「九州電力」とは?

関連ニュース

名人戦:1日から第3局 稲葉「頑張る」佐藤「自然体で」 - 04月30日(日)20:42 

1勝1敗 長崎県西海市のオリーブベイホテルで  佐藤天彦名人(29)に稲葉陽八段(28)が挑戦、1勝1敗のタイで迎える第75期名人戦七番勝負第3局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、長崎県西海市、大島造船所、オリーブベイホテル、九州電力、QTNet協力)は1、2の両日、西海市のオリーブベイホテルで行われる。
in English
カテゴリー:

王子谷が2連覇=決勝でウルフ下す-全日本柔道 - 04月29日(土)18:33 

 体重無差別で男子柔道日本一の座を争う全日本選手権は29日、世界選手権(8月28日開幕、ブダペスト)の100キロ超級代表選考会を兼ねて東京・日本武道館で行われ、王子谷剛志(旭化成)が決勝でウルフ・アロン(東海大)を下し、2年連続3度目の優勝を果たした。大会連覇は2004、05年大会を制した鈴木桂治以来。 王子谷は準決勝で初優勝を目指した七戸龍(九州電力)に一本勝ち。決勝では出身大学の後輩に当たるウルフに圧力をかけ続け、延長戦で相手が通算二つ目の指導を受けて優勢勝ちした。 2年ぶりの優勝を狙ったリオデジャネイロ五輪100キロ超級銀メダルの原沢久喜(日本中央競馬会)は、3回戦で百瀬優(旭化成)に一本負け。リオ五輪73キロ級金メダルの大野将平(同)は初戦の2回戦で池田賢生(日本中央競馬会)に延長戦の末、一本負けした。 [時事通信社]
in English
カテゴリー:

九電、純利益792億円 17年3月期連結決算 - 04月29日(土)10:31 

九州電力が28日発表した2017年3月期連結決算は、純利益が前期比7・9%増の792億円で、2年連続の黒字となった。川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の安定稼働による燃料費の削減が寄与した。売上高は、燃料費調整制度に基づく電気料金の値下げが影響し、前期比0・4%減の1兆8275億円だった。 九電によると、川内原発の稼働で220億円程度の収支改善効果があった。瓜生道明社長は記者会見で「自...
in English
カテゴリー:

玄海再稼働 入念点検、ミス防止を 唐津市長が要請 - 04月28日(金)11:21 

佐賀県唐津市の峰達郎市長は27日、山口祥義知事が玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の再稼働に同意したことを受け、九州電力に申し入れ書を再度提出した。長期にわたる運転停止期間を考慮した設備点検の入念な実施、ヒューマンエラーの防止に向けた運転管理体制の充実を求めている。 市議会が今月6日に提出した市長宛ての申し入れ書に沿った内容。市役所で九電の山元春義取締役に手渡した。九電には13日にも申し入...
in English
カテゴリー:

山口知事 うそのない安全「DNAに」 - 04月27日(木)08:11 

「皆さん、どうですか。九電は変わりました、よね」。19日、九州電力玄海原発の敷地内にある原子力訓練センターで瓜生道明社長と向き合った佐賀県の山口祥義知事は、会場にいた九電社員たちに呼び掛けた。「はい」。社員たちは口をそろえた。 玄海原発3、4号機の再稼働に関する地元同意手続きの最終盤。山口知事は安全対策の視察中にもいろんな社員に声を掛けながら、意識改革の浸透度を確かめた。再稼働に限らず、玄海...
in English
カテゴリー:

玄海原発付近で釣り船座礁 - 04月30日(日)19:43 

30日午前8時5分ごろ、東松浦郡玄海町今村の九州電力玄海原子力発電所付近の岩場で、釣り船「たいこう2」(1・38トン)が座礁した。乗船していた福岡県大牟田市の釣り人3人にけがはなかった。 唐津海上保安部によると、船は玄海町の貸しボート業者の所有で、3人は午前5時40分ごろに唐津市肥前町鶴牧の仮屋湾から出港し、原発沖合で釣りをしていた。風や波の影響で岩場に近づいたため距離を取ろうとしたが、エン...
in English
カテゴリー:

<玄海再稼働>九電社長、知事同意を「重く受け止める」 - 04月29日(土)12:05 

九州電力の瓜生道明社長は28日、佐賀県の山口祥義知事が玄海原発3、4号機の再稼働同意を表明したことについて、「大変重く受け止めている。県民の安全を考え、重たい使命と責任の中で熟慮して判断された」と語った。再稼働の時期に関しては「国の審査が残っており、中長期的にまだ見えない」と述べるにとどめた。 福岡市で開いた決算説明の会見で記者の質問に答えた。原発への不安を払しょくする方策では、「安全対策に...
in English
カテゴリー:

九電、原子力規制委に保安規定補正書を提出 - 04月28日(金)11:57 

九州電力は27日、玄海原発(佐賀県東松浦郡玄海町)の運転管理や体制を定めた保安規定変更許可の補正書を原子力規制委員会に提出した。認可は3、4号機の再稼働に必要な手続きの一つになっている。 新規制基準が施行された2013年7月に従来の保安規定をベースに変更許可を申請していた。その後の審査で必要になったことや、川内原発(鹿児島県)の先行事例を反映させた。具体的には、重大事故の対策要員52人の常時...
in English
カテゴリー:

九電みらい財団、2団体に助成 - 04月28日(金)06:37 

子どもの育成支援などに取り組む「九電みらい財団」(福岡市)は、本年度の県内の助成対象団体に、いずれもNPO法人の「pocoabocco(ポコ・ア・ボッコ)」=佐賀市=と「心ゆるり」=みやき町=を選んだ。27日に九州電力佐賀支社で贈呈式が行われ、遠藤泰昭支社長が両団体の理事長に目録を手渡した。 同財団は環境活動や次世代育成支援を目的に、九州電力が昨年5月に創設。本年度は、九州6県の20団体に総...
in English
カテゴリー:

しんぶん赤旗 全国紙をも上回る取材力の秘密、編集局訪問 - 04月27日(木)07:00 

 日本共産党が発行する政党機関紙、しんぶん赤旗の特徴はなんといっても、全国紙をも上回る取材力にある。  さかのぼること50年以上前の1966年、「田中角栄氏の秘書グループらが奇怪な河川敷買い占め」(日曜版)を特報している。今太閤と呼ばれた田中角栄氏を退陣に追いやる引き金となった立花隆氏の「田中角栄研究」が『文藝春秋』に発表される8年も前に、その金脈に触れる記事を掲載していたのだ。  共産党の路線と赤旗のスクープが補完関係にあるのも興味深い。共産党が労働問題を追及していた2004年、赤旗は「極秘資料入手 ピンハネ月収の28%」(日曜版)と題して、偽装請負で働く人の実情を取り上げた。これをきっかけに偽装請負問題は大手有名企業にまで波及した。  震災後に党が脱原発を強く打ち出すと、「九電が“やらせ”メール」(2011年)で、九州電力玄海原発の再稼働に向けて九電が関係会社に再稼働賛成の投稿を依頼していたことを暴露した。  昨年は、「稲田防衛相 3年間で520万円 疑惑領収書『白紙』で受領認める」(日曜版)で、白紙領収書で政治資金を使う慣習を告発。いずれも全国紙が後追い取材を余儀なくされ、国会でも赤旗の記事を追及材料にした論戦が行なわれた。  全16ページの紙面はどうやって作られているのか。渋谷区にある共産党本部にほど近い建物にある赤旗の編集局を訪ねた。赤旗を印刷する別会社のビルを間借りして...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「九州電力」の画像

もっと見る

「九州電力」の動画

Wikipedia

九州電力株式会社(きゅうしゅうでんりょく、)は、九州地方7県(福岡県長崎県大分県佐賀県宮崎県熊本県鹿児島県)および広島県の一部を事業地域とする電力会社。ただし、屋久島においては単なる配電事業者にすぎず、また九州電力以外の配電事業者も存在する。(詳しくは屋久島電工の項を参照のこと。)

概要

略称は九電(きゅうでん)。福岡市中央区渡辺通にある本社ビルは地元では通称「電気ビル」と呼ばれている。

同社は、佐賀県の玄海原子力発電所3号機でのプルサーマル計画に向けて、2005年(平成17年)9月7日の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる