「予防法」とは?

関連ニュース

うがい、手洗い、マスクをいやがる子どもの風邪予防法は? - 05月22日(火)12:00 

うがいや手洗い、マスクをしてくれない子どもについて相談がありました。このままで大丈夫なのか、どうすれば気持ちよく予防させることができるのかについて、専門家の意見を聞いてみましょう。 6歳児のママからの相談:「風邪を引かせないための方法について」 『6歳の子どもは外で遊ぶのが好きなのですが、親がマスクをするように言ってもしないので、気掛かりです。また、家に帰って来てから、うがいや手洗いをするように言っても、しようとしません。今のところ、風邪を引いていないので少しほっとしているのですが、今後、風邪を引かないかと心配です。マスク、うがいや手洗いをしなくても大丈夫でしょうか。また、必要な場合、子どもが気持ちよくマスク、うがいや手洗いをしてくれる方法はありますでしょうか。(40代・女性)』 うがい、手洗い、マスクは必要! 必要かどうかという質問については、必要ですというはっきりした答えが専門家から寄せられています。たった15秒の手洗いで、ウィルスが百分の一に減るようです。 『うがい・手洗い・マスク着用は風邪予防だけではなく、インフルエンザやノロウィルス感染の予防のためには必要な行為です。例えば、手洗いをしない場合と15秒流水で手洗いをした場合を比べてみても、ウィルス数は、流水手洗いをした場合ウィルスは約1%に減ると報告されています。(看護師)』 子どもと予防を楽し...more
カテゴリー:

福井:劣悪な環境で犬猫飼育の虐待容疑 業者ら書類送検 - 05月19日(土)10:39 

400匹飼育の飼育員2人も 動物愛護管理法違反容疑などで  多数の犬猫を劣悪な環境で飼育していたとして、福井県警坂井西署は18日、動物愛護管理法違反(虐待)や狂犬病予防法違反の両容疑で、同県坂井市内の動物販売業者と飼育員2人を福井地検へ書類送検した。約400匹を2人で飼育していたという。
カテゴリー:

【寄生虫】カツオ刺し身も原因 「アニサキス」食中毒が急増/福島 - 05月16日(水)14:46  newsplus

◆カツオ刺し身も原因「アニサキス」食中毒が急増 寄生虫「アニサキス」による福島県内の食中毒の発生件数が今年既に19件に達し、昨年1年間の11件を大きく超えるなど過去10年間で最悪のペースとなっている。 うち8件はカツオの刺し身が原因と判明。県は小売店や消費者らに注意を呼びかけている。 厚生労働省によると、アニサキスの幼虫は長さ2~3センチ、幅0・5~1ミリで、白い糸のような形をしている。 食中毒になると、みぞおちや下腹部に激しい痛みを感じたり、嘔吐おうとしたりする。 県食品生活衛生課によると...
»続きを読む
カテゴリー:

【福島】 カツオ刺し身も原因「アニサキス」食中毒が急増[05/16] - 05月16日(水)10:35  femnewsplus

2018年5月16日 09時48分  寄生虫「アニサキス」による福島県内の食中毒の発生件数が今年既に19件に達し、昨年1年間の11件を大きく超えるなど過去10年間で最悪のペースとなっている。  うち8件はカツオの刺し身が原因と判明。県は小売店や消費者らに注意を呼びかけている。  厚生労働省によると、アニサキスの幼虫は長さ2~3センチ、幅0・5~1ミリで、白い糸のような形をしている。食中毒になると、みぞおちや下腹部に激しい痛みを感じたり、嘔吐おうとしたりする。  県食品生活衛生課によると、県内でアニサキス...
»続きを読む
カテゴリー:

ママのお悩み「腱鞘炎」予防に!気をつけたいNG動作とテーピング法 - 05月12日(土)22:00 

source:https://www.shutterstock.com/ 育児中のママパパとお話ししていると、皆さん「腰が痛い」「肩がこる」など何かしらの身体の負担を訴える方がほとんど。 その中でも意外と多いのが手首のだるさや痛みを訴える方。こうした手首の痛みは、悪化すると“腱鞘炎”に発展することがあるため注意が必要です。 特に産後ママに気をつけて欲しいのが、「ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)」という親指の付け根に痛みが出るタイプの腱鞘炎です。 今日は理学療法士の筆者が、ドケルバン病の予防法や生活上の注意点について、これまでの経験をもとにご紹介していきます。 ▼腱鞘炎とは? 腱鞘炎とは、「繰り返し手を使用することによる機械的な刺激が、腱周囲組織に加わり炎症を起こすもの」とされています。(※1) 簡単に言うと、“手の使いすぎで腱が腫れている状態”ということですね。 その中でも手首の親指側に痛みが出る腱鞘炎が、「ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎※きょうさくせいけんしょうえん)」と呼ばれています。 下記の写真をご確認ください。親指を反らした時に浮き出る腱のうち、赤い線が短母指伸筋、青い線が長母指外転筋の腱です。 photo by author これらの腱は腱鞘というトンネル状の組織(写真の黄色い丸の部分)で包まれていますが、親指の使いすぎによりこの腱鞘が肥厚(分厚くなること)したり、腱の表面が傷...more
カテゴリー:

頭がにおう?急増する女性の頭皮臭の解決法 - 05月22日(火)10:59 

あなたの頭皮も臭ってる!今日から始める頭皮の臭い対策 毎日シャンプーをしたり、スプレー等を使っていても、なぜか臭ってしまう頭皮。男性も女性の頭皮臭が気になるようで、頭皮臭によって好感度が下がるという解答も…そんな厄介な頭皮臭、解決法をお教えしましょう。 頭皮臭の原因 頭皮は体の中で1番皮脂が多く、Tゾーンの2倍もの皮脂腺があります。そのため汚れが残りやすく、上手に汚れを除去できないと酸化し、頭皮にこびりつき、臭いとなってしまっているのです。 臭いを抑えるシャンプーの仕方 髪をきちんととく 1日のホコリや汚れが付着しているので、きちんとブラッシングをし、汚れを出しやすくする。 お湯で頭髪の汚れを流す シャンプーをする前にお湯で頭髪を濡らし、汚れを流す。40度前後のお湯を5分ほどかけ流すだけで汚れの半分は落とせる。 シャンプーの泡立てをしてから洗う 液をそのまま頭髪につけるのではなく、泡立ててからつける。 後頭部から洗い、すすぎはしっかり 指の腹を使い後頭部から洗い、てっぺん、毛髪と洗っていく。すすぎもしっかりと。 しっかり乾かす 生乾き状態は、頭皮の湿度が高くなり雑菌が溜まり臭いがひどくなる。 生活習慣 臭いの元となる食物 肉類、揚げ物、インスタント食品、スナック菓子、コンビニ食、スイーツなど、脂肪や動物性タンパク質などの脂っこい食べ物は、悪臭であ...more
カテゴリー:

訃報:高瀬重二郎さん95歳=元ハンセン病療養所協議会長 - 05月18日(金)02:30 

 全国ハンセン病療養所入所者協議会(旧・全国ハンセン病患者協議会)の会長を務め、ハンセン病患者の強制隔離を定めた「らい予防法」の廃止(1996年4月)に取り組んだ高瀬重二郎(たかせ・じゅうじろう)さんが16日、岡山県瀬戸内市の国立ハンセン病療養所「長島愛生園」で亡くなった。95歳。葬儀は18日午前1
カテゴリー:

発達障害で受診が難しい…受診以外の花粉症対策方法は? - 05月16日(水)12:00 

子どもの花粉症対策について質問がありました。発達障害があるため、病院に行くことには慎重にならざるを得ないようですが、受診以外の方法で効果的な予防対策があるのか、専門家のアドバイスを見てみましょう。 12歳の子どものママからの相談:「花粉症の予防対策が知りたいです」 『小学生高学年になる娘がいます。先日、学校から帰宅すると「目が痒いし、かすむ」と訴えたため、近所の眼科に連れていきましたが、もともと発達障害があるため、慣れない器具や検査は慎重に行わないといけません。幸い理解ある優しい看護師さんに対応していただき、なんとか無事に点眼薬を処方していただきました。もし、病院に行く以外の方法で花粉症の予防対策がありましたら知りたいです。(40代・女性)』 生活からできるだけ花粉を排除しよう 『アレルゲンとの接触を最小限にするため、帽子やマスク、帰宅後の着替え、掃除や空気清浄機などの工夫をして、花粉を極力排除することが勧められています。また、免疫力を高める食事も助けになるようです。(看護師)』 『花粉症を予防したり、発症した花粉症の症状を軽減するためには、アレルゲンとなりうる花粉に触れる機会を最小限にすることが大切です。花粉が多い時期には、花粉が舞いやすい午後ではなく、午前中に外遊びをし、外では帽子やマスクの着用をしましょう。また、帰宅後はうがい手洗いをし、服を着替え...more
カテゴリー:

梅雨前になんとかしたい!浴室のカビ 基本の除去法 - 05月14日(月)20:00 

浴室掃除で手こずるものといえば、カビ。特に床や壁の目地、シャワーホース、扉のサッシ部分にポツポツ繁殖している黒カビはやっかいです。カビ取り剤の正しい&効果的な使い方を知って、しっかり退治しましょう。 ■ どうしてカビが生えるの? 空気上にはたくさんのカビの胞子が浮遊していて、繁殖しやすい環境を求めて漂っています。胞子が好む環境は、湿度があり(65%以上)、暖かく(気温25℃以上)、餌(皮脂や石けんかすなどの栄養と酸素)があるところで、そこに根(菌糸)を降ろし、増殖していきます。つまり、この3つの条件が揃いやすい浴室はカビにとって天国なのです。 ■ そのままにしておいちゃダメなの? 黒いポツポツといってもちょっとだからいいか……と放っておくと、どんどん繁殖していくのがやっかいな点。あっという間に広がってしまいます。そうなるとカビ取り作業も大変なことに。ポツポツを見つけたら即、退治することが大切です。 ■ どうすれば落とせる? カビが深く根を降ろしてしまうと、こするだけでは完全に取り除けません。スポンジでこすり洗いしたのに、また現れた!という場合は、根っこまで除去できていないから。完全にシャットアウトするには、塩素系カビ取り剤を根っこまで浸透させることがポイントです。 ■ カビ取り剤の使い方は? カビ取り剤は乾いたところに使ってはじめて威力を発揮します。カビ取り剤を使っても効果...more
カテゴリー:

「近視は老眼にならない」はウソ!医学博士語る「老眼の誤解」 - 05月12日(土)11:00 

「老眼は防げない、治らない。年をとったら、みな老眼鏡が必需品に、と思っている人は多いのでは? でもそれは、老眼に対する大きな誤解。現代の医学では、予防も改善も可能なのです」 そう訴えるのは、眼科専門医で、『老眼のウソ 人生をソンしないために』(時事通信社)を出版した医学博士の平松類先生。 「老眼」は、40代も半ばを過ぎれば誰にでも訪れる老化現象の1つ。だが、健康寿命が延びて、さまざまな病気が予防可能になったにもかかわらず、目だけは“仕方がない”とあきらめている人が多い。 「これは、老眼の“正しい知識”が広く伝わっていないからです。ぜひみなさんに、老眼に煩わされた時間を取り戻していただきたい」 そこで平松先生に、老眼に関する「誤解」を解いてもらい、最新の予防法を伝授してもらった。 【誤解1】老眼とは手元が見えないこと 「離せばわかる」が老眼の特徴だと思いきや、そもそもそれだけではないという。 「老眼とは、目のレンズの“ピント調節能力”が衰えること。人間の目は、遠くを見るとき、レンズの周りにある毛様体筋を緩めることでレンズを薄くしてピントを合わせます。逆に、近くを見るときは、毛様体筋を緊張させてレンズを厚くします。しかし、年齢とともに毛様体筋が衰え、レンズ自体も硬くなると、瞬時にピントを調節しづらくな...more
カテゴリー:

もっと見る

「予防法」の画像

もっと見る

「予防法」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる