「京都御所」とは?

関連ニュース

京都ステイの新たな選択肢。1人1泊7000円から泊まれる「RAKURO 京都」がオープン - 04月23日(月)19:00 

古都の魅力を存分に味わえる京都は女子旅の定番。 寺社巡りやレトログルメを満喫したら、宿泊先はモダンで過ごしやすい最新ホテルをチョイス、という方も多いのでは? 4月27日(金)にオープンする「RAKURO 京都-THE SHARE HOTELS-(ラクロ キョウト ザ シェア ホテルズ)」は、最近人気のリノベーションホテル。 京都丸太町に「RAKURO 京都」がオープン! 場所は京都御所や二条城にほど近い、京都市営地下鉄「丸太町」駅から徒歩2分という絶好のロケーションで、ホテルに併設された「御所南サイクルターミナル」で自転車をレンタルして、京都の町を気ままに散策することもできます♪ シェアスペースは宿泊客以外も利用可能☆ 「洛と人をむすぶ路」をコンセプトとする同ホテルには、宿泊客以外に地域住民も利用可能なライブラリー&ラウンジ、シェアキッチン、ルーフトップテラスの3つのシェアスペースを設置。 ここで地域の人々と触れ合うことで、ローカルな京都の発見や新たな出会いも期待できそうです♪ 客室タイプは全6種類 2~4名用の客室は全部で56室あり、標準的なツイン・ダブルのほか、畳のあるジャパニーズスタイルのお部屋や小上がりの畳エリアのある部屋など、どの部屋もシンプル&モダンな雰囲気となっています。 宿泊料金は客室タイプによって異なりますが、いちばんリ...more
カテゴリー:

宮内庁:即位の礼「高御座」「御帳台」を公開 - 04月17日(火)20:59 

 宮内庁は17日、来年10月の「即位礼正殿の儀」で、新天皇が即位を宣言する際に使われる「高御座(たかみくら)」と新皇后が上がる「御帳台(みちょうだい)」を京都御所(京都市)で報道陣に公開した。今年夏には皇居に移され、漆の塗り直しなどが行われる。
カテゴリー:

京都御所で高御座を公開 今夏にも修復で東京へ - 04月17日(火)18:13 

宮内庁は17日、来年10月に皇居・宮殿で行われる皇太子さまの即位の礼で使う「高御座」と「御帳台」を、保管されている...
カテゴリー:

移送前に高御座公開=7月にも京都から東京へ - 04月17日(火)17:11 

 宮内庁は17日、皇太子さまが新天皇に即位されるのに伴い、来年10月22日に皇居・宮殿で行われる「即位礼正殿の儀」で新天皇が使う「高御座」と新皇后が使う「御帳台」を京都御所・紫宸殿(ししんでん)で報道陣に公開した。今後解体し、7月にも修復のため東京にトラックで移送する。 高御座は奈良時代以降、天皇の即位儀式で使われたとされる。現在の高御座は高さ約6.5メートル、重さ約8トン。黒漆塗りの台上にある8本の円柱で八角形の屋根を支えている。御帳台と共に大正天皇の即位の際から使われ、天皇陛下も1990年11月、この高御座に昇り、即位を宣言した。 御帳台は高御座とほぼ同じ造りで、大きさは1割程度小さい。 前回は過激派対策として自衛隊ヘリコプターで極秘に京都から東京へ運ばれたが、今回は陸路で移送する。その後、半年かけて色あせた漆の塗装や、劣化した飾り金具の修復などを行う。組み立ては来年9月ごろから行う予定。 【時事通信社】
カテゴリー:

即位儀式で使う玉座移送へ 前回は過激派避けヘリで運搬 - 04月13日(金)10:33 

 新天皇の即位を内外に宣言する来年10月22日の「即位礼正殿の儀」で使われる玉座(ぎょくざ)「高御座(たかみくら)」が、早ければ7月にも京都御所から東京都内に移送される見通しとなった。代替わりを象徴す…
カテゴリー:

【即位の礼】即位の礼の舞台「高御座」を公開 色あせ、金具の劣化修復へ - 04月17日(火)22:19  newsplus

来年10月22日に皇居・宮殿で行われる即位の礼の中心儀式「即位礼正殿(そくいれいせいでん)の儀」で皇太子さまが即位を宣言される舞台となる「高御座(たかみくら)」が17日、保管先の京都御所(京都市)で報道陣に公開された。新皇后となる皇太子妃雅子さまが立たれる「御帳台(みちょうだい)」とともに、今夏にも皇居内に移送され、修復作業が行われる。  現在の高御座と御帳台は大正時代に製作され、平成2年11月の天皇陛下の即位の礼の後、京都御所内の紫宸殿で保管。陛下の譲位のご意向が発覚した直後の28年7月には...
»続きを読む
カテゴリー:

即位宣言する玉座「高御座」京都御所で公開 4/17 19:20更新 - 04月17日(火)19:20 

「即位礼正殿の儀」で天皇が即位を宣言するための玉座「高御座」が、京都御所で公開された。
カテゴリー:

即位の儀式で使用“高御座” 報道陣に公開 - 04月17日(火)17:39 

 天皇が即位の儀式の際に使う「高御座(たかみくら)」が、保管されている京都御所で報道陣に公開されました。この夏にも東京に移送される見通しです。
カテゴリー:

【皇室】即位儀式で使う玉座、京都御所から東京へ移送 前回は過激派避け自衛隊ヘリで極秘に運搬 - 04月13日(金)13:15  newsplus

 新天皇の即位を内外に宣言する来年10月22日の「即位礼正殿の儀」で使われる玉座(ぎょくざ)「高御座(たかみくら)」が、早ければ7月にも京都御所から東京都内に移送される見通しとなった。代替わりを象徴する調度品だが、今の天皇陛下の即位儀式から使われておらず、劣化も目立つ。宮内庁は都内の民間業者に修繕を依頼し、本番に備える。  高さ約6・5メートル、重さ約8トン。現在、京都御所で最も格式が高い正殿・紫宸殿(ししんでん)に置かれている。1990年11月の「即位礼正殿の儀」で使われた際は、過激派の攻撃...
»続きを読む
カテゴリー:

「高御座」今年夏にも京都から東京に移送へ - 04月13日(金)10:31 

 宮内庁が天皇が即位の儀式で使う高御座と呼ばれる玉座を今年夏にも、保管先の京都御所から東京に移送する方向で調整していることが分かりました。
カテゴリー:

もっと見る

「京都御所」の画像

もっと見る

「京都御所」の動画

Wikipedia

京都御所(きょうとごしょ)は、京都府京都市上京区にある皇室関連施設「皇室関連施設」(宮内庁サイト)。

14世紀から明治2年(1869年)までの間の「内裏(禁裏)」、すなわち歴代天皇が居住し儀式・公務を執り行った場所である。現在は宮内庁京都事務所が管理している。

概要

平安遷都延暦13年・794年)時の内裏は、現在の京都御所よりも1.7キロ西の千本通り沿いにあった。現在の京都御所は、もと里内裏(内裏が火災で焼失した場合などに設けられた臨時の内裏)の一つであった土御門東洞院殿の地である。南北朝時代(14世紀半ば)から北朝側の内裏の所在地として定着し、明徳3年(1392年)の南北朝の合一以後、ここが正式の皇居となって明治2年(1869年)、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる