「事業モデル」とは?

関連ニュース

新たな伏兵、スーパーカーEV 創業8年目GLM - 04月19日(水)06:10 

 拡大基調が続く電気自動車(EV)市場に新たな伏兵の登場だ。創業8年目のEVベンチャー、GLM(京都市左京区)で、同社は18日、スーパーカーEV「GLM G4」を2019年に量産化し、EV市場に本格参入すると発表した。同社は自社ブランドの開発・販売にとどまらず、EVの要となる基幹部品の外販という大手では考えられない事業モデルも構築して、市場での存在感を高める考え。
in English
カテゴリー:

【経済】10兆円産業へ攻めの姿勢 ドラッグストアは“健康づくりの拠点”に生まれ変われるか - 03月25日(土)08:49 

 ドラッグストア業界が攻めの姿勢を打ち出した。市場規模は堅調に伸びてきたものの、さらなる飛躍を見据えて、中長期の事業ビジョンを策定。生活者の健康づくりに総合的な貢献ができる存在を目指すとうたった。多様な関係者と連携して店舗の機能を高度化できるか、今後の実効性が試される。  「我々は安さと便利さで大きくなってきたが、それに加えて社会的な機能を打ち立てようじゃないか」。日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)の宗像守事務総長は、こう力を込める。 JACDSによると2016年度の国内ドラッグス...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

“和製テスラ”EV市場に本格参入 ベンチャーのGLMがスーパーカーお披露目 - 04月18日(火)18:27 

 創業7年目の電気自動車(EV)ベンチャーGLM(京都市左京区)は18日、スーパーカーEV「GLM G4」を平成31年に量産化し、EV市場に本格参入すると発表した。同社は自社ブランドの開発・販売にとどまらず、EVの要となる基幹部品の外販という大手では考えられない事業モデルも構築して、市場での存在感を高める考え。拡大基調が続くEV市場に新たな伏兵の登場だ。
in English
カテゴリー:

【物流】宅配料金上げ ヤフーも危機感 アマゾンより深刻か - 03月11日(土)00:00 

宅配の料金値上げや事業モデルの見直しが進むなか、ヤフーや楽天といったネット通販大手が対応に動き始めた。 商品の配達を出店企業に「お任せ」する仮想商店街の両社は、競合する「アマゾン」に比べ値上げの影響が大きくなるとの危機感があるからだ。 出店企業がそのまま転嫁すれば、実質的に商品価格が上がり顧客流出につながる。 「我々にできることのひとつは再配達を減らすことだ」 10日に都内で開かれた講演会でヤフーの… 日経新聞 この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。 http://www.nik...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「事業モデル」の画像

もっと見る

「事業モデル」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT ビジネスモデル...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる