「予告編第」とは?

関連ニュース

岩田剛典、名女優ジュリエット・ビノシュとの共演の感想は? - 05月19日(土)15:46 

河瀬直美監督最新作『Vision』の大阪舞台挨拶が5月18日になんばパークスシネマで行われ、河瀬監督をはじめ、永瀬正敏、岩田剛典が登壇した。 本作は河瀬監督が生まれ故郷である奈良県を舞台に、フランスの名女優ジュリエット・ビノシュと永瀬をW主演に迎えて描いた作品。幻の薬草“Vision”を探し求めるフランスの女性エッセイストのジャンヌ役をビノシュ、吉野の山間で生活をする山守・智(トモ)役を永瀬、永瀬演じる智の目の前に突然現れる山守・鈴(リン)役を岩田が演じている。 大歓声とともに迎えられる中、まずは永瀬が「こんにちは、愛犬コウと暮らしていました智です」と挨拶。続けて岩田が「みなさん、こんにちは」と挨拶すると、「キャー!」という黄色い声が場内に響き渡り、岩田は「大阪のみなさん、お久しぶりです。みなさんに今日見ていただけることにワクワクしております」と話した。 また河瀬監督から、ビノシュとの共演について聞かれた永瀬は「ジュリエットさんには、ずっと役のジャンヌさんと思って接していたんですけど、やっぱり深いですよね。理解度が深くてきちんと自己主張する。監督がOKを出したにも関わらず、もう1回やらせてほしいというシーンが結構ありましたね。でも海外の現場では自己主張ってすごくたくさんあります。スタッフからくることもあるし、演者側から問いかけることもあって、そういうセッションの中で作っていく...more
カテゴリー:

アニゴジ『決戦機動増殖都市』予告編第2弾 - 05月17日(木)23:47 

 アニゴジ第2弾こと、アニメーション映画『GODZILLA』三部作の第二章『GODZILLA 決戦機動増殖都市』(18日公開)の予告編第2弾が、17日午後10時から動画配信サービス「AbemaTV」のスペシャル特番『映画が300倍楽しめる!「GODZILLA 決戦機動増殖都市」公開直前アベマSP』内で解禁された。 【動画】『GODZILLA 決戦機動増殖都市』予告編  予告編第2弾では、第一章『怪獣惑星』から第二章『決戦機動増殖都市』へと続く物語の導入、そして主人公のハルオ、異星人ビルサルドのガルグ、異星人エクシフのメトフィエスら、各キャラクターの新規カットも交えながら新たな<メカゴジラ>によるゴジラ討伐作戦に向けて、それぞれの想いと葛藤が交錯する人種間のドラマが感じられる。  さらに、周囲が煉獄(れんごく)のように燃え盛る中、自らもその体をマグマのように緋(ひ)色に赤く染め、咆哮(ほうこう)するゴジラ・アースの姿も映し出されている。一体、何が起こっているのか!? 人類の最後の希望である<メカゴジラ>を手に入れた時、ハルオたちは“人として”ゴジラに打ち勝つことができるのか。 ■スタッフ 監督/静野孔文・瀬下寛之 ストーリー原案/虚淵玄(ニトロプラス) 脚本/村井さだゆき・山田哲弥・虚淵玄(ニトロプラス) キャラクターデザイン原案/コザキユースケ  音楽/服部隆之 ■キャス...more
カテゴリー:

映画「Vision」河瀬直美監督自ら監修した予告編第2弾が解禁! - 05月17日(木)10:00 

6月8日(金)より公開される、河瀬直美監督最新作「Vision」の予告第2弾が解禁となった。 【写真を見る】神秘の森に迷い込んだ謎の青年役の岩田剛典がミステリアスな雰囲気を漂わせる/(C)2018“Vision”LDH JAPAN, SLOT MACHINE, KUMIE INC. 同作はフランスの名女優ジュリエット・ビノシュと永瀬正敏がW主演。 奈良・吉野の神秘的な森を舞台に、幻の薬草“Vision”を探し求めるフランスの女性エッセイスト・ジャンヌ(ジュリエット・ビノシュ)と、吉野の山間で生活をする山守・智(永瀬)が出会い、命の物語が紡がれる。 その他、豪華俳優陣が集結。智の前に突然現れる謎の青年・鈴役に岩田剛典、ジャンヌのアシスタント・花を美波、猟師の岳を森山未來、同じく猟師の源を田中泯、自然と共存しながら森で暮らす女・アキを夏木マリが演じる。 今回解禁された予告編第2弾では、アキが薄暗いトンネルの中を鈴のついた杖を突き、まるで何かに導かれるように歩みを進めるシーンから始まる。 世界的なジャズピアニスト・小曽根真の優しく柔らかなピアノの音が流れる中、ジャンヌと花が「ここにちょっと滞在することはできますか」と、智の家を訪ねる。 ぶっきらぼうに「風呂…かまどだけどね」と言いつつも、智は急な客人を迎え入れる。 ある日、智は気を失って倒れている鈴を森の中で見つけ、自宅へと連れ帰る。その...more
カテゴリー:

ジュリエット・ビノシュ&岩田剛典が涙…「Vision」河瀬直美監督監修予告編お披露目 - 05月17日(木)10:00 

永瀬正敏とフランスの名女優ジュリエット・ビノシュがダブル主演する河瀬直美監督最新作「Vision」の予告編第2弾が、お披露目された。ビノシュ、岩田剛典が涙する姿が収められている。フランス人エッセ...
カテゴリー:

クイーン、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の初予告編公開 - 05月16日(水)10:17 

クイーンと20世紀フォックス映画社は火曜日(5月15日)、この秋劇場公開されるバイオグラフィ映画『Bohemian Rhapsody』の予告編第1弾を初披露した。
カテゴリー:

DCヒーローたちが再び大集結!『最強ヒーロー外伝』第2弾DVDリリース決定 - 05月18日(金)12:00 

 DC海外ドラマシリーズ『SUPERGIRL/スーパーガール』『ARROW/アロー』『THE FLASH/フラッシュ』『レジェンド・オブ・トゥモロー』の人気ヒーローたちが作品の垣根を越えて世界を救う戦いに挑む、巨大クロスオーバー『クライシス・オン・アースX 最強ヒーロー外伝』のDVDが8月8日に発売されることが決定した。本作は、日本でも爆発的人気を博した同クロスオーバー第1弾『インベージョン!最強ヒーロー外伝』に続く弾2弾となる。【写真】『クライシス・オン・アースX 最強ヒーロー外伝』フォトギャラリー 本国アメリカで、DCTVドラマシリーズは月曜から木曜に連続で放送されており、この流れを利用し、内容のつながった作品が製作されたアクション大作。 バリー・アレン(グラント・ガスティン)とアイリス・ウェスト(キャンディス・パットン)の結婚式の日、スーパーヒーローたちが集ったところをアースXからの悪党たちに攻撃され、式は中断してしまう。しかし、スーパーヒーローたちは、ザ・レイ(ラッセル・トヴェイ)、フェリシティ・スモーク(エミリー・ベット・リッカーズ)ら友人の力を借りて、一丸となってこれまでで最も手強い悪党たちに立ち向かう。 また、『レジェンド・オブ・トゥモロー<ファースト・シーズン>』で消息が不明になっていたレナード・スナート/キャプテン・コールド(ウェントワース・ミラー)が再びチームに...more
カテゴリー:

ゴジラ:アニメ第2章の予告編第2弾公開 メカゴジラによる討伐作戦 高… - 05月17日(木)23:00 

 怪獣映画「ゴジラ」の劇場版アニメの第2章「GODZILLA 決戦機動増殖都市」(静野孔文監督・瀬下寛之監督、18日公開)の予告編第2弾が17日、公開された。メカゴジラによるゴジラ・アース討伐作戦に…
カテゴリー:

ジュリエット・ビノシュ&岩田剛典が涙…「Vision」河瀬直美監督監修予告編お披露目 - 05月17日(木)10:00 

 永瀬正敏とフランスの名女優ジュリエット・ビノシュがダブル主演する河瀬直美監督最新作「Vision」の予告編第2弾が、お披露目された。ビノシュ、岩田剛典が涙する姿が収められている。 ・【動画】「Vision」予告編第2弾  フランス人エッセイストのジャンヌ(ビノシュ)は、幻の植物“Vision”を探して、アシスタントの花(美波)とともに奈良の吉野を訪れ、山間に暮らす山守の男・智(永瀬)と出会う。智は、山で自然とともに暮らす老女アキ(夏木マリ)からジャンヌとの出会いを予言されており、2人は文化や言葉の壁を超えて次第に心を通わせていく。そんななか、智の前に謎の青年・鈴(岩田剛典)が現れたことで、運命の歯車が動き出す。  公開された予告編第2弾は、河瀬監督が自ら監修したもの。ジャンヌと花から家に滞在させて欲しいと頼まれた智は、戸惑いながらも客人を迎え入れる。さらに森で倒れていた鈴と共同生活をはじめ、全員が満ち足りているように思われた。しかし、アキの「どうして、ここへ来た?」という問いに呼応するように、ジャンヌと鈴が静かに涙を流す姿が映し出され、物語は彼らが吉野を訪れた本当の理由へと迫っていく。  「Vision」は、6月8日から全国で公開。 【作品情報】 ・Vision 【関連記事】 ・【動画】「Vision」予告編第2弾 ・永瀬正敏&岩田剛典、役作りで“山ごもり”「虫と共存...more
カテゴリー:

岩田剛典が涙 河瀬直美監督『Vision』予告第2弾公開 - 05月17日(木)10:00 

 河瀬直美監督の最新作『Vision』(6月8日公開)の予告編第2弾が17日、解禁された。 【動画】映画『Vision』予告編第2弾  同作は、世界三大映画祭すべてで女優賞を獲得した名女優ジュリエット・ビノシュと永瀬正敏がW主演し、フランスの女性エッセイストと吉野の山々を守る山守が心を通わせていくさまを描く。  幻の薬草“Vision”を探し求めるジャンヌをビノシュ、吉野の山間で生活をする山守・智を永瀬が演じる。智の目の前に突然現れる謎の青年・鈴役で岩田剛典、ジャンヌのアシスタント・花役で美波、智や鈴とは違う形ながらも山に生き、山を守る猟師の岳役で森山未來、同じく猟師の源役で田中泯(特別出演)、自然と共存しながら森で暮らす女・アキ役で夏木マリが共演する。  予告編第2弾は、アキが薄暗いトンネルの中を鈴のついた杖をつき、まるで何かに導かれるように歩みを進めるシーンから始まる。世界的なジャズピアニスト・小曽根真氏の優しくやわらかなピアノの音が流れる中、「ここにちょっと滞在することはできますか?」と、智の家を訪ねる、ジャンヌと花。智はぶっきらぼうに「風呂…かまどだけどね」と言いつつも急な客人を迎え入れ、次第に打ち解けていく。  ある日、智は気を失い倒れている鈴を見つけ、自宅へと連れ帰る。その後2人は共同生活をはじめ、まるで兄弟のように仲良く料理をしたり、食事を共にしたりと、幸せ...more
カテゴリー:

『アベンジャーズ』最新作、早くも世界歴代5位に。日本でも興収30億円突破 - 05月15日(火)09:16 

4月27日より公開中の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が、5月13日までの公開17日間で興行収入30億4430万円、観客動員204万人を突破。”MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)”史上最速で興収30億円を突破したことがわかった。 本作は、4月30日までのオープニング4日間で興収12億6056万9700円、観客動員83万6291人の大ヒットスタートを切ると、5月6日までの公開10日間で興収25億円を突破していた。 現地時間4月27日に公開となった全米でも、オープニング3日間(5月11日〜13日)で興収2億5769万8183ドル(約283億4680万円/1ドル110円換算)を記録。これまでのトップだった『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を抜き去り全米歴代NO.1デビューをはたすと、公開からわずか11日間で世界興収10億ドル(約1100億円)を最速で突破したほか、公開3週目の週末3日間(5月11日〜13日)も、全米で6207万8047ドル(約68億円)を上げ、3週連続でNO.1を獲得する快進撃を続けている。 また、ついに中国でも封切られると、興収2億ドル(約218億円)を超える大ヒットとなり、世界興収は早くも16億754万130ドル(約1768億円)に達し歴代5位にランクイン! 4位の『ジュラシック・ワールド』の16億7171万3208ドル(約1839億円)...more
カテゴリー:

もっと見る

「予告編第」の画像

もっと見る

「予告編第」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる