「事故死」とは?

関連ニュース

印、自動車市場に冷や水 安全装備義務化で製造コスト上昇 - 01月18日(木)06:09 

 年間の交通事故死亡者数が15万人を超えるインドで、モディ政権が事故の抑制に動いている。車両にこれまでより多くの安全機能の装備を義務付ける法案が下院を通過し、年内に上院も通過する見込みだ。対策が急がれる半面、低価格帯の車種が人気のインド市場で、追加装備の義務化による国内外メーカーの製造コスト増加を危惧する声も上がる。
カテゴリー:

【福岡地裁】八女市男児2人殺害初公判 次男の障害責められ、夫は遺産浪費「将来を悲観し心中を決意」 - 01月16日(火)14:35  newsplus

 福岡県八女市で2016年6月、車内から男児2人の遺体が見つかった事件で、殺人罪に問われた中下麻子被告(38)(山口県光市)の裁判員裁判の初公判が15日、福岡地裁(足立勉裁判長)であった。  中下被告は起訴事実を認めた。  起訴状などでは、中下被告は16年6月7日夜から8日未明、熊本県内に駐車した車の中で、次男結弦ゆづるちゃん(当時3歳)の首をベルトで絞めて殺害。その後、約8キロ離れた場所の車内で、長男で小学6年の龍之介君(同11歳)の首をロープで絞め、殺害したとしている。  検察側冒頭陳述...
»続きを読む
カテゴリー:

年間5788人が転倒死、実は交通事故より多い「事故死」の意外 - 統計で読み解くニッポン - 01月16日(火)05:00 

ガンや心臓病などの「病気」を除けば、交通事故や自殺がメジャーな「日本人の死因」。しかし人口動態調査をつぶさに見てみると、意外な要因で亡くなっている人が多いことが分かる。
カテゴリー:

去年1年間の交通事故死者数「戦後最少」の51人 - 01月15日(月)11:58 

去年1年間の交通事故死者数「戦後最少」の51人
カテゴリー:

映画監督・松江哲明が教える今こそ見たい名作「ロマンポルノ」6選 - 01月14日(日)15:51 

 年末年始はロマンポルノばかり観ていた。尺とセックスシーンの回数さえ守れば作り手の自由が許されるこの奇跡のような作品群を今、見直しておきたかった。2017年の映画は世評と僕の好みが離れているな、と思わされることが多かったからかもしれない。 ◆ロマンポルノの扉を開いた石井隆と相米慎二  ロマンポルノを見始めたのは中校生の頃だが、最初はレンタルビデオだった。きっかけは石井隆監督の『死んでもいい』。永瀬正敏を目当てに観たのだが、役者を追いつめるかのような長回しと、美しいセックス描写と血の表現に「今まで観た日本映画とは違う」と感じた。石井監督のことを調べると劇画とロマンポルノを手がけていたことが分かった。  古本屋とレンタル屋を回り、監督の名があるものを探しまくった。その時に出会った強烈な1本が『ラブホテル』。久々にBDで見返したが、改めてロマンポルノという枠から生まれ、それを超えようとする作品だと思った。本作では山口百恵の「夜へ」が、村木と名美という石井作品では決して結ばれない運命の男女のテーマ曲となる。  相米慎二監督の作品はシーンごとの演出は圧倒的だが、映画としては破綻することが少なくない(そこが魅力でもある)。しかし本作は最小限の登場人物とシンプルな脚本、無駄の許されない製作環境が良い方向に働いたのではないだろうか。僕は相米監督の全作品の中でも屈指の完成度だと思う。  村...more
カテゴリー:

死亡事故を起こした高齢ドライバー 4割が「正常な運転操作ができない状態」 - 01月17日(水)00:24  news

 1月4日、警察庁は2017年の交通事故死者数を発表しました。  事故発生から24時間以内に亡くなった人の数は、3694人。前年に比べて210人減少し、警察庁が保有する1948年(昭和23年)以降の統計の中では、最も低い数字となりました。  死者が1万6000人を超え「交通戦争」と呼ばれていた昭和40年代、その後、減少したとはいえ、9年間連続で1万人を超えていた平成の初期の頃を思えば、かなり改善されたと言えるでしょう。  一方、高齢者人口の増加に伴い、これまでにはなかった新たな形態の事故が増えているという現実も浮き彫...
»続きを読む
カテゴリー:

【福岡】「今日も一日、頑張りましょう」 博多駅前にDJポリス 神矢警部補が挑戦 日英中3カ国語を駆使、交通安全訴え - 01月16日(火)11:28  newsplus

DJポリスとして、現場指揮車の上から交通ルールの順守を呼び掛ける神矢直樹警部補 道路横断中の事故を減らそうと、県警は15日朝、JR博多駅前の交差点で「横断歩道マナーアップ運動」を行った。アナウンス技術に優れた警察官「DJポリス」が、軽妙な語り口で交通ルール順守を訴えた。  DJポリスに初挑戦したのは県警交通企画課の神矢直樹警部補(38)。日本語や英語、中国語の3カ国語を駆使し、現場指揮車の上から「青信号でも、左右を確かめましょう」「まもなく信号が赤に変わります」などと呼び掛け。時折「今日も...
»続きを読む
カテゴリー:

ヨ・ジング&イ・ヨニ主演のファンタジー・ラブストーリー「再会した世界(原題)」DATVで2018年3月日本初放送 - 01月15日(月)15:00 

[株式会社デジタルアドベンチャー] [画像: https://prtimes.jp/i/5358/123/resize/d5358-123-668397-0.jpg ] 「再会した世界(原題)」は、高校生の時に事故死してしまった主人公が、時を超えて12年後の現代に蘇り、当時の恋仲だったヒロインと再...
カテゴリー:

『ウォーキング・デッド』、女性ショーランナーを迎えシーズン9へ更新決定 - 01月14日(日)21:25 

シーズン8後半(第9話〜)の放送スタートが2月26日(月)に控えている大ヒットドラマ『ウォーキング・デッド』。毎シーズン衝撃的な展開にドキドキさせられる本作が、シーズン9へ更新されることが決定した。米Hollywood Reporterなど、複数のメディアが報じた。【関連記事】『ウォーキング・デッド』印象的な"死に方"ランキング10(ネタばれ)新シーズンへの更新にあたり、シーズン4からショーランナーを務めるスコット・M・ギンプルがその座を降りることが明らかになり、脚本・共同製作総指揮のアンジェラ・カンが製作総指揮&ショーランナーへと昇格。アンジェラは2011年、シーズン2から本作へ参加し、今までに20話でペンを執ってきた。評価の高いシーズン5第8話「人質交換」やシーズン7第8話「生きる意義」の脚本も彼女が担当した。スコットは今後、『ウォーキング・デッド』とそのスピンオフシリーズである『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』のチーフ・コンテンツ・オフィサーとして様々なプラットフォームでのゲーム化やブランド拡張などを担当していくという。「『ウォーキング・デッド』は、今までと全く異なるTVの時代にスタートした特別な作品であり、これから迎える新しい時代にも視聴者を魅了し、本作のキャラクターに深く感情移入できるようなストーリーを作っていくことでしょう。放送開始からあと数年で10年目を迎えますが...more
カテゴリー:

ニュースの「つぼ」:昨年の県内交通事故死者数 - 01月13日(土)15:57 

 県内の昨年1年間の交通事故死者数は前年より24人少ない30人で、1952年以来65年ぶりに30人以下となった。高齢者の死者数は16人減の20人。過去20年で最少だったが、全死者数に占める割合は67%…
カテゴリー:

もっと見る

「事故死」の画像

もっと見る

「事故死」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT事故...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる