「京都市右京区」とは?

関連ニュース

ピザもデザートもOK!低糖質ダイエット中でも行ける「ロカボ飯」の人気店4選 - 12月13日(水)14:00 

低糖質=おいしくない、はもう古い!ピザからデザートまで多彩なメニューがある「ロカボ飯」のお店をご紹介。ダイエット中でも食事を楽しもう!<※情報は関西ウォーカー(2017年12月5日発売号)より> 【写真を見る】「ローカーボコース」(3500円)/低糖質食専門店 ローカーボキッチン 然 【ロカボとは?】食・楽・健康協会が推奨する適正糖質のこと。厳しい糖質制限ではなく、「おいしく楽しく適正糖質」として、無理なく日常的に取り入れられるのが特徴。血糖値の上昇を抑えることができるほか、ダイエットにも効果があるとされている。<ロカボでの1日当たりの糖質量:70~130g/1食につき収めたい糖質量:20~40g> ■ 肉も野菜もたっぷりとれる!食べ応えのあるパスタに大満足 「低糖質食専門店 ローカーボキッチン 然」は、低糖質ダイエット経験者のオーナーが、当時の食事を味気なく感じたことから“低糖質でもおいしく食べられるものを”と、すべてのメニューを糖質7g以下で提供。パスタからスイーツまで、その多彩さと食べ応えに満足間違いなし! 「然パスタランチ」(980円)。パスタの代わりにおからこんにゃく麺を使用。味付けはカレー風やバジルクリームなど日替りで、すべてが糖質7g以下に。一番人気のカルボナーラ(写真)は、豆乳と上質な生クリームで濃厚な味わいだ。【糖質全部で4.9g】 「ローカーボコース」(3500...more
カテゴリー:

「弁当を速く食べられる人ほど仕事できる」 日本電産会長が講演 「入社後に育てるのではなく、大学で教育して即戦力で入社してもらう」 - 11月26日(日)12:51  newsplus

2017.11.26 10:06更新 「速く弁当食べられる人ほど仕事できる」日本電産・永守氏が講演「社会で求められる人材とは」  http://www.sankei.com/west/news/171126/wst1711260021-n1.html 高校生らに講演する永守重信氏=京都市右京区  来年度から京都学園大理事長に就任する精密小型モーター大手、日本電産(京都市南区)の永守重信会長兼社長が25日、 同大京都太秦キャンパス(右京区)で講演会を行った。永守氏は高校生や保護者ら約500人を前に、 社会で求められる人材育成の重要性を強調し、将来的な付属高校設置...
»続きを読む
カテゴリー:

冬の京都の風物詩。観光客が知らない「大根焚き」の由来と味 - 12月04日(月)21:00 

師走に入り、まさに冬本番を迎えた日本列島。そんな身も心も震えるような寒さを優しく癒やしてくれる「京都の冬の風物詩」、ご存知でしょうか。今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』では著者の英学(はなぶさ がく)さんが、観光客にはあまり知られていない「大根焚き」が楽しめるお寺を紹介しています。 大根焚き 京都の12月の風物詩の一つで観光客にはあまり知られていないのが大根焚きです。「だいこんたき」ではなく「だいこだき」と言います。京都のお寺では体が冷える冬に大根焚きが行われます。由来はお寺によって様々ですが、大量の大根を煮て、参拝者に振舞うのは共通しています。 大根は古くは古事記に登場し、その昔から心身の解毒作用や中風や諸病除けに効くとされる食べ物だったようです。 大根焚きが行われると、京都に冬が到来したと思う方は京都に住んだことがある方ではないでしょうか。だいたい、12月に行われますが1月や2月に行われる所もあります。 大根を煮たものを食べると、諸病除けや中風にならないという御利益があります。温かい大根を食べて、風邪など引かずに寒い冬を乗り切ろうという昔の人の想いが感じられる行事です。今回は、京都の大根焚きが楽しめるお寺を紹介します。 由来 大根焚きは元々お釈迦様が悟りを開いたことを喜び、感謝する行事でした。しかし時代を経るとお釈迦様が悟りを開いた12月8日頃に大根焚きを仏前に供え、参拝...more
カテゴリー:

「京都市右京区」の画像

もっと見る

「京都市右京区」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる