「井上尚弥」とは?

関連ニュース

【ボクシング】井上尚弥、山中V13失敗に決意「自分が引っ張る」、WBO世界スーパーフライ級6度目の防衛戦は9/9 - 08月18日(金)16:50  mnewsplus

 ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(24=大橋)が日本ボクシング界のけん引役になる覚悟を示した。17日に横浜市内のジムで、6度目の防衛戦(9月9日、米カリフォルニア州)へ練習を公開。同級7位アントニオ・ニエベス(米国)を迎える米国デビュー戦に「重要な一戦だと理解しています」と口元を引き締めた。  先月長くボクシング界の顔役だった内山、三浦が引退。15日の世界戦では山中が13度目の防衛に失敗した。1つの時代は移り、新世代の若き王者も誕生している。「自分の立ち位置は分かっている。...
»続きを読む
カテゴリー:

夢はアマチュアの頂点!ボクシング界の新生・堤駿斗選手の強さの秘密に迫る - 08月17日(木)22:13 

8月18日放送の『スポーツクロス』(BS朝日、毎週金曜23:24~23:54)は、ボクシング界に現れた新星・堤 駿斗選手(18歳)に密着。習志野高校ボクシング部に所属する堤選手は、まだ高校生ながら、天才ボクサー・井上尚弥もなしえなかった世界ユース制覇など、数々の歴史を塗り替える逸材として注目が集まっている人物だ。判定が多いアマチュアボクシングにおいて、1ラウンドで相手を仕留める圧巻の強さを誇っている。世界基準の強さと言われている彼の活躍の裏には、家族の献身的な支えがあったから。一体それは、どのような支えなのか?番組では、2012年のロンドン五輪で48年ぶりの金メダルを獲得したボクシング村田諒太選手に続き、2020年の東京五輪で金メダルに期待のかかる高校生ボクサー・堤選手の強さの秘密に迫る!また、今回のフィールドキャスター・高柳愛実による部活応援企画「高柳愛実のGO!GO!部活」は、「東京成徳大学高等学校 ラクロス部」の前編で、数多くの日本代表選手を輩出している名門校に潜入取材。東京成徳高校ラクロス部はは、今年の全国中学校高等学校女子ラクロス選手権大会でも優勝し、4度目の日本一に輝いた。その立役者となったのが2年生コンビ、キャプテンの桑木選手とモニカ選手。高速のパス回し、抜群のコンビネーションでゴールを量産し、日本一へと導いた名コンビを直撃取材し、強さの秘密に迫る。 ...more
カテゴリー:

井上尚、海外初戦へ自信=環境面考慮し減量工夫-WBO・Sフライ級 - 08月17日(木)20:20 

 世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級タイトルマッチ(9月9日、米カリフォルニア州カーソン)で6度目の防衛を目指すチャンピオンの井上尚弥(大橋)が17日、横浜市内の所属ジムで練習を公開した。初めて臨む海外での試合に向け、「不安はない」と自信を示した。 井上尚の評価は世界的にも高く、注目の米国進出。陣営は環境の変化に細心の注意を払う。開催地は日本と比べて湿度が低く汗が出にくいため、減量は国内の試合に比べて早く体重を落とし、9月3日の渡米を前に上限まで1キロとするように考えている。 挑戦者で同級7位のアントニオ・ニエベス(米国)について、井上尚は「(相手は)リーチが長いから、角度を変えて攻めるイメージをしている」と印象を話した。この日のミット打ちではフットワークを意識し、左ボディーブローから右アッパーへつなぐ組み立てなどを確認した。 [時事通信社]
カテゴリー:

夢はアマチュアの頂点!ボクシング界の新生・堤駿斗選手の強さの秘密に迫る - 08月18日(金)08:00 

8月18日放送の『スポーツクロス』(BS朝日、毎週金曜23:24~23:54)は、ボクシング界に現れた新星・堤 駿斗選手(18歳)に密着。習志野高校ボクシング部に所属する堤選手は、まだ高校生ながら、天才ボクサー・井上尚弥もなしえなかった世界ユース制覇など、数々の歴史を塗り替える逸材として注目が集まっている人物だ。判定が多いアマチュアボクシングにおいて、1ラウンドで相手を仕留める圧巻の強さを誇っている。世界基準の強さと言われている彼の活躍の裏には、家族の献身的な支えがあったから。一体それは、どのような支えなのか?番組では、2012年のロンドン五輪で48年ぶりの金メダルを獲得したボクシング村田諒太選手に続き、2020年の東京五輪で金メダルに期待のかかる高校生ボクサー・堤選手の強さの秘密に迫る!また、今回のフィールドキャスター・高柳愛実による部活応援企画「高柳愛実のGO!GO!部活」は、「東京成徳大学高等学校 ラクロス部」の前編で、数多くの日本代表選手を輩出している名門校に潜入取材。東京成徳高校ラクロス部はは、今年の全国中学校高等学校女子ラクロス選手権大会でも優勝し、4度目の日本一に輝いた。その立役者となったのが2年生コンビ、キャプテンの桑木選手とモニカ選手。高速のパス回し、抜群のコンビネーションでゴールを量産し、日本一へと導いた名コンビを直撃取材し、強さの秘密に迫る。 ...more
カテゴリー:

井上尚、練習を公開=ボクシング - 08月17日(木)20:34 

世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級タイトルマッチ(9月9日、米カリフォルニア州カーソン)で6度目の防衛を目指すチャンピオンの井上尚弥(右)が17日、横浜市内の所属ジムで練習を公開した。
カテゴリー:

「井上尚弥」の画像

もっと見る

「井上尚弥」の動画

Wikipedia

井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年4月10日 - )は、日本男性プロボクサー神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。ホリプロとマネジメント契約。

第36代日本ライトフライ級王者。第33代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者。第33代WBC世界ライトフライ級王者。第17代WBO世界スーパーフライ級王者。プロ8戦目での2階級制覇は国内最速記録(ワシル・ロマチェンコの世界最速となるプロ7戦目での2階級制覇に次ぐ記録)井上2回KO勝利で世界最速2階級制覇 日刊スポーツ 2014年12月30日。

人物

アマチュア時代は同じく元アマチュア選手の父・真吾が経営していた井上ボクシングジムで練習をしていた。プロ転向に当たり、父はプロでの実績あるジムのトレーナーに息子を預けようとしたが、尚弥本人が「父は塗装業を経営していたのに、...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる