「事業モデル」とは?

関連ニュース

【連載特別企画】事例で学ぶ、 Microsoft Azure活用術 ~クラウド移行編~ 第39回 わずか4か月で事業のクラウドシフトを果たした、エヌワークの挑戦 - 10月18日(水)15:12 

クラウドファーストの波は、もはや流行ではなく、本質的に訪れているといえるでしょう。 こうした時代の変遷を見定め、全国2,000か所を超える店舗、事業所のIT支援実績を持つ株式会社エヌワークでは、従来のオンプレミスを主とした事業モデルのクラウドシフトを検討しています。
カテゴリー:

イオン、過去最高益も本業は赤字。苦戦する小売業に未来はあるか? - 10月10日(火)05:00 

先日、2017年3~8月期連結決算の営業利益が過去最高を記録したと発表したイオン。しかし本業のスーパー部門は赤字、株価も低迷するなどその苦悩は解消されたわけではありません。今回のメルマガ『理央 周 の 売れる仕組み創造ラボ 【Marketing Report】』では著者でMBAホルダーの理央さんが、イオン苦戦の原因を分析するとともに同社が取り組みを開始した「コト消費」について詳しく解説しています。 最高益を更新しながら苦悩するイオンに何を学ぶべきか? 2017年3~8月期連結決算を発表したイオン。過去最高益をマークしたとのこと。しかし、17年10月5日の日本経済新聞の記事には、 営業利益が前年同期比18%増の850億円と、11年ぶりに過去最高を更新した。ただ11年で売上規模は7割増え収益性はむしろ低下、本業のスーパーを中心に停滞感はなお強い。 とある。通期においても、連結での営業利益は過去最高になった。しかし、全体の利益は改善されたものの、自社事業の中心となる、イオンリテールなどを含む、総合スーパーでは104億円の赤字、ダイエーなどの食品スーパーの部門も31%の減益となったとのこと。両部門の不信を、金融、ドラッグストア、不動産で補った。 イオンに限らず、苦戦をする小売業は多い。ITの進化による生活者の購買行動の変化の中、情報量が増え、メディアの細分化が細分化したことによって、欲し...more
カテゴリー:

「自動運転」や「5G(第5世代移動通信)」の普及で 業績の成長が期待できる業種と、その筆頭銘柄とは? 技術革新で躍進する「株価10倍株」を2銘柄紹介! - 最新記事 - 10月06日(金)08:00 

「社会を進化させる技術」の関連株には、「10倍株」が潜んでいる可能性が大! 注目の技術と関連株2銘柄を紹介!発売中のダイヤモンド・ザイ11月号の大特集「今買う10倍株 ベスト67」では、株価10倍も夢じゃない、高い成長力を持った有望銘柄を厳選して取り上げている。特集では、10倍株を輩出しやすいの3つのテーマとして、「私たちの生活を大きく変える技術革新株」「誰にもマネできない事業モデルを持つ株」「成長力大のIPO株」を挙げている。今回はその中から「技術革新株」に関する部分を抜粋。ひと口に技術革新といっても、さまざまな技術があるが、ここでは今特に注目される「自動運転車」「5G」をピックアップ。その有望性について解説するとともに、関連銘柄をそれぞれ1つずつ紹介するので、投資先選びの参考にしてみてほしい!
カテゴリー:

【連載特別企画】事例で学ぶ、 Microsoft Azure活用術 ~クラウド移行編~ 第39回 わずか4か月で事業のクラウドシフトを果たした、エヌワークの挑戦 - 10月18日(水)15:12 

クラウドファーストの波は、もはや流行ではなく、本質的に訪れているといえるでしょう。 こうした時代の変遷を見定め、全国2,000か所を超える店舗、事業所のIT支援実績を持つ株式会社エヌワークでは、従来のオンプレミスを主とした事業モデルのクラウドシフトを検討しています。
カテゴリー:

顧客と一緒に事業モデルを作る「デジマ」、CTCが開設(ニュース) - 10月06日(金)13:29 

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2017年10月6日、顧客のビジネス革新を共同で進める共創に向けた拠点「DEJIMA」を設置すると発表した。イベントやワークショップの開催や、米シリコンバレーの拠点とのオンライン会議などを通じ、顧客の新しい事業モデルとそれを支援するITシステムを共同で検討していく。
カテゴリー:

「事業モデル」の画像

もっと見る

「事業モデル」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT ビジネスモデル...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる