「人工妊娠中絶」とは?

「人工妊娠中絶」の画像

もっと見る

「人工妊娠中絶」の動画

Wikipedia

人工妊娠中絶(じんこうにんしんちゅうぜつ、)は、人工的な手段を用いて意図的に妊娠を中絶させることを指す。妊娠中絶の一つであり、刑法では堕胎(criminal abortion)と言う。俗語で「堕ろす(おろす)」とも呼ばれる。本稿では、人工妊娠中絶を中絶と表記する。

中絶方法

真空吸引法 子宮掻爬法 初期中絶(~妊娠11週目程度まで)

頚管の拡張後に掻爬術()や産婦人科器具(胎盤鉗子やキュレット、吸引器など)で胎児を取り除く方法(英語で「拡張と掻爬」という意味でD&C (Dilation and Curettage) とも呼ばれる)で中絶術が実施される。海外ではミフェプリストンや同様の効果を持つメトトレキセートなどの薬剤も使われる。ドイツ: 339-365、フランスイタリアなどのように、法定中絶期限または医学上の理由を除く任意の中絶期限を、この初期中絶相当の時期までに制限する国もある。

中期中絶(妊娠12週程度~21週目まで)

この時期は胎児がある程度の大きさとなるため...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる