「人権侵」とは?

関連ニュース

ロヒンギャ問題:英首相、ミャンマー軍支援を中止 - 09月20日(水)18:01 

米国務長官、アウンサンスーチー氏に「深い困惑」表明  【ロンドン矢野純一、ニューヨーク國枝すみれ】メイ英首相は19日、訪問先の米ニューヨークで、ミャンマー軍への教育訓練を一時停止すると発表した。西部ラカイン州で続く少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」に対する暴力や人権侵害への懸念を反映したもので、問題が解決されるまで支援は凍結する姿勢を示した。
カテゴリー:

スーチー氏、国連調査受け入れ示唆 ロヒンギャ問題 - 09月19日(火)23:33 

 40万人以上が難民になる人道危機に、国連総会では18日、ロヒンギャ問題をめぐって閣僚級会合が開かれた。ジョンソン英外相は「人権侵害と暴力は(ミャンマーの)名声に傷をつけている」と指摘。ヘイリー米国連…
カテゴリー:

スー・チー氏「全ての人権侵害を非難」 ロヒンギャ難民の帰還受け入れも - 09月19日(火)20:19 

 ミャンマーのイスラム教徒の少数民族ロヒンギャの武装勢力への掃討作戦に伴い、多数の難民が出ていることについて、アウン・サン・スー・チー氏が国民向けの演説を行い、「全ての人権侵害を非難する」と強調しました。
カテゴリー:

ロヒンギャ問題:スーチー氏、解決への力不足認める - 09月19日(火)18:42 

 【バンコク西脇真一】ミャンマーのアウンサンスーチー国家顧問兼外相は19日、首都ネピドーでの演説で「すべての人権侵害と違法な暴力を非難する」と強調し、西部ラカイン州の少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」の問題を平和的に解決すべきだと訴えた。スーチー氏は「ラカイン州の状況には世界中が懸念してきた」と、不法行為には厳しく対処する方針も示した。
カテゴリー:

【国連】スーチー氏に暴力停止要請 ロヒンギャ問題で閣僚級会合 - 09月19日(火)10:49  newsplus

ミャンマーで少数派のイスラム教徒ロヒンギャの人々が治安部隊による掃討作戦で難民になっている問題について、英国が18日、米ニューヨークで開催中の国連総会に合わせ、閣僚級会合を開いた。 ミャンマー政府や事実上の政権トップを務めるアウンサンスーチー国家顧問に暴力をやめるよう求める声が相次いだ。 英国連代表部によると、難民が流入している隣国バングラデシュのほか、米国やインドネシア、トルコ、豪州、カナダなどが出席したという。 ジョンソン英外相はミャンマーの民主化への動きが歓迎されてきた中、今回の「ひど...
»続きを読む
カテゴリー:

【ロヒンギャ危機】 アウンサンスーチー氏、国際社会の「せんさく」恐れず - 09月20日(水)01:28  newsplus

http://www.bbc.com/japanese/41316182 ミャンマー北西部ラカイン州から40万人以上のロヒンギャ族が隣国バングラデシュに逃れている問題で、ミャンマーの実質的指導者アウンサンスーチー氏は19日、公の場で初めて問題に言及し、「国際社会のせんさく」は恐れないと表明した。ノーベル平和賞受賞者のスーチー氏は、ロヒンギャ危機の対応をめぐり国際社会から強く非難されている。 国会で演説したアウンサンスーチー氏は8月下旬に始まった今回のロヒンギャ危機について、初めて公の場で言及。穏やかな調子ながらも批判をはねのける姿勢...
»続きを読む
カテゴリー:

ロヒンギャ問題の国連調査団が口頭報告 人権理事会 - 09月19日(火)22:31 

 ミャンマーの少数派イスラム教徒ロヒンギャへの人権侵害疑惑などを調べる国連の調査団は19日、国連人権理事会で口頭報告を行い、ミャンマー政府に対して、現地調査を受け入れるように改めて求めた。 調査団の代…
カテゴリー:

【外交】インド、実は北朝鮮の隠れ友好国だった→安倍首相が会談でモディ首相に対北圧力を約束させる - 09月19日(火)19:12  news

日印首脳共同声明「北朝鮮への圧力最大化を」 9月14日 18時20分 インドを訪れている安倍総理大臣は、モディ首相との首脳会談に臨み、北朝鮮が核実験を強行したことについて、国際社会への最大の挑戦だとして、先に採択された国連安全保障理事会の制裁決議の全面的な履行を国際社会に求めていくことで一致しました。 インドと北朝鮮の関係 インド政府は、北朝鮮が今月、6回目の核実験を強行したことに対し、「北朝鮮は朝鮮半島の非核化を目指す国際社会の努力を無にした」などと厳しく批判しました。 そうした背景には、北朝鮮...
»続きを読む
カテゴリー:

スーチー氏:ロヒンギャ問題「平和的解決」…非難受け - 09月19日(火)13:03 

 【バンコク西脇真一】ミャンマー西部ラカイン州の少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」が治安部隊の掃討作戦を逃れて隣国バングラデシュで難民化している問題を巡り、アウンサンスーチー国家顧問兼外相が19日、首都ネピドーで演説し、「民主主義を分かち合う準備を進めている」と述べた。また、「ラカイン州で起きている人権侵害と不法な暴力」を非難し、平和的な手段で解決を目指す考えを示した。
カテゴリー:

ミャンマーに暴力停止要求=ロヒンギャ問題で閣僚級会合-NY - 09月19日(火)07:47 

 【ニューヨーク時事】ミャンマー治安部隊の掃討作戦に伴い、40万人を超えるイスラム系少数民族ロヒンギャがバングラデシュに逃れている問題で、ジョンソン英外相は18日、ニューヨークで開会中の国連総会に合わせ、閣僚級会合を開催した。英国連代表部が発表した。会合では各国の代表がミャンマー政府高官に対し、ロヒンギャへの暴力を停止し、人道支援活動を認めるよう要求した。 ジョンソン外相は「ここ数年ビルマ(ミャンマー)は民主化に向け進展しているが、(同国西部)ラカイン州での悲惨な人権侵害や暴力が国の評判を傷つけている」と批判。「アウン・サン・スー・チー国家顧問や政府が、暴力を終わらせなければならないと明確に言うことが極めて重要だ」と述べ、対応を促した。 ヘイリー米国連大使も会合後の声明で「米国はビルマが軍事作戦を停止し、市民の安全な帰還を支援するよう求める」と訴えた。 会合後、ミャンマー政府高官はロイター通信に「逃れた全員が帰還できるようにするが、手続きを協議しなければならない」と強調。また「人道支援も差別なく全員が受けられるようにする」と語った。 会合には、バングラデシュやインドネシア、トルコ、オーストラリアなどが参加した。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「人権侵」の画像

もっと見る

「人権侵」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる