「交流人口」とは?

関連ニュース

訪日外国人の旅行ニーズ「体験型観光」に応えたモニターツアーを開催 ~撮影した360°動画を海外へ幅広く配信し、体験型コンテンツも販売~ - 04月18日(火)15:00 

[株式会社リクルートライフスタイル] 林中央金庫(JAバンク)、株式会社ABC Cooking Studio、株式会社リクルートライフスタイル、株式会社農協観光の4社は、地方交流人口の増加による地域活性化と、日本食の魅力発信による輸出拡大を目指し、国内外の...
in English
カテゴリー:

「交流人口」の画像

もっと見る

「交流人口」の動画

Wikipedia

交流人口(こうりゅうじんこう)とは、その地域に訪れる(交流する)人のこと。その地域に住んでいる人、つまり「定住人口」(又は居住者・居住人口)に対する概念である。

その地域を訪れる目的としては、通勤・通学、買い物、文化鑑賞・創造、学習、習い事、スポーツ観光、レジャー、アミューズメントなど、特に内容を問わないのが一般的である。

過去には、人口の多寡が都市の格・ステイタスとほぼ同義であり、人口は増えるものという観念が支配的で、人口増を図ることが行政の目標とされた。このため、市町村の総合振興計画等において示す将来人口も、人口増目標を掲げるのが一般的であった。

しかしながら、少子高齢化が一段と進み、「定住人口」の増加を追い求めることは、特に地方都市においては困難となりつつある。 日本の国全体の人口がピークとなった2006年以降には、全国のほとんどの地方都市が人口減となる。少子化で若者の数が減っていく半面、行動範囲が狭くなりがちな高齢者の割合が一段と高まり、都市の「活力」が減退していくことが懸念されている。

このため、「定住人口」ではなく、交流人口を増やすことによって、地域の活力を高めていこうという意識が一般化しつつある。既に一部では「集客都市」を目標に掲げる都市ももみられる。

もともと都市とは不特定多数の人々が集う場であり、集積に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる