「交流人口」とは?

関連ニュース

【サッカー】いわきFCと連携、サッカースタジアム整備構想 いわき市が新年度可能性調査 - 02月16日(金)22:42  mnewsplus

福島県いわき市は2018年度、サッカースタジアム整備の事業可能性調査に乗り出す。同市を拠点に将来のJリーグ入りを目指す社会人チームのいわきFCと連携し、整備の在り方などを検討する。15日発表した18年度一般会計当初予算案に事業費2229万円を計上した。  市によると、専門機関に委託し、設置主体といった事業の枠組みや収支の試算、必要な機能や規模、立地場所などを調べることを想定する。  市は、スポーツを基軸に人材育成や交流人口の拡大、市民の健康増進を図ろうと、地域特性を生かした事業を支援する地域未...
»続きを読む
カテゴリー:

JALと百戦錬磨、資本業務提携 民泊で地域活性化目指す - 02月08日(木)16:07 

日本航空(JAL)と百戦錬磨は、資本業務提携を行うと発表した。 6月の住宅宿泊事業法施行により、空き家や古民家、歴史的建造物などの観光資源とする民泊への期待が高まっているとしており、両社の強みを活かし、観光による交流人口の拡大など、地域活性化を目指す。 具体的には、観光ポテンシャルが高いにもかかわらず、宿泊インフラが充分整備されていない地域をモデル地域に選定し、観光資源を活かした施設の開発や民泊の普及、促進、イベント民泊を開催するほか、訪日旅行者向けメディアとの連携を強化した地域プロモーションの実施、販売チャネルの連携や相互送客を実施していく。 百戦錬磨は、合法的な民泊施設のみを取り扱う日本初の民泊予約サイト「STAY JAPAN」を運営している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

JAL×百戦錬磨で地方の観光・民泊・雇用を拡充--第1弾は奄美でエコな民泊旅 - 02月08日(木)15:54 

JALと百戦錬磨は2月8日、観光による交流人口拡大を図るため、全国自治体と連携して各地の魅力発掘に取り組み、民泊を活用したインバウンド事業および地域活性化事業の推進を目的とする広範な提携を行うことに合意し、JALによる百戦錬磨への資本参加ならびに両社間での包括的業務提携を締結したと発表した。
カテゴリー:

JAL、百戦錬磨と業務提携/資本参加。民泊ダイナミックパッケージの拡充などを予定 - 02月08日(木)17:52 

 JAL(日本航空)は2月8日、民泊サービスの百戦錬磨に資本参加し、両社で包括業務提携を締結した。JALの往復航空券と百戦錬磨の民泊プランをセットにしたダイナミックパッケージの販売(2017年4月~)で2社はすでに協業しているが、JALは訪日外国人の地方送客によって、百戦錬磨は民泊紹介サイト「STAY JAPAN」の運営を通じて、ともに「交流人口の拡大による地域活性化」という共通の目的を見出しており、本提携に至った。
カテゴリー:

JALと百戦錬磨、資本業務提携 民泊で地域活性化目指す - 02月08日(木)16:07 

日本航空(JAL)と百戦錬磨は、資本業務提携を行うと発表した。 6月の住宅宿泊事業法施行により、空き家や古民家、歴史的建造物などの観光資源とする民泊への期待が高まっているとしており、両社の強みを活かし、観光による交流人口の拡大など、地域活性化を目指す。 具体的には、観光ポテンシャルが高いにもかかわらず、宿泊インフラが充分整備されていない地域をモデル地域に選定し、観光資源を活かした施設の開発や民泊の普及、促進、イベント民泊を開催するほか、訪日旅行者向けメディアとの連携を強化した地域プロモーションの実施、販売チャネルの連携や相互送客を実施していく。 百戦錬磨は、合法的な民泊施設のみを取り扱う日本初の民泊予約サイト「STAY JAPAN」を運営している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

南さつま市がアウトドアメーカー・モンベルと協定 - 02月05日(月)13:00 

 南さつま市は1月30日、アウトドア総合メーカーのモンベル(大阪市)と包括連携協定を結んだ。海、山、川などの豊かな自然を生かした体験を促し、地域活性化や交流人口拡大を図るほか、環境保全の意識も高める。同社の協定は県内初。
カテゴリー:

「交流人口」の画像

もっと見る

「交流人口」の動画

Wikipedia

交流人口(こうりゅうじんこう)とは、その地域に訪れる(交流する)人のこと。その地域に住んでいる人、つまり「定住人口」(又は居住者・居住人口)に対する概念である。

その地域を訪れる目的としては、通勤・通学、買い物、文化鑑賞・創造、学習、習い事、スポーツ観光、レジャー、アミューズメントなど、特に内容を問わないのが一般的である。

過去には、人口の多寡が都市の格・ステイタスとほぼ同義であり、人口は増えるものという観念が支配的で、人口増を図ることが行政の目標とされた。このため、市町村の総合振興計画等において示す将来人口も、人口増目標を掲げるのが一般的であった。

しかしながら、少子高齢化が一段と進み、「定住人口」の増加を追い求めることは、特に地方都市においては困難となりつつある。 日本の国全体の人口がピークとなった2006年以降には、全国のほとんどの地方都市が人口減となる。少子化で若者の数が減っていく半面、行動範囲が狭くなりがちな高齢者の割合が一段と高まり、都市の「活力」が減退していくことが懸念されている。

このため、「定住人口」ではなく、交流人口を増やすことによって、地域の活力を高めていこうという意識が一般化しつつある。既に一部では「集客都市」を目標に掲げる都市ももみられる。

もともと都市とは不特定多数の人々が集う場であり、集積に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる