「事業モデル」とは?

関連ニュース

東北を個人旅行(FIT)の聖地に!!東北の今を人が伝える。 仙台育英学園訪日外国人向け学校見学・体験事業 見学会 - 06月19日(月)14:00 

剣道関連サービスを提供する株式会社パークフォーアス(本社:東京都大田区 代表取締役 永松謙使)は、復興庁平成29 年度「新しい東北」交流拡大選定事業である「東北を個人旅行(FIT)の聖地に!! 東北の今を伝える。東北TOMODACHI プロジェクト」において、事業者である近畿日本ツーリスト株式会社(東京都千代田区 代表取締役 社長 :田ヶ原 聡、以下 KNT)と、株式会社近畿日本ツーリスト東北(本社:宮城県仙台市 代表取締役社長:野崎佳政、以下、KNT 東北) と連携し、事業取組の一環として、学校法人仙台育英学園(宮城県仙台市)とともに学校施設を体験の場、 交流の場とした訪日外国人向けツアーを企画し、見学会を下記の通り開催致します。 本企画は、復興庁の「新しい東北」交流拡大モデル事業として、産・学・官連携及び東北への外国人旅行者誘致の新しい事業モデルを構築することを目的にしております。
カテゴリー:

JA全農、コメ全量買い取り21都府県に拡大 販売強化で生産意欲向上 - 06月19日(月)05:00 

 JAグループの商社機能を担う全国農業協同組合連合会(JA全農)が、地域農協を通じて集めているコメの買い取り販売を各地で強化することが、分かった。一部の地域で進めてきた全量の買い取りを21都府県に拡大する方針。農家から手数料を取る委託販売が中心で売れ残りリスクを負わなかった事業モデルを転換し、JA全農の責任で有利な販路を探す。
カテゴリー:

【地方創生】行政情報発信と雇用創出が融合 長崎県壱岐市にてニアショアモデルによるホームページリニューアルを実現 - 06月14日(水)16:00 

株式会社スマートバリュー(本社:大阪市西区、代表取締役社長:渋谷 順)は、ビジョンプランニング株式会社(本社:長崎県壱岐市、代表取締役:三須 久)が運営する地方創生プロジェクト「壱岐アプリ塾」と連携し、長崎県壱岐市の公式ホームページリニューアルを通じた雇用を創出するニアショア事業を実施いたしました。自治体・企業・市民が連携した新たな事業モデルにより、行政情報の発信を実現しています。
カテゴリー:

【IT】富士通社長「IoT、画期的ビジネス生む」 - 05月30日(火)11:54 

デジタル分野の技術や展望を話し合う「世界デジタルサミット2017」(日本経済新聞社・総務省主催)は30日午前、イイノホール(東京・内幸町)で2日目の討議に入った。「IoTが拓くイノベーションと成長」をテーマに議論は進み、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」を使った新サービスの普及が一段と加速するとの指摘が相次いだ  富士通の田中達也社長は講演で「デジタル技術によって、世界が大きく変化しようとしている」と話した。製造業にとどまらず、流通業や交通、金融、公共などあらゆる分野にIoTが浸透しつつあり、...
»続きを読む
カテゴリー:

【This Week】 - 06月19日(月)05:00 

 百貨店大手の三越伊勢丹ホールディングス(HD)が21日、東京都内で定時株主総会を開く。業績悪化を背景に経営体制をめぐる混乱が表面化し、大西洋前社長が任期途中の3月末に引責辞任し、4月1日付で杉江俊彦社長が就いた。総会では石塚邦雄会長の後任に、台湾の関連会社幹部を務める赤松憲氏が就く人事も承認する。社内融和を重視した新体制について株主に説明する方向だ。このほか、採算悪化が目立つ地方店は人気チェーン店の導入も含め事業モデルを改める方針や、秋ごろまでにまとめる人件費の削減に向けた希望退職に関しても言及するとみられる。2017年3月期連結決算は最終利益が前期比43.5%減の149億円と振るわない。
カテゴリー:

【JA全農】コメ全量買い取り21都府県に拡大へ 委託販売から事業モデルを転換 生産者の意欲向上図る - 06月17日(土)21:55 

JA全農コメ全量買い取り拡大へ 21都府県に、生産意欲向上で 共同通信:2017/6/17 17:06 https://this.kiji.is/248720516079977980?c=39546741839462401   JAグループの商社機能を担う全国農業協同組合連合会(JA全農)が、地域農協を通じて集めているコメの買い取り販売を各地で強化することが17日、分かった。 一部の地域で進めてきた全量の買い取りを21都府県に拡大する方針。 農家から手数料を取る委託販売が中心で売れ残りリスクを負わなかった事業モデルを転換し、JA全農の責任で有利な販路を探す。  販売体制を強化し...
»続きを読む
カテゴリー:

【IT】逆転したコピーキャット…「今はアップルが中国企業を模倣」 - 06月13日(火)09:59 

中国情報技術(IT)企業はこれまで「コピーキャット(copycat)」という汚名を払拭できなかった。海外で人気がある製品やサービスをそのまま模倣する事例が少なくなかったからだ。しかし今では米国のIT企業が中国企業を模倣する技術逆転現象が表れている。 ウォールストリートジャーナル(WSJ)は11日(現地時間)、シリコンバレーベンチャー投資家コニー・チェン氏の言葉を引用し、「米国のテック企業はもう中国企業のコピーキャット」とし「アップル、ライムバイクなど米国企業が中国の事業モデルをそのまま模倣して...
»続きを読む
カテゴリー:

「事業モデル」の画像

もっと見る

「事業モデル」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT ビジネスモデル...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる