「交流人口」とは?

関連ニュース

探求型授業・英語漬け生活… 自然だけじゃない山村留学 - 05月30日(火)06:00 

 全国トップレベルの授業を受けたり、英語漬けの生活を送ったりしてみませんか――。「豊かな自然に囲まれて学ぶ」が売りだった山村留学に、変化が起きている。地方で少子化が進む中、交流人口の増加や、子育て世代…
カテゴリー:

ジェットスター・ジャパン、中部国際空港を拠点化 来春を目処 - 05月24日(水)14:38 

ジェットスター・ジャパンは、2018年春を目処に中部国際空港を拠点化すると発表した。 ジェットスター・ジャパンによる拠点の開設は、成田国際空港、関西国際空港に次いで3空港目。3大都市全てに拠点を設ける唯一の格安航空会社(LCC)となる。路線拡充のほか、利便性や運航品質の向上を目指す。 ジェットスター・ジャパンの片岡優代表取締役会長は、「このたび中部国際空港の拠点化の決定に至りましたのも、関係各署からのご支援の賜物であり、心よりお礼申し上げます。ジェットスター・ジャパンは、安全運航を最優先に今後も低価格運賃を常に提供していくと同時に、中部地域のお客様に利便性の高いサービスを充実させてまいります。今後関係各署との連携をますます強化し、交流人口の増加ひいては中部経済圏の発展にさらに貢献する所存です。」とコメントしている。 中部国際空港の友添雅直代表取締役社長は、「このたびは、ジェットスター・ジャパンの新たな拠点としてセントレアをご活用いただけることを決定いただき、大変嬉しく思っており、心より歓迎いたします。今回の拠点化は、セントレアや中部地域の発展に大きな弾みとなるものであり、この地域の多くのお客様にとってさらに便利にご利用いただけるものと期待しております。引き続き、地域の関係者の皆様と連携して、需要の拡大に努めていく所存でございます。」とコメントしている。 ジェットスター・ジャパンは、...more
カテゴリー:

交流人口拡大へ事業計画を決定 県MICE誘致推進協 - 05月19日(金)09:27 

MICE(国際会議や学会など)の誘致による交流人口の拡大について協議する「県MICE誘致推進協議会」が18日、県庁であり、本年度の事業計画として、影響力のある「キーパーソン」の視察招待や、県民の機運醸…
カテゴリー:

ジェットスター、中部空港を拠点化へ--国内三拠点体制、28機へ機材増加 - 05月24日(水)15:41 

LCCのジェットスター・ジャパンは5月24日、2018年春をめどに、中部国際空港に成田国際空港、関西国際空港に次ぐ拠点を開設することを発表。同社は今後28機まで機材を増やす計画を立てており、国内の三拠点体制により運航品質を強化する。 同社は中部国際空港に拠点を開設することで、新規路線の開設や増便などによる路線網の拡充が可能となり、フライトの選択肢を広げ利便性を向上させる。同空港には整備施設を配置することでイレギュラー運航時における対応も強化し、運航品質の向上を図る。 2013年3月、中部=新千歳/福岡線から始まったジェットスターの中部線は丸4年が経過し、現在、中部国際空港を発着する便は国内4路線、国際2路線に拡大。同空港からの内際両路線を運航する唯一のLCCとなっている。中部国際空港の拠点開設後、同社は日本の三大都市(東京、大阪、名古屋)の空港に拠点を置く唯一のLCCとなる。 中部国際空港のある中部地域は地域一体で「昇龍道プロジェクト」を推進しており、豊かな自然に囲まれながら三大都市のひとつである名古屋市を中心とし、伊勢神宮、伊勢志摩国立公園、白川郷、飛騨・高山などの世界遺産や歴史的建造物、風光明媚な観光地が数多く存在している。新たな商業施設や今年開業したテーマパークなどのアトラクションと、歴史的文化財や伝統が融合するほか、旅行者をひきつける「名古屋めし」などのグルメもあり、...more
カテゴリー:

酒造り題材にフリーマガジン発行 - 05月21日(日)06:05 

南部杜氏(とうじ)の里として知られる岩手県紫波町が、日本酒などの酒産業を通じて町の魅力を全国に発信しようと、フリーマガジン「ツギヒト」を発行した。酒造りを足掛かりに交流人口の増加や移住定住の促進、後継
カテゴリー:

「交流人口」の画像

もっと見る

「交流人口」の動画

Wikipedia

交流人口(こうりゅうじんこう)とは、その地域に訪れる(交流する)人のこと。その地域に住んでいる人、つまり「定住人口」(又は居住者・居住人口)に対する概念である。

その地域を訪れる目的としては、通勤・通学、買い物、文化鑑賞・創造、学習、習い事、スポーツ観光、レジャー、アミューズメントなど、特に内容を問わないのが一般的である。

過去には、人口の多寡が都市の格・ステイタスとほぼ同義であり、人口は増えるものという観念が支配的で、人口増を図ることが行政の目標とされた。このため、市町村の総合振興計画等において示す将来人口も、人口増目標を掲げるのが一般的であった。

しかしながら、少子高齢化が一段と進み、「定住人口」の増加を追い求めることは、特に地方都市においては困難となりつつある。 日本の国全体の人口がピークとなった2006年以降には、全国のほとんどの地方都市が人口減となる。少子化で若者の数が減っていく半面、行動範囲が狭くなりがちな高齢者の割合が一段と高まり、都市の「活力」が減退していくことが懸念されている。

このため、「定住人口」ではなく、交流人口を増やすことによって、地域の活力を高めていこうという意識が一般化しつつある。既に一部では「集客都市」を目標に掲げる都市ももみられる。

もともと都市とは不特定多数の人々が集う場であり、集積に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる