「京都市伏見区」とは?

関連ニュース

秀吉が築いた伏見城の石垣 - 12月14日(木)19:10 

豊臣秀吉が16世紀に築いた伏見城の石垣が京都市伏見区で初めて見つかったと、発掘した民間の調査会社「四門」(東京)が14日、発表した(「四門」提供)
カテゴリー:

障害者の手に職を…靴磨き請負会社を起業 「夢や目標を持つきっかけの場に」 - 12月14日(木)14:42 

 知的障害や精神障害のある若者の就労を支援しようと、龍谷大(京都市伏見区)の卒業生が靴磨き会社「革靴をはいた猫」を立ち上げた。「靴磨きを通じて自主性やチャレンジ精神を身につけてほしい」という願いが込められたもので、障害のある若者たちは職人として技術を身につけながら、収入を得るやりがいを感じている。
カテゴリー:

【歴史学】薩摩藩の恐るべき軍事力 「鳥羽伏見」150年…初公開の不発弾から見える幕末の緊迫 - 12月02日(土)05:32  scienceplus

平成29年は大政奉還から150年、30年は新政府軍が倒幕を果たした鳥羽伏見の戦いから150年という節目の年が続く。 これを受け、旧幕府軍の拠点・伏見奉行所に着弾した大砲の不発弾が今月、京都市考古資料館(上京区)で初めて公開された。 オランダから伝わった大砲から発射されたとみられ、 史実通り奉行所が大火災を起こしたことを物語る焼け土とともに出土した生々しい〝物証〟だ。 そこで約260年続いた徳川幕府を破る歴史の大転換となった戦いの一端を、この砲弾からひもといてみた。 〈薩摩藩が撃った?〉  砲...
»続きを読む
カテゴリー:

伏見城跡に秀吉の石垣=家康の「埋め殺し」痕跡-京都 - 12月14日(木)18:52 

 豊臣秀吉が16世紀に築いた伏見城の石垣が京都市伏見区で初めて見つかったと、発掘した民間の調査会社「四門」(東京)が14日、発表した。関ケ原の戦いの後、徳川家康が再建した石垣の下から発見され、家康が豊臣家の遺構を残すまいとした「埋め殺し」がうかがえるという。 同区桃山町のマンション建設に伴う発掘調査で発見。家康が築いたとされる花こう岩の石垣から、さらに約2メートル深く掘ったところ、秀吉が築いた自然石の石垣が出てきた。市文化財保護課が学術的な価値を確認した。 伏見城は、秀吉の隠居所として建てられ、1600年に関ケ原の前哨戦「伏見城の戦い」で全焼。翌年に家康が再建を始めた。家康の石垣は、秀吉の石垣の上に覆いかぶせるように造られていたという。 【時事通信社】
カテゴリー:

【社会】自宅近くの路上に車を停めていた男性にスコップを振りかざし「"殺"すぞ」と脅した自衛官の男を逮捕。京都府 - 12月11日(月)12:33  newsplus

http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20171211000063 京都府警向日町署は10日、暴力行為法違反の疑いで、陸上自衛隊宇治駐屯地所属の 自衛官の男(46)=京都市伏見区久我本町=を現行犯逮捕した。 逮捕容疑は同日午後10時50分ごろ、自宅近くの路上に車を止めていた男性(23)に スコップを振りかざして「殺すぞ」と脅迫した疑い。同署によると、容疑を否認しているという。 同駐屯地は「階級の公表は差し控える」としている。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

「京都市伏見区」の画像

もっと見る

「京都市伏見区」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる