「京都地検」とは?

関連ニュース

ニセ診断書 病院元職員と暴力団員不起訴に 6/23 20:17更新 - 06月23日(金)20:17 

暴力団幹部の収監を免れるため、担当医と共謀してウソの診断書を作成したとして逮捕された京都市の「武田病院」の元医事部長と暴力団員の2人について、京都地検は23日、元医事部長らを不起訴処分にしたと発表した。理由については明らかにしていない。
カテゴリー:

36協定締結せず月122時間残業 パン販売業者を送検 京都上労基署 - 06月19日(月)05:00 

労働者が脳幹出血で重体 京都上労働基準監督署(岡嶋静署長)は、36協定を結ばずに時間外労働を行わせたとして、パン販売業の㈱RAIZO(京都市下京区)と同社代表取締役を労働基準法第32条(労働時間)違反などの疑いで京都地検に書類送検した。労働者が勤務中に脳幹出血で倒れたことで違反が明らかになっている。発症直前の半年間における時間外労働は平均で月100時間を超えており、最大では月122時間だった。……[続きを読む]
カテゴリー:

病院職員と組員不起訴=組長虚偽診断事件-京都地検 - 06月23日(金)12:59 

 暴力団組長の病状をめぐり虚偽の診断書が検察庁に提出された事件で、京都地検は23日、虚偽診断書作成・同行使容疑で逮捕後、処分保留で釈放されていた病院職員(45)と指定暴力団会津小鉄会系組員(48)を不起訴処分とした。地検は理由を明らかにしていない。 事件では康生会・武田病院(京都市)の医師全栄和被告(62)が起訴されている。 【時事通信社】
カテゴリー:

【京都】認知症の母親(90歳)暴行死 男性を起訴猶予処分に 理由は明らかにせず - 05月30日(火)11:23 

京都市で同居する認知症の母親を暴行し、死亡させた事件で、京都地検は逮捕された男性を起訴猶予処分とした。 京都市左京区で今月6日、同居していた90歳の母親に暴行を加え、出血性ショックで死亡させたとして、男性が逮捕された。 母親は約10年前から認知症を患っていて、警察の調べに対し、男性は「母親がつえで殴ってきたので抵抗した」と話していた。 京都地検は男性を26日付で起訴猶予処分にしたが、処分の理由は明らかにしていない。 配信 2017年5月30日 02:41 日テレニュース http://www.news24.jp/articles/201...
»続きを読む
カテゴリー:

「京都地検」の画像

もっと見る

「京都地検」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる