「交流人口」とは?

関連ニュース

新潟の空港・交通・文化を活性化 全市町村集まり検討会議、提言へ - 11月21日(火)20:02 

 県内の全30市町村が利用客が伸び悩む新潟空港や港湾の活性化、交流人口の拡大に向け、一体となった取り組みを始めた。各自治体の幹部らをメンバーに17日に創設した「にいがた拠点化・活性化検討会議」に県も協力を了承。検討会議は市町村の視点を盛り込んだ対策を平成31年4月にまとめ、県に提言する方針だ。
カテゴリー:

環瀬戸内海協議会、高松で会合 インフラマップ作成へ 交流人口増、取り組み発表 - 11月16日(木)09:23 

環瀬戸内海地域の経済界や自治体が交流を深め、地域活性化を目指す協議会の会合が15日、高松市の高松サンポート合同庁舎であった。
カテゴリー:

 “スマートツーリズム” & “復興ツーリズム” の推進 ~記憶の伝承、未来への手紙として~ ~防災×観光の事業構築を目指し、11月22日(水)に実証実験を実施~ - 11月21日(火)14:19 

[KNT-CT HD] 【11月22日 実証実験実施概要】 ・コンセプト :「記憶の伝承として、未来への手紙 ・目指す姿 :1.新たな体験価値創出 2.広域連携と国内外の交流人口拡大 ・方向性 :1.AR・VR・アーカイブ利活用...
カテゴリー:

「交流人口」の画像

もっと見る

「交流人口」の動画

Wikipedia

交流人口(こうりゅうじんこう)とは、その地域に訪れる(交流する)人のこと。その地域に住んでいる人、つまり「定住人口」(又は居住者・居住人口)に対する概念である。

その地域を訪れる目的としては、通勤・通学、買い物、文化鑑賞・創造、学習、習い事、スポーツ観光、レジャー、アミューズメントなど、特に内容を問わないのが一般的である。

過去には、人口の多寡が都市の格・ステイタスとほぼ同義であり、人口は増えるものという観念が支配的で、人口増を図ることが行政の目標とされた。このため、市町村の総合振興計画等において示す将来人口も、人口増目標を掲げるのが一般的であった。

しかしながら、少子高齢化が一段と進み、「定住人口」の増加を追い求めることは、特に地方都市においては困難となりつつある。 日本の国全体の人口がピークとなった2006年以降には、全国のほとんどの地方都市が人口減となる。少子化で若者の数が減っていく半面、行動範囲が狭くなりがちな高齢者の割合が一段と高まり、都市の「活力」が減退していくことが懸念されている。

このため、「定住人口」ではなく、交流人口を増やすことによって、地域の活力を高めていこうという意識が一般化しつつある。既に一部では「集客都市」を目標に掲げる都市ももみられる。

もともと都市とは不特定多数の人々が集う場であり、集積に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる