「人気子役」とは?

関連ニュース

【フィギュア】本田真凜の妹・紗来(10) 成長株スケーターはチーズ大好き - 11月12日(日)12:13  mnewsplus

 人気子役でフィギュアスケート選手の本田紗来(10)が12日、都内で行われた第26回チーズフェスタに登場した。  フィギュアの本田真凜(16)を姉に持ち、自身も10月の全日本ノービス選手権で初優勝するなど将来が期待される紗来は、 ジュニアアスリート代表としてアメリカ産チーズを使った肉料理を試食。チーズを絡めたステーキを?張り 「ほいひい(おいしい)です。大好きだったチーズがもっと好きになりました」と笑顔だった。 11/12(日) 11:54配信 デイリースポーツ 本田真凜の妹・紗来 成長株スケーターはチーズ...
»続きを読む
カテゴリー:

新田真剣佑、『刑事ゆがみ』でIT企業家役に挑戦「とことん嫌なヤツ」 - 11月09日(木)14:00 

 俳優の新田真剣佑が16日放送のフジテレビ系連続ドラマ『刑事ゆがみ』(毎週木曜 後10:00)第6話にゲスト出演することがわかった。新田が演じるのは弱冠25歳で総資産300億円を誇るIT企業家・貝取勝平。彼が被害者となった傷害事件を主人公の刑事・弓神適当(浅野忠信)と相棒の羽生虎夫(神木隆之介)が捜査することに。強引な企業買収で多くの人から恨みを買っていた…という役どころに新田は「貝取は、普段の生活ではあまり見かけない特殊でとことん嫌なヤツだと思います。あくまでもストーリーの中なので、貝取を僕だと思わないで見て下さい」と苦笑まじりにアピールしている。 【写真】大河でおなじみの子役・新井美羽も出演  同ドラマは井浦秀夫氏による『ビッグコミックオリジナル』連載中の原作漫画をもとに何でもありの天才適当刑事・弓神と出世欲に燃える腹黒刑事・羽生の“最強バディ”が、現代社会のゆがみを見抜き、埋もれかけた真実をあぶり出す様を描く。   浅野とは初共演、神木とは映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』(2017)からの再共演となった新田は「震えました。神木君は以前も一緒の作品に出演しているのでとても楽しみでしたが、浅野さんは今回初めてお会いしました。日本だけでなく。海外の作品にも出られており、俳優として非常にすてきだなと思っておりました。なので、久々にこんなに緊張する現場に立ちま...more
カテゴリー:

【ドラマ】<葵わかな>NHK連続ドラマ小説「わろてんか」が苦戦!視聴率が伸び悩むもっともな理由★2 - 10月29日(日)23:03  mnewsplus

葵わかな主演のNHK連続ドラマ小説「わろてんか」が苦戦している。第1週こそ平均視聴率20.8%と好調な滑り出しだったが、 主人公・藤岡てんが子役の新井美羽から葵になった第2週は19.4%、第3週は18.8%と右肩下がり。 第4週は20%台に戻したが、これは、台風情報を得ようとしてNHKにチャンネルを合わせる視聴者が多かったからとも見られている。 この数字の動きを、テレビ誌ライターは次のように分析する。 「子役の新井は、同局の大河ドラマ『おんな城主 直虎』でも主人公・おとわの幼少期を演じた、笑顔が印象的な人気子役の1...
»続きを読む
カテゴリー:

【ドラマ】<葵わかな>NHK連続ドラマ小説「わろてんか」が苦戦!視聴率が伸び悩むもっともな理由 - 10月27日(金)21:32  mnewsplus

葵わかな主演のNHK連続ドラマ小説「わろてんか」が苦戦している。第1週こそ平均視聴率20.8%と好調な滑り出しだったが、 主人公・藤岡てんが子役の新井美羽から葵になった第2週は19.4%、第3週は18.8%と右肩下がり。 第4週は20%台に戻したが、これは、台風情報を得ようとしてNHKにチャンネルを合わせる視聴者が多かったからとも見られている。 この数字の動きを、テレビ誌ライターは次のように分析する。 「子役の新井は、同局の大河ドラマ『おんな城主 直虎』でも主人公・おとわの幼少期を演じた、笑顔が印象的な人気子役の1...
»続きを読む
カテゴリー:

新津ちせがキュートに歌う 『泥棒役者』絵本キャラクターのMV公開 - 11月12日(日)11:00 

 人気グループ・関ジャニ∞の丸山隆平が単独初主演を務める映画『泥棒役者』(18日公開)より、劇中に登場する絵本のキャラクター「タマとミキ」のミュージックビデオ(MV)「タマとミキのうた」が12日、ORICON NEWSに到着した。ミキの声優を務め、『君の名は。』の新海誠監督の娘としても知られる子役・新津ちせが、かわいらしい歌声を披露している。 【動画】新津ちせが元気いっぱいに歌う「タマとミキのうた」MV  同作は、連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(NHK)の脚本を手がけた西田征史氏が、作・演出を担当した舞台を自ら映画化。昔の仲間から脅されてある豪邸に盗みに入った元泥棒が、来客たちから「編集者」「絵本作家」「豪邸の主人」と次々間違われ、素性を隠すためそれぞれのキャラクターになりきろうとするさまを描く。  舞台となる豪邸に住む絵本作家・前園俊太郎(市村正親)の代表作が「タマとミキ」という設定。物語の重要なアイテムとしても存在感を発揮しており、同作のイベント時や劇場キャンペーンなどでは「タマの着ぐるみ」も注目され、先日行われた公開直前イベントでは主演の丸山がサプライズでタマの着ぐるみに入ったことでも話題になった。  「タマとミキのうた」の作詞は、西田監督自身が担当。MVを彩るイラストは一般公募され、下は5歳から上は67歳までの幅広い世代から個性あふれる作品が寄せられた。 【関連...more
カテゴリー:

「はじまりへの旅」の子役、新作サイコロジカルホラーに主演 - 11月09日(木)08:00 

 ビゴ・モーテンセン主演「はじまりへの旅」で注目を集めた子役チャーリー・ショットウェルが、米パラマウント・ピクチャーズの新レーベル、パラマウント・プレイヤーズ製作の新作「Eli(原題)」に主演することがわかった。  米ハリウッド・レポーターによれば、本作は難病に冒された少年イーライ(ショットウェル)を描くサイコロジカルホラーで、治療を受けている閉鎖病棟がやがて呪われた牢獄と化す、というストーリーのようだ。  脚本家デビッド・チャーチリロが執筆し、2015年のブラックリスト(製作前の優秀脚本リスト)に選出された作品で、「ジェーン・ドウの解剖」の脚本家コンビ、イアン・ゴールドバーグ&リチャード・ナインがリライトした。監督は、「フッテージ デス・スパイラル」「シタデル」で知られるアイルランド出身のキアラン・フォイが手がける。「Eli」は間もなく撮影に入り、19年1月4日全米公開の予定。  「はじまりへの旅」は、森で暮らす風変わりな一家が旅に出たことから巻き起こる騒動を描いたロードムービーで、ショットウェルはモーテンセンの息子役を演じた。また、今夏全米公開された、作家ジャネット・ウォールズのベストセラー回顧録「ガラスの城の子どもたち」を、ブリー・ラーソン主演で映画化した「The Glass Castle(原題)」にも出演している。  「ルーム」のジェイコブ・トレンブレイに並ぶ人気子...more
カテゴリー:

「わろてんか」の視聴率が伸び悩む。どうしたら見てくれるの? - 10月28日(土)10:01  news

葵わかな主演のNHK連続ドラマ小説「わろてんか」が苦戦している。 第1週こそ平均視聴率20.8%と好調な滑り出しだったが、主人公・藤岡てんが子役の新井美羽から葵になった第2週は19.4%、第3週は18.8%と右肩下がり。 第4週は20%台に戻したが、これは、台風情報を得ようとしてNHKにチャンネルを合わせる視聴者が多かったからとも見られている。  この数字の動きを、テレビ誌ライターは次のように分析する。 「子役の新井は、同局の大河ドラマ『おんな城主 直虎』でも主人公・おとわの幼少期を演じた、笑顔が印象的な人気子役の1...
»続きを読む
カテゴリー:

「人気子役」の画像

もっと見る

「人気子役」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる