「九州電力」とは?

関連ニュース

鹿児島知事、川内2号機も稼働容認 - 06月23日(金)10:33 

■「強い対応必要ない」 鹿児島県の三反園訓(みたぞのさとし)知事は22日、県議会の代表質問で、運転中の九州電力川内原発2号機(同県薩摩川内市)の安全性について判断を問われ、「現状では強い対応を取る必要はない」と答弁し、1号機に続いて稼働継続を容認した。 三反園知事の公約に基づいて設置した、川内原発の安全性を検証する県の専門家委員会は、2号機に熊本地震の影響は認められなかったなどとする意見...
カテゴリー:

川内原発 三反園知事、2号機運転も容認 - 06月22日(木)23:50 

 鹿児島県の三反園訓知事は22日の県議会代表質問で、自民党の質問に答え、稼働中の九州電力川内原発2号機について、「現状では(九電に)強い対応を取る必要はない」と述べ、運転の継続を容認する考えを示した。これにより三反園知事は1、2号機とも運転を容認した形となった。
カテゴリー:

川内原発:2号機も運転継続容認へ 鹿児島知事 - 06月22日(木)11:11 

 鹿児島県の三反園訓(みたぞの・さとし)知事は22日の県議会で、九州電力川内(せんだい)原発2号機(同県薩摩川内市)について「現状では強い対応を取る必要はないと考えている」と述べ、運転継続を容認する考えを明らかにした。
カテゴリー:

大分で震度5強 被害情報はなし - 06月21日(水)00:08 

首相官邸は20日、大分県で震度5強の地震があったことを受け、官邸の危機管理センターに官邸連絡室を設置した。 大分、熊本両県によると、20日午後11時45分現在、地震による被害の情報は入っていない。 九州電力によると、東松浦郡玄海町の玄海原発に異常はない。
カテゴリー:

【すごいこと思い付いた!】ダムの水門の一部を低い位置に付け替えれば土砂を排出しやすくなるんじゃね? ダム2つで200億円で済むし - 06月17日(土)09:51 

土砂を流す ダムの改良工事 (みやざき県) *ソース元にニュース画像あり* http://www3.nhk.or.jp/lnews/miyazaki/5064264441.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を ダムに土砂が貯まって水位が上がり洪水被害につながるのを防ごうと、 美郷町のダムで土砂を下流に流すための工事がほぼ終わり、今月末にも運用できるようになりました。 平成17年の台風14号に伴う大雨では県北部の耳川沿いで洪水が起き このうち諸塚村ではおよそ90軒の店舗や住宅が水没するなどの被害を受けました。 こうし...
»続きを読む
カテゴリー:

ユウスゲほころぶ 鎮西町・串崎 - 06月23日(金)06:00 

唐津市鎮西町串崎で、日が沈みかけるころに開花する黄色い花「ユウスゲ」が咲き始めている。空梅雨の影響で見ごろは先になるが、24日には「ゆうすげ祭り」が開かれる。 夕方に咲き、翌朝しぼむユウスゲはユリ科の多年草。地域住民が2006年に九州電力玄海エネルギーパークから1500本を譲り受け、大切に育ててきた。 現在は「ゆうすげの里」(8千平方メートル)に25万本を植栽している。ゆうすげの会の古舘初美...
カテゴリー:

【鹿児島】三反園訓鹿児島知事、川内原発2号機の運転継続を容認 - 06月22日(木)12:19 

鹿児島知事、川内原発2号機の運転継続を容認 2017年06月22日 11時39分 http://www.yomiuri.co.jp/national/20170622-OYT1T50060.html  鹿児島県の三反園訓みたぞのさとし知事は22日の県議会代表質問で、九州電力川内せんだい原子力発電所(鹿児島県薩摩川内市)2号機について「現状で(九電に)強い対応を取る必要はない」と述べ、運転継続を容認する考えを示した。  2015年に再稼働した2号機は昨年12月から定期検査に入り、今年2月に運転を再開。安全性などを検証する県の専門委員会は今月19日、「熊本地震の影響...
»続きを読む
カテゴリー:

玄海町、1号機廃炉事前了解を7月初め九電へ - 06月21日(水)07:59 

東松浦郡玄海町の岸本英雄町長は20日、九州電力玄海原発1号機の廃炉に関わる事前了解を7月初めにも九電へ伝える意向を明らかにした。廃炉工事の着工には町と佐賀県の事前了解が必要で、了解すれば年度内にも作業が始まる見通し。 九電は同日、町議会の原子力対策特別委員会で、1号機の廃止措置計画を改めて説明した。山元春義取締役は事前了解の時期について「法的な期限はないが、7月初旬には了解をいただいて工事を...
カテゴリー:

資金調達162億5000万円に サガハイマット - 06月19日(月)07:50 

■九電12年度以降は“凍結” 予想を上回るペースの患者が利用している九州国際重粒子線がん治療センター(愛称・サガハイマット、鳥栖市)。3年連続で黒字を確保し、「年間患者数が800人を超えれば、経営面でも安定する」と見込む。2016年度末現在、整備資金の目標額150億円に対し「162億5千万円を資金調達した」としている。ただ、この中には当初想定しなかった融資分28億7千万円、九州電力が寄付を...
カテゴリー:

県、唐津市で ヨウ素剤の定期配布開始 - 06月16日(金)09:14 

九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)の事故時の甲状腺被ばくを軽減する安定ヨウ素剤を、定期的に事前配布する佐賀県の取り組みが15日、唐津市の唐津保健福祉事務所で始まった。薬剤師ら4人体制で待機したが、この日に受け取りに来た人はいなかった。 安定ヨウ素剤は、半径5キロ圏の全住民7932人を対象に事前配布する。3歳未満はゼリー剤、3~12歳までは丸薬1丸、13歳以上は2丸になる。今後も毎月1回、第...
カテゴリー:

もっと見る

「九州電力」の画像

もっと見る

「九州電力」の動画

Wikipedia

九州電力株式会社(きゅうしゅうでんりょく、)は、九州地方7県(福岡県長崎県大分県佐賀県宮崎県熊本県鹿児島県)および広島県の一部を事業地域とする電力会社。ただし、屋久島においては単なる配電事業者にすぎず、また九州電力以外の配電事業者も存在する。(詳しくは屋久島電工の項を参照のこと。)

概要

略称は九電(きゅうでん)。福岡市中央区渡辺通にある本社ビルは地元では通称「電気ビル」と呼ばれている。

同社は、佐賀県の玄海原子力発電所3号機でのプルサーマル計画に向けて、2005年(平成17年)9月7日の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる