「井上和香」とは?

関連ニュース

マツコ『5時に夢中!』で仕事復帰 - 11月20日(月)17:00 

 三半規管に菌などが入った「めまい症」と診断され入院していたタレントのマツコ・デラックス(45)が20日、月曜コメンテーターを務めるTOKYO MX『5時に夢中!』で仕事復帰を果たした。 【写真】一夜限りのコラボ “マツコ・デラックス withB”を披露  マツコは入院のため、先週の同番組を欠席。16日には事務所のサイトが「現在は体調も良くなり、お仕事を再開させて頂けるまで回復いたしました」と報告していた。 【関連記事】 ダイアモンド☆ユカイ、妻の難病明かす「生きてるうちはオレが守る」 星野源がくも膜下出血で手術 活動休止も術後は「良好」 テレ東・大橋未歩アナ、脳梗塞の一部始終を初告白「死ぬかもという怖さあった」 井上和香、入院は胆のう摘出手術だった ブログで説明「ご心配おかけしました」 (17年09月19日) 自転車転倒事故の滝川英治、脊髄損傷で治療に専念 10月の舞台は降板 (17年09月18日)
カテゴリー:

白城あやか 夫・中山秀征が突然保湿ケアに目覚めたことを暴露、パック中のお茶目な一枚公開 - 11月16日(木)14:08 

元宝塚歌劇団の白城あやかが15日に自身のアメブロを更新、夫でタレントの中山秀征のお茶目な写真を公開している。 「何を 勘違いしたか 保湿保湿って 騒ぎ出した 私の ベストパートナー」というコメントと共に公開したのは、中山が真っ黒のパックをし、ぶりっ子ポーズのような格好をしている姿。その姿を見た白城は、「あれ? ピングー」と反応、黒い顔にちょこんとした目や口が印象的なキャラクター・ピングーのようだといいながらも、「笑笑笑」「ピングー ゴメンネ」と謝っている。 中山・白城夫妻は、今年度の「いい夫婦の日 パートナー・オブ・ザ・イヤー」に選出。この賞は、「いい夫婦の日」をすすめる会が、毎年、一般応募のアンケートと社会背景を基にして理想の有名人夫婦を発表しているもの。19回目の今年は、「区切りとなる結婚年数を迎えられたご夫婦のお祝い」がテーマで、結婚20周年の中山・白城夫妻、そして結婚50周年の西川きよし・西川ヘレン夫妻が選出された。 白城は、中山の好きなところは、「子供命、野球命なところ。」で、生まれ変わったら「結婚はせず、娘に生まれたいです。絶対怒らないから。」とコメント。また、同賞の受賞については、ブログで「なんて 有難く嬉しいコトでしょう」「皆様に感謝して これからも 夫婦仲良く 子育て頑張ります」と感謝をつづっていた。 【関連記事】 ・「どうした」(白城あやかオフィシャルブ...more
カテゴリー:

ミス・インターナショナル日本代表、筒井菜月 5位入賞を報告「皆様のお力があってこそ」 - 11月16日(木)13:16 

社会起業家やモデルとして活動し、今年度ミス・インターナショナル日本代表に選出された筒井菜月が15日に自身のInstagramとアメブロを更新、出場した2017年度ミス・インターナショナル世界大会で第5位に入賞したことを報告した。 筒井は、「ミスインターナショナル2017にて、5位に選出頂きました」と喜びたっぷりに報告すると、「この結果は応援して下さっている皆様のお力があってこそです 本当にありがとうございます」と深い感謝の気持ちをつづった。 ファンからは「すごい!!!!おめでとう!!!!!!!」「これからも応援します」「同じ日本人としてうれしく思います。そして、感動と希望をありがとう!」などの祝福の声のほか、「Congratulation miss japan」など世界各国から英語でのメッセージも多数。 今年度の世界大会で優勝を果たしたのはインドネシア代表のケビン・リリアナさん。次いでキュラソー島代表、ベネズエラ代表、オーストラリア代表が選ばれ、第5位に筒井がランクインした。 なおこれまでの日本人最高位は2012年に優勝した吉松育美。吉松は現在モデルや女優として活躍している。 【関連記事】 ・「Thank you so much everyone I'm 4th runner u...」(筒井菜月オフィシャルブログ) ・井上和香、片頭痛の投稿がニュースになり驚き「たかが...more
カテゴリー:

井上和香、片頭痛の投稿がニュースになり驚き「たかが頭痛されど頭痛」 - 11月15日(水)16:55 

女優でタレントの井上和香が15日アメブロを更新。断続的な片頭痛に悩まされ頭痛外来へ向かう考えであることを報告した14日の投稿がニュース記事になっていることへの驚きと、心配のコメントへの感謝をつづった。 「私の片頭痛の話がニュースになっててビックリ!?な朝でした。たくさんの方からのコメントありがとうございます 片頭痛の方、沢山いらっしゃるんですね」と始めた井上は「片頭痛かと思ったら、首だったり、歯だったり、脳だったりと、頭痛っていろんなことが考えられるものなんですね」とつづった。 続けて「昔、結婚する前の話ですが、その頃からよく頭痛に悩まされてて、痛み止めを常に飲んでた状態でした。 でも、妊娠してから痛み止めを飲まない生活が始まり、最初は不安だったんですが気付けば3年近く痛み止めを飲んでなかった!久しぶりに飲んだのがこの間の入院の時です」と明かした。 頭痛外来については「まさかの半月以上待ちでした…それだけ、頭痛で悩んでる方が多いんだなと驚きました」と報告し「予約なしでも大丈夫と言うことなので、朝イチで行ける日に頑張って行ってみようと思います」と「たかが頭痛されど頭痛 と、誰かがコメントに書いてくださってましたが、確かにそうですね 必ず病院行きます!」とつづった。 保育園でも「ママさんから大丈夫?と声をかけてもらいました皆さんにご心配おかけしてすみません。そして、ありがとうご...more
カテゴリー:

加藤一二三、仕事に復帰 胆石性急性胆のう炎で入院 - 11月11日(土)22:06 

 胆石性急性胆のう炎と診断され、入院していた元将棋士・加藤一二三(77)が11日、テレビ収録で仕事復帰した。 【写真】将棋盤の前でにっこり微笑む加藤一二三九段 【関連記事】 【写真】可愛い!藤井聡太四段の幼少期は… 加藤一二三、テレビCM初出演 嵐・相葉と年賀状の「顔」に (17年10月26日) 加藤一二三九段、現役引退に「幸せな棋士人生」 “感想戦なし”ネットで反響 (17年06月20日) 出川哲朗、急性胆管炎で入院「めちゃめちゃ痛い」 (17年09月10日) 井上和香、入院は胆のう摘出手術だった ブログで説明「ご心配おかけしました」 (17年09月19日)
カテゴリー:

マツコの所属事務所が現状報告「仕事を再開させて頂けるまで回復」 - 11月16日(木)16:59 

 タレントのマツコ・デラックス(45)の所属事務所は16日、公式サイトを通じて「お陰様で現在は体調も良くなり、お仕事を再開させて頂けるまで回復いたしました」と報告した。 【写真】一夜限りのコラボ “マツコ・デラックス withB”を披露 【関連記事】 ダイアモンド☆ユカイ、妻の難病明かす「生きてるうちはオレが守る」 星野源がくも膜下出血で手術 活動休止も術後は「良好」 テレ東・大橋未歩アナ、脳梗塞の一部始終を初告白「死ぬかもという怖さあった」 井上和香、入院は胆のう摘出手術だった ブログで説明「ご心配おかけしました」 (17年09月19日) 自転車転倒事故の滝川英治、脊髄損傷で治療に専念 10月の舞台は降板 (17年09月18日)
カテゴリー:

“モモニンジャー”山谷花純 半年ぶりのグラビアで色気全開、ブログで見せる文才にも注目集まる - 11月16日(木)14:01 

女優の山谷花純が、半年ぶりに『週刊プレイボーイ』のグラビアに登場し、話題になっている。 山谷はそのオフショット集として、下着姿に薄いTシャツを軽く纏って開脚している写真や、お尻を大胆に見せたセクシーな水着姿の写真などをInstagramで公開しており、ファンからも「セクシー過ぎる」「このお尻はヤバいなぁ ドキドキしちゃう」「たまらないです」「鼻血ぴっしゃーだな(笑)」など、興奮気味のコメントが続々と寄せられているところだ。 一方、山谷のアメブロは文章がメインで、何気ない日常をつづった日記であるにも関わらず、その小説風の独特な語り口が特徴的。例えば、「昨日の夜、時計の針が進むのが早いのか遅いのかよく分からない時間を過ごした。 明日が来て欲しいような来て欲しくないような。 なんだかソワソワ。」であったり、「知ってる駅。知ってるホーム。 次来た時は、知らないものなってるかもしれない。 それを考えると少し寂しくなり、その後ちょっとだけ楽しみになる。」などといった具合の詩的な文章が、ファンから人気を博している。 山谷は、2015年から2016年まで放送されていた『手裏剣戦隊ニンニンジャー』でヒロインの「モモニンジャー」役を演じ、ブレイク。その後、今年はドラマ『トットちゃん!』(テレビ朝日系)や舞台 『東京喰種トーキョーグール』などにも出演。ドラマ『水戸黄門』の15日放送回にもいろは役で...more
カテゴリー:

フィフィ ものまねバーでノリノリ、人参くわえる姿公開される - 11月16日(木)13:00 

元祖ヤマンバギャルで、タレントのあぢゃが15日に自身のアメブロを更新、タレントのフィフィと共に六本木の「ものまねエンターテイメントハウスSTAR」を訪れた際の様子をつづっている。 あぢゃは、「やほ 先日、フィフィと六本木にあるモノマネbar【STAR】に行ってきました」と切り出すと、「みんなメッチャ似てた」と出演者らを称賛。 同店では、ショーは1日2回、金土および祝祭日の前日は1日3回行われ、カール北川、コージー富田、沙羅、元木敦士、岡田聖子など、著名なものまねタレントやベテランなども多く出演している。 あぢゃは続いて、豪華なフルーツ盛りにのっていたという飾りの花をくわえたフィフィの写真を公開し、「それ食べ物ぢゃないよ!って言おうとしたけろ、ゴックンしちゃったから黙っといた」という野性的なフィフィのエピソードを披露。更に「だから 人参あげた」というコメントと共にフィフィがノリノリで人参を噛んでいる写真も公開した。 【関連記事】 ・「フィフィとモノマネbarへ」(あぢゃブログ) ・フィフィ公認 ガガの激ヤセ写真に「あ~これ私だわ」 ・フィフィ ガガ風メイク公開で「似すぎ」「完全に一致」の声 ・フィフィ 全力過ぎる男装公開「イケメン」「石油王」の声 ・井上和香、片頭痛の投稿がニュースになり驚き「たかが頭痛されど頭痛」
カテゴリー:

2002年にブーム化した着エロ 現場でのギリギリの攻防戦 - 11月13日(月)23:24  news

「着エロ」という新語が誕生したのは、2002年頃とされる。携帯電話から鳴る「着メロ」をもじり、 「着衣のエロチシズム」を表わす言葉として生まれ、やがて大ブームを巻き起こした。 これを受けて着エロ専門のDVDメーカーも次々と誕生。さる大手メーカーは、忘年会で招待者全員に 「末等でも任天堂WiiかiPod」の豪華なビンゴ大会を振る舞うほど、莫大な利益を上げていた。 決して本人が名乗ったわけではないが、熊田曜子、井上和香、小倉優子、佐藤江梨子、安めぐみ といったトップグラドルまでもが、なぜか着エロのカテゴリー...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】無名グラドル50人のうち「年収300万超え」が7割という謎!! どんな仕事で稼げるの? - 10月29日(日)16:39  mnewsplus

グラビアアイドルがテレビタレントや女優への足がかりとして“良い”お仕事だった時代といえば、1990年代半ば~2000年代前半頃までだろうか。 今では女優として活躍する小池栄子(36)、優香(37)、酒井若菜(37)や井上和香(37)、テレビタレントの地位を確立した眞鍋かをり(37)、 釈由美子(39)、安田美沙子(35)に熊田曜子(35)、売れっ子とは言えないが細々とテレビ出演を続ける多数のグラドル、結婚などで見かけなくなったグラドルも大勢いる。 若槻千夏(33)はグラビアアイドル→テレビタレント→実業家とステップを踏んだ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「井上和香」の画像

もっと見る

「井上和香」の動画

Wikipedia

井上 和香(いのうえ わか、1980年5月13日 - )は、日本の女優、タレント、元グラビアアイドルである。本名非公開。愛称ワカパイ和香ちゃん

東京都出身。インセント所属。日出女子学園高等学校卒業。スリーサイズは、B88cm W60cm H90cm。母親は元女優の嵯峨京子

略歴
  • 芸能事務所「インセント」に応募し、芸能界入りをする。
  • 2002年10月、月刊誌BOMB(学習研究社)にてグラビアデビュー。
  • 2003年、「第41回 ゴールデン・アロー賞 グラフ賞」を受賞。また、「日テレジェニック2003」にも選ばれる。同メンバーでは唯一の二十代かつ最年長だった。
  • 2004年、舞台SAY YOU KIDS〜20th Century BOX〜にて女優デビューを果たし、連続テレビドラマWATER BOYS2や映画猿飛佐助II〜闇の軍団〜にも出演する。
  • 2006年、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる