省知的財産局は「料理店は独創性を発揮してほしい」と苦言。ただ、一蘭が日本で特許を取得したカウンターについては、「タイでは特許申請しておらず、保護されない」との立場だ。 うわさを聞き付け、バンコク近郊のサムトプラカン県から姉と訪れた男子大学生ボスさん(20)は「プライバシーを守りながら味わえる。タイの他のラーメン店とは違う」と語り、おいしそうにラーメンをすすった。 【時事通信社】
カテゴリー:

【茨城】千葉の行列店が取手市に電撃移転。王道ラーメンはいまだ健在! - 12月15日(金)23:14 

千葉県柏市にあった「家系ラーメン 王道家」が、茨城県取手市に移転オープン。代名詞の醤油豚骨スープと自家製麺を武器に、新天地でも“王道”を突き進む。 【写真を見る】フジ取手ボウルの敷地内にある別棟の建物。黄色い大きな看板が目印 ■ 店主の故郷で新たな伝説を作る! 2003年の創業以来、14年に渡って柏で営業を続けてきた「王道家」。最後の営業となった日には、移転を惜しむファンが殺到し、最大4時間待ちの大行列が出来るなど、ちょっとした狂騒曲となった。 そんな超人気店が、2017年7月から店主・清水裕正さんの生まれ故郷・取手市で新たなスタートを切った。「移転してもやることは何も変わりません。これまで通り、お客さんに喜んでもらえるラーメンを作っていくだけです」と清水さん。 移転後も変わらぬ人気を誇り、多い日は400杯以上を売り上げている。 ■ 旨味たっぷりのスープは常に新鮮! 「王道家」の代名詞といえば、パンチのある濃厚スープ。大量の豚骨と鶏ガラを朝から強火で炊き上げているので、旨味がたっぷり。さらに1時間ごとに新しいガラに入れ替えていくことで、常に新鮮で臭みが一切ない。 毎朝、自社工場から運ばれてくる自家製麺も秀逸。コシが強く、モッチリとした食感でのど越しも抜群だ。長さも絶妙に計算されていて、すすりやすい。 そして忘れてはならないのがチャーシュー。かむほどに肉の旨味が広がる肩ロースで、スモ...more
カテゴリー:

年々盛り上がるホテルのいちごブッフェはなぜ人気?ブームの理由を6ホテルで検証 - 12月15日(金)18:02 

年々盛り上がる、ホテルのいちごブッフェはなぜ人気なのか。今回は、すでに開催が始まっているホテルを含めた6つのホテルに話を聞いて、その人気を検証!<※情報は関西ウォーカー(2017年12月15日発売号)より> 【写真を見る】「アフタヌーンブッフェ『マジック・オブ・ストロベリー』」/ザ・リッツ・カールトン大阪「スプレンディード」 ■ すでに幕開け!今季のいちごブッフェ スイーツ好きなら垂涎の、あこがれホテルのスイーツブッフェ。季節やイベントに合わせて趣向をこらしたさまざまな企画がなされているが、ここ数年のいちごブッフェの盛り上がり方には目を見張るものがある。 今季は大阪・神戸・京都で14ものホテルが個性あふれるテーマで魅惑のブッフェを開催する。注目の一番手は「インターコンチネンタルホテル大阪」だ。12月1日にスタートし、すでにファンをいちごワールドに引き込んでいる。今回で3回目の開催となるが、初回は1か月の予定を2か月に、2回目は4か月の予定を、反響の大きさから最終的に6か月間実施したことからも人気ぶりは明らかだ。 2013年にいちごブッフェにいち早く取り組んだ元祖の「ホテルニューオータニ大阪」や、その華やかさで爆発的ともいえるブームの火付け役となった「ザ・リッツ・カールトン大阪」も見逃せない。 ■ ホテルごとの創意工夫ある仕かけがなによりの強み いちごブッフェ旋風が巻き起こった理由を...more
カテゴリー:

来るだけで開運できる3日間!初詣は六本木ヒルズで「占いフェス2018 NEW YEAR」 - 12月17日(日)00:00 

◆来るだけで開運できる3日間!初詣は六本木ヒルズで「占いフェス2018 NEW YEAR」 年の瀬を迎えて1年を振り返り、「2018年は恋も仕事ももっと充実させたい!」と考えている人におすすめのイベントをご紹介。新年早々、六本木ヒルズに人気タレントやモデル、有名占い師が集結して、占いはもちろん、さまざまなアトラクション、開運フードや開運グッズが揃う占いフェスが開催される。新しい年の初めに、行くだけで運気が上がる開運遊園地へ出かけてみては?第2回2017年7月表参道ヒルズの様子人気占い師がのべ300名も集結!「占いTV」連動の豪華ステージも2018年1月6日(土)から8日(月・祝)の3日間、六本木ヒルズアリーナとヒルズカフェスペース、大屋根プラザを会場に「占いフェス2018 NEW YEAR」が開催。期間中は、テレビや雑誌などで人気の占い師がのべ300名も集結するそう。いつもは対面占いを受け付けていない占い師もフェス限定で多数参加予定なので、お目当ての先生に占ってもらえるチャンスがあるかも。また、24時間365日放送中の「占いTV」と連動し、人気の占い師とタレントが登場して来場者と一緒に創り上げる豪華なステージショーも行われる。楽しい雰囲気の中で、会場全体が「開運」ムードに包まれたら、まさに運気もアップするはず。第2回2017年7月表参道ヒルズの様子ワンコインで体験できる占いエリアや...more
カテゴリー:

タイで人気のラーメン店 - 12月16日(土)09:43 

タイで店舗のつくりから注文の仕方まで日本のラーメン店によく似たシステムを導入している店が庶民の人気を集めている。写真は人気店「Aラーメン」でラーメンを食べる地元客=13日撮影、バンコク
カテゴリー:

自転車で世田谷のパン屋さんめぐり。イベント体験レポート - 12月16日(土)00:00 

◆自転車で世田谷のパン屋さんめぐり。イベント体験レポート公園の葉も鮮やかに色づいて、よく晴れた足取りも軽くなる今日この頃です。おでかけ記事担当の私カワイが、先日世田谷で体験した素敵な一日の過ごし方をご紹介します。早起きしてお腹はぺこぺこ。素敵な朝のはじまり!風が少し冷たい10月28日(土)の朝8時に、「ツールドブーランジェリー」というイベントに参加するため、池尻大橋駅から徒歩15分ほどの場所にある世田谷公園へ。“ツールド○○”というと自転車で国中を走り抜けるツールドフランスが有名ですが、このイベントは軽快な走りのおしゃれな自転車に乗って、世田谷周辺のパン屋さんを巡るというもの。みんなが集まってから、自転車の調整をしてもらい、入念な準備体操のあと(大事です!)朝の世田谷の街へと漕ぎ出します。買ったパンを入れるオリジナルサコッシュ(バッグ)を肩から下げて気分もうきうき。その日立ち寄ったベーカリー&カフェはこちらです。1.ブーランジュリーボネダンヌ(三宿)パン2.レ・サンク・サンス(西太子堂)パン3.ブーランジェリースドウ(松陰神社前)パン4.グリオット(駒沢)パン5.トシオークーデュパン(都立大)パン6.アルチザン ブーランジェ クピド(奥沢)パン7.オニバスコーヒー奥沢店(奥沢)コーヒーりんごのタルトパイが人気!お店の前でパクッといただいて世田谷公園から自転車で10分漕ぎ、1軒目に立...more
カテゴリー:

原宿のロールアイスクリーム人気店が関西進出、道頓堀にオープン - 12月15日(金)20:30 

 ロールアイスクリームの人気店「ロール アイス クリーム ファクトリー(ROLL ICE CREAM FACTORY)」2号店が12月16日、大阪・道頓堀にオープンする。このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

こだわり満載!宮城で食べるべき「つけ麺」5選 - 12月15日(金)18:02 

暑い日やたっぷり食べたい時のおすすめが、冷水でキリッとしめた麺を味わう「つけ麺」。ドロッと系やさっぱり系、辛味系など、麺もつけ汁も個性的な宮城で食べたいつけ麺5選をご紹介。 【写真を見る】鶏ガラやゲンコツを炊き出し魚介ダシと魚粉で旨味を加えた「新濃厚魚介つけ麺」(780円) ■ ラーメンへの情熱ほとばしる香り高い極上の自家製麺 仙台において、つけ麺専門店があまりなかった12年、「しずく」は堂々“つけ麺屋”と屋号に掲げオープンした。店主の駒井氏は店の脇に製麺室を作り、自らの仕事場となるそこを「夢」と名付けた。 「つけ麺は麺が命」。この信条は創業時も今も変わっていない。客になるべく鮮度のよい麺を味わってもらいたいと1日に2回、時間をずらして製麺している。できたての麺は喉越しのよさ、モチモチ感が際立つ。駒井氏は「打ちたての麺は何もつけず、そのまま食べてもおいしい」と笑顔で話す。 「新濃厚魚介つけ麺」(780円)の粘度の高いつけ汁は、鶏ガラやゲンコツを20時間かけて炊き出した動物系に、魚介ダシと魚粉で旨味をプラス。小麦香る自家製麺も力強い弾力があり、存在感がある。 定番の濃厚魚介だけでなく、ほかのメニューの味噌つけ麺(850円)や担々つけ麺(850円)、辛いつけ麺(800円)など種類も豊富なつけ麺、台湾まぜそば(850円)などの汁なし系のみというところが、麺への自信の表れだ。ここの麺を食べ...more
カテゴリー:

もっと見る

「人気店」の画像

もっと見る

「人気店」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる