「主演男優賞」とは?

関連ニュース

全米俳優組合賞は「スリー・ビルボード」が最多4ノミネート - 12月15日(金)11:00 

 第24回全米俳優組合(SAG)賞のノミネーションが、12月13日に発表された。  映画部門は、フランシス・マクドーマンド主演「スリー・ビルボード」が最多4ノミネート。本作は米ミズーリ州の田舎町を舞台に、娘を殺された主婦ミルドレッドが、犯人を逮捕できない警察に業を煮やし、抗議のため町はずれに巨大な広告看板を設置するクライムドラマで、ミルドレッド役を演じたマクドーマンドのほか、警察官役を演じたウッディ・ハレルソン、サム・ロックウェルもノミネートされた。  テレビ部門では、今年のエミー賞で5冠を達成したHBOの「ビッグ・リトル・ライズ セレブママたちの憂うつ」と、NetflixのSFドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」、1980年代の女子レスリング界の裏側を描いたNetflixドラマ「GLOW:ゴージャス・レディ・オブ・レスリング」が、それぞれ最多4ノミネートを獲得した。  SAG賞授賞式は2018年1月21日に開催され、女優クリステン・ベルが司会を務める。第24回SAG賞ノミネートは以下の通り。 ▼映画部門 ▽主演男優賞 ティモシー・シャラメ「コール・ミー・バイ・ユア・ネーム(原題)」 ジェームズ・フランコ「The Disaster Artist」 ダニエル・カルーヤ「ゲット・アウト」 ゲイリー・オールドマン「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」 ...more
カテゴリー:

ルカ・グァダニーノ監督最新作『君の名前で僕を呼んで』、2018年4月公開決定 - 12月15日(金)07:00 

 11月24日に全米公開され、早くも多くの賞レースで高評価を得ている映画『Call Me By Your Name(原題)』が、『君の名前で僕を呼んで』の邦題で2018年4月に公開となることが決定した。【関連】第75回ゴールデン・グローブ賞<映画の部>作品賞ノミネート<フォトギャラリー> 1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオ(ティモシー・シャラメ)は、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァー(アーミー・ハマー)と出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 アンドレ・アシマンによる原作を実写化した本作は、『胸騒ぎのシチリア』などのルカ・グァダニーノが監督を、『眺めのいい部屋』の監督として知られるジェームズ・アイヴォリーが脚色を担当。今回邦題に決定した『君の名前で僕を呼んで』は原題の直訳であり、エリオとオリヴァーが、互いの想いを確かめ合う印象的なシーンに登場する重要な台詞の一部でもある。 賞レースの始まりとともに、オスカーを占う重要な前哨戦であるゴッサム賞、ロサンゼルス映画批評家協会賞を制覇した本作は、アカデミー賞最有力候補との呼び声も高い。ゴールデングローブ賞でも、主要部門の作品賞(ドラマ部門)、主演男優賞(ドラマ部門/ティモシー・シ...more
カテゴリー:

ゲイリー・オールドマンがGG賞ノミネート!「ウィンストン・チャーチル」30秒予告公開 - 12月14日(木)20:00 

ゲイリー・オールドマンが元英国首相のウィンストン・チャーチルを演じ、第75回ゴールデングローブ賞の主演男優賞(ドラマ)にノミネートされた「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」の...
カテゴリー:

「ペンタゴン・ペーパーズ」公開日が18年3月30日に決定!ゴールデングローブ賞6部門候補 - 12月12日(火)16:30 

 メリル・ストリープとトム・ハンクスが初共演するスティーブン・スピルバーグ監督作「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」の日本公開日が、2018年3月30日に決定した。 ・「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」場面写真はこちら!  1971年のアメリカ。国防総省がベトナム戦争に関する分析を記録し、トップシークレットとしてきた文書、通称「ペンタゴン・ペーパーズ」の存在をニューヨーク・タイムズ紙がスクープするが、政府からの圧力で差し止められてしまう。アメリカ初の女性新聞発行人であるワシントン・ポスト紙のキャサリン・グラハム(ストリープ)は、同紙の編集主幹ベン・ブラッドリー(ハンクス)らとともに、ライバルのニューヨーク・ポスト紙と連携し、政府の圧力に屈することなく真実を世に発表しようと奮闘する。  12月11日(現地時間)に発表された第75回ゴールデン・グローブ賞映画部門のノミネーションでは、作品賞(ドラマ)、監督賞、主演女優賞(ドラマ)、主演男優賞(ドラマ)、脚本賞、作曲賞の6部門に選出され、他の有力候補と共に賞レースを引っ張っている本作。スピルバーグ監督は、トランプ大統領就任45日後に本作の製作を発表、撮影を予定していた新作のスケジュールを先送りにしてまで本作の撮影を優先したといい、並々ならぬ覚悟が表れた作品といえる。  「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」は、18年3...more
カテゴリー:

ポール・トーマス・アンダーソン最新作がボストン映画批評家協会賞 - 12月12日(火)13:30 

 ポール・トーマス・アンダーソン監督の最新作「ファントム・スレッド(原題)」がボストン映画批評家協会賞において、作品賞を含む3冠に輝いた。  同作は、アンダーソン監督が「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」(07)以来10年ぶりに名優ダニエル・デイ=ルイスとタッグを組んだ注目作で、50年代のロンドンを舞台に、50年代のロンドンを舞台に、有名デザイナー(デイ=ルイス)と彼にインスピレーションを与える女性との恋愛を描く作品。デイ=ルイスが本作をもって俳優引退を宣言していることでも知られている。ボストン映画批評家協会賞において、同作は作品賞と監督賞、オリジナル楽曲賞(ジョニー・グリーンウッド)の3部門を受賞した。  なお、賞レースで注目を集めている女優グレタ・ガーウィグの監督デビュー作「レディ・バード(原題)」は助演女優賞と脚本賞、「ゲット・アウト」は主演男優賞(ダニエル・カルーヤ)、新人監督賞(ジョーダン・ピール)でそれぞれ2冠に輝いている。  ちなみに昨年、ボストン映画批評協会は「ラ・ラ・ランド」に作品賞と監督賞を授与している。 【作品情報】 ・ゼア・ウィル・ビー・ブラッド 【関連記事】 ・【人物情報】ポール・トーマス・アンダーソン ・P・T・アンダーソン監督×D・デイ=ルイスの再タッグ作がクランクイン ・P・T・アンダーソン監督とD・デイ=ルイス、ファッション界舞台の新作で再タ...more
カテゴリー:

第75回ゴールデングローブ賞(テレビの部ドラマ部⾨)でフレディ・ハイモアが主演男優賞にノミネート!!今秋全米視聴率No.1の話題作が日本初上陸!! - 12月15日(金)10:55 

[株式会社WOWOW] [画像: https://prtimes.jp/i/1355/4087/resize/d1355-4087-594011-0.jpg ]  サヴァン症候群と自閉症を抱えている若手外科医ショーン・マーフィー (フレディ・ハイモア)は、外科部⾨において名高い聖サン=ホ...
カテゴリー:

賞レースで話題の初恋ドラマ「君の名前で僕を呼んで」18年4月公開決定 - 12月15日(金)07:00 

 米俳優アーミー・ハマーと新星ティモシー・シャラメの共演作「Call Me By Your Name」が、「君の名前で僕を呼んで」の邦題で2018年4月に公開されることが決定した。  1983年夏、北イタリアの避暑地。17歳の少年エリオは、大学教授の父親が招いた24歳の男子大学院生オリヴァーと出会う。一緒の時間を過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの思いは、初めて知る恋へと変わっていく。  「ミラノ、愛に生きる」「胸騒ぎのシチリア」で知られる、イタリア出身のルカ・グァダニーノ監督がメガホンをとり、初恋の輝きや切なさをすくい上げる。米作家アンドレ・アシマン氏が2007年に発表した同名小説を、「日の名残り」「眺めのいい部屋」の巨匠ジェームズ・アイボリーが脚色。タイトルは、エリオ(シャラメ)とオリヴァー(ハマー)が互いの思いを確かめ合う印象的な場面のセリフの一部分であり、邦題も配給関係者満場一致で決定したという。  本作は、第75回ゴールデングローブ賞で作品賞(ドラマ)をはじめ、シャラメが主演男優賞(ドラマ)、ハマーが助演男優賞にノミネート。アカデミー賞前しょう戦の話題作のひとつであり、第90回アカデミー賞にも期待がかかる。特に、本作で本格的な映画初主演を果たしたエリオ役のシャラメは、米ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞のブレイクスルー演技賞を皮切りに、ニューヨーク映画批評家協会や...more
カテゴリー:

ゲイリー・オールドマンがGG賞ノミネート!「ウィンストン・チャーチル」30秒予告公開 - 12月14日(木)20:00 

 ゲイリー・オールドマンが元英国首相のウィンストン・チャーチルを演じ、第75回ゴールデングローブ賞の主演男優賞(ドラマ)にノミネートされた「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」のポスターと30秒予告が、公開された。 ・「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」30秒予告編はこちら!  舞台は、1940年、第2次世界大戦初期。ナチス・ドイツの勢力が拡大し、イギリスにも侵略の脅威が迫っていた。連合軍がフランス・ダンケルクの海岸で窮地に追い込まれるなか、英国首相に就任したばかりのウィンストン・チャーチル(オールドマン)は、ヒトラーに屈するのか、戦うのか、究極の選択を迫られる。「ダークナイト」や「ハリー・ポッター」シリーズで人気を博すオールドマンに加え、チャーチルを支える妻クレメンティーンを「イングリッシュ・ペイシェント」のクリスティン・スコット・トーマス、秘書エリザベスを「ベイビー・ドライバー」のリリー・ジェームズ、英国王ジョージ6世を「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」のベン・メンデルスゾーンがそれぞれ演じる。  ポスターと予告編で大きく目を引くのは、チャーチルに“変身”したオールドマンの驚異のビジュアルだ。ポスターではチャーチルが葉巻をくゆらすさまが切り取られており、威厳や風格までも感じられるものになっている。予告編では、ナチス・ドイツ...more
カテゴリー:

ゴールデングローブ賞テレビ部門は「ビッグ・リトル・ライズ」が最多6ノミネート - 12月12日(火)15:30 

 ハリウッド外国人映画記者クラブ(HFPA)の会員投票によって選出される、第75回ゴールデングローブ賞のノミネーションが12月11日(現地時間)に発表された。  最多6ノミネートを獲得したのは、作家リアン・モリアーティのベストセラー小説をドラマ化したミニシリーズ「ビッグ・リトル・ライズ セレブママたちの憂うつ」。リース・ウィザースプーン、ニコール・キッドマン、ローラ・ダーン、シャイリーン・ウッドリー、ゾーイ・クラビッツといった豪華女優が共演する本作は、カリフォルニアの高級住宅街を舞台に、子どもたちの学校で起こった謎の事件を通じて、不倫、DV、レイプなど、幸せそうに見えた母親たちの抱える闇が徐々に明らかになる。今年のエミー賞では最多5冠を達成しており、シーズン2の制作も既に発表されている。  続いて、スーザン・サランドンとジェシカ・ラングという2大女優が火花を散らす「フュード 確執 ベティvsジョーン」が、4ノミネートを獲得。本作は、ハリウッド黄金期の名女優ベティ・デイビスとジョーン・クロフォードが共演した1962年の傑作ミステリー「何がジェーンに起ったか?」の舞台裏を描いた作品で、ドラマ界のヒットメーカー、ライアン・マーフィが制作総指揮を手がけた。  授賞式は2017年1月7日(現地時間)に開催され、コメディアンのセス・マイヤーズが司会を務める。第75回ゴールデングローブ賞(...more
カテゴリー:

ゴールデングローブ賞は「シェイプ・オブ・ウォーター」が最多7部門にノミネート - 12月12日(火)12:00 

 ハリウッド外国人映画記者クラブ(HFPA)の会員投票によって選出される、第75回ゴールデングローブ賞のノミネーションが12月11日(現地時間)に発表された。  最多7部門にノミネートされたのは、ギレルモ・デル・トロ監督のファンタジーロマンス「シェイプ・オブ・ウォーター」。同作は、米ソ冷戦時代のアメリカを舞台に、政府の極秘研究所で清掃員として働く女性(サリー・ホーキンス)が、実験対象であるモンスターと恋に落ちる物語。ベネチア国際映画祭で最高賞にあたる金獅子賞を受賞しており、先ごろ発表された放送映画協会賞でも最多14ノミネートを獲得している。  続く6部門には、スティーブン・スピルバーグ監督「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」、マーティン・マクドナー監督「スリー・ビルボード」がノミネートされた。  また、公開直前にケビン・スペイシーのセクハラ疑惑が発覚した「All the Money in the World」で、急遽スペイシーの代役を務めたクリストファー・プラマーが助演男優賞にノミネート。ジョン・ポール・ゲティ3世誘拐事件を題材にした同作は、12月22日の全米公開予定日までわずか1カ月半という土壇場でスペイシーが降板し、代わりにプラマーが富豪一族の長ジョン・ポール・ゲティ・シニア役を演じた。前代未聞の騒動に見舞われたリドリー・スコット監督、主演のミシェル・ウィリアムズもノ...more
カテゴリー:

もっと見る

「主演男優賞」の画像

もっと見る

「主演男優賞」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる