「交流人口」とは?

関連ニュース

【ふるさと納税】「農海産物が良くて、なぜ金券はダメなのか」 通知に自治体が反発 総務省に直談判も - 07月21日(金)11:26 

ふるさと納税の「返礼品競争」を鎮静化させようと、商品券などの金券を返礼品から外すよう通知した総務省に対し、目立った特産品のない自治体が反発している。 温泉と観光が主産業の群馬県草津町は「農海産物が良くて、なぜ金券はダメなのか」と町長が24日にも同省に直談判に赴く予定だ。 来年度から金券を中止する静岡県西伊豆町も「国は本来、地方自治に口出しするべきでない」と批判している。【吉田勝】 総務省は4月、「金銭類似性の高い」感謝券や商品券を返礼品から除外するよう全国の自治体に通知。 「転売で現金化され...
»続きを読む
カテゴリー:

<飯舘村>ふるさと納税者対象に村への交通費補助 - 07月17日(月)06:05 

福島県飯舘村は、ふるさと納税の寄付者らを対象に、村を訪問する際の交通費の半額を補助する制度を始めた。東京電力福島第1原発事故からの復興に向け、交流人口の拡大などにつなげる。 「ようこそ補助金」と名付け
カテゴリー:

ヒラメざんまいでご当地グルメ=青森県東通村〔地域〕 - 07月11日(火)09:52 

 青森県東通村で、新たなご当地グルメ「東通天然ヒラメ刺身重」が完成した。村内の漁港で水揚げされたヒラメを中心としたコース料理で、7月から村内3店で提供されている。県内のご当地グルメは「深浦マグロステーキ丼」「平内ホタテ活御膳」などに続いて五つ目となる。 地場産食材をふんだんに使ったコースは、ヒラメの刺し身5点盛り、ヒラメとタコのアクアパッツァ、東通牛と十割そばのサラダパフェ、ブルーベリーアイスクリームなど。価格は1600円。 村は昨年7月から「ご当地グルメプロデューサー」のヒロ中田氏や飲食店、漁業関係者らと30回以上の会議を重ねてコースを開発した。東通ヒラメ料理推進協議会の事務局を務める村経営企画課の担当者は「食材の豊かさを呼び水に、下北半島に訪れる人を増やしたい。他のご当地グルメと共に、食材王国から料理王国の青森になれれば」と話し、地域活性化や交流人口増加に期待する。今年度は計6000食の提供を目標にしているという。 県内には深浦町の「深浦マグロステーキ丼」、平内町の「平内ホタテ活御膳」のほか、中泊町の「中泊メバルの刺身と煮付け膳(メバル膳)」、田子町の「田子ガーリックステーキごはん(ガリステごはん)」といった地場産食材を使ったご当地グルメがあり、話題となっている。 【時事通信社】
カテゴリー:

吉野復興相に復興予算や支援策拡充を要望 - 07月21日(金)06:05 

東北六県商工会議所連合会の鎌田宏会長(仙台商工会議所会頭)は20日、復興庁を訪れ、東日本大震災で被災した企業の販路回復、観光振興による交流人口拡大に向けた支援策の拡充を吉野正芳復興相に要望した。 20
カテゴリー:

高速道路SA・PA、道の駅でご当地ソフトクリーム食べてるおっさんってなんなの - 07月15日(土)01:00 

道の駅でソフトクリームラリー 本別・足寄・陸別  本別・足寄・陸別の3町の道の駅で15日から、ソフトクリームラリーと特産品のプレゼント企画がスタートする。 道の駅を核にした、十勝東北部3町の観光地域づくり連携事業の一環。 3町の道の駅が横一列になって行動する第1弾の取り組みで、観光客のニーズ調査も兼ねている。  同事業は、3町が持つ自然や食資源などを生かし、圏域内への誘客や交流人口の拡大を目指している。 複数の実施項目があり、ラリーとプレゼント企画については、5月に発足した道の駅と行政担当...
»続きを読む
カテゴリー:

「交流人口」の画像

もっと見る

「交流人口」の動画

Wikipedia

交流人口(こうりゅうじんこう)とは、その地域に訪れる(交流する)人のこと。その地域に住んでいる人、つまり「定住人口」(又は居住者・居住人口)に対する概念である。

その地域を訪れる目的としては、通勤・通学、買い物、文化鑑賞・創造、学習、習い事、スポーツ観光、レジャー、アミューズメントなど、特に内容を問わないのが一般的である。

過去には、人口の多寡が都市の格・ステイタスとほぼ同義であり、人口は増えるものという観念が支配的で、人口増を図ることが行政の目標とされた。このため、市町村の総合振興計画等において示す将来人口も、人口増目標を掲げるのが一般的であった。

しかしながら、少子高齢化が一段と進み、「定住人口」の増加を追い求めることは、特に地方都市においては困難となりつつある。 日本の国全体の人口がピークとなった2006年以降には、全国のほとんどの地方都市が人口減となる。少子化で若者の数が減っていく半面、行動範囲が狭くなりがちな高齢者の割合が一段と高まり、都市の「活力」が減退していくことが懸念されている。

このため、「定住人口」ではなく、交流人口を増やすことによって、地域の活力を高めていこうという意識が一般化しつつある。既に一部では「集客都市」を目標に掲げる都市ももみられる。

もともと都市とは不特定多数の人々が集う場であり、集積に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる