「交流人口」とは?

関連ニュース

観光予報プラットフォーム活用コンテストの結果のお知らせ ~三重県伊勢市の老舗飲食店が受賞「有限会社ゑびや・株式会社ROX」~ 表彰式は9月21日(木)、ツーリズムEXPOジャパン会場にて開催 - 09月19日(火)20:31 

[公益社団法人日本観光振興協会] 【コンテスト概要】  人口減少と少子高齢化を迎える我が国において、観光は交流人口の拡大により、地域に経済効果をもたらす地域活性化策として、多くの地域で様々な取組が行われています。地域の観光推進組織や...
カテゴリー:

【サッカー】<J3秋田>スタジアム整備 活性化や交流認識共有 検討委が本格議論スタート - 09月01日(金)21:40  mnewsplus

 秋田県は31日、サッカーJ3秋田のスタジアム整備に向けた「スタジアム整備のあり方検討委員会」の第2回会合を秋田市で開いた。委員約20人が地域活性化や多世代交流などのコンセプトを共有。競技場の規模や財源などの具体的な協議を始めた。  県が提案したコンセプトは(1)地域に活力をもたらす(2)にぎわいを生む(3)多世代が集う(4)利用満足度が高い(5)オリジナリティーがあふれる-の五つ。観光や福祉の視点も取り入れ、地元経済への波及効果や交流人口の拡大を目指す。  委員はコンセプト案を基に、スタジ...
»続きを読む
カテゴリー:

9月22日~24日『第2回 地理的表示フェスティバル』イオンモール幕張新都心で開催 地理的表示産品の試食・販売や、”産地を知る旅”が当たるイベントも! - 09月12日(火)14:20 

[株式会社ジェイティービー] 当社は、日本の「食」「農」と「観光」、そして「文化」を結びつけ国内外に“本物の日本の魅力”を伝えることにより、交流人口の拡大と豊かな地域づくりへの貢献に取り組んでいます。当イベントは、そ...
カテゴリー:

【サッカー】サッカー場の基本計画発表…指宿市 - 08月30日(水)12:22  mnewsplus

鹿児島県指宿市は29日、同市東方新田地区に整備する市サッカー・多目的グラウンドの基本計画を発表した。天然芝を備えた大規模な施設で、総額23億7500万円を投じ、2020年度の完成を目指す。  計画によると、広さは約8万5000平方メートル。観客席(約1000席)付きのメイングラウンドなど計4面を設け、クラブハウスや駐車場、広場なども設置する。  整備にあたっては、日本サッカー協会に監修を依頼した。サッカーを通じた交流人口の拡大とともに、市民の健康づくりの場を目指す。市は「プロのキャンプや社会...
»続きを読む
カテゴリー:

「交流人口」の画像

もっと見る

「交流人口」の動画

Wikipedia

交流人口(こうりゅうじんこう)とは、その地域に訪れる(交流する)人のこと。その地域に住んでいる人、つまり「定住人口」(又は居住者・居住人口)に対する概念である。

その地域を訪れる目的としては、通勤・通学、買い物、文化鑑賞・創造、学習、習い事、スポーツ観光、レジャー、アミューズメントなど、特に内容を問わないのが一般的である。

過去には、人口の多寡が都市の格・ステイタスとほぼ同義であり、人口は増えるものという観念が支配的で、人口増を図ることが行政の目標とされた。このため、市町村の総合振興計画等において示す将来人口も、人口増目標を掲げるのが一般的であった。

しかしながら、少子高齢化が一段と進み、「定住人口」の増加を追い求めることは、特に地方都市においては困難となりつつある。 日本の国全体の人口がピークとなった2006年以降には、全国のほとんどの地方都市が人口減となる。少子化で若者の数が減っていく半面、行動範囲が狭くなりがちな高齢者の割合が一段と高まり、都市の「活力」が減退していくことが懸念されている。

このため、「定住人口」ではなく、交流人口を増やすことによって、地域の活力を高めていこうという意識が一般化しつつある。既に一部では「集客都市」を目標に掲げる都市ももみられる。

もともと都市とは不特定多数の人々が集う場であり、集積に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる