「人気小説」とは?

関連ニュース

【映画】一番泣いた!邦画ランキング★5 - 11月16日(木)23:23  mnewsplus

毎年多数公開されている邦画。 これまで恋愛、ヒューマン、ミステリー、コメディーなど多くのジャンルの映画が公開され、「名作」と呼ばれている作品も多数存在します。 そんな中、世の中の人が「一番泣いた」と感じている映画はどの作品なのでしょうか。 そこで今回は、一番泣いた邦画について探ってみました。 1位 世界の中心で、愛をさけぶ 2位 いま、会いにゆきます 3位 余命1ヶ月の花嫁 1位は『世界の中心で、愛をさけぶ』! 主演:大沢たかお、柴咲コウ 大人気小説が原作の映画『世界の中心で、愛をさけぶ』。 あ...
»続きを読む
カテゴリー:

【映画】一番泣いた!邦画ランキング★4 - 11月16日(木)12:37  mnewsplus

毎年多数公開されている邦画。 これまで恋愛、ヒューマン、ミステリー、コメディーなど多くのジャンルの映画が公開され、「名作」と呼ばれている作品も多数存在します。 そんな中、世の中の人が「一番泣いた」と感じている映画はどの作品なのでしょうか。 そこで今回は、一番泣いた邦画について探ってみました。 1位 世界の中心で、愛をさけぶ 2位 いま、会いにゆきます 3位 余命1ヶ月の花嫁 1位は『世界の中心で、愛をさけぶ』! 主演:大沢たかお、柴咲コウ 大人気小説が原作の映画『世界の中心で、愛をさけぶ』。 あ...
»続きを読む
カテゴリー:

【映画】一番泣いた!邦画ランキング★2 - 11月15日(水)14:46  mnewsplus

毎年多数公開されている邦画。 これまで恋愛、ヒューマン、ミステリー、コメディーなど多くのジャンルの映画が公開され、「名作」と呼ばれている作品も多数存在します。 そんな中、世の中の人が「一番泣いた」と感じている映画はどの作品なのでしょうか。 そこで今回は、一番泣いた邦画について探ってみました。 1位 世界の中心で、愛をさけぶ 2位 いま、会いにゆきます 3位 余命1ヶ月の花嫁 1位は『世界の中心で、愛をさけぶ』! 主演:大沢たかお、柴咲コウ 大人気小説が原作の映画『世界の中心で、愛をさけぶ』。 あ...
»続きを読む
カテゴリー:

無料貸本屋論争とは? - 11月15日(水)12:00 

大手出版社の文藝春秋社の社長が、2017年10月の全国図書館大会において、図書館での文庫本の貸出中止を要請し話題となりました。図書館が本を無限に貸し出すことによって、出版社の売上を下げているといった批判は常々行われてきました。これらは総称して無料貸本屋論争と呼ばれます。 貸本屋とは? 現在はあまり見る機会はありませんが、かつては貸本屋という商売がありました。小説やマンガ本などを、一週間などの単位で貸し出すものです。貸本屋専門のマンガも存在し、その中にはのちに有名になった人間が多くいることもあって、現在ではプレミア価格がついています。 無料貸本屋 貸本屋は商売ですから当然レンタル料金を取ります。一方で公共図書館は完全無料の原則があるため、無料で本の貸出をしています。それが無料貸本屋として批判されているのです。なぜ批判されるのかといえば、図書館が貸し出す本の中には、ベストセラーや、あるいは現代の日本文学の人気小説などが含まれるためです。さらに、一部の図書館ではマンガ本なども貸し出しています。 保障がない 例えばDVDやCDなどはレンタルがなされていますが、その商品には価格に上乗せしてレンタルの保証金が支払われています。その金額は本体価格のおよそ2倍から3倍程度です。しかし、書籍の場合は、そうした補償金額はありません。本を1冊買い、その値段で何十人何百人と貸し出されてしまっては商売あ...more
カテゴリー:

レスラー武藤敬司vs元キックボクシング武田幸三、夢のマッチが実現 - 11月13日(月)16:05 

12月2日放送の『浅田次郎 プリズンホテル』(BSジャパン、毎週土曜21:00~)第8話にて、プロレスラーの武藤敬司と元キックボクシング王者の武田幸三による“男の闘い”が繰り広げられることがわかった。本作は、1993年に発表された「プリズンホテル 夏」以降、「秋」「冬」「春」と全4巻が刊行され、累計200万部突破の浅田次郎を代表する人気小説が原作。オーナーも従業員も極道だらけという“プリズンホテル”が舞台となっており、これまで何度も映像化されてきたが、今作では個性派キャストと精鋭スタッフの手により、泣いて笑って明日への活力となる痛快エンターテインメントドラマとして生まれ変わる。第8話にゲスト出演する武藤が演じるのは、プロレスラー・武藤剛士。かつて自分に致命的な傷を負わせたファイヤーマスクをプロレス界に連れ戻そうとしており、ようやく居場所を探し当てて「プリズンホテル」を訪ねてきたのだった。そして武田が演じるのは、「プリズンホテル」の板長・梶。かつては覆面レスラー・ファイヤーマスクとして活躍していた。剛士に「一緒にもう一度プロレスをやらないか」と誘われるが、かたくなに拒否。しかし、剛士は罠を仕掛けて梶を誘い出し、リングで決着をつけようとする。出演オファーが来た際「俺には不可能だと思った」と言う武藤。「膝も悪いし、ついていけないんじゃないかと思った。だけど、プロデューサーと監督が脚本を俺...more
カテゴリー:

日本映画のタイトルはなぜ長い? 韓国映画とは対照的 - 11月16日(木)14:19 

【ソウル聯合ニュース】韓国で近ごろ、日本映画の長いタイトルが注目を集めている。  住野よるの同名人気小説を映画化した青春映画「君の膵臓(すいぞう
カテゴリー:

【映画】一番泣いた!邦画ランキング★3 - 11月15日(水)17:28  mnewsplus

毎年多数公開されている邦画。 これまで恋愛、ヒューマン、ミステリー、コメディーなど多くのジャンルの映画が公開され、「名作」と呼ばれている作品も多数存在します。 そんな中、世の中の人が「一番泣いた」と感じている映画はどの作品なのでしょうか。 そこで今回は、一番泣いた邦画について探ってみました。 1位 世界の中心で、愛をさけぶ 2位 いま、会いにゆきます 3位 余命1ヶ月の花嫁 1位は『世界の中心で、愛をさけぶ』! 主演:大沢たかお、柴咲コウ 大人気小説が原作の映画『世界の中心で、愛をさけぶ』。 あ...
»続きを読む
カテゴリー:

【映画】一番泣いた!邦画ランキング - 11月15日(水)12:22  mnewsplus

毎年多数公開されている邦画。 これまで恋愛、ヒューマン、ミステリー、コメディーなど多くのジャンルの映画が公開され、「名作」と呼ばれている作品も多数存在します。 そんな中、世の中の人が「一番泣いた」と感じている映画はどの作品なのでしょうか。 そこで今回は、一番泣いた邦画について探ってみました。 1位 世界の中心で、愛をさけぶ 2位 いま、会いにゆきます 3位 余命1ヶ月の花嫁 1位は『世界の中心で、愛をさけぶ』! 主演:大沢たかお、柴咲コウ 大人気小説が原作の映画『世界の中心で、愛をさけぶ』。 あ...
»続きを読む
カテゴリー:

45回目のバースデーを迎えた木村拓哉に祝福のメッセージが殺到!!【視聴熱】11/13デイリーランキング - 11月14日(火)19:26 

Webサイト「ザテレビジョン」では、11月13日の「視聴熱(※)」デイリーランキングを発表した。 【画像を見る】11月13日放送の「民衆の敵―」は、前田敦子とトレンディエンジェル・斎藤司の副音声解説も話題に ■ 人物ランキング ドラマ、映画と主演作を続々と控える木村拓哉が45歳の誕生日 1位 木村拓哉/2位 嵐/3位 東方神起 木村拓哉…11月13日に誕生日を迎えた木村拓哉に、多数の祝福コメントがSNSにあふれている。この日で45歳に。2018年1月には自身初となるボディーガード役に扮(ふん)する主演ドラマ「BG~身辺警護人~(仮)」(テレビ朝日系)がスタート。また、映画は二宮和也と共演する「検察側の罪人」の公開が2018年に控える他、東野圭吾の人気小説を映画化する「マスカレード・ホテル」の公開が2019年に予定されている。 ■ ドラマランキング 「民衆の敵」第4話がトップ! 前田敦子&トレエン・斎藤の副音声解説も話題 1位 民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~/2位 陸王/3位 おんな城主 直虎 民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~…第4話が11月13日にフジ系にて放送。初めての議員報酬が支払われ、その額に驚嘆する智子(篠原涼子)と公平(田中圭)。その頃、あおば市では新しい港の建設、ニューポート計画の中止を河原田晶子市長(余貴美子)が宣言。ニューポート計画を推進する犬...more
カテゴリー:

レスラー武藤敬司vs元キックボクシング武田幸三、夢のマッチが実現 - 11月13日(月)15:50 

12月2日放送の『浅田次郎 プリズンホテル』(BSジャパン、毎週土曜21:00~)第8話にて、プロレスラーの武藤敬司と元キックボクシング王者の武田幸三による“男の闘い”が繰り広げられることがわかった。本作は、1993年に発表された「プリズンホテル 夏」以降、「秋」「冬」「春」と全4巻が刊行され、累計200万部突破の浅田次郎を代表する人気小説が原作。オーナーも従業員も極道だらけという“プリズンホテル”が舞台となっており、これまで何度も映像化されてきたが、今作では個性派キャストと精鋭スタッフの手により、泣いて笑って明日への活力となる痛快エンターテインメントドラマとして生まれ変わる。第8話にゲスト出演する武藤が演じるのは、プロレスラー・武藤剛士。かつて自分に致命的な傷を負わせたファイヤーマスクをプロレス界に連れ戻そうとしており、ようやく居場所を探し当てて「プリズンホテル」を訪ねてきたのだった。そして武田が演じるのは、「プリズンホテル」の板長・梶。かつては覆面レスラー・ファイヤーマスクとして活躍していた。剛士に「一緒にもう一度プロレスをやらないか」と誘われるが、かたくなに拒否。しかし、剛士は罠を仕掛けて梶を誘い出し、リングで決着をつけようとする。出演オファーが来た際「俺には不可能だと思った」と言う武藤。「膝も悪いし、ついていけないんじゃないかと思った。だけど、プロデューサーと監督が脚本を俺...more
カテゴリー:

もっと見る

「人気小説」の画像

もっと見る

「人気小説」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる