「井浦新」とは?

関連ニュース

「ニワトリ★スター」Blu-ray&DVD8月2日(木)発売決定!井浦新×成田凌による“ギザギザ傷だらけ大人のファンタジー” - 05月18日(金)11:30 

[株式会社ハピネット] [画像1: https://prtimes.jp/i/31422/45/resize/d31422-45-887364-1.jpg ] 井浦新と成田凌が未だかつて見たことのない新境地へ全力で挑んだことで話題となった「ニワトリ★スター」のBlu-ray&DVDが8月2日(木)...
カテゴリー:

若松プロ再始動『止められるか、俺たちを』で、活気あふれる日本映画が蘇る! - 05月16日(水)12:00 

現在大ヒット公開中の『孤狼の血』など数多くの話題作を手がける白石和彌監督が、自身が所属していた若松プロダクションと師である若松孝二監督の若かりし日を描き出した『止められるか、俺たちを』(秋公開)。このたび本作から疾走感あふれる特報映像と場面写真が到着した。 【写真を見る】井浦新が伝説の映画監督・若松孝二を熱演!/[c]2018 若松プロダクション 2012年10月17日に交通事故によってこの世を去った若松孝二監督。それから6年の歳月が流れ、若松プロダクションの映画製作再始動の第1弾となる本作は、1969年を舞台に若松プロダクションの門を叩いた少女の目を通して、映画や政治、そして青春が駆け抜けていく一瞬を切り取る“生”のグラフィティ。 劇中で若かりし日の若松を演じるのはTBS系列で放送された連続ドラマ「アンナチュラル」での好演も記憶に新しい井浦新。若松組の常連俳優として晩年の作品に相次いで出演した彼が、最も脂が乗った時代を演じきる。そして「何者かになること」を夢見て若松プロダクションの扉を叩く吉積めぐみ役を『サニー/32』(18)で白石とタッグを組んだ門脇麦が演じる。 このたび到着した特報では、海辺でスタートの掛け声をかける若松孝二の横で、まっすぐな目でカメラの先を見つめる助監督のめぐみを捉えた撮影風景から幕を開ける。そして足立正生や沖島勲、秋山道男や小水一男といったのちに映画界を席...more
カテゴリー:

若松孝二の情熱がほとばしる!門脇麦×井浦新「止められるか、俺たちを」特報完成 - 05月16日(水)05:00 

白石和彌監督がメガホンをとり、主演・門脇麦、共演に井浦新を配して製作された「止められるか、俺たちを」の特報映像と劇中カットが、このほどお披露目された。本作は、2012年10月17日に若松孝二監督...
カテゴリー:

若松孝二の情熱がほとばしる!門脇麦×井浦新「止められるか、俺たちを」特報完成 - 05月16日(水)05:00 

 白石和彌監督がメガホンをとり、主演・門脇麦、共演に井浦新を配して製作された「止められるか、俺たちを」の特報映像と劇中カットが、このほどお披露目された。 ・【動画】「止められるか、俺たちを」特報  本作は、2012年10月17日に若松孝二監督が死去してから約5年半、若松プロダクション再始動の第1弾として製作。1969年、「何者かになること」を夢見て、若松プロダクションの門を叩いた助監督・吉積めぐみ(門脇)の眼差しを通し、「ここではないどこか」を探し続けた映画人たちの怒涛の生きざまを描く。若松プロ出身の白石監督は「あの時代に強い衝動で社会と観客に刃を突きつけていた若松監督の映画作りは、映画を作っている僕たちだけでなく、現在の社会が失ってしまったモノが何かを知るヒントになると思いました」と本作への思いを吐露している。  特報は、海辺でスタートの掛け声をかける若松孝二(井浦)の横で、まっすぐな目でカメラの先を見つめる助監督・めぐみの姿をとらえた撮影風景から始まる。映画が時代と共に全力で駆け抜けていた1960年代末、若松の映画製作にかける情熱が「俺はブチ壊したい、クソみたいな映画界も全部」というセリフからほとばしり、撮影では被写体となった女性から「若松孝二に殺される!」という衝撃的な発言が飛び出す。映像にも登場する劇中カットは、クランクアップ時の集合写真と、1969年当時に撮影された...more
カテゴリー:

大森立嗣監督、オリジナル最新作製作決定!主演俳優オーディション開催 - 05月14日(月)17:00 

 「ゲルマニウムの夜」で映画監督デビューし、瑛太&松田龍平主演「まほろ駅前」シリーズなどでも知られる大森立嗣監督が、自身のオリジナル脚本による最新作を製作することが発表された。これにあわせ、主演俳優を選出するオーディションが開催される。  タイトル未定の最新作は、大森監督が脚本を10年以上あたためてきた渾身の企画。物語の詳細は明らかにされていないが、10代の少年を主人公にした、過激でセンセーショナルな作品になる予定だ。  大森監督は、製作にあたり「デビューしてから15年、10本の映画を作ることができました(未発表の作品が1本あります)。節目の10本です。長かったような、短かったような、たかが映画、されど映画、そんな気分です。そして次の1本は、映画を作りはじめた頃のように初々しく、清々しく、映画を作りたい! 主人公は少年です。見るものすべてが、新鮮で、恐ろしくて、美しい、そんな少年です。そんな少年と世界を共に見つめられたら、なんて素晴らしいのだろうなと思っています」と、コメントを寄せている。  主演俳優オーディションへは、中学生以上の12~16歳が応募可能。プロダクション所属、演技経験の有無は問わない。応募期間は5月14~31日。詳細は、公式サイト(http://harvest-film.tokyo/omorigumi/)で確認できる。 【作品情報】 ・ゲルマニウムの夜 【...more
カテゴリー:

【ナマポ】生活保護テーマの「健康で文化的な最低限度の生活」ドラマ化、主演は吉岡里帆 - 05月16日(水)13:33  mnewsplus

柏木ハルコ「健康で文化的な最低限度の生活」の連続テレビドラマ化が決定。カンテレ・フジテレビ系にて、7月より火曜21時に放送される。 「健康で文化的な最低限度の生活」は、週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)にて連載中の生活保護を題材とした作品。単行本は6巻まで発売されており、宝島社の「このマンガがすごい!2015」ではオトコ編の第10位に選ばれた。 ドラマでは、新人ケースワーカーである主人公の義経えみる役を吉岡里帆が担当。吉岡は「今作のテーマは、他人と真剣に向き合うことがどれだけ大変で大切なのかという...
»続きを読む
カテゴリー:

窪塚洋介、愛娘とNYでキメ顔ショットにファン「似てる!!」 - 05月16日(水)11:56 

 俳優の窪塚洋介が15日、自身のインスタグラムを更新し、娘を抱いて撮影した写真を公開した。これに対し、「決まってますね」「似てる!!」「すごく、いい写真」と反響が寄せられている。【写真】そっくり? 窪塚洋介、父娘ショットと、ニューヨーク・ブルックリンでの様子 卍LINEの名でレゲエDJ、空水の名で監督としても活動している窪塚。レゲエダンサーの妻PINKYとの間に生まれた長女・あまとちゃん(漢字表記非公表)は昨年6月に誕生し、彼のインスタグラムにもたびたび登場している。 14日、空港の待合スペースの椅子で撮ったあまとちゃんの写真に「Let’s go to NYC.」とキャプションを添えて更新していた窪塚は、翌日「“We got it!!”」とニューヨーク到着を知らせる投稿。その写真には、正面のカメラを見つめる窪塚の右手に抱かれながら、幼いながらまるで自立精神を表すかのように背筋を延ばし、遠くを見つめるあまとちゃんの姿が。窪塚のファッションと背景の色合い、構図が相まって非常にかっこいい親子ショットとなっている。 これに対しファンは「Welcome to NYC!」「決まってますねあまとちゃん」「何か、二人かっちょよす」「何とも言えないかっこよさ」「すごく、いい写真だね」「cool and cute nice」と反応。 また、「ついこの間まで小さい赤ちゃんだったのに、成長が早いですね~」...more
カテゴリー:

若松孝二の情熱がほとばしる!門脇麦×井浦新「止められるか、俺たちを」特報完成 - 05月16日(水)05:00 

白石和彌監督がメガホンをとり、主演・門脇麦、共演に井浦新を配して製作された「止められるか、俺たちを」の特報映像と劇中カットが、このほどお披露目された。本作は、2012年10月17日に若松孝二監督...
カテゴリー:

大森立嗣監督、最新オリジナル作品製作決定 今を生きる少年たちを描く - 05月14日(月)17:00 

 『まほろ駅前』シリーズなどを手掛けた大森立嗣監督の最新オリジナル作品の製作が決定した。タイトル未定の本作で、今を生きる“少年たち”を描くという大森監督は「映画を作りはじめた頃のように初々しく、清々しく、映画を作りたい!」と意気込みを明かしている。 【写真】大森南朋の兄でもある大森立嗣監督 映画の詳しい内容はまだ明らかにされていないが、かなり過激でセンセーショナルな作品となるようだ。タイトルは未定。本作の主人公の少年役はオーディションで選出するという。応募条件として、年齢は12歳(中学生)~16歳までで、プロダクションへの所属や演技の経験の有無は問わないとのこと。応募締切は、5月31日となっている。なお撮影は、今年の秋を予定している。 大森監督は「デビューしてから15年、10本の映画を作ることができました(未発表の作品が1本あります)。節目の10本です。長かったような、短かったような、たかが映画、されど映画、そんな気分です。そして次の1本は、映画を作りはじめた頃のように初々しく、清々しく、映画を作りたい!」とコメント。「主人公は少年です。見るものすべてが、新鮮で、恐ろしくて、美しい、そんな少年です。そんな少年と世界を共に見つめられたら、なんて素晴らしいのだろうなと思っています」とも話している。 大森監督はこれまでに、社会の底辺で生きる若者3人のロードムービー『ケンタとジュンとカヨち...more
カテゴリー:

【ドラマ】吉岡里帆:フジ系ドラマ初主演 新人ケースワーカー役で「今までと違った新しい挑戦」 - 05月14日(月)05:05  mnewsplus

2018年05月14日 吉岡里帆:フジ系ドラマ初主演 新人ケースワーカー役で「今までと違った新しい挑戦」  女優の吉岡里帆さんが、7月スタートの連続ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)で主演を務めることが14日、明らかになった。吉岡さんがフジテレビ系のドラマに主演するのは初めて。不器用だが情に厚く、ひたむきで一生懸命な性格で、“生活保護受給者”を支援する新人ケースワーカーの義経えみるを演じる吉岡さんは「今までと違った新しい挑戦」と意気込んでいる。吉岡さんのほか、井浦...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「井浦新」の画像

もっと見る

「井浦新」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる