「京郷新聞」とは?

関連ニュース

韓国朝刊ヘッドライン(11月23日) - 11月23日(木)08:00 

<朝鮮日報>金寛鎮元国防部長官、勾留適否審査で釈放 <東亜日報>自由に向かった疾走、銃弾も防げなかった <中央日報>金泳三元大統領の追悼式で献花する文大統領 <ハンギョレ>「高裁部長昇進制廃止」、法官人事改革始まった <京郷新聞>平昌五輪期間、韓米演習停止か <毎日経済>「米国で製造せよ」韓国産洗濯機に50%関税爆弾 <韓国経済>日本「家業相続」破格の減税、韓国は…
カテゴリー:

韓国朝刊ヘッドライン(11月21日) - 11月21日(火)08:27 

<朝鮮日報>国民年金を前面に立たせる「労治の影」 <東亜日報>「5種類セット」の高卒、就職率99%突破・・・職業系高卒も5割超 <中央日報>金正恩、軍序列1位・黄炳瑞を突き放す <ハンギョレ>国民年金、労組推薦の社外理事に初の賛成票 <京郷新聞>国税庁、2008年「朴淵次・泰光実業」特別税務調査 <毎日経済>高敞・順天も鳥インフル・・・全国拡散非常事態 <韓国経済>「脳卒中予防に腕時計? 韓国船は監獄行き」・・・規制から改革を
カテゴリー:

韓国朝刊ヘッドライン(11月17日) - 11月17日(金)08:10 

<朝鮮日報>耐震設計せず「ピサの斜塔マンション」に <東亜日報>国家情報院を超え親朴に向かう検察の捜査 <中央日報>全ての大学入試日程1週間後に <ハンギョレ>「慶州ー浦項の間に再び地震の可能性」…首都圏も安心できず <京郷新聞>包括賃金、一般事務職には適用できず <毎日経済>「ピロティ構造」の37万世帯のアパート 安全性の問題 <韓国経済>朝鮮半島の地中状況「真っ暗」…地質基礎研究資料少なく
カテゴリー:

韓国朝刊ヘッドライン(11月15日) - 11月15日(水)08:00 

<朝鮮日報>北が銃を撃つとき、韓国軍は見守っていた <東亜日報>大統領側近の不正監視する特別監察官室「有名無実」 <中央日報>中国「THAAD最終解決は撤回」…文大統領「完全解決できなかった」 <ハンギョレ>「育児解決できず、仕事をあきらめる」韓国の女性 <京郷新聞>通貨危機から20年、終わらない苦痛 <毎日経済>韓国系銀行ニューヨーク発の罰金「ツナミ」の危機 <韓国経済>IMF、今年韓国の成長率3.0%→3.2%に上方修正
カテゴリー:

韓国朝刊ヘッドライン(11月13日) - 11月13日(月)08:00 

<朝鮮日報>習近平氏「新たな出発」…文大統領、来月訪中 <東亜日報>「文政権の政治報復」…李元大統領「積弊清算」を批判 <中央日報>李元大統領「現政府の積弊清算、政治報復ではないか疑わしい」 <ハンギョレ>青瓦台政務首席、今週中に検察に出頭…賄賂受け取った証拠確保 <京郷新聞>李元大統領「積弊清算は政治報復」 <毎日経済>文大統領「雨降って地固まる」…習近平氏「新たな出発」 <韓国経済>習近平氏「韓国と関係発展を強く希望」
カテゴリー:

韓国朝刊ヘッドライン(11月22日) - 11月22日(水)08:00 

<朝鮮日報>中国のテクノロジー企業の空襲…韓国の半導体も脅かす <東亜日報>トランプ「北は殺人政権」 「ならず者国家」と捺印 <中央日報>中国特使が手ぶらで帰国した日、北をテロ支援国家再指定 <ハンギョレ>18歳の誕生日が5日後だったのに…済州の現場実習生の死 <京郷新聞>「北、テロ支援国」再指定 圧力強める米国 <毎日経済>「50兆ウォンの親労組請求書」…企業は悲鳴 <韓国経済>通貨危機から20年…再び進む「雇用悪化」
カテゴリー:

韓国朝刊ヘッドライン(11月20日) - 11月20日(月)08:00 

<朝鮮日報>大法院長(最高裁長官)、全国の法院長に「司法改革に賛同せよ」 <東亜日報>大統領府の国民請願掲示板3カ月の光と影 <中央日報>浦項地震の液状化を初確認 <ハンギョレ>来年の予算案…「疑わしい特殊活動費294億ウォン」 <京郷新聞>学費半額報道、国情院が防ぎ放送局は従った <毎日経済>これからは平昌…「韓国、大躍進のチャンスに」 <韓国経済>「普遍福祉」児童手当、低所得層に不利
カテゴリー:

韓国朝刊ヘッドライン(11月16日) - 11月16日(木)08:10 

<朝鮮日報>全国を揺るがした地震、大学試験を襲った <東亜日報>全国を揺るがした浦項地震…大学試験1週延期 <中央日報>大学試験1週延期、浦項M5.4の強震 <ハンギョレ>浦項発「連鎖地震」恐怖…大学試験1週延期 <京郷新聞>全国を揺るがした浦項地震…未曾有の「大学試験延期」 <毎日経済>韓国を揺るがした浦項強震…大学試験1週延期 <韓国経済>最低賃金の逆襲…低賃金職「雇用の崖」
カテゴリー:

韓国朝刊ヘッドライン(11月14日) - 11月14日(火)08:44 

<朝鮮日報>平昌、宿泊先を確保できずチケットも購入しない <東亜日報>北制裁効果…中国向け石炭・鉄の輸出30%減少 <中央日報>脳神経に電気刺激 15年間植物状態の患者が回復 <ハンギョレ>慰礼新都市の土地分譲で大韓民国枯葉剤戦友会に特恵疑惑 <京郷新聞>金張謙(キム・ジャンギョム)社長の解任案可決でMBCが正常化へ <毎日経済>政府、脱原発に夢中で二酸化炭素排出権放置 <韓国経済>正規雇用化 「無賃乗車」に反対…仁川空港労組「入社試験を受けるべき」
カテゴリー:

韓国朝刊ヘッドライン(11月10日) - 11月10日(金)08:00 

<朝鮮日報>「予算投じ最低賃金」前例のない実験 <東亜日報>トランプ…中国で284兆ウォンの投資誘致 <中央日報>対北原油中断 結論を出せなかった「北京談判」 <ハンギョレ>米中首脳の北核「求同存異」…「完全な非核化協力」 <京郷新聞>正面衝突を避けたG2 <毎日経済>K-POPに続きK-ゲームも…世界を魅了 <韓国経済>結局…税金3兆ウォン+アルファ投入される最低賃金引き上げ
カテゴリー:

もっと見る

「京郷新聞」の画像

もっと見る

「京郷新聞」の動画

Wikipedia

京郷新聞(キョンヒャンシンムン)は、大韓民国の日刊全国紙。朝鮮が連合軍軍政期にあった1946年10月6日に創刊された。本社所在地はソウル特別市中区。 沿革

京郷新聞は、日本統治時代に終刊となった旧京郷新聞の題号を継承し、旧京郷新聞と同じくカトリック財団の新聞として、1946年10月6日に創刊された。1950年の朝鮮戦争勃発によって臨時休刊となったが、休戦後の1953年8月に業務を復帰し、1954年11月には韓国の新聞史上初の新聞縮刷版を発行した。京郷新聞は「真実報道」を社是としてきたが、創刊当初から反共的・保守的な性格を持っていた。しかし、1959年に入ると、李承晩・自由党政権(第一共和国)に対する不満から、政権に対する野党性と反独裁路線を明確に打ち出すようになったこのような対応は、李承晩の施政に不満を抱く読者から多くの呼応を受け、発行部数が当時としては記録的な20万部に達することもあった。

しかし、反政府的な態度をとったことにより、京郷新聞は1959年2月~4月にかけて「余滴事件」と呼ばれる筆禍を受けることとなった。1959年2月4日、当日付の朝刊の掲載欄余滴に、自由党政権による不正選挙を糾弾する内容の記事が掲載された。これを受け、韓国警察は同月28日に筆...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる