「人口減少」とは?

関連ニュース

消失する日本の往来――「消滅可能性都市」の現在/十津川村(第1回) - 03月28日(火)11:00 

2014年に日本創成会議・人口減少問題検討分科会が発表した衝撃的な資料がある。当時の会議の座長であり、その後、東京都知事選にも出馬した増田寛也氏の名前をとって通称「増田レポート」と呼ばれる。その中のある言葉が日本中を震撼させた。「消滅可能性都市」。2040年までに全国1800市町村のうち、実にその約半数である896の自治体が消滅する恐れがあるというのがその中身だ。この「消滅」とはどういうことだろう。町が、村が、......なくなってしまう。そのイメージがわかない。ダムの底に沈むのでも、大災害が襲うわけでもない。ただ、町や村がある日忽然となくなるのだ、と、そのレポートは告げていた。本稿は、消えゆく往来の記録である。先の資料が予測した「消滅」する可能性があるとされた自治体に赴き、その土地の往来の記憶を、ただただ書き残すことを目的としている。巷間よく叫ばれる「地方創生」のためでも、いわゆる「町おこし・村おこし」を目的としたものでもない。地方の「今」を、ありのままに記す、いわば「往来のログ」の採取である。「消滅可能性」とされた町や村は、予測が示すとおりに何十年かのち、本当に「消滅」してしまうかもしれない。そうなれば、そこに存在した往来の記憶もやがて、時間の経過とともに失われていくだろう。だから、「記録」をする。そして、ネットというタイムカプセルの中にそっと押し詰める。そんな連載である。もち...more
in English
カテゴリー:

【国内】頭のいいバカはもういらない センター試験と偏差値序列社会の終焉 - 03月24日(金)21:21 

https://dot.asahi.com/aera/2017032200058.html 日本の学歴社会の頂点に君臨してきた「東大法学部」。政財官に人脈を伸ばし、国を支えてきたえたエリートたちの母体だ。 良くも悪くもスタイルを変えてこなかった「象牙の塔」にも、時代の激変の波は押し寄せる。偏差値序列社会は終わるのか。 かつて「砂漠」と称された東大法学部はいま、脱皮の時を迎えている。AERA 2017年3月27日号では、東大法学部を大特集。  試験を変えなければ、教育は変わらない──。新センター試験対策に、すでに学校現場が動き始めている。キーワードは ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

<八戸圏>連携中枢都市圏 8市町村が協約 - 03月23日(木)11:42 

八戸市と周辺7町村は22日、人口減少に歯止めをかけるため8自治体が協力して経済活性化などに取り組む「八戸圏域連携中枢都市圏」を形成する協約を結んだ。 八戸市が今年1月に中核市に移行した後、三戸、五戸、
in English
カテゴリー:

【公示地価】不動産投信、地方物件に照準 一方で人口減がリスクに - 03月21日(火)21:53 

 平成29年の公示地価は札幌や仙台、福岡など地方中枢都市の上昇幅が三大都市圏(東京、大阪、名古屋)を上回った。日銀のマイナス金利政策を背景に国債からシフトした不動産投資マネーが利回りの高い地方の商業ビルなどに集まっている。一方で人口減少などのリスク懸念はぬぐえず、地価上昇の流れが地方に定着するかは見通せない。
in English
カテゴリー:

未来へ加速(4)展望 周遊観光で誘客増へ - 03月21日(火)11:07 

 人口減少を背景に社会が縮小傾向をたどる中、本県が現状を打破するには交流人口を増やす取り組みが欠かせない。JR秋田支社の菊地正支社長は「『地域に生きる』という経営ビジョンを具体化していくためにも県内全…
in English
カテゴリー:

【国内】都心から郊外に追いやられてきた団塊世代の悲劇、ニュータウンにマイホームを購入もゴーストタウン化の危機 - 03月26日(日)10:01 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170318-00010000-moneypost-bus_all 団塊世代(1947年~1949年生まれの約700万人)が他の世代から嫌われる理由は、 「人数で幅を利かせ、高度経済成長に乗っておいしい思いをしてきた挙げ句、バブル崩壊以降の 負の遺産を下の世代に押し付けている」ということだろう。いわゆる「団塊逃げ切り批判」だ。  だが、高額療養費の自己負担の上限額がこの8月から引き上げられたり、いわゆる『年金減額法案』が可決されたりするなど、 むしろ人数の多い団塊世代を狙い撃ちにするような制度改...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

京急グループとパーク24グループ 空き家問題の解決に向けてサービス連携を開始 - 03月23日(木)15:00 

[パーク24株式会社]  京急グループでは「豊かで住みやすい沿線づくり」を実現すべく、少子高齢化・人口減少が進み増加する空き家問題に対し、横浜市立大学と提携した学生のコンセプト提案企画「ヨコイチ空き家利活用プロジェクト」...
in English
カテゴリー:

育児や介護等で制約のある方の就業を支援、職住近接オフィスで週5フルタイム以外でも働ける「ジョブシェアセンター」を設立 - 03月22日(水)16:18 

[テンプホールディングス株式会社] ■背景:深刻な労働力不足が推計される中、一人でも多くの方に就業機会の提供を目指す 世界に先んじて超高齢化社会に突入する日本では、2025年に約583万人の労働力が不足すると推計されており、労働人口減少に対...
in English
カテゴリー:

松本人志も絶賛、幻の「マヨら〜めん」はいかにして生まれたのか インスタントラーメン専門店「やかん亭」のラーメン愛がすごい - 03月21日(火)12:50 

 日清食品創業者・安藤百福氏によって「チキンラーメン」が発明されたのが1958年。今やインスタントラーメンの数は到底数え切れないほどに増加し続け、ご当地インスタントラーメンなるものまで登場しています。 【画像】所狭しと並ぶご当地ラーメンたち  大阪・恵美須町にある「やかん亭」は、そんなインスタントラーメン好きな店主がはじめた、全国でも珍しい「インスタントラーメン専門店」。店頭には全国から集めたさまざまなご当地インスタントラーメンが並んでいるほか、ここでしか買えないオリジナル商品「マヨら〜めん」は、ダウンタウンの松本人志さんも「めちゃめちゃウマい!」と太鼓判を押すほどのおいしさなのだとか……!  そもそもなぜ「インスタントラーメン専門店」をはじめようと思ったのか。幻の「マヨら〜めん」はどのようにして生まれたのか、「やかん亭」店主・大和イチロウ氏にお話をうかがいました。 ●300種類のご当地インスタントラーメンがそろい踏み!  今回訪れたのは、大阪市営地下鉄恵美須町駅から歩いて5分ほどの場所にある「やかん亭さくら総本店」。外壁に掲載された、袋麺のパッケージが目印です。  店内に入ると、ズラリとご当地ラーメンが勢ぞろい。「博多屋台風とんこつ」のような正当派なものから、福岡有明海の「ムツゴロウラーメン」「エイリアンラーメン」のような変化球まで、ありとあらゆる郷土の味が、実に300種類以上も...more
in English
カテゴリー:

小城市長選、1週間の論戦始まる - 03月20日(月)09:42 

2013年に続き、現職と新人の一騎打ちとなった小城市長選。「平成の大合併」以降、県内では少数派となった新市初代首長に、多選への批判を強める女性候補が挑む形となった。中心街活性化や人口減少、合併後も残る旧4町の課題などを争点に、1週間の論戦が始まった。 ■「市民の声反映を」藤田氏 新人の藤田直子氏(64)は、約20人の支援者を前にあいさつ。3期12年が経過した江里口市政に対し、「市民の声が反映...
in English
カテゴリー:

もっと見る

「人口減少」の画像

もっと見る

「人口減少」の動画

Wikipedia

  • 転送 人口減少社会...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる