「京成グループ」とは?

関連ニュース

【夏休み2017】都立工業系19高校、子ども向け工作スタジオ全71講座 - 06月27日(火)18:15 

 東京都教育委員会は7月21日から8月29日までの夏休み期間、小・中学生を対象とした「平成29年度わくわくどきどき夏休み工作スタジオ」を開催する。都立工業系高校の教員や生徒とともに、プログラミングロボの製作や科学実験、各種工作を体験できる。 「わくわくどきどき夏休み工作スタジオ」は、将来のものづくり産業を支える人材を育成していくことをねらいとして実施される。各講座は1日(6時間程度)で行われ、時間をかけて作品製作に取り組むことで、ものづくりに関する興味・関心が高まり、達成感を味わうことができるプログラムとなっているという。 会場は、葛西工業高校・墨田工業高校・科学技術高校・蔵前工業高校・荒川工業高校・足立工業高校・工芸高校・六郷工科高校・北豊島工業高校・中野工業高校・練馬工業高校・多摩工業高校・杉並工業高校・多摩科学技術高校・田無工業高校・八王子桑志高校・総合工科高校・府中工業高校・町田工業高校。全19校、全71講座を実施する。 たとえば科学技術高校では、小学校5・6年生対象の「作って遊べる『シュートロボ』の製作」「熱の科学~七宝焼きとカルメ焼き体験~」、小学校4~6年生対象の「プログラミングロボを作ろう!」の3講座を行う。 北豊島工業高校では、小学校3~6年生・中学生対象の「銀の指輪の製作」「3色LEDを用いたルームランプ」など4講座を実施。中野工業高校の「教育用電子工作キットを...more
カテゴリー:

【夏休み2017】京成グループの職業体験「京成きっずアカデミー」 - 06月26日(月)18:45 

 京成グループは7月25日から8月30日の期間中、京成グループの仕事を学べる職業体験型学習プログラム「京成きっずアカデミー」を1都2県で開催する。対象は、小学生。2017年は、駅員体験やタクシー乗務員体験、ホテルスタッフ体験などが予定される。参加費無料。 「京成きっずアカデミー」は、小学生とその保護者のペア2名で参加する職業体験型学習プログラム。京成グループの12社が東京都、千葉県、茨城県の1都2県で開催する。2015年度より地域交流活動の一環として開催されており、毎年人気の企画だという。 2017年度は、7月25日から8月30日の期間中に計16回の開催を予定。「京成電鉄(成田空港駅)」「新京成電鉄(新津田沼駅)」「北総鉄道(千葉ニュータウン中央駅)」での駅員体験や「帝都自動車交通・墨田営業所」でのタクシー乗務員体験、「京成ホテルミラマーレ」」のホテルスタッフ体験など、15の企画が用意され、どの企画も子どもが楽しみながら学べる内容だという。 申込方法は、特設Webサイトの応募フォームより申し込む。申込期間は6月20日から8月17日まで。なお、企画により、申込期間、開催日程、定員および開催場所が異なるので注意すること。◆京成きっずアカデミー日時:2017年7月25日(火)~8月30日(水)会場:プログラムにより異なる対象:小学生とその保護者定員:プログラムにより募集人数が異なる参加費...more
カテゴリー:

「京成グループ」の画像

もっと見る

「京成グループ」の動画

Wikipedia

京成グループ(けいせいグループ、Keisei group、K'SEI GROUP)は、京成電鉄株式会社を中核とし、運輸業を中心とする日本企業グループである。千葉県東京都茨城県が主な営業地域となっている。 京成電鉄本社ビル

概説

2015年9月30日現在3. 数字でわかる京成グループ - IR/会社情報:京成電鉄ホームページ、2015年12月19日閲覧、124社(内訳:運輸業60社、流通業8社、不動産業8社、レジャー・サービス業28社、建設業2社、その他事業19社)京成電鉄のグループ会社 - 京成グループ:京成グループホームページ、2015年9月12日閲覧で構成。BMK推進運動を展開する。各社は「'''K'SEI GROUP'''」ロゴを用いることが多い。

ロゴ未使用会社

関東鉄道の鉄道車両塗装は旧京成グループ統一カラー・デザインに近い 旧京成グループ統一カラー・デザインの高速バス...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる