「井上尚弥」とは?

関連ニュース

【ボクシング】[長谷川穂積の拳心論]井上はボクシング界の日本ハム大谷 - 05月22日(月)22:39 

「ボクシング・WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ」(21日、有明コロシアム) ダブル世界戦が行われ、WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(24)=大橋=は同級2位リカルド・ロドリゲス(米国)に3回KO勝ちし、 5度目の防衛に成功した。練習を始めて間もない左構えを見せるなど余裕の圧勝劇。9月に米国進出することを明かした。   ◇  ◇ 【長谷川穂積の拳心論】 「井上尚弥」というボクサーは、ボクシング界の枠を超えた存在になった。ボクシングを知らない人に「スゲーな」と思わせる。 今までこ...
»続きを読む
カテゴリー:

【ボクシング】<フジテレビ>村田諒太の判定負けの世界初挑戦 視聴率17・8%!井上尚弥・八重樫東ダブル世界戦~」は9・7% - 05月22日(月)09:27 

20日にフジテレビで生中継されたボクシングのWBA世界ミドル級王座決定戦「エンダム×村田諒太」の平均視聴率が17・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが22日、分かった。  番組は「ボクシングフェス2017 SUPER 2DAYS 第1夜~村田諒太世界初挑戦~」(後7・00)として放送。  試合は、世界初挑戦したロンドン五輪同級金メダリストの村田諒太(31=帝拳)が、元WBO同級王者アッサン・エンダム(33=フランス)に1―2で判定負け。22年ぶり2人目の日本人ミドル級世界王者、日本...
»続きを読む
カテゴリー:

【ボクシング】井上尚弥、9月アメリカで防衛戦へ - 05月22日(月)00:54 

【ボクシング】井上尚弥、9月アメリカでの防衛戦へ イーファイト 5/21(日) 22:46配信 5度目の防衛戦もKOでクリアーし、いよいよ世界進出が現実味を帯びてきた井上  5月21日(日)東京・有明コロシアムでWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチに臨み、3R1分8秒、KO勝ちで5度目の防衛に成功した井上尚弥(大橋ジム)が、試合後のインタビューに答えた。  ジムの先輩である八重樫東が前の試合でTKO負けを喫し、タイトルを失ったが「自分の試合のことだけを考えて集中しました」と精神的な影響はなかったと井上。 「2Rは相手の...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】井上に完敗のロドリゲス強がる 敗因は「私の不注意」 - 05月21日(日)22:23 

「ボクシング・WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ」(21日、有明コロシアム) ダブル世界戦が開催され、メインイベントではWBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥(24)=大橋=が3回1分8秒KOで、同級2位のリカルド・ロドリゲス(27)=米国=に圧勝し、5度目の防衛に成功した。 井上の次戦は9月に米国で行われることが決定的になった。 3回に左フックで2度倒されてテンカウントを聞いたロドリゲスは「井上はとてもパワフルなボクサー。カウンターもうまい」と王者の印象を語った。 キャリア初のKO...
»続きを読む
カテゴリー:

【ボクシング】WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥がリカルド・ロドリゲスに3回TKO勝利で5度目の防衛に成功★2 - 05月21日(日)21:18 

プロボクシングのダブル世界戦(21日、有明コロシアム)で、WBO世界Sフライ級王者の井上尚弥(24) =大橋=は同級2位の挑戦者、リカルド・ロドリゲス(27)=米国=を3回1分8秒、TKOで破り、5度目の 防衛に成功した。井上は13戦全勝(11KO)で世界戦は3試合連続のKO勝利、ロドリゲスは20戦16勝 (5KO)4敗となった。 1回からスピード抜群の井上のパンチが挑戦者をとらえる。突き刺すような左ジャブから、右ストレートが クリーンにヒット。2回にはサウスポーにスイッチしてパワフルな左スト...
»続きを読む
カテゴリー:

井上がKO勝ちで5度目の防衛、八重樫は王座陥落 - 05月22日(月)09:43 

【5月22日 AFPBB News】ボクシング、WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチが21日、東京で行われ、王者・井上尚弥は挑戦者リカルド・ロドリゲス(米国)を3回TKOで下し、5度目の王座防衛に成功した。≫続きを読む
カテゴリー:

【ボクシング】村田判定負けの世界初挑戦 視聴率17・8% - 05月22日(月)09:27 

 20日にフジテレビで生中継されたボクシングのWBA世界ミドル級王座決定戦「エンダム×村田諒太」の平均視聴率が17・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが22日、分かった。  番組は「ボクシングフェス2017 SUPER 2DAYS 第1夜?村田諒太世界初挑戦?」(後7・00)として放送。  試合は、世界初挑戦したロンドン五輪同級金メダリストの村田諒太(31=帝拳)が、元WBO同級王者アッサン・エンダム(33=フランス)に1―2で判定負け。22年ぶり2人目の日本人ミドル級世界王者、日本...
»続きを読む
カテゴリー:

【ボクシング】WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥がリカルド・ロドリゲスに3回TKO勝利で5度目の防衛に成功★3 - 05月22日(月)00:11 

プロボクシングのダブル世界戦(21日、有明コロシアム)で、WBO世界Sフライ級王者の井上尚弥(24) =大橋=は同級2位の挑戦者、リカルド・ロドリゲス(27)=米国=を3回1分8秒、TKOで破り、5度目の 防衛に成功した。井上は13戦全勝(11KO)で世界戦は3試合連続のKO勝利、ロドリゲスは20戦16勝 (5KO)4敗となった。 1回からスピード抜群の井上のパンチが挑戦者をとらえる。突き刺すような左ジャブから、右ストレートが クリーンにヒット。2回にはサウスポーにスイッチしてパワフルな左スト...
»続きを読む
カテゴリー:

井上尚、圧勝でV5=八重樫は1回TKO負け-ボクシング世界戦 - 05月21日(日)21:18 

 ボクシングの世界タイトルマッチ12回戦は21日、東京・有明コロシアムで2試合が行われ、世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級はチャンピオンの井上尚弥(大橋)が同級2位のリカルド・ロドリゲス(米国)を3回1分8秒KOで下し、5度目の防衛に成功した。左フックで2度のダウンを奪う圧勝で、戦績を13戦全勝(11KO)とした。ロドリゲスは16勝(5KO)4敗。 国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級王座統一戦では、正規王者の八重樫東(大橋)が暫定王者のミラン・メリンド(フィリピン)に1回2分45秒TKOで敗れ、王座を統一できず3度目の防衛に失敗。3度のダウンを奪われる完敗で、最後は右ストレートであおむけに倒された。八重樫は25勝(13KO)6敗、メリンドは36勝(13KO)2敗。 2012年ロンドン五輪男子バンタム級銅メダルの清水聡(大橋)はノンタイトル8回戦でTKO勝ちし、戦績を3戦全勝(3KO)とした。 日本のジムに所属する現役男子世界王者は11人となった。◇井上尚弥の略歴 井上 尚弥(いのうえ・なおや)12年10月、プロデビュー。13年8月、現WBAライトフライ級王者の田口良一(ワタナベ)を破り、4戦目で日本同級王者に。14年4月、エルナンデス(メキシコ)を下して6戦目でWBC同級王座獲得。同年12月にWBOスーパーフライ級王者のナルバエス(アルゼンチン)を破り、8戦目で2...more
カテゴリー:

井上尚、V5=ボクシング - 05月21日(日)21:14 

WBOスーパーフライ級タイトルマッチ。チャンピオンの井上尚弥が同級2位のリカルド・ロドリゲス(米国)を3回1分8秒KOで下し、5度目の防衛に成功した=21日、東京・有明コロシアム
カテゴリー:

もっと見る

「井上尚弥」の画像

もっと見る

「井上尚弥」の動画

Wikipedia

獲得タイトル

; アマチュア

  • 平成21年度全国高等学校総合体育大会ライトフライ級優勝
  • 第64回国民体育大会ライトフライ級優勝
  • 2010年アジアユース選手権ライトフライ級銅メダル
  • 第21回全国高等学校ボクシング選抜大会兼JOCジュニアオリンピックカップライトフライ級優勝
  • 第65回国民体育大会ライトフライ級優勝
  • 第80回全日本アマチュアボクシング選手権大会ライトフライ級準優勝
  • 2011年インドネシア大統領杯ライトフライ級金メダル
  • 平成23年度全国高等学校総合体育大会ライトフライ級優勝
  • 第81回全日本アマチュアボクシング選手権大会ライトフライ級優勝

; プロ

  • 第36代日本ライトフライ級王座(防衛0=返上)
  • 第33代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王座(防衛0=返上)
  • 第33代WBC世界ライトフライ級王座(防衛1=返上)
  • 第17代WBO世界スーパーフライ級王座(防衛2)
受賞歴
  • プロ・アマチュア年間表彰
    • 2011年アマチュアボクシング部門 新鋭賞
    • 2012年プロボクシング部門 新鋭賞
    • 2014年プロボクシング部門 最優秀選手賞・KO賞
    • 2014年プロボクシング部門 年間最高試合賞(=2014年12月30日 WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ オマール・ナルバエス vs. 井上尚弥)
    • 2015年プロボクシ...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる