「二階堂ふみ」とは?

関連ニュース

『リバーズ・エッジ』がベルリン映画祭・国際批評家連盟賞受賞! - 02月24日(土)13:07 

岡崎京子の同名人気マンガを、主演に二階堂ふみ、相手役に吉沢亮を迎えて映画化し、本年度のベルリン国際映画祭パノラマ部門のオープニング作品として出品されていた『リバーズ・エッジ』が国際批評家連盟賞を受賞し、現地時間2月23日18時よりその授賞式が行われた。 同賞は、コンペティション、パノラマ、フォーラムの各部門から、それぞれ優れた1作品に贈られる賞で、本作はパノラマ部門48作品の中から選出された。邦画がパノラマ部門で同賞を受賞するのは、2010年の行定勲監督の『パレード』以来。行定監督は本作の監督でもある。 過去のベルリン国際映画祭での国際批評家連盟賞は、黒澤明監督の『隠し砦の三悪人』をはじめ、市川準監督、大林宣彦監督、相米慎二監督、SABU監督、園子温監督ら日本を代表する監督たちが受賞してきた。 そんな由緒ある賞の2度目の受賞という快挙に、行定監督は「まさかの受賞を心から嬉しく思います。私にとっては冒険ともいえる試みを評価してくれたベルリンにまた、背中を押された気持ちです。そして、岡崎京子さんの描いた世界とそのすごさが世界に認められたことを誇りに思います」とコメント。 二階堂と吉沢も、「夢のようです!行定監督、スタッフの方々、そして岡崎先生、小沢健二さま。本当に本当にダンケシェンです!」(二階堂)、「とても光栄です。僕にとって山田という役はとても挑戦的で、この作品で学べたこと...more
カテゴリー:

『科捜研の女』3・22最終回は2時間SP(通算201回目) 中川大志も再登場 - 02月24日(土)10:00 

 テレビ朝日系ドラマ『科捜研の女season 17』(毎週木曜 後8:00)通算201回目の放送は3月22日(後8:00~9:48)、2時間の最終回スペシャルに決定。今シリーズの第1話(2017年10月19日放送)に登場した民間の鑑定人、中川大志演じる江藤壱(はじめ)が再登場することがわかった。 【写真】第1話放送時、白衣姿が凛々しかった中川大志  京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)を中心に、ひと癖もふた癖もある研究員たちが “最新の科学捜査テクニック”を武器に難事件の真相を解明。さらに“豊饒な人間ドラマ”が絡みあうハイクオリティーなミステリーは幅広い層から高い支持を得て、3月15日放送の「第17話」で放送通算200回という金字塔を打ち立てる。  最終回スペシャルには、中川のほかにも、近藤正臣、かたせ梨乃、西岡徳馬らがゲスト出演。最後を飾るにふさわしい重厚な芝居とスリリングな展開、そして「科捜研」ならではの科学捜査と深い人間ドラマが味わえる。  沢口は「半年ぶりに中川大志さんがご出演されます。科捜研メンバー全員大歓迎でお迎えしましたが、中川さんも『前回は科捜研の皆さんと対立した形で終わったので、今回はその関係を修復することができることもうれしい』と喜んでいました。そんな中川さんのご出演シーンも含めみどころがいっぱいです」とコメント。 ...more
カテゴリー:

前田敦子、スーパー家政婦役 アガサ・クリスティの名作ミステリー - 02月24日(土)06:45 

 3月24日・25日、テレビ朝日系で放送される『アガサ・クリスティ 二夜連続ドラマスペシャル』(両日とも後9:00~11:10)。第一夜(24日)『パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~』の主要なキャストが発表された。 【場面写真】『パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~』より  日本版を制作するにあたって、クリスティが生んだ人気キャラクター“ミス・マープル”を、元敏腕刑事にして危機管理のプロである天乃瞳子(あまの・とうこ)として大胆にアレンジ。女優の天海祐希が“和製マープル”を演じる。  並走する列車の車窓から殺人現場を目撃するというドラマチックな幕開けが印象的なアガサ・クリスティの傑作ミステリーをドラマ化。当該列車に死体はなく、天海演じる“和製ミス・マープル”が、“消えた死体”の謎を追う。  車窓から殺人を目撃し、物語のきっかけを作る瞳子の義母・雀(すずめ)を演じるのは、草笛光子。かつてミス・マープル役の吹き替えをしていたことがあり、アガサ・クリスティ作品とは深い“縁”を持つ。天海とは初共演。  瞳子の指示を受け、死体が投げ込まれたと思われる豪邸に潜入するスーパー家政婦・中村彩は、前田敦子が演じる。彼女も天海とは初共演。家事も捜査もそつなくこなし、瞳子の右腕となって事件の謎をひも解いていく女性をはつらつと演じた。前田は「役名に“スーパー”が付いているので、...more
カテゴリー:

「リバーズ・エッジ」が快挙!ベルリン映画祭パノラマ部門で国際批評家連盟賞受賞 - 02月24日(土)05:00 

 岡崎京子氏の人気漫画を二階堂ふみと吉沢亮の共演、行定勲監督のメガホンで実写化した「リバーズ・エッジ」(公開中)が、第68回ベルリン国際映画祭のパノラマ部門で国際批評家連盟賞に輝いた。  国際批評家連盟賞は、世界の映画批評家や映画ジャーナリストで構成される国際映画批評家連盟が、革新性が高いと認めた作品を称えるもの。コンペティション、パノラマ、フォーラムの各部門から、それぞれ優れた1作品に贈られるもので、本作はパノラマ部門48作品の中から選出された。同部門で日本映画が受賞するのは、2010年の行定監督作「パレード」以来、約8年ぶり。なお、フォーラム部門では11年に瀬々敬久監督の「ヘヴンズ ストーリー」、14年に坂本あゆみ監督の「FORMA」が獲得している。  行定監督は、「まさかの受賞を心からうれしく思います。私にとっては冒険ともいえる試みを評価してくれたベルリンにまた、背中を押された気持ちです。そして、岡崎京子さんの描いた世界とそのすごさが世界に認められたことを誇りに思います」と喜びを語っている。  「リバーズ・エッジ」は、空虚な生活を送る女子高生の若草ハルナ(二階堂)やゲイであることから高校になじめず、いじめられる山田一郎(吉沢)らの日常が、河原に放置された“人間の死体”を中心に交錯していく姿を描く。「一週間フレンズ。」の上杉柊平やモデルとしても活躍するSUMIREのほか、...more
カテゴリー:

【ドラマ】探偵物語:テレビドラマとして34年ぶりに映像化 斎藤工、二階堂ふみが主演 ★2 - 02月23日(金)17:52  mnewsplus

2018年02月23日 探偵物語:テレビドラマとして34年ぶりに映像化 斎藤工、二階堂ふみが主演  小説家・赤川次郎さん原作の「探偵物語」(角川文庫)が、テレビドラマとして約34年ぶりに映像化されることが23日、明らかになった。テレビ朝日が4月に新設する日曜午後9時の「日曜プライム」枠の作品第1弾で、ドラマスペシャルとして放送される。ドラマは俳優の斎藤工さんと女優の二階堂ふみさんが主演を務める。  「探偵物語」は、ドジの連続で崖っぷち状態の探偵・辻山秀一と、彼がボディーガード兼監視役を務めるお嬢さま・新井直...
»続きを読む
カテゴリー:

ベルリン国際映画祭でガス・バン・サント新作上映 ホアキン・フェニックスも真摯に応対 - 02月24日(土)13:00 

 現在開催中のベルリン国際映画祭で、ガス・バン・サントの最新作「Don’t worry, he won’t get far on foot」が上映され、大きな称賛を浴びた。 レッドカーペットにはバン・サント監督とともに主演のホアキン・フェニックスが登場し、ファンを喜ばせた。フェニックスが演じるのは、事故により半身麻痺になった漫画家で、2010年に59歳で他界したジョン・キャラハン氏。ジョナ・ヒル、ルーニー・マーラ、ジャック・ブラック、シンガーのベス・ディットー、キム・ゴードンら、この監督らしいユニークなキャストが揃い、癒しと再生の物語を、ときにユーモアを交えながら力強く描く。  会見では、キャラハンと同じポートランドに住むバン・サント監督が、もともと俳優のロビン・ウィリアムスがキャラハン氏の自伝の権利を買い、映画化する予定だったことを明かした。ふだんあまり公式の場で話したがらないフェニックスは、「質問にうまく答えられない」などと照れながらも、真摯に記者の質問に応対。さらにベルリンについて「これまで映画祭は苦手だったけれど、今回ガスがイベントで若い監督たちに接しているのを見て、初めて刺激的だと感じ楽しむことができたよ」と語った。  前半のコンペティション作品で群を抜いて評価が高いのは、オープニングのウェス・アンダーソン監督作「犬ヶ島」と、20世紀ロシアの反体制的な詩人ドブラート...more
カテゴリー:

『相棒』右京×亘の初映画『劇場版IV』3・21テレビ初放送 - 02月24日(土)09:00 

 昨年10月からテレビ朝日系で放送中のドラマ『相棒season16』(毎週水曜 後9:00)の最終回から1週間後の3月21日(後8:00~)、映画『相棒-劇場版IV-首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』がテレビ初放送される。 【場面写真】主要キャストの登場シーン  水谷豊が演じる杉下右京の4代目相棒として、反町隆史が演じる冠城亘が初めてスクリーンに初登場。昨年2月11日に封切られると、全国映画動員ランキングで初登場1位(興行通信社調べ)を獲得し、動員150万人超のヒットを記録した。  本作には、主要キャストが総出演。社美彌子(仲間由紀恵)、甲斐峯秋(石坂浩二)らテレビのレギュラーキャストに加え、元相棒の神戸尊(及川光博)、元鑑識の米沢守(六角精児)といった人気キャラクターも登場。3月14日に最終回を迎える『相棒season16』の余韻が残るタイミングで、衝撃作を楽しむことができる。 【関連記事】 黒木瞳、沢村一樹と初共演 エリザベス・テイラーも演じた“名女優”役 (18年02月24日) 前田敦子、スーパー家政婦役 アガサ・クリスティの名作ミステリー (18年02月24日) 天海祐希、“和製ミス・マープル” アガサ・クリスティ作品初挑戦 (18年02月01日) 赤川次郎氏原作『探偵物語』34年ぶりに斎藤工×二階堂ふみで映像化 (18年02月23日) “9係”...more
カテゴリー:

黒木瞳、沢村一樹と初共演 エリザベス・テイラーも演じた名女優役 - 02月24日(土)06:05 

 3月24日・25日、テレビ朝日系で放送される『アガサ・クリスティ 二夜連続ドラマスペシャル』(両日とも後9:00~11:10)。第二夜(25日)『大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて~』の主要なキャストが発表された。英国生まれの“ミステリーの女王”アガサ・クリスティが1962年に発表した傑作ミステリー『鏡は横にひび割れて』(ハヤカワ文庫)が原作。米ハリウッドで1980年に『クリスタル殺人事件』としてエリザベス・テイラー主演で映画化されたことがあり、彼女が演じた物語の大きな鍵を握る映画界の大物女優、今回のドラマでは綵まど香(いろどり・まどか)役に黒木瞳が配役された。  幕開けは、映画界の大物女優が開いた豪華絢爛なパーティーで起きたひとつの殺人事件。犯人の標的は、その女優だったのではないかと見られる中、第2、第3の殺人が起きていく。犯人の標的はまど香だったのではないかと、真相に迫っていく中、まど香の悲しい過去も次第に明らかになっていく。容疑者だらけで捜査が難航する中、沢村一樹演じる警視庁捜査一課の警部・相国寺竜也が事件の謎を鮮やかに解き明かしていく。  黒木は「エリザベス・テイラーが演じた役だと知ったときは正直、『私には無理じゃないかな』と思ったんです。でも、原作の『鏡は横にひび割れて』は、人間の“情”に訴えかける物語であり、とてもオーソドックスなミステリー。そんな作品の魅力も同時...more
カテゴリー:

「リバーズ・エッジ」が快挙!ベルリン映画祭パノラマ部門で国際批評家連盟賞受賞 - 02月24日(土)05:00 

岡崎京子氏の人気漫画を二階堂ふみと吉沢亮の共演、行定勲監督のメガホンで実写化した「リバーズ・エッジ」(公開中)が、第68回ベルリン国際映画祭のパノラマ部門で国際批評家連盟賞に輝いた。国際批評家連...
カテゴリー:

【テレビ】 テレビ朝日:日曜夜に「日曜プライム」枠を新設 「サンデーステーション」は夕方に移動 - 02月23日(金)14:56  mnewsplus

2018年02月23日 テレビ 「日曜プライム」枠の第1作目として放送されるドラマスペシャル「探偵物語」に出演する二階堂ふみさん(左)と斎藤工さん(C)テレビ朝日 https://mantan-web.jp/article/20180222dog00m200047000c.html  テレビ朝日は、4月から日曜午後9時に「日曜プライム」枠を新設することを23日、発表した。ドラマや映画、バラエティーなどさまざまな番組を放送する予定で、第1弾は斎藤工さんと二階堂ふみさんが主演するドラマスペシャル「探偵物語」となる。  これに伴い、日曜午後9時枠で放送されている情報番組「...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「二階堂ふみ」の画像

もっと見る

「二階堂ふみ」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる