「井ノ原快彦」とは?

関連ニュース

V6岡田、退学寸前「キスマーク事件」とは - 03月22日(水)17:05 

 3月14日放送の『Good Time Music』(TBS系)にV6がゲストとして登場。そこで岡田准一(36)が、高校時代の驚きのエピソードを語った。  過去の映像やファンの声から、V6の成長と変化をひもとくコーナーで、トークはジャニーズの合宿所の話に。大阪から出てきた岡田はデビュー当時に合宿所で暮らしていたが、メンバー全員が出演していたドラマの撮影が忙しくなった際、合宿所に6人で泊まり込む生活になったことがあったという。  司会の笹川友里アナウンサー(26)が「合宿所の中では岡田さんがいじられ役だったっていう話もありますけど」と聞くと、岡田は「そうですね」と同意。続けて「僕は一番年下でみんな先輩だったんですけど、カミセン部屋っていうのがあったんですよ」と、V6年少組「カミングセンチュリー」の森田剛(38)、三宅健(37)、岡田の部屋があったことを明かした。  さらに岡田は、「高校のときにキスマークつけられて……」と衝撃発言。ミッツ・マングローブ(41)から「誰に?」と聞かれると、「二人です」とカミセンの残り2人、森田と三宅を指差した。  岡田の通っていた高校は恋愛禁止という厳しい校則があったようで、このキスマークが教師に見つかり、退学にまでなりかけたという。井ノ原快彦(40)も、「“なんだこれは!”ってなって、事務所中大騒ぎになった」と振り返っていた。ちなみに長野博(44)は、...more
in English
カテゴリー:

一番人気は?「男性が好きなジャニーズ」ランキング! - 03月20日(月)12:05 

 昨年の12月31日に国民的アイドルグループだったSMAPが解散したことで、今後「どのグループがポスト“SMAP”の座におさまるのか?」と関心を抱いている方も多いのではないでしょうか。“ポストSMAP”ともなれば、知名度はもちろんのこと、幅広い年代からの支持、そして同性である男性からの人気も欠かせない要素です。そこで今回は100人の男性を対象に「あなたが最も好きなジャニーズグループ」を聞いてみました。  見事、第1位に輝いたのは嵐。29%の男性から支持されました。メンバー個々の活躍はもちろんですが、『VS嵐』(フジテレビ系)や『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)といった、メンバー全員で出演する番組も大人気。特にゲストとゲームで対戦する『VS嵐』でのチームプレーを見て、「本当にグループ仲が良さそう」と好印象を持つ視聴者も多いようです。知名度の高さだけでなく、そんな和気あいあいとした雰囲気も人気の理由かもしれません。  第2位にランクインしたのはTOKIOで、24%と嵐に匹敵する支持を集めました。メンバー全員で出演している『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)は、男性からも高い人気を誇るバラエティ番組。メンバーたちのアイドルらしからぬ奮闘ぶりに、ファンになってしまった人も多いはずです。『NHK紅白歌合戦』にもSMAPと並ぶ23回出場しており、“ポストSMAP”の最有力候補と言っても過言...more
in English
カテゴリー:

V6のメンバーが大事にしている思い出の品とは? - 03月18日(土)08:00 

3月15日にニューシングル「Can't Get Enough/ハナヒラケ」をリリースしたV6。6人そろって、発売中の週刊ザテレビジョン第12号に登場。白い衣装に身を包み、白いボールプールに沈みながらの和気あいあいと撮影。V6の近況を聞くべく11問11答を誌面では展開している。 週刊ザテレビジョン第12号は現在発売中! その中で、「大事にしている思い出の品は?」の問いに坂本昌行は「ホームパーティーで使うものは大事にしてるね。例えば土鍋。全部で5個あるんだけど、用途で使い分けてる。男の料理だから、そういうのに凝っちゃうんだよね。舟盛り用の舟も持っていて大事にしてるよ(笑)」、長野博は「世界で戦っているプロのライダーの方たちにもらったバイクのヘルメットはすごく大切にしてます。全部で十何個あるかな。サインを書いてくれたものもあって、たまに手に取ると、これ懐かしいなと思ったりします」、井ノ原快彦は「 30歳のときに父親がくれた俺の名前入りのボールペン。ちょっと太めのやつで、何か契約するときとか、ここぞっていう大事なときに使うようにしてる。普段使いはしてないかな」、森田剛は「特にコレっていうのはないですけど、これまで出演した舞台の台本は全部取ってあります。別に開いてみることはないんですけど、何か捨てられない。やっぱり愛着があるのかもね」、三宅健は「14歳からずっとしてる、シルバーのブレスレット...more
in English
カテゴリー:

船越英一郎「発言に責任を持つ気はありません」 イノッチから生放送司会のアドバイスも!? - 03月17日(金)16:57 

 NHKの情報番組「ごごナマ」取材会が17日、東京都内で行われ、出演者の船越英一郎、美保純、藤井隆、西川きよし、小堺一機、阿部渉アナウンサーが登壇した。 平日午後に約3時間で送る「ごごナマ」は、「オトナの井戸端、作りました」をコンセプトとした生放送番組で、今話題のゲストを招いての本音トークや生活のお得情報を届ける。 美保、阿部アナと共に月曜から木曜の司会を務める船越は「うちのリビングからお届けする、そんな番組にしていきたい。難しい話題はこの時間帯だけは“よその局”にお任せして。のんびりした午後を過ごしたいよね…と思った日にだけ見ていただけたら。力が抜け切った3時間にしていきたい」と意気込みを語った。 本業は俳優だけに「生放送でこういう帯番組をやらせてもらうなんて思ってもいなかった。台本のない生放送は一番苦手なこと」と語った船越。 「うっかり何かを言ってしまうということがあるかもしれない」としつつも「最初に僕は『言っちゃったことは番組が責任を持って謝ってください』『一切、僕は発言に責任を持つ気はありません』と(局側に)お話しております」と明かして、笑いを誘った。 また、同局平日朝の情報番組「あさイチ」で司会を務めるV6井ノ原快彦とはドラマで親子演じて以来、プライベートでも仲が良いという。 船越は「今回このお話を頂いてどうしよう…と思った時に、真っ先に思い浮かんだのが彼だった。そうだ!...more
in English
カテゴリー:

美保純、NHK生放送MCで炎上しま宣言「訓練されたので!」 - 03月17日(金)12:39 

 女優の美保純が17日、東京・NHKの局内で行われた昼の情報番組『ごごナマ』(月~金曜 後1:05~4:00)取材会に出席した。司会・船越英一郎のパートナーとして同局の生放送MCに臨む美保だが、これまでTOKYO MX『5時に夢中!』などでもぶっちゃけキャラを確立してきたが「私、意外と生放送強いなと思います。変なことを言って炎上もしないと思います」と堂々宣言。船越から早速「しますよ!」と厳しいツッコミを受けた。  同番組は約22年の歴史に幕を下ろすトーク番組『スタジオパークからこんにちは』の後番組として4月3日からスタート。「オトナの井戸端、つくりました」をコンセプトに月曜~木曜は、番組の舞台を「船越邸」として船越、美保、阿部渉アナウンサーが旬のゲストを迎えてのトークや生活情報を送る。  「たまに発言がニュースになったりするけど、なにを言ってもゆるされキャラになってる」と謎の自信を持つ美保は「2人(船越、阿部)がついているからいいなって。『ごごナマ』だけど夜勤の人とかにとっては朝なので、そういう方たちにもぼんやりみてもらいたい」と呼びかけた。  自身を「女優なので」と強調する美保は「映画やドラマだとこういうキャラじゃないので私のキャラクターを芸能生活35周年にしてやっとわかってもらえる」と大喜び。「収録だとすごいカットされるので生放送が好き。わかる人にはわかると発信してるのに...more
in English
カテゴリー:

【芸能】「男性が好きなジャニーズグループ」ランキング - 03月20日(月)22:10 

第1位に輝いたのは嵐。29%の男性から支持されました。メンバー個々の活躍はもちろんですが、『VS嵐』(フジテレビ系)や 『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)といった、メンバー全員で出演する番組も大人気。特にゲストとゲームで対戦する『VS嵐』での チームプレーを見て、「本当にグループ仲が良さそう」と好印象を持つ視聴者も多いようです。知名度の高さだけでなく、 そんな和気あいあいとした雰囲気も人気の理由かもしれません。  第2位にランクインしたのはTOKIOで、24%と嵐に匹敵する支持を集めました。 メ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

日テレ「土曜夜9時」伝説の名作ドラマを振り返る - 03月18日(土)12:05 

 1973年から続いている日本テレビ系の“土曜夜9時”枠ドラマ。現在放送中の『スーパーサラリーマン左江内氏』が終了すると、4月から土曜のドラマ枠は午後10時の放送へと移動する。ここでは、40年以上お茶の間を楽しませ、時代を代表する名作を生み出してきた「日テレ土曜夜9時ドラマ」を振り返ってみよう。  まず1980年代を彩った名作といえば『池中玄太80キロ』。このドラマは西田敏行(69)演じる主人公の池中玄太が、男手一つで娘3人を育てるハートフルストーリー。玄太が、血のつながりのない娘たちと試行錯誤しながら心を通わせていく姿に涙する人が続出した。  また1970代後半に大ヒットした『熱中時代』も、第2シリーズは「土曜9時」枠にて放送されている。水谷豊(64)が人間味あふれる教員役を熱演。タイトル通り、熱い心を持って教育現場の困難に立ち向かう姿が感動を呼び、平均視聴率は驚異の27.8%をマークした。まさに伝説のドラマといえるだろう。  さらに90年代、社会に大きな衝撃をもたらしたのが安達祐実(35)主演のドラマ『家なき子』だった。安達が演じたのは、不遇な人生を歩む主人公のすず。小学生ながら母親の手術費用を捻出するために悪事に手を染めたり、養父に復讐しようとしたりなど、その衝撃的な内容は視聴者の目をくぎづけに。また、鋭い眼光で「同情するなら、金をくれ!」と叫ぶ安達の迫真の演技は、大ブームに...more
in English
カテゴリー:

『スタジオパーク』22年で幕 大ファン三谷幸喜氏「いいとも終了以上のショック」 - 03月17日(金)17:38 

 NHK総合『スタジオパークからこんにちは』(月~金 後1:05)が17日、最終回を迎え1995年3月の放送開始以来、22年に及ぶ歴史に幕を下ろした。 【写真】4月からNHK『ごごナマ』のMCを担当する船越英一郎&美保純  最終回のゲストはこの日で番組出演最多7回となる歌手・加山雄三(73)と、女優の井頭愛海(16)。また、日替わりMCの竹下景子(63)、高畑淳子(62)、清水ミチコ(57)が初めて顔をそろえる貴重な光景も実現した(戸田恵子のみメッセージ出演)。  『スタパ』の大ファンで“自称”最多出演6.5回(0.5回分は観覧席で出演とのこと)の演出家・三谷幸喜氏(55)もVTRでメッセージを寄せた。以前、番組宛にFAXも送っていたことを明かし「『(笑って)いいとも!』が終わった時以上のショックと寂しさがあります。一体何がいけなかったんですか?」とファン目線で終了を惜しんだ。  改めて番組の魅力をきかれると「ぶっちゃけ、番宣番組じゃないですか? それをエンターテインメントに昇華させた点が画期的な発想の転換だった」とその意義を“製作者目線”からも評価していた。  番組終盤では加山が代表曲「海 その愛」をピアノで弾き語り。司会の伊藤雄彦アナウンサー(51)は「22年間ありがとうございました」とあいさつし、視聴者に別れを告げた。 【関連記事】 船越、井ノ原快彦に感化され『...more
in English
カテゴリー:

船越英一郎、生放送司会の依頼受け井ノ原快彦に相談 - 03月17日(金)16:23 

 船越英一郎(56)が17日、都内でNHK新番組「ごごナマ」(4月3日スタート、月~金曜午後1時5分)の会見に出席した。美保純(56)と同番組の司会を務める。2人は生放送の情報番組の司会は初めて。月~木曜を担当する。  船越は依頼を受け…
in English
カテゴリー:

船越、井ノ原快彦に感化され『ごごナマ』MC挑戦「肩を押してくれた一人」 - 03月17日(金)12:23 

 俳優の船越英一郎が17日、東京・NHKの局内で行われた昼の情報番組『ごごナマ』(月~金曜 後1:05~4:00)取材会に出席した。同番組で生放送の情報番組MCに初挑戦する船越だが、同局朝の情報番組『あさイチ』(月~金 前8:15)で司会を務めるV6・井ノ原快彦に「今回、僕の肩を押してくれた一人」と感化されたことを明かした。  かつてドラマで親子役を演じたこともある井ノ原とはプライベートでも自宅に招くほど親交が深いそうで「お話をいただいて真っ先に俳優ですから『どうしよう』となった時に、イノッチはちゃんと『あさイチ』を頑張って俳優の仕事もきちんとやってる。じゃあ大丈夫じゃないかと1番初めに思い浮かんだ」と振り返った。  一方で「よく考えてみると彼は朝だけど僕は真ん中なので、さぁ困ったっていうのを最近やっと気がついた」と不安そうにしながらも、先日も井ノ原と食事をした際には「あれだけずっと生放送を続けてきた彼から根掘り葉掘り聞き出しました。内緒ですけど」と“先輩”からアドバイスを受けたことを明かした。  同番組は約22年の歴史に幕を下ろすトーク番組『スタジオパークからこんにちは』の後番組として4月3日からスタート。「オトナの井戸端、つくりました」をコンセプトに月曜~木曜は、番組の舞台を「船越邸」として船越、美保純、阿部渉アナウンサーが旬のゲストを迎えてのトークや生活情報を送る。 ...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「井ノ原快彦」の画像

もっと見る

「井ノ原快彦」の動画

Wikipedia

人物 性格・特徴
  • 東京都品川区の団地で育つ。嵐主演の映画ピカ☆ンチシリーズは、彼が過ごした団地でのエピソードを描いている。
  • 子供のころ住んでいたのは浅草。親元を離れてからは京急沿線に住んでいた。また、住居には独自のこだわりがあり、独身時代はよく引っ越しをしていた。
  • イクラアレルギー。イクラは好きだが、食べるとじんましんが出るため、1年に一度だけ食べることにしている。
  • メンバーのちょうど間の年齢だったことから、トニセンとカミセンの橋渡し的な役を担っている時期があった。森田曰く、「井ノ原君がいなかったらは成り立ってなかった」。
趣味・特技
  • デビュー直前の頃は、大友克洋原作のアニメ映画AKIRAのファンであった。
  • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる