「主演舞台」とは?

関連ニュース

あの「IWGP」が注目株・大野拓朗主演でミュージカル化 - 12月12日(火)17:50 

NHK連続テレビ小説「わろてんか」に、芸人キース役で出演中。「街中で声を掛けられます!」と朝ドラの影響力を実感中の大野拓朗は、12月23日(土)から東京芸術劇場シアターウエストで開幕する舞台「池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE」に主演する。大阪で朝ドラの収録、東京で舞台の稽古という生活を送るが、デビューから7年、今が“勝負の時”と自覚するその目は熱く輝いている。舞台「池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE」チケット情報(PC)「IWGP」こと「池袋ウエストゲートパーク」は、石田衣良の小説が原作。池袋生まれの主人公マコトがストリートギャングやチンピラたちを相手に、様々な難事件を解決する。2000年には宮藤官九郎の脚本で連続ドラマ化され、大野もリアルタイムで見ていたそう。「当時小6だったけどみんなのカリスマ性に痺れたし、『あの輪の中に入りたい』と思っていました。僕はなんなら学級委員タイプだったので(笑)、不良っぽさに惹かれたわけではなくて。作品全体にも登場人物たちにも、とにかくカリスマ性があったんです。今回の舞台も僕の中では“カリスマ性”がキーワード。お客さんが『とにかくカッコよかった!』って思って帰ってくれたら、もう大成功。伝えたいメッセージなんて何も考えていないけど、『IWGP』の物語の中で一生懸命生きているみんなを観て楽しんでもらえたら、それが一番のメッセージ...more
カテゴリー:

「陸王」にも出演中!洋服とお笑い好きの肉体派俳優・山本涼介がアツい!【U-22美男子名鑑】 - 12月11日(月)16:00 

この冬、ドラマ&映画出演する22歳以下限定の期待度高な“イケメン”俳優を紹介する「美男子名鑑」シリーズ。今回は、第22回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのファイナリストとしての出演をきっかけに芸能界デビューした山本涼介。メンズノンノ専属モデルとしても活躍し、スポーツエンターテイメント「SASUKE」(TBS系)や「仮面ライダーゴースト」(2015~2016年テレビ朝日系)にも出演する肉体派俳優で、現在は日曜劇場「陸王」(TBS系)に、アジア工業陸上部の吉田役で出演中。2018年1月27日(土)公開の映画「ちょっとまて野球部!」や「ニート・ニート・ニート」(2018年公開)にも出演する若手俳優として注目を集めている彼に、20問20答をぶつけてみた。 【写真を見る】スタイル抜群でメンズノンノ専属モデルとしても活躍中!/撮影=コザイリサ ■ Q1:役者になろうと思ったきっかけと、現在の事務所に入ったきっかけを教えてください。 当時僕はサッカー一筋だったのですが、母親がジュノンと三菱鉛筆がコラボした「スタイルフィットボーイ・コンテスト」に応募したのが始まりです。そこで優勝して、ジュノンスーパーボーイコンテストでファイナリストとして参加したんですが、グランプリにはなれなかったんです。そのときに今の事務所に声を掛けていただいて、悔しい気持ちもあったので芸能界に入りたいと思いました。サッカー...more
カテゴリー:

【芸能】“肉食女子”宮沢りえにすっかり骨抜きにされたV6・森田剛 - 12月09日(土)01:31  mnewsplus

 今月に入り、女優の宮沢りえ(44)が突如、自身のインスタグラムを閉鎖してしまった。  「宮沢が交際中のV6・森田剛の主演舞台を娘と一緒に観劇したといううわさが森田のファンの間で広がった。そのため、インスタのコメント欄に森田ファンからの誹謗中傷が殺到。さすがの宮沢も閉鎖を決めたようだ」(芸能記者)  若かりしころ、貴乃花親方(45)との婚約破棄騒動を発端に、数多くの男性と浮名を流して来たりえだが、すっかり森田に“ロックオン”してしまったようだ。  「このところのりえは、自らの主戦場である演劇の舞台での才能...
»続きを読む
カテゴリー:

大山真志「男が憧れる男に」半年で25キロ減量成功 - 12月08日(金)14:59 

 俳優大山真志(28)が8日、東京・浅草六区ゆめまち劇場で、初日を迎えた主演舞台「トワイスアップ~自分を偽るそんな夜に本音を語れる雪が降る」の会見を行った。近未来の地球を舞台にしたハードボイルドコメディー。7月と9月公演に続く「トワイス…
カテゴリー:

数取り団期末テスト放送の「めちゃイケ」に高い注目! 【視聴熱】11/27-12/3ウィークリーランキング - 12月04日(月)17:00 

webサイト「ザテレビジョン」では、12月4日に「視聴熱(※)」ウィークリーランキング(対象期間=11月27日~12月3日)を発表した。 【写真を見る】佳境を迎える秋ドラマ、視聴者の注目は? 11月27日~12月3日“視聴熱”ウィークリーランキング ドラマ部門 ■ 人物ランキング 香取慎吾が表紙を飾った雑誌重版に驚き! 1位 嵐/2位 香取慎吾/3位 貴乃花 香取慎吾…香取慎吾が稲垣吾郎、草なぎ剛と共に表紙を飾った男性誌「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)1&2月合併号の重版が決定。売り切れ続出で12月16日(土)に再販売されることになった。香取も自身のTwitterで「凄いのー!」と驚いた。また、Instagramには東京・六本木トンネルに描かれた壁画「ジッパー」の前で撮影したと思われる写真をアップ。アーティスティックな雰囲気が大反響となり、18万を超える「いいね!」が付けられている。 ■ ドラマランキング 「陸王」で宮沢に最大のピンチが! 1位 おんな城主 直虎/2位 陸王/3位 重要参考人探偵 陸王…12月3日の第7話は、アッパー素材の取引が白紙になったこはぜ屋では、「陸王」の製造停止の危機に。さらにシルクレイ製造機にもトラブルが発生。最大のピンチに立たされた宮沢(役所広司)は、坂本(風間俊介)からある提案を受ける。公式Twitterでは放送までのカウントダウン投稿...more
カテゴリー:

【舞台】"北乃きい" 14年目の進化!舞台初主演でいきなり世界的名作に挑戦 - 12月11日(月)21:55  mnewsplus

2017.12.11 05:05  女優、北乃きい(26)が来年5月に上演される「人形の家」で舞台初主演することが10日、分かった。 ノルウェーの劇作家、ヘンリック・イプセンの世界的名作で、人間らしく生きるために家庭を捨てて、新たな人生に向かうヒロインを演じる。 6年ぶり2度目の舞台で、女性の自立の象徴となった大役に挑む若手の演技派は「プレッシャーもありますが、覚悟を決めてやるしかない」と女優人生の転機を意識している。  来年デビュー14年目を迎える北乃が、舞台初主演で世界的名作に挑む。  「人形の家」は、...
»続きを読む
カテゴリー:

内場勝則「ウルッと」主演舞台のDVD発売をPR - 12月10日(日)19:28 

 吉本新喜劇座長、内場勝則(57)が10日、大阪市内で今年7月に主演した舞台「FILL-IN ~娘のバンドに親が出る~」のDVD発売記念イベントを出席した。DVDを上映しながらトークを繰り広げた内場は「おっちゃんたちがウルッとくるかも」…
カテゴリー:

“肉食女子”宮沢りえにすっかり骨抜きにされたV6・森田剛 - 12月08日(金)21:03 

今月に入り、女優の宮沢りえ(44)が突如、自身のインスタグラムを閉鎖してしまった。 「宮沢が交際中のV6・森田剛の主演舞台を娘と一緒に観劇したといううわさが森田のファンの間で...
カテゴリー:

配信ドラマ版『不能犯』予告編公開 沢尻エリカ、永尾まりやの見どころ満載 - 12月06日(水)01:39 

 映像配信サービス「dTV」で独占配信されるオリジナルドラマ『不能犯』(2017年12月22日スタート、毎週金曜更新)の予告編&メインビジュアル、新たな場面写真が公開された。 【動画】dTVオリジナルドラマ『不能犯』予告編  『グランドジャンプ』(集英社)で連載中の同名漫画(原作:宮月新、作画:神崎裕也)が原作。“思い込み”や“マインドコントロール”で人を殺すなど、常識的に考えて犯行を証明できない“立証不可能犯罪”で、ターゲットを確実に死に至らしめる殺し屋・宇相吹正(うそぶき・ただし)と彼に翻弄される人々の悲惨な運命を描いた新感覚スリラーエンタテインメント。  宇相吹役に松坂桃李、宇相吹の能力が唯一効かない天敵の刑事・多田友子役に沢尻エリカを配役した実写映画(2018年2月1日公開)に先駆けて、映画では描かれないエピソードがドラマ化される。  予告編には、主演の松坂、沢尻ほか、永尾まりや、永井大、平岡祐太ら映画版のキャストが総出演。赤く光る眼により相手をマインドコントロールする松坂演じる宇相吹正の不気味な表情を描くほか、 沢尻演じる刑事・多田と新日本プロレスのタイチとの本格的なアクションシーン、さらには元AV女優役で自身初となる濡れ場を見事に演じきった永尾による体当たりのベッドシーンなど、見どころが満載されている。  メインビジュアルは、人々の心を操り支配する宇相吹の恐怖...more
カテゴリー:

『AAA2017』でピコ4兄弟が「PPAP」 高橋優&三浦春馬も共演 - 12月01日(金)21:49 

 俳優・岸谷五朗の呼びかけで1993年からスタートし、25回目を迎えるエイズ啓発チャリティーイベント『Act Against AIDS 2017 「THE VARIETY 25」~絶好調俳優大熱唱!本物聴かせますミュージシャン!~』が世界エイズデーの12月1日、東京・日本武道館で開催された。“ピコ4兄弟”による「PPAP」、高橋優と三浦春馬のコラボレーションなど俳優やミュージシャン17組が3時間にわたって全28曲を“大熱唱”した。 【写真】昨年は岸谷五朗×岸谷香 夫婦共演が実現  オープニングは岸谷の妻・岸谷香が登場。昨年は夫婦共演で沸かせたが、今年は“芸能生活50周年”の水谷千重子とデュエットで「世界でいちばん熱い夏」を歌い上げ、さらに岸谷が作曲、友近と岸谷が作詞した「千重子のウインク」を披露した。この後、お台場でディナーショーが控えている水谷は貫禄の歌声を響かせると「行ってきまーす!」と手を振り、小走りで武道館を後にした。  イベントの中核メンバー岸谷五朗・寺脇康文・三浦春馬の3人の自己紹介とDearDreamのパフォーマンスを経て、昨年トリを務めた大黒摩季が登場。代表曲「熱くなれ!」に続き、ピカピカのジャケットを着た岸谷・寺脇・三浦をバックダンサーに従え「Lie,Lie,Lie,」を熱唱した。テレビ朝日系ドラマ『オトナ高校』を観ているという大黒は「(ドラマ主演の)三浦春...more
カテゴリー:

もっと見る

「主演舞台」の画像

もっと見る

「主演舞台」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる