「京郷新聞」とは?

関連ニュース

韓国朝刊ヘッドライン(9月26日) - 09月26日(火)07:59 

<朝鮮日報>海外資源投資 韓国は「シャワー室の愚か者」 <東亜日報>李容浩(リ・ヨンホ)「トランプ、宣戦布告」 <中央日報>政府の終わりない「請求書」 企業は息が詰まる <ハンギョレ>カネもコネもない私は「ひきたて役」だった <京郷新聞>李明博(イ・ミョンバク)を批判すれば進歩・保守関係なく攻撃した <毎日経済>労働改革逆走…政府が2大指針廃棄 <韓国経済>社員採用を怖がらせる政府
カテゴリー:

韓国朝刊ヘッドライン(9月25日) - 09月25日(月)08:13 

<朝鮮日報>米爆撃機がNLL超える…青瓦台(大統領府)が緊急NSC <東亜日報>深夜に北朝鮮・元山から350キロ離れた東海を飛行したB1B <中央日報>改憲問う国民投票 来年6月実施に国民78%が賛成 <ハンギョレ>書き込み工作行ったサイバー司令部の増員 李明博(イ・ミョンバク)元大統領が直接指示 <京郷新聞>北朝鮮の言葉の爆弾・米国の武力示威…危険水準を超える「にらみ合い」 <毎日経済>世界1位も「ノーライン革新」を行わなければ滅びる <韓国経済>企業が戻る日本…海外に追いやられる韓国
カテゴリー:

韓国朝刊ヘッドライン(9月21日) - 09月21日(木)08:00 

<朝鮮日報>SKハイニックス連合、日本東芝の売却先に決定 <東亜日報>最後の警告…全ての対北オプション取り出した <中央日報>「指示通りしろ」 ベンチャーの成長妨げる「ジョブズ病」 <ハンギョレ>李前政権の国情院、「出勤世論」ラジオ番組も査察 <京郷新聞>「裁判しない」判事、司法府を掌握 <毎日経済>低所得層に直撃弾…所得主導成長の逆説 <韓国経済>中国、超強力な環境取り締り…撤退する韓国企業続出
カテゴリー:

韓国朝刊ヘッドライン(9月19日) - 09月19日(火)08:18 

<朝鮮日報>「予測できない中国」 企業投資が14年前水準に <東亜日報>「まだ来ないバス…来るんですか」 新政権発足から4カ月、依然就職に苦しむ若者  <中央日報>「重粒子ミサイル」 がんとの戦い、20年後には終わる <ハンギョレ>瀋陽のロッテ新店舗「ガラガラ」 <京郷新聞>高位公職者犯罪捜査処、警察・検察より捜査優先権持つ <毎日経済>バイトより劣悪なフレックスタイム制の公務員…半数は放棄 <韓国経済>仮想通貨で資金調達…投資か投機か
カテゴリー:

韓国朝刊ヘッドライン(9月15日) - 09月15日(金)08:00 

<朝鮮日報>文大統領「戦術核の導入に同意しない」 <東亜日報>THAAD報復に結局…ロッテマート中国から撤退 <中央日報>1897年、1919年、1948年いずれも建国の過程 <ハンギョレ>自由韓国党国会議員が「江原ランドへの採用」依頼した55人のリスト入手 <京郷新聞>「ソウル市長誹謗広告」背後は元国情院長…保守団体に支援、草案まで作成 <毎日経済>訴訟共和国をつくろうとする政界 <韓国経済>「THAAD報復」中国を提訴せず…北朝鮮には800万ドル支援推進
カテゴリー:

韓国「安倍は解散を通して戦争を可能な国にする野望を本格化 韓日間の信頼回復はさらに遠くなった」 - 09月26日(火)01:01  news

「北挑発で支持回復」 韓国、安倍首相の衆院解散表明で政治利用の批判も  安倍晋三首相の衆院解散表明について、韓国メディアは北朝鮮の相次ぐ挑発行動で支持率が回復したためと強調した。 ただ、解散で政治空白が生まれるとして「北朝鮮危機論と一致しておらず、国内政治に利用しているだけでは」(リベラル系の京郷新聞)との批判もある。  憲法改正の行方に注目するメディアも。ソウル新聞は社説で「解散を通して戦争を可能な国にする憲法改正への野望を本格化させる」と指摘、「韓日間の信頼回復はさらに遠くなった」とし...
»続きを読む
カテゴリー:

韓国朝刊ヘッドライン(9月22日) - 09月22日(金)08:00 

<朝鮮日報>パリバケットに「5378人雇用迫る」 <東亜日報>米、イラン式セカンダリーボイコット対北制裁 <中央日報>デジタルは全くない「87年アナログ憲法」 <ハンギョレ>文大統領「平昌を平和の光を照らすろうそくに」国連で訴え <京郷新聞>「金命洙大法院」…司法改革始まった <毎日経済>「パティシエ、直接雇用せよ」…政府がパリバケットに指示 <韓国経済>「通常賃金の逆襲」…起亜自動車、残業中断
カテゴリー:

韓国朝刊ヘッドライン(9月20日) - 09月20日(水)08:10 

<朝鮮日報>「米が威嚇されれば、北を完全破壊せざるを得ない」 <東亜日報>トランプ「核脅威続けば、北を滅亡させる」 <中央日報>「韓米、韓国の原子力潜水艦保有に合意」 <ハンギョレ>児童94万人、狭くて暗い家で暮らす <京郷新聞>捜査対象となった李前大統領 「ブラックリスト疑惑」で <毎日経済>「脱石炭」三陟VS「親石炭」横浜の悲喜 <韓国経済>海外資源の投資、放置している間に…
カテゴリー:

韓国朝刊ヘッドライン(9月18日) - 09月18日(月)08:00 

<朝鮮日報>米軍、韓国軍への指揮権移譲検討を中止 <東亜日報>中国内部、習近平国家主席の「北朝鮮擁護」批判 <中央日報>燃料1グラムで石油8トンのエネルギー…韓国が主導する「人工太陽」 <ハンギョレ>李前大統領、KBS・MBC幹部を査察・退出…「放送掌握」総指揮 <京郷新聞>私立幼稚園の休業、世論が防いだ <毎日経済>文・トランプ、金正恩挑発に「北の没落」警告 <韓国経済>「善意の規制」が雇用を無くす
カテゴリー:

韓国朝刊ヘッドライン(9月14日) - 09月14日(木)08:00 

<朝鮮日報>雇用政府、落ち込んだ「雇用成績」 <東亜日報>多住宅保有者、満期15年超える融資受けられず <中央日報>長距離空対地ミサイル「タウルス」初の試射、400キロ飛来し命中 <ハンギョレ>「書き込み捜査で苦労」…国情院、荒唐無稽な福祉拡大 <京郷新聞>中小ベンチャー企業部長官候補「不適格」…与党も捨てた <毎日経済>原発再稼動する日本…原発を停止する韓国 <韓国経済>韓国とあまりにも異なる労働改革
カテゴリー:

もっと見る

「京郷新聞」の画像

もっと見る

「京郷新聞」の動画

Wikipedia

京郷新聞(キョンヒャンシンムン)は、大韓民国の日刊全国紙。朝鮮が連合軍軍政期にあった1946年10月6日に創刊された。本社所在地はソウル特別市中区。 沿革

京郷新聞は、日本統治時代に終刊となった旧京郷新聞の題号を継承し、旧京郷新聞と同じくカトリック財団の新聞として、1946年10月6日に創刊された。1950年の朝鮮戦争勃発によって臨時休刊となったが、休戦後の1953年8月に業務を復帰し、1954年11月には韓国の新聞史上初の新聞縮刷版を発行した。京郷新聞は「真実報道」を社是としてきたが、創刊当初から反共的・保守的な性格を持っていた。しかし、1959年に入ると、李承晩・自由党政権(第一共和国)に対する不満から、政権に対する野党性と反独裁路線を明確に打ち出すようになったこのような対応は、李承晩の施政に不満を抱く読者から多くの呼応を受け、発行部数が当時としては記録的な20万部に達することもあった。

しかし、反政府的な態度をとったことにより、京郷新聞は1959年2月~4月にかけて「余滴事件」と呼ばれる筆禍を受けることとなった。1959年2月4日、当日付の朝刊の掲載欄余滴に、自由党政権による不正選挙を糾弾する内容の記事が掲載された。これを受け、韓国警察は同月28日に筆...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる