「主演映画」とは?

関連ニュース

『フラーハウス』シーズン3、『フルハウス』ではできなかった夏エピソード - 09月24日(日)18:00 

 放送開始から今年30周年を迎えた米国のファミリードラマ『フルハウス』のその後を描くNetflixオリジナルドラマ『フラーハウス』。最新のシーズン3の中には日本が舞台となるエピソードがあり、その撮影のため8月に主要キャスト9人が来日。この機会に取材したキャストのインタビューを順次掲載する。 【動画】『フラーハウス 最高の夏休み』日本語吹替版予告編  まずは、タナー家の長女D.J.役のキャンディス・キャメロン・ブレ、次女ステファニー役のジョディ・スウィーティン、D.J.の親友キミー役のアンドリア・バーバーの“3人娘”に聞いた。 ――日本で『フラーハウス』の撮影をするなんて、驚きです。 【キャンディス(D.J.)】私たちもよ。子ども頃に出ていた番組が、遠く離れた日本でも愛されていて、こうして撮影しに来ているというのが、不思議な感じもするわ。私たち3人は昨年12月に、シーズン2のプロモーションで来日したけど、たった2日間の滞在だったの。今回は、期間も長いし、観光もできそうだから、本当にわくわくしているわ。 【ジョディ(ステファニー)】昨年12月に日本を訪れた経験はとてもすばらしいものだった。その気持ちが今回の日本を舞台にしたエピソードにつながったのかもしれないわね。 ――シーズン3の見どころは? 【キャンディス(D.J.)】私たち3人それぞれ、パートナーとの関係に進展が見ら...more
カテゴリー:

背中が大きく開いたセクシードレスで登場の吉高由里子が語る純愛とは? - 09月24日(日)10:56 

女優の吉高由里子が9月23日、新宿バルト9で行われた映画『ユリゴコロ』初日舞台挨拶に松坂桃李、佐津川愛美、清野菜名、清原果耶、熊澤尚人監督とともに、背中の大きく開いた黒のセクシードレス姿で登壇。吉高にとって5年ぶりの主演映画となったが、メガホンをとった熊澤監督から「吉高さんなくしては作れなかった映画。吉高由里子の100年残る代表作だと思っています」と賞賛されると「恥ずかしいな」と大テレだった。 本作は沼田まほかるの同名小説を、映画『君に届け』の熊澤監督が映画化。婚約者の失踪により日常が不穏になった亮介(松坂)は、実家で「殺人者の告白」が綴られたノートを発見。そこから、過去から現代へと続く悲しみの連鎖のなかで、愛と宿命の渦に巻き込まれる男女の姿を描いた衝撃の物語だ。 何年にも渡って脚本を執筆するなど、熊澤監督にとっては非常に思い入れの強い作品だったようで「吉高さんは血を流しながら、涙を流しながら熱演していただきました。濁流に飲まれているシーンもスタントなしで本人がやっています」とかなり過酷な要求をしたと告白。 実際、吉高も「自分も磨耗した作品。ラストは2日間ずっと泣きっぱなしで、こめかみが切れると思ったぐらい涙腺を搾り出していました」と壮絶な撮影を振り返っていたが、本作のテーマである「純愛」について問われると「愛なんて人から教わるものではなく、自分の経験によって育まれるものだと...more
カテゴリー:

吉高由里子、映画「ユリゴコロ」は体張った代表作 - 09月24日(日)07:38 

 吉高由里子(29)が23日、都内で主演映画「ユリゴコロ」(熊沢尚人監督)の初日舞台あいさつを行った。  殺人者を演じた吉高は濁流にのまれるシーンはスタントなしで体を張った。「自分を摩耗した作品。たくさんの方に見ていただければ」。熊沢監…
カテゴリー:

僧侶が煩悩と闘う異色時代劇が逆輸入公開 庭月野監督「忍耐の賜物です」 - 09月23日(土)18:12 

 女性にモテすぎて煩悩に苦しむ僧侶の苦悩をコミカルに描く映画『仁光の受難』の初日舞台あいさつが23日、都内で行われ、主演の辻岡正人やメガホンをとった庭月野議啓監督らが出席した。 【写真】辻岡正人、若林美保、有元由妃乃らが登壇  庭月野監督は、フリーの映像ディレクターとしてCM制作などを手掛ける傍ら、クラウドファンディングなども募りながら4年の歳月をかけて同作を完成させた。2016年に開催された『バンクーバー国際映画祭』のワールドプレミア上映で評判を呼び、その後、『釜山国際映画祭』『ロッテルダム国際映画祭』などに続々出品が決定。撮影から約5年経ち、やっと日本で公開を迎えた。  実写とアニメーションを融合させ、摩訶不思議な世界を作り上げた庭月野監督は、資金不足から自身でVFXも手がけたといい、「めきめき腕を上げていきました」と自画自賛。客席にいたキャスト、スタッフたちも紹介し、「(この作品は)みんなの忍耐の賜物です。辛抱強く待ってくれた」と感謝した。  主演の辻岡は「監督は初めての長編作品ということで、現場でも右往左往あった。監督も葛藤があって、完成してもどうやって日本で公開するのかとか、いろんなことを経てこの場を迎えられた幸せです」と感慨深げ。滝行のシーンでは、台風の影響で事前に調査していたよりも強い滝に打たれ、脳震盪(のうしんとう)を起こしていたと告白して驚かせた。  そ...more
カテゴリー:

[吉高由里子]主演映画で体当たり演技「結構、摩耗した」 2日間泣きっぱなしも - 09月23日(土)16:26 

 女優の吉高由里子さんが23日、東京都内で行われた主演映画「ユリゴコロ」(熊澤尚人監督)の初日舞台あいさつに登場。濁流に飲まれていくシーンもスタントなしという、体当たり演技を見せている吉高さんは、「自分も結構、摩耗した作品」といい、クライ……
カテゴリー:

[鈴木紗理奈]最優秀女優受賞作イベントで大粒の涙 「恩返しできてよかった…」 - 09月24日(日)17:18 

 タレントの鈴木紗理奈さんが24日、東京都内で行われた主演映画「キセキの葉書」(ジャッキー・ウー監督)の完成披露上映会に出席した。同作に主演した鈴木さんは、7月にスペインで開かれた「マドリード国際映画祭」で最優秀外国映画主演女優賞を受賞。 ……
カテゴリー:

山田涼介が涙「グッときた」西田敏行に心読まれた - 09月24日(日)08:44 

 Hey!Say!JUMP山田涼介(24)が23日、都内で主演映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」(広木隆一監督)の初日舞台あいさつに登壇した。  手紙が現在と過去をつなぐファンタジー作品。共演の西田敏行(69)は、山田に内緒で手紙を用意していた…
カテゴリー:

リリー・フランキー「障害者も恋やセックスしたい」 - 09月24日(日)04:59 

 リリー・フランキー(53)が、ニッカンスポーツコムの単独インタビューに応じた。リリーは主演映画「パーフェクト・レボリューション」(松本准平監督、29日公開)で、幼少時に脳性まひを患い、車いす生活を続けながら障害者の恋愛や性の支援を訴え…
カテゴリー:

Leola新曲が深川麻衣の主演映画「パンとバスと2度目のハツコイ」主題歌に - 09月23日(土)18:00 

Leolaの新曲「Puzzle」が2018年2月17日に公開される映画「パンとバスと2度目のハツコイ」の主題歌に決定した。
カテゴリー:

吉高由里子ハイボールは「愛の結晶のシュワシュワ」 - 09月23日(土)16:19 

 吉高由里子(29)主演映画「ユリゴコロ」(熊沢尚人監督)が23日、初日を迎え、東京・新宿バルト9で舞台あいさつが行われた。  殺人を犯していく女性がつづったノートが見つかり、現代と過去が交錯していく物語。殺人者を演じた吉高は「すごく引…
カテゴリー:

もっと見る

「主演映画」の画像

もっと見る

「主演映画」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる