「乳幼児」とは?

関連ニュース

手足口病に注意呼び掛け 福島県 - 08月17日(木)09:50 

福島県は16日、乳幼児を中心に発熱などを引き起こす手足口病が流行しているとして注意を喚起した。46の定点医療機関で7〜13日の平均患者数が6.85人に上り、国が定める警報レベル(5人)を上回った。県健
カテゴリー:

RSウイルス流行 夏は異例、昨年の5倍 - 08月16日(水)09:30 

乳幼児の肺炎の一因になり、通常は冬を中心に流行する「RSウイルス感染症」の患者が大幅に増加し、8月6日までの1週間の患者数が昨年同時期の約5倍となっていることが15日、国立感染症研究所の調べで分かった…
カテゴリー:

「室内熱中症」から市民を救え! LIXILと熊谷市が「スクラム」を組む - 08月15日(火)16:19 

建材・設備機器メーカーのLIXIL(リクシル)が2017年8月9日、室内熱中症対策プロジェクト「クールdeピースPROJECT」を立ち上げた。外付け日よけスクリーンで「夏でも快適かつ安心・安全に暮らせる室内環境づくり」を推進するもので、17年度は埼玉県熊谷市と共同で啓発活動を行う。9日に熊谷市役所本庁舎で行われた「熊谷市×LIXIL 室内熱中症対策強化 宣言式」では、熊谷市長とLIXIL担当者が登壇し、具体的な取り組みについて説明した。熱中症のうち4割は「室内」で発生式典当日も最高気温37.6度を記録するなど、日本有数の暑い都市として知られる埼玉県熊谷市。「暑さ対策日本一」を掲げているが、2016年度には69人が熱中症で救急搬送された。そのうち室内で発症した、いわゆる「室内熱中症」は28人で、全体の40.6%にのぼる。富岡清市長は、「このプロジェクトを通じて、子どもたちの熱中症予防を図ることはもとより、保護者の方々をはじめ、広く市民の皆様にも啓発を行うことで、室内での熱中症対策を強化したい」と意義を語った。今回の取り組みは、熊谷市内の保育所や高齢者福祉センターなどに、LIXILの日よけ商品「スタイルシェード」を無償提供し、同時にポスター掲示やうちわ配布などによる「日よけ習慣」の啓発活動を行う。関塚英樹常務役員(サッシ・ドア事業部長)は、市内で開催予定の「ラグビーワールドカップ201...more
カテゴリー:

おむつ替えシートは必要? メリットと種類、選び方 - 08月14日(月)11:00 

おむつを替えの際、赤ちゃんを寝かせるときに下敷きとして使用するおむつ替えシート。家ではバスタオルなどで代用が効きますが、外出中で活躍するのがおむつ替えシートですよね。本当に必要なものでしょうか? おむつ替えシートの必要性とは? オムツ替えのときしか使わない「オムツ替えシート」。絶対になくちゃだめというわけではありませんが、使ってみると結構便利というママさんも大勢いらっしゃいます。 「オムツ交換の時に粗相をされた…」なんて経験ありませんか?オムツの交換時に粗相をしてしまう子は大勢います。タオルの上ならともかく、布団の上で粗相されてしまった時には洗濯ものが増えてうんざりしてしまいますよね。そんな時、オムツ替えシートがおすすめ。防水加工のオムツ替えシーツなら粗相をされてもすぐ拭けて、さっと洗えるのでとっても便利なんです! 外出時には必要不可欠? 家の中ならともかく、外出時のオムツ替えには必要不可欠かもしれません。出先のオムツ替え専用のベットの上でも使えますし、友人宅へお邪魔した時も粗相を防いでくれます。 おむつ替えシートのメリット オムツ替えシートのメリットは大きく3つあります。 ・赤ちゃんのお尻を清潔に保つことができる ・汚してしまった時のお手入れがしやすい ・外出時のオムツ替えに便利 デメリットといえば、いちいち敷くのが面倒くさい…かさばる…といったところでしょうか?しかし、お...more
カテゴリー:

日本最大級の室内遊園地・ファンタジーキッズリゾート、お得な楽しみ方は? - 08月12日(土)20:00 

年間約120万人以上が利用している日本最大級の室内遊園地「ファンタジーキッズリゾート」って知っていますか? 現在、海老名、筑紫野、福岡、稲毛、印西、名古屋北など8店舗展開中です。「割引券はある?」、「口コミ人気の遊具は?」など、最新情報をお伝えします。 ファンタジーキッズリゾートって? 料金システムは? 対象年齢は? 遊ぶ前に会員登録が必要ってホント? ファンタジーキッズリゾートの広さは、およそ1,000坪。日本最大級の規模を誇る、室内型の遊園地です。会員制のインドアプレイグラウンドなので、遊ぶ前に登録手続きを行う必要があります。最近の子どもたちは、外で思い切り遊ぶ機会が少なくなったと言われてますよね。ファンタジーキッズリゾートでは天候に関わらず身体を動かして遊べるよう、大型遊具もたくさん用意しています。親子で参加できる工作教室やクッキング教室など、さまざまな体験型イベントも開催されているので、訪れる度に新しい発見があるのではないでしょうか。対象年齢は12歳までです。 ファンタジーキッズリゾートの料金プランはどうなっているの?? ファンタジーキッズリゾートで遊ぶには、事前に会員登録を済ませなければなりません。代表者は、本人であることを確認できるパスポート、運転免許証などの書類を持参して下さい。年間費は1家族につき350円です。料金システムは各店舗によって異なります。会員登録後、...more
カテゴリー:

熱中症の危険度を数値とブザーで教えてくれるモニターで「なくそう、熱中症!」 - 08月16日(水)11:30 

厳しい暑さの中、ことしも熱中症になる人が相次いでいます。室内、屋外に関わらず、高温や多湿な環境で体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温の調節ができなくなって起こる熱中症。特に高齢者は、暑さやのどの渇きに対する感覚が鈍くなっているので自覚症状がないまま熱中症になる危険が多いそう。また、体温の調節機能が十分に発達していない乳幼児も熱中症にかかりやすいといわれています。予防や対策を行なうには、まず自分のいる環境の熱中症危険度をきちんと把握することが大切。熱中症指数(WBGT)を教えてくれるモニターを利用するのも一つの方法です。 【おまけ情報を読む】 エー・アンド・デイの熱中症指数モニター「みはりん坊ミニ」は、日本生気象学会が策定した「日常生活における熱中症予防指針」に基づき、熱中症指数を数値と危険度を「注意(25℃未満)・警戒(25~28℃)・厳重警戒(28~31℃)・危険(31℃以上)」の4ランクで表示。さらに熱中症指数が厳重警戒レベル以上の28℃または31℃に達すると自動的にアラームが作動してLEDとブザーを知らせてくれるので、高齢者でも客観的に熱中症の危険が把握でき、早目の対策が可能になります。 「みはりん坊ミニ」のサイズはW50×H55×D14mm、重さは約25g(電池含む)とコンパクト。難しい設定など一切不要で電池を入れるだけでアラームも作動するので、電子機器は苦手で……という...more
カテゴリー:

【特集:公共の場での授乳問題(6)】日本の授乳環境はガラパゴス化!? 建築家が考える「理想のベビー休憩室」 - 08月15日(火)19:30 

ママたちのお出かけの強い味方「ベビー休憩室」。その一方で「母親と赤ん坊は指定された場所へ行け!」という声に傷つくことも。 【検証】人の授乳は「何となく気持ち悪い」と多くの人が感じているワケ【特集:公共の場での授乳問題(1)】 そんな授乳環境整備の現状と課題について『ベビー休憩室コンセプトブック』でキッズデザイン賞も受賞した建築家の仲綾子先生に聞きました。 授乳室、足りてる?外出前にベビー休憩室のことを調べる家庭は8割超! ――ズバリお伺いします。母乳育児中のママのひとりとして「ベビー休憩室がもっとあったらいいのに」と感じることも少なくないのですが、授乳室の整備って進んでいるのでしょうか。 仲綾子先生(以下、仲): 施設の種別や地域によって状況は大きく異なるので、なんともお答えしにくいところではあるのですが、授乳やオムツ替えを取り巻く環境が大きく変化していることは間違いありません。 以前は町なかや電車の中といった「公共の場」で授乳やオムツ替えをする親子も珍しくありませんでしたが、最近ではあまり見かけませんね。 そういったライフスタイルの変化にともなって「ベビー休憩室」を整備する動きが、加速していることはたしかだと思います。 例えばショッピングセンターなどの商業施設であれば子育て世代の集客を意識して、役場や公民館といった公共施設であれば利用者の利便性を考慮して、授乳やオ...more
カテゴリー:

東京消防庁、親子で防災対策を学ぶ体験教室9/16麹町 - 08月14日(月)11:15 

 東京消防庁は9月16日、「わくわく防災体験教室!!」を東京都千代田区麹町で開催する。「親子ぼうさい講座」と「親子で体験!防災グッズ作り」は事前予約制。メールもしくは電話で予約を受け付けている。防災体験などができる「わくわく!!親子防災体験ひろば」は予約不要。 「親子ぼうさい講座」では、田中まき整形外科院長でロコモアドバイスドクターでもある田中眞希氏を講師に招き、震災時に生じる健康被害やその対処法についてアドバイス。田中ドクターや消防職員に質問ができるコーナーや、東京消防庁の取組みや家庭でできる防災対策などを紹介するフリートークも行われる。 「親子で体験!防災グッズつくり」は、防災アドバイザーのあんどうりす氏と一緒に日用品などを活用した震災グッズ作りを親子で体験できる。 いずれも、メールもしくは電話による事前予約が必要。先着順に予約を受け付けており、定員になり次第締め切る。また、0歳~5歳の乳幼児をベビーシッターが預かるキッズスペースも用意されており、こちらも予約が必要。キッズスペースの予約もメールもしくは電話にて受け付けている。 「わくわく!!親子ぼうさい体験ひろば」は予約不要。消火や地震、応急救護などを体験できる防災体験コーナーや、子どもの日常に潜むさまざまな危険をタブレットで学ぶ日常生活事故防止コーナーなど、親子で楽しめる企画が用意されている。◆わくわく防災体験教室!!日時:...more
カテゴリー:

アソボーノでお得に遊ぶ! 最新情報と赤ちゃんでも楽しめる魅力とは - 08月13日(日)19:00 

東京ドームシティにある子どもに人気の施設「アソボーノ」。赤ちゃんと一緒に行ってみたいと思っているママも多いのではないでしょうか。子連れ世代に圧倒的人気を誇るアソボーノの魅力やお得な割引プラン、飲食情報などをお伝えします。 小さい赤ちゃんでも楽しめる施設「アソボーノ」 東京ドームシティのアソボーノに行ってみたいけど赤ちゃんがまだ小さいので心配……そんなパパ・ママに、遊べる月齢や授乳室など施設の情報をお伝えします。 0ヶ月からOK!乳幼児専用エリアがあるので安心 アソボーノは赤ちゃんも大人も楽しめる巨大エンターテイメント施設。乳幼児専用エリアがあるので、小さい赤ちゃんでも安心です。0歳から6歳までの子どもと家族が安心して楽しく遊ぶことができます。屋内施設なので雨の日でも楽しめます。 アソボーノのハイハイガーデンは赤ちゃん専用! 小さな赤ちゃんがいるファミリーは、アソボーノに着いたらハイハイガーデンに向かいましょう。ハイハイガーデンは24ヶ月までの乳幼児専用エリアなので、大きい子どもとぶつかってひやひや……なんて心配はありません。中庭をイメージしてデザインされたハイハイガーデンには、楽しい遊具が揃っています。ユニークな仕掛けが施されたウォールトイや、安全性抜群のベビーソフトブロック、ベビーボールプールなど、楽しいおもちゃがたくさん。赤ちゃんも大興奮すること間違いありません。 授乳室・給...more
カテゴリー:

軽井沢おもちゃ王国に家族でGO! 完全攻略ガイド!! - 08月12日(土)10:00 

たくさんのおもちゃが集まった「軽井沢のおもちゃ王国」について、知っていますか? 「人気の秘密は?」、「フリーパスやクーポンはある?」、「周辺の観光スポットが知りたい!!」などと、疑問点に答えていきます。 子ども連れ家族にぴったりの軽井沢おもちゃ王国って? 軽井沢のおもちゃ王国は、乳幼児連れの家族にぴったりの観光スポットです。赤ちゃんと一緒でも安全に楽しむことができる施設、サービスが揃っています。 軽井沢の子ども向け施設、おもちゃ王国が特に混雑するのは? 軽井沢駅からバスで約60分のところにあるおもちゃ王国は、毎年全国各地から子ども連れファミリーが殺到する人気スポットです。地元の方はもちろん、遠方からも訪れる人が絶えないほど、子ども連れの家族にぴったりのエンターテイメント施設です。赤ちゃんから小学生まで、幅広い年齢の子どもたちが楽しく遊べる施設が揃っているので、年に1回遊びに来るリピーターも少なくありません。 おもちゃ王国、行く日の狙い目は? 空いている時期を狙うなら、平日がおすすめです。土日祝日は混み合います。特にゴールデンウィークや夏休みは混雑のピークを迎えるので、近くのホテルも早めの予約が必要です。おもちゃ王国のフリーパスや入園券がついている子ども向けプランは部屋数が限られています。混雑時に遊びに行く予定なら、できるだけ早い時期に予約を入れるのがポイントです。 遊び場は3種...more
カテゴリー:

もっと見る

「乳幼児」の画像

もっと見る

「乳幼児」の動画

Wikipedia

乳幼児(にゅうようじ)は、乳児と幼児を合わせた呼び名。乳児は児童福祉法では、生後0日から満1歳未満までの子をいい、幼児は、満1歳から小学校就学までの子供のことをいう。

関連項目 外部リンク

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる