「人形劇」とは?

関連ニュース

アニメ「そらのおとしもの」の思い出トークも! 吉田仁美&野水伊織のライブイベントが開催決定 - 02月20日(火)12:15 

数々のアニメ作品で主題歌を担当し、声優としても活躍してきた吉田仁美と野水伊織(アーティストとして活動時は“野水いおり”名義)。二人が夢の共演を果たすライブイベント「アニ☆ゆめスペシャル 楽園のなくしもの」が4月8日、東京・Space emo 池袋にて開催される。 【写真を見る】野水伊織が声優デビュー当時の思い出を語る! 吉田はアニメ「遊戯王5Ds」(2008-2011年、テレビ東京系)や「ジュエルペット」(2009-2015年、テレビ東京ほか)など多数のアニメ作品に声優として出演するほか、2012年度から2014年度まで人気アニメ「プリキュア」シリーズ(テレビ朝日系)のエンディングテーマも担当するなどアーティストとしても活動。「おかあさんといっしょ」(Eテレ)で放送中の人形劇コーナー「ガラピコぷ~」のチョロミー役として子どもたちにもおなじみの存在だ。一方、野水は自身がヒロイン・ハルナ役を務めたアニメ「これはゾンビですか?」(2011-2012年、TOKYO MXほか)のオープニングテーマ「魔・カ・セ・テ Tonight」でアーティストデビュー。その後もアニメ「棺姫のチャイカ」(2014年、TOKYO MXほか)やメディアミックス作品「艦隊これくしょん -艦これ-」などに声優として出演するかたわら、野水いおり名義でアニメのオープニングテーマやエンディングテーマを歌い、2013年にはフ...more
カテゴリー:

【おかあさんといっしょ】放送60年目を迎え、初の映画化! 大人気の人形劇もアニメに - 02月15日(木)13:13  mnewsplus

「おかあさんといっしょ」60年目で初映画化 大人気の人形劇もアニメに 2018年02月15日 06:30 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/15/kiji/20180215s00041000039000c.html 放送開始から60年目を迎え、初めて映画化されることになった「おかあさんといっしょ」 Photo By 提供写真  NHK・Eテレの幼児向け番組「おかあさんといっしょ」(月~土曜前8・00)が、初めて映画化される。  1959年10月に放送が始まり、今年60年目を迎える国民的人気番組がテレビの枠を超えてスクリーンに登場。...
»続きを読む
カテゴリー:

ついに!?NHKの子ども番組『おかあさんといっしょ』が初映画化!お兄さんお姉さんのコメント入り特報解禁 - 02月15日(木)08:00 

約60年間、多くの日本の子どもたちが見て育ってきたNHKの子ども番組『おかあさんといっしょ』がなんと初の映画化! 歌や体操、踊りありの『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』が 2018年9月7日(金)より全国公開することが決定! 1959年に放送が開始され、今なお放送され続けている人気子ども番組『おかあさんといっしょ』は、2歳~4歳児を対象にした教育的エンターテインメント番組として半世紀以上続く“超”長寿番組。現在も全国の子どもたちはテレビの前で歌のお兄さんやお姉さんといっしょに歌い、体を動かしながら感性を育んでいます。 また、コンサートやアリーナイベントも全国各地で開催。2013年から2016年にはライブビューイングとして映画館で上映され、会場で参加できなかった人たちも映画館で楽しむことができ、大好評を博しています。 イベントのライブビューイングを経て、今回ついに『おかあさんといっしょ』がテレビの枠を飛び越え、映画館でしか観ることのできないオリジナルのスペシャルプログラムとして初の映画化! ゆういちろうお兄さんとあつこお姉さん、よしお兄さん、りさお姉さんがスタジオを飛び出して、様々な場所へ冒険に出かけます。 お兄さんお姉さんと映画館の大きなスクリーンで巻き起こる冒険を一緒に体感し、さらには歌って踊れる映画館ならではの内容になっているとか。 もちろん大人気の体操「ブンバ・...more
カテゴリー:

「おかあさんといっしょ」初の映画化!特報映像も解禁 - 02月15日(木)08:00 

1959年に放送が開始され、時代を超えて人気を誇る子供番組「おかあさんといっしょ」が映画になることが明らかに。タイトルは「映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険」で、9月7日(金)より全国公開される。 【写真を見る】人形劇「ガラピコぷ~」は初めてアニメ化される 2歳~4歳児を対象にした教育的エンターテインメント番組「おかあさんといっしょ」。半世紀以上も続く長寿番組で、全国の子供たちはテレビの前で歌のお兄さんやお姉さんといっしょに歌い、体を動かしながら感性を育んでいる。 また、コンサートやアリーナイベントも全国各地で開催しており、2013年から2016年にはライブビューイングとして映画館で上映された。 そして、ついに同番組がテレビの枠を飛び越え、映画館でしか見ることのできないオリジナルプログラムとして初の映画化が決定。これまで、番組内で放送されていた人形劇「にこにこ、ぷん」が劇場アニメ「海だ!船だ!にこにこ、ぷん」(1990年)として公開されたことはあるが、お兄さんお姉さんによる歌や体操のパートと、アニメパートで構成される1本の映画としては、本作が初の映画化となる。 ゆういちろうお兄さんとあつこお姉さん、よしお兄さん、りさお姉さんが、通常のテレビ放送とは異なり、スタジオを飛び出して、さまざまな場所へ冒険に出掛ける。お兄さんお姉さんと映画館の大きなスクリーンで巻き起こる冒険を一緒...more
カテゴリー:

人気子ども番組「おかあさんといっしょ」が初の映画化! 9月7日から全国公開 - 02月15日(木)08:00 

 1959年から放送されているNHKの子ども向け番組「おかあさんといっしょ」の映画化が決定。「映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険」のタイトルで、9月7日から全国公開されることになった。  2~4歳児を対象にした教育的エンタテインメント番組として、半世紀以上放送を続けている超長寿番組「おかあさんといっしょ」。90年の同番組内で放送されていた人形劇「にこにこぷん」が劇場アニメーション「海だ!船出だ!にこにこぷん」として公開されたが、お兄さんやお姉さんによる歌&体操、アニメパートで構成された作品としては、初めての映画化となる。  映画版は、現在放送されている同番組レギュラーメンバーのゆういちろうお兄さん(花田ゆういちろう)、あつこお姉さん(小野あつこ)、よしお兄さん(小林よしひさ)、りさお姉さん(上原りさ)がスタジオを飛び出して、様々な場所へ冒険に出るといった内容だ。大人気の体操「ブンバ・ボーン!」も組み込まれ、番組でお馴染みの人形劇「ガラピコぷ~」が初のオリジナルアニメ化。チョロミー、ムームー、ガラピコが「しずく星」を飛び出して、とある星に初めて訪れるさまが描かれる。全編にわたり、親子で楽しめるコーナーがちりばめられた“体験型ファミリー映画”となっている。  NHKエデュケーショナルこども幼児部の古屋光昭プロデューサーは「(『おかあさんといっしょ』から)数々のヒット曲や...more
カテゴリー:

『おかあさんといっしょ』が初の映画化!9月7日(金)公開『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』 - 02月17日(土)06:36 

©2018「映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険」製作委員会 NHK Eテレの『おかあさんといっしょ』では、ここ数年うたのお姉さんやお兄さんの卒業、人形劇の交代が相次いで発表されていました。新年度目前のこの時期、2018年度へ向けて出演者の交代など何らかの変化があるのかも……とネットを中心に予想が上がっていたなか、まさかのニュースが。 『おかあさんといっしょ』が初めて映画化され、9/7(金)に全国で公開されることとなりました! その名も『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』。どんな内容なのでしょうか? 『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』内容は? 1959年10月に放送を開始し、2018年で60年目を迎える『おかあさんといっしょ』が、映画館でしか観ることのできないオリジナルのスペシャルプログラムとして登場します。 ゆういちろうお兄さんとあつこお姉さん、よしお兄さん、りさお姉さんが通常のテレビ放送とは異なり、スタジオを飛び出して、さまざまな場所へ冒険に出かけます。お兄さんお姉さんと映画館の大きなスクリーンで巻き起こる冒険を一緒に体感し、さらには歌って踊れるという、映画館ならではの内容となっています。もちろん体操の「ブンバ・ボーン!」も登場しますよ。 1990年に『おかあさんといっしょ』内の人形劇『にこにこ、ぷん』が劇場アニメになったこと...more
カテゴリー:

伝統の人形芝居上演 日本と韓国の一座 17日・三木 - 02月15日(木)09:57 

各地で伝承される人形劇を上演する「若者に受け継がれてゆく伝統人形芝居in三木」が17日、三木町鹿伏の町文化交流プラザで開かれる。
カテゴリー:

「おかあさんといっしょ」まさかの映画化!歌って踊れる体験型のファミリームービーに - 02月15日(木)08:00 

子どものみならず親御世代にも親しまれる人気教養番組「おかあさんといっしょ」が映画化されることがわかった。9月7日(金)より『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』のタイトルで全国公開となる。 【写真を見る】人気コーナーの人形劇「ガラピコぷ~」がアニメになって登場! 「おかあさんといっしょ」は1959年の初放送以来、半世紀以上に渡って続くNHKの長寿番組。2~4歳児を対象に、歌や体操、ダンス、そしてアニメなどで構成。番組を見ながら歌ったり、体を動かしたりして子どもが感性を育むことを目指し製作されている。 番組の長い歴史の中では「だんご3兄弟」のようなヒットソングが生まれたり、歴代の歌のお兄さん&お姉さんには、卒業後も横山だいすけ、はいだしょうこのようにテレビ番組やコンサートなど多方面で活躍している人もいる。 今回の映画では歌のお兄さんやお姉さん、体操のお兄さんやお姉さんたちがスタジオを飛び出し、さまざまな場所へ冒険する模様が描かれる。また番組内の人形劇「ガラピコぷ~」が初めてオリジナルアニメ化され、スケールアップした物語が繰り広げられる。 「映画館だからこそできる体験を子どもたちに味わってほしい」というプロデューサーの言葉どおり、人気の体操コーナー「ブンバ・ボーン!」なども挿入され、スクリーンを前に子どもたちが歌って踊れる仕掛けももりだくさん。普段なら託児所などへ子どもを預け...more
カテゴリー:

『おかあさんといっしょ』の世界が丸っと初映画化 お兄さんお姉さんも大冒険へ - 02月15日(木)08:00 

 NHK・Eテレで放送されている子ども番組『おかあさんといっしょ』がテレビの枠を飛び越え、映画館でしか観ることのできないオリジナルのスペシャルプログラムとして映画化されることがわかった。タイトルは『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』。9月7日の全国公開に向けて、ゆういちろうお兄さん、あつこお姉さん、よしお兄さん、りさお姉さんからのコメント入り特報映像も解禁された。 【画像】『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』アニメパートもある  『おかあさんといっしょ』は2歳~4歳児を対象にした教育的エンターテインメント番組として1959年に放送が開始され、もうすぐ60年になろうとする現在も続く“超”長寿番組。「アイアイ」「ブーフーウー」「にこにこ、ぷん」「だんご3兄弟」など、番組から数々のヒット曲や人気の人形劇も生まれ、日本中の子どもたちに時代を超えて親しまれてきた。自分が子どもの時、そして親になった時、さらに孫ができた時、『人生で3回出会う番組』と言われている。  1990年に番組内の人形劇「にこにこ、ぷん」が劇場アニメ『海だ!船だ!にこにこ、ぷん』として公開されたことはあるが、お兄さんお姉さんによる歌や体操のパートと、アニメパートで構成される映画としては初の映画化となる。  本作では、ゆういちろうお兄さんとあつこお姉さん、よしお兄さん、りさお姉さんが通常のテレ...more
カテゴリー:

NHKの『ねほりんぱほりん』のホスト特集が話題 1億円貢いだ女性や家庭がある主婦がホストハマり - 02月14日(水)23:47  news

NHK Eテレで水曜日の23時から放送している『ねほりんぱほりん』という番組が話題になっている。 2月7日に放送された「ホストに貢ぐ女」特集が話題になり、あまりに面白いため前後編に分けての放送となった。 『ねほりんぱほりん』は聞き手の山里亮太とYouがモグラとなり、ゲストが豚となる人形劇風な構成。 NHKならではのお得意なお家芸だ。子供番組的な見た目であるが、「麻薬中毒者」「ネット廃人」などディープな話題ばかり。 ■「ホストに貢ぐ女」特集が話題に 7日に放送された「ホストに貢ぐ女(前編)」特集では3ヶ月で200...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「人形劇」の画像

もっと見る

「人形劇」の動画

Wikipedia

人形劇(にんぎょうげき)は、人形(物体)を介して表現する演劇。起源については呪術祈祷などで発生したと言われている。江戸時代以前に成立した伝統的なものを人形芝居と呼んで区別することも独立行政法人日本芸術文化振興会。人形の操作方法により、手遣い人形(パペット)、棒遣い人形、糸操り人形(マリオネット)に大きく分類される。日本の伝統的な人形劇には文楽(人形浄瑠璃)がある。他に映画(テレビ)人形劇もある。海外ではアメリカのジム・ヘンソンフランク・オズが創設したマペット、フランスのギニョール、イギリスの「パンチとジュディ」が有名。

日本の人形劇

日本には、活動中のプロ人形劇団は多くあるが、形態が多岐にわたるため把握できない。30年以上継続して活動している人形劇団には、人形劇団ひとみ座人形...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる