「京郷新聞」とは?

関連ニュース

韓国朝刊ヘッドライン(2月19日) - 02月19日(月)08:11 

<朝鮮日報>同盟国で韓国だけに 米の鉄鋼貿易制裁 <東亜日報>米 今回は鉄鋼パンチ…揺れる「経済同盟」 <中央日報>平昌・春節シーズンなのにホテルの部屋が余る <ハンギョレ>現代車も巨額の「ダス訴訟費」肩代わりした状況確認 <京郷新聞>終わった…ついに涙見せた女帝 <毎日経済>米 鉄鋼関税爆弾に韓国含む 日本は除外 <韓国経済>「半額学費」10年…崩壊する大学
カテゴリー:

韓国朝刊ヘッドライン(2月14日) - 02月14日(水)08:00 

<朝鮮日報>「国政介入」崔順実に懲役20年 <東亜日報>崔順実に懲役20年…「朴前大統領、国政介入共謀」 <中央日報>「朴槿恵と共謀関係」崔順実に懲役20年 <ハンギョレ>崔順実に懲役20年…娘の馬も「サムスン賄賂」 <京郷新聞>崔順実に懲役20年…ロッテ会長も実刑 <毎日経済>GM群山工場閉鎖へ…残り三つの工場も近く決定 <韓国経済>辛東彬に実刑…衝撃に陥ったロッテ
カテゴリー:

韓国朝刊ヘッドライン(2月12日) - 02月12日(月)08:00 

<朝鮮日報>金正恩「核抜けた対話」招待…文大統領ジレンマ <東亜日報>金正恩の招待状…南・北・米の駆け引き始まった <中央日報>南北首脳会談の難題…韓米共助が鍵 <ハンギョレ>南北首脳会談、米朝仲裁「外交力」にかかっている <京郷新聞>文大統領「平壌に行く道」まだ遠い <毎日経済>金正恩「文、平壌訪問を」…文大統領「北、米とも対話を」 <韓国経済>韓米同盟に割り込んだ金正恩の「平壌招待」
カテゴリー:

韓国朝刊ヘッドライン(2月8日) - 02月08日(木)08:00 

<朝鮮日報>「金日成」直系、朝鮮戦争後初めて訪韓 <東亜日報>金正恩「実力者の妹」韓国に派遣 <中央日報>平昌に妹を派遣する金正恩 <ハンギョレ>光州事件の際にヘリから数回射撃 <京郷新聞>北朝鮮の金与正、平昌に来る…「金正恩のメッセンジャー」役割に注目 <毎日経済>HOBAN建設、大宇建設の買収放棄へ <韓国経済>「韓国GM3兆ウォン増資に産業銀行協力せよ」
カテゴリー:

韓国朝刊ヘッドライン(2月6日) - 02月06日(火)08:00 

<朝鮮日報>李在鎔 「政経癒着の典型」ではない <東亜日報>353日ぶりに…李在鎔釈放 <中央日報>高裁「政経癒着なかった」李在鎔釈放 <ハンギョレ>李在鎔に免罪符…「サムスンが脅かされた賄賂事件」に変質 <京郷新聞>李在鎔釈放 <毎日経済>「経営権継承の請託なかった」李在鎔353日ぶりに釈放 <韓国経済>「黙示的請託なかった」…李在鎔釈放
カテゴリー:

韓国朝刊ヘッドライン(2月15日) - 02月15日(木)09:38 

<朝鮮日報>トランプ・GMの「挟み撃ち」、妙策ない韓国 <東亜日報>トランプ「韓米FTA再交渉、成果なければ破棄」 <中央日報>30万人の雇用を人質にGM・労組・政府がピンポンゲーム <ハンギョレ>同じ贈賄なのに辛東彬は実刑、李在鎔の控訴審は寛大 <京郷新聞>国民10人中7人、南北首脳会談に賛成 <毎日経済>トランプ「韓国GM、米国に戻る」 撤収の圧力 <韓国経済>司法の地雷畑を歩く韓国企業
カテゴリー:

韓国朝刊ヘッドライン(2月13日) - 02月13日(火)08:00 

<朝鮮日報>離散家族確認など「南北交流」予算編成していた <東亜日報>「北が望むなら対話」…ハードルを下げた米副大統領 <中央日報>週52時間に合わせるため「出社遅く、退社早く」 <ハンギョレ>金永南無視した米副大統領、帰国の際には「北と対話する準備できている」 <京郷新聞>引き出しから世の中へ 若者たちが視覚障害者の詩を出版 <毎日経済>公示地価が急騰…保有税爆弾が現実に <韓国経済>「GM、韓国投資計画を先に発表すべき」
カテゴリー:

韓国朝刊ヘッドライン(2月9日) - 02月09日(金)08:00 

<朝鮮日報>2度の涙、待つこと20年…祭典が始まった <東亜日報>北核前の聖火…「熱い平昌」幕開け <中央日報>五輪前日三つの場面…平昌はなし <ハンギョレ>明かりをつけた平昌、平和がやってくる <京郷新聞>「夢の舞台…サンキュー平昌」 <毎日経済>文大統領ー金与正 10日に昼食 <韓国経済>遠隔医療、躊躇する韓国…勢いづける日本
カテゴリー:

韓国朝刊ヘッドライン(2月7日) - 02月07日(水)08:00 

<朝鮮日報>陸海空すべてを開放するのか <東亜日報>米、「北による仮想通貨の資金洗浄防止を」韓国に要請 <中央日報>李在鎔復帰したサムスン「半導体に大規模投資」 <ハンギョレ>サムスンの「違法な経営権継承取引」に目をつぶった地裁 <京郷新聞>平和五輪を脅かす米国の「政治ゲーム」 <毎日経済>米株の暴落、世界を襲った <韓国経済>世界株式市場同時に暴落
カテゴリー:

「京郷新聞」の画像

もっと見る

「京郷新聞」の動画

Wikipedia

京郷新聞(キョンヒャンシンムン)は、大韓民国の日刊全国紙。朝鮮が連合軍軍政期にあった1946年10月6日に創刊された。本社所在地はソウル特別市中区。 沿革

京郷新聞は、日本統治時代に終刊となった旧京郷新聞の題号を継承し、旧京郷新聞と同じくカトリック財団の新聞として、1946年10月6日に創刊された。1950年の朝鮮戦争勃発によって臨時休刊となったが、休戦後の1953年8月に業務を復帰し、1954年11月には韓国の新聞史上初の新聞縮刷版を発行した。京郷新聞は「真実報道」を社是としてきたが、創刊当初から反共的・保守的な性格を持っていた。しかし、1959年に入ると、李承晩・自由党政権(第一共和国)に対する不満から、政権に対する野党性と反独裁路線を明確に打ち出すようになったこのような対応は、李承晩の施政に不満を抱く読者から多くの呼応を受け、発行部数が当時としては記録的な20万部に達することもあった。

しかし、反政府的な態度をとったことにより、京郷新聞は1959年2月~4月にかけて「余滴事件」と呼ばれる筆禍を受けることとなった。1959年2月4日、当日付の朝刊の掲載欄余滴に、自由党政権による不正選挙を糾弾する内容の記事が掲載された。これを受け、韓国警察は同月28日に筆...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる