「五十嵐」とは?

関連ニュース

「ババアのくせによくやるよね?」という若さの呪いに囚われたカフェの会話が話題に! 「自分たちもそのババアになるのに」「年齢どうでもよくなる」 - 12月14日(木)08:00 

大ヒットした海野つなみさん原作のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で、主人公森山みくりの叔母・土屋百合が「ポジティブモンスター」こと五十嵐杏奈と対決する場面で、若さについて「私たちの周りにはたくさんの呪いがあるの。自分で自分に呪いをかけないで」という名言が多くの人の心を打ちましたが、やはり年齢を重ねてみないとその“呪い”はわからないもの。 ある『Twitter』ユーザーがカフェで聞いたという女子の会話をツイートして話題となっていました。 「つうかあの年でBA無理でしょ」「保育士も30超えたらきつくない?笑」「ババアだからさもう」「ババアのくせによくやるよね?」カフェで女の子3人組が未来の自分たちに呪いをかけていた。きっと誰かや何かから受けてきた呪いだと思うけど、それを復唱し、複数で確認し合い、呪いをさらに強くしていた このツイートには、「自分たちもそのババアになるのに」「10年とかあっという間だぞ」という反応があったほか、「彼女たちも世間の呪いの被害者」という意見もありました。 別のユーザーからは、こんなツイートも。 10年前の私です。 雑誌やテレビ、周りからそう言われて、あなたは若いから価値あるって言われて。今思えばどんな価値だよと。 呪いを軽率に自分にかけました。 28前後で呪いが効いてきて一時期死にそうになりましたよ。 30超えた今はそれが呪いだったと理解していますがね。 ...more
カテゴリー:

筑波大×河合塾、学問について語る「学問本オーサービジット」高校生募集 - 12月12日(火)10:15 

 河合塾が運営する高校生応援Webサイト「みらいぶプラス」と筑波大学人文社会系は、高校生と学問について語り合う「学問本オーサービジット」の2017年度参加希望者を募集している。対象は高校生で3~8名程度のグループを募集。費用は筑波大学が負担する。 「学問本オーサービジット」は、筑波大学人文社会系の教員が執筆したさまざまな学問の本について、本の著者(オーサー)が、高校の図書室などを訪問(ビジット)して高校生と学問について語り合う企画。出前授業とは異なり、事前に読了した本を通して自由に意見を交わすことで、受験などでは出会えない学問のワクワク感を知ってもらうことが目的。 2017年度の対象書籍と著者は、人文系では青木三郎氏「ことばのエクササイズ」、五十嵐沙千子氏「他者性の時代~モダニズムの彼方へ」、佐藤吉幸氏「脱原発の哲学」など8冊。社会系では近藤康史氏「社会民主主義は生き残れるか:政党組織の条件」、竹中佳彦氏「徹底検証 日本の右傾化」、土井隆義氏「つながりを煽られる子どもたち―ネット依存といじめ問題を考える」など8冊。本と講師の一覧は、みらいぶプラスのWebサイトで見ることができる。 募集対象は、部活・クラスのメンバーや気の合う仲間同士などの高校生グループ。人数に制限はないが3~8名程度が適しているという。実施期間は、2017年11月下旬から2018年2月の間で、具体的な日時は著者と応...more
カテゴリー:

元米海軍×元空自──複座戦闘機乗りの『トップガン』対談「特に危ないと感じた場面は…」【後編】 - 12月10日(日)15:00 

1980年代に日米で大ヒットしたトム・クルーズ主演の戦闘機映画『トップガン』の続編が、2019年に全米公開――。 そんなニュースにファンが狂喜するなか、同映画で大活躍した米海軍の複座型戦闘機F-14トムキャットの空戦シーンの演出に協力し、自らも出演していたレーダー迎撃士官デイブ・バラネック氏(タックネーム“バイオ”)が、新著『F-14トップガンデイズ』(並木書房)を引っ提げて来日した。 現在世界最強といわれる米空軍のF-22や、航空自衛隊も導入する最新鋭戦闘機F-35など、昨今ではパイロット1名だけの単座機が主流だ。しかしその一方で、前席にパイロット、後席にレーダー迎撃士官(RIO)などを乗せる複座機にも独特の魅力があり、ファンも多い。 そこで前編に続き、バイオ氏をスクランブルで迎え撃つのは、空自で複座機F-4ファントムのパイロットを長年務めた杉山政樹・元松島基地司令(タックネーム“キッド”)。前代未聞の“地上複座対談”、発進! * * * ―現在、日本は北朝鮮ミサイルの脅威に直面しています。 B 弾道ミサイルの落下速度は、戦闘機のレーダーで探知できる速度を超えています。空自のF-15で対処するのは難しいでしょう。 ...more
カテゴリー:

現代の魔法使い落合陽一×きゅんくん「役に立たないロボットを作り続けるために必要なこと」 - 12月10日(日)11:00 

『情熱大陸』出演で話題沸騰、“現代の魔法使い”落合陽一が主宰する「未来教室」。『週刊プレイボーイ』で短期集中連載中、最先端の異才が集う筑波大学の最強講義を、前編記事に続き独占公開! ロボティクスファッションクリエイターのきゅんくんは現在23歳。これまでにこの「コンテンツ応用論」に登壇したゲストの中でも最年少だ。大学を中退し、メカエンジニアとして働きながらクリエイター活動を続けている。 彼女が製作するウェアラブルロボット『METCALF(メカフ)』シリーズは、AKB48の単独講演で使われたり、世界最大規模のクリエイティブ・フェスティバル「SXSW(サウスバイサウスウエスト)」のDMM.makeAkibaブースに展示されるなど、新しい「ファッション」として注目を集めている。 きゅんくんが手がけるロボットの特徴は、ズバリ「役に立たない」こと。ふつうロボットに期待される有用性とは離れたところで、彼女の創意は光る。 * * * きゅんくん 「ロボット」とか「ウェアラブル」っていうバズワードについてはよく考えますね。ロボットは今まさにバズワードになってる状態だと思うし、意味が広すぎてなんでもロボットって言えちゃうから、これからバズが落ち着いたり沈んだりした時に自分は...more
カテゴリー:

現代の魔法使い落合陽一×きゅんくん「なぜ人の役に立たない、ファッションとしてのロボットを作るのか」 - 12月09日(土)10:00 

『情熱大陸』出演で話題沸騰、“現代の魔法使い”落合陽一が主宰する「未来教室」。『週刊プレイボーイ』で短期集中連載中、最先端の異才が集う筑波大学の最強講義を独占公開! ロボティクスファッションクリエイターのきゅんくんは現在23歳。これまでにこの「コンテンツ応用論」に登壇したゲストの中でも最年少だ。大学を中退し、メカエンジニアとして働きながらクリエイター活動を続けている。 彼女が製作するウェアラブルロボット『METCALF(メカフ)』シリーズは、AKB48の単独講演で使われたり、世界最大規模のクリエイティブ・フェスティバル「SXSW(サウスバイサウスウエスト)」のDMM.makeAkibaブースに展示されるなど、新しい「ファッション」として注目を集めている。 きゅんくんが手がけるロボットの特徴は、ズバリ「役に立たない」こと。ふつうロボットに期待される有用性とは離れたところで、彼女の創意は光る。 * * * きゅんくん 私がロボットの開発者になろうと決めたのは小学生の頃です。小さいころから「ロボットコンテスト」のロボットに憧れていました。企業がつくるきっちりしたものよりも、学生がつくるような、板金を加工したちょっと粗削りなロボットのほうが自分は好きだなと思って...more
カテゴリー:

デジタルヘルス学会主催『第1回デジタルヘルス学会学術大会』をデジタルハリウッド大学大学院で12月19日開催 - 12月13日(水)12:08 

[デジタルハリウッド株式会社]  日本初の株式会社による専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院では、本学修了生の株式会社ホスピタリティ・ワン代表取締役/看護師の 高丸慶氏(12期生)と、本学校医兼特任准教授の五十嵐健祐医師、本学...
カテゴリー:

五十嵐雅の初高座はまるで応援上映!?——弱点を魅力に変えた落語の魅力「声優落語天狗連 第十三回」レポート - 12月11日(月)17:00 

2017年11月26日(日)、東京・浅草の東洋館にて「声優落語天狗連 第十三回」が開催されました。 はじめて落語に挑戦する五十嵐雅さん テレビアニメ「昭和元禄落語心中」とのコラボレーションからはじまったこのイベントもついに約2年、第13回を数えるまでに。声優による「声優落語チャレンジ」はもちろん、話題の噺家による口演は回を重ねるごとにファンを増やし、毎回イベントが楽しみだというファンも多数来場しています。 イベントは、発起人である、アニメが好きで落語も好きなニッポン放送アナウンサー 吉田尚記さんと、お笑い芸人であり国語学者のサンキュータツオさんによる、恒例の落語トークからスタート。今回、「新作落語しかやらない」という瀧川鯉八さんが高座に上がることについて、サンキュータツオさんは、「約2年を迎え、落語の最先端を走っている才能をぜひみてもらいたかった」と語りました。 そして話が、古典落語と新作落語の違いに及ぶと、まず古典落語と新作落語の定義について、1900年に亡くなった三遊亭圓朝までを古典、それ以降は新作と分けられ、さらに作った人以外がやることで古典落語になると説明。そして、今でこそ三遊亭圓朝の落語は、古典と呼ばれているが、それができた当時は新作以外の何物でもなく、そもそも落語は固定概念を打破しようと急進的な人たちが時代を積み上げてきた演芸。だから新作落語こそ、王道だという考えている...more
カテゴリー:

庵野秀明は『ゴジラ』より『ウルトラマン』を作るべき! 宇野常寛からのメッセージ「あなたはそこから逃げるべきではない」 - 12月10日(日)15:00 

宇野常寛という評論家について、近年はTVコメンテーターという印象を持っている人も多いかもしれない。しかし、本来は『ゼロ年代の想像力』や『リトル・ピープルの時代』といった著作に代表されるようにアニメや特撮、ドラマなどの分析から現在の社会を考察するカルチャー系の論客として知られた人物である。 そんな宇野氏が久しぶりに本格的なサブカルチャー評論『母性のディストピア』を上梓した。宮﨑駿、富野由悠季、押井守といった日本のアニメーションを彩ってきた巨匠たちの作品を通じて、戦後日本の課題を批判的にあぶり出した意欲作だ。 「虚構について語ることでしか表せない真実がある」と信じる彼が本書を通じて今の日本に問いかけたかったものとは何か? 前編(宇野常寛が挑んだ“ふたつの宿題”)に続き、インタビュー後編で論じたのは…。 ■第4の作家・庵野秀明への期待 ―『母性のディストピア』では「第4の作家」として、庵野秀明にも『シン・ゴジラ』を中心に多くの分量を割いて言及されています。一方、同時期に『君の名は。』という空前の大ヒットを生んだ新海誠はあまり評価されていませんね。 宇野 去年ヒットした『君の名は。』と『シン・ゴジラ』を比べた時に『シン・ゴジラ』のほうが批判力のある虚構を提示でき...more
カテゴリー:

サブカル評論の原点に返った宇野常寛が挑んだふたつの宿題ーー思春期体験の中心にいた富野由悠季とは… - 12月09日(土)11:00 

宇野常寛という評論家について、近年はTVコメンテーターという印象を持っている人も多いかもしれない。しかし、本来は『ゼロ年代の想像力』や『リトル・ピープルの時代』といった著作に代表されるようにアニメや特撮、ドラマなどの分析から現在の社会を考察するカルチャー系の論客として知られた人物である。 そんな宇野氏が久しぶりに本格的なサブカルチャー評論『母性のディストピア』を上梓した。宮﨑駿、富野由悠季、押井守といった日本のアニメーションを彩ってきた巨匠たちの作品を通じて、戦後日本の課題を批判的にあぶり出した意欲作だ。 「虚構について語ることでしか表せない真実がある」と信じる彼が本書を通じて今の日本に問いかけたかったものとは何か? インタビューで直撃した。 ■やり残したふたつの「宿題」 ―『母性のディストピア』は宮﨑駿、富野由悠季、押井守というアニメーション作家たちの作家論が中心になっています。なぜ、今のタイミングでこの3人について論じようと? 宇野 『母性のディストピア』は僕にとってふたつの宿題に取り組んだ本なんです。ひとつは個人的な動機です。僕は富野由悠季について書くために物書きになった人間で、一番影響を受けてきました。しかし、その作家としての偉大さがあまり論じら...more
カテゴリー:

怪物清宮選手が道内入り - 12月07日(木)19:45 

「清宮幸太郎選手、今ファンの声援に笑顔で答えながら、北の大地に降り立ちました(五十嵐記者リポート)」「一瞬見れました。若々しい青年で素敵でしたすごくハンサムだった。かわいらしくて強そうで期待が持てそう2017年11月23日(木) 19時00分 更新
カテゴリー:

もっと見る

「五十嵐」の画像

もっと見る

「五十嵐」の動画

Wikipedia

五十嵐いがらしいからしいそあらし

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる