「人口減少」とは?

関連ニュース

慶應卒の朝ドラ女優が愛した喫茶店、ついに解体か『ワケあり物件VS解体名人』 - 02月18日(日)05:00 

『ニチファミ!空き家、つぶします~ワケあり物件VS依頼殺到の解体名人~』(フジテレビ系)が、2月18日(日)19時57分より放送される。 少子高齢化に伴う人口減少を主な要因として、年々増え続けてい…
カテゴリー:

荒廃が進む都市の命運は、「天文学者」に託された──銀河の解析手法は米国の地方都市を救うか - 02月16日(金)18:30 

人口減少に伴い空き家が増え、荒廃の進むメリーランド州のボルチモア市。街が荒廃に向かっていくパターンを突き止めるよう依頼された男は、なんと天体物理学者だった。まるで銀河を観測するかのように空き家の群形成を解析することで、どこまで荒廃に歯止めをかけられるのか。ボルチモアの取り組みを探った。
カテゴリー:

【ジブリ】鈴木敏夫Pに訊く編集者の極意──「いまのメディアから何も起きないのは、何かを起こしたくない人が作っているから」 - 02月15日(木)21:55  mnewsplus

 宮崎駿作品をはじめとする、数々の名作アニメを生み出してきたスタジオジブリ。その語源であるイタリア語“GHIBLI”と同じ由来によって名付けられた雑誌がある。そのスタジオジブリによって2003年に創刊され、現在も刊行を続けている月刊誌「熱風(GHIBLI)」だ。  この「熱風」は、スタジオジブリ関連書コーナーを常設している書店での店頭配布と、定期購読によってのみ入手可能な無料配布の冊子だ(定期購読は事務経費のための購読料が必要)。  ……こう紹介すると、ジブリの関連情報を伝えるパンフレット的なものが想像される...
»続きを読む
カテゴリー:

若者は東京に集まる?その理由とは? - 02月15日(木)12:20 

私は不動産投資家の一人として、日本の人口動態関連のニュースにはつねに注目しています。そして先日、年間の出生数がついに100万人を割ったということで、人口減少に拍車がかかるというニュースが流れました。が…
カテゴリー:

【神奈川】人口減少止まらず 41年ぶりに40万人下回る 神奈川 横須賀 - 02月14日(水)21:04  newsplus

造船業など地域産業の衰退によって人口が減り続けている神奈川県横須賀市では今月、人口が41年ぶりに40万人を下回り、市は住民の流出を食い止めるため子どもの医療費の助成拡充など子育て支援策に力を入れることにしています。 横須賀市は高度経済成長期に進んだ宅地開発によって昭和52年に人口が40万人を超え、ピーク時の平成4年には43万人余りにまで増えました。 しかし、平成10年代以降は造船業や自動車製造業など地域産業の衰退によって人口の減少傾向が顕著になり、今月1日の時点で人口が41年ぶりに40万人を...
»続きを読む
カテゴリー:

慶應卒の朝ドラ女優が愛した喫茶店、ついに解体か『ワケあり物件VS解体名人』 - 02月18日(日)05:00 

『ニチファミ!空き家、つぶします~ワケあり物件VS依頼殺到の解体名人~』(フジテレビ系)が、2月18日(日)19時57分より放送される。少子高齢化に伴う人口減少を主な要因として、年々増え続けている日本の空き家。空き家をそのまま放置すると建物の倒壊、不法侵入・放火などのさまざまな犯罪や害獣・害虫の温床など、周辺地域への影響が懸念される。放置された空き家が減らずに増え続けているのは、更地にするとしても時間とお金がかかるために躊躇している人が多いからだという。番組では、そんな空き家の家主らに代わり、さまざまな事情を抱えて放置されている空き家を壊していく。解体見届け人として、高橋英樹・真麻親子、タカアンドトシが出演する。今回つぶす空き家は、「築100年 火災の危険あり!古民家空き家」「特別豪雪地帯 倒壊寸前木造空き家」「慶應卒 朝ドラ女優も愛した喫茶店 涙の解体」「隣家まで9.7センチ」「難攻不落の鉄筋コンクリート空き家」「害虫の巣窟 所有者不明の空き家」といった衝撃的なラインナップ。それぞれが空き家になった事情や、解体を困難にしている状況を明かすほか、解体名人たちが操るさまざまな機材や重機、そして経験に裏打ちされた名人たちの技術を駆使した解体妙技の数々が見どころとなっている。 関連リンク 夏菜の「いつまでも朝ドラヒロインと言われるのが...more
カテゴリー:

<山形県18年度予算案>人手不足への危機感反映 - 02月16日(金)09:51 

【解説】山形県の2018年度一般会計当初予算案は、少子高齢化と人口減少が加速する中、農業や製造業といった基幹産業で深刻化する人手不足への強い危機感を反映した内容となった。 1月1日現在の県の推計人口は
カテゴリー:

-<うつ病の再休職率47.1%>解決の要は企業の休職・復職対応-「休職・復職対応サポートサービス」を開始 - 02月15日(木)15:00 

[株式会社エムステージ] ■ポイント うつ病で休職した社員のうち47.1%が5年以内に再発、再休職を取っている 適切な休職・復職対応を取ることが、労働人口減少社会の課題解決に繋がる 「メンタルヘルス休職・復職対応マニュアル」は産業...
カテゴリー:

<JR北海道の試練1>留萌~深川路線の営業係数は1500。人口減少も追い打ちをかける - 02月15日(木)08:45 

 昨年、北海道出身で苦闘の末将棋のプロ棋士になった石田直裕四段(当時)の記事を三回に分けて掲載した。(参照:『「子供を藤井聡太にしたい親」への助言――石田直裕四段の例に見る』ほか)  その後石田四段は規定により昇段を果た […]
カテゴリー:

全国平均62歳! 社長の高齢化が止まらない 「老害」で業績悪化も? - 02月14日(水)19:10 

日本の社長の高齢化が止まらない。東京商工リサーチが2018年2月13日に発表した調査によると、2017年の全国社長の平均年齢は前年より0.26歳延びて61.5歳となり、調査を開始した2009年以降で最高年齢の記録を更新した。 団塊世代(1947~1949年生まれ、約68~71歳)の社長交代が進まないことが主な理由という。また、その会社の減収や赤字などの経営状況と社長の年齢を比較すると、業績悪化が社長の高齢化と一定の関係があることもわかった。「社長の老害」が会社の活力減退に拍車をかけていると指摘している。 社長が若いほど「増収」、高齢なほど「減収」「赤字」が多い 東京商工リサーチによると、2017年の社長の年齢分布では、一番多いのが「60代」の32%、次いで「70代以上」が26%で、合計の58%は調査開始以降で最も高かった。30代以下の若手経営者は3%しかおらず、過去最低だった。 社長の年齢と業績の関係をみると、70代以上が社長を務める会社では「減収」「赤字」の割合が47%(30代以下は37%、40代は42%)と最も多く、特に資金繰りに黄・赤信号が灯る「連続赤字率」が11%に達した。 一方、「増収」の割合をみると、30代以下の社長が務める会社が一番多く57%、次に40代の51%(70代以上は最低の40%)と、社長が若いほど業績がよくなり、高齢化するほど悪くなる傾向がはっきり示された。...more
カテゴリー:

もっと見る

「人口減少」の画像

もっと見る

「人口減少」の動画

Wikipedia

  • 転送 人口減少社会...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる