「主治医」とは?

関連ニュース

夫の不倫を許そうとした妻「だけど、身体が悲鳴を上げた」 - 05月21日(月)08:47 

<不倫発覚、その後。――Vol.2>  不倫事情を長年取材し著書多数のライター・亀山早苗さんがレポートする、不倫発覚後の“夫婦の行方”。(以下、亀山さんの寄稿)  夫の不倫が発覚後、夫婦でよく話し合い、納得もしてやり直すと決めたのに、どうにも我慢ができなくなって離婚したというケースがある。人間は理屈通りにはいかないのだ。 「あんなにきちんと話し合って、お互いに努力もしたのにどうにもならなかった。そのことが私にはショックでした。自分に自分が裏切られたような気がして……」  そう言うのはヒロコさん(仮名・42歳)だ。3歳年上の夫とは、29歳のときに結婚、ひとり娘にも恵まれた。ところが結婚して10年たったとき、夫の不倫が発覚。話し合いを重ね、やり直すと決めたが2年でヒロコさんが音を上げた。 ◆「ただいま」の言い方で、夫の不倫に気づいてしまった 「夫は自分の職場に来ていた派遣の既婚女性と関係をもっていました。夫の言いぶんによれば、家庭がうまくいかないと彼女から相談されたのがきっかけで、ふたりで会うようになったそうです。関係をもったのは一度きりだと言ったけど、一度きりって嘘っぽいですよね。少なくとも1年くらいは恋人のように関係を持っていたと私は思っています」  なんとなく夫の様子がおかしいと感じてカマをかけたら、夫はすぐに白状したという。  一般的に夫の浮気は携帯などからバレ...more
カテゴリー:

退役軍人長官にウィルキー氏=米政権 - 05月19日(土)06:21 

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は18日、退役軍人長官にロバート・ウィルキー国防次官を指名すると表明した。 同長官ポストをめぐってトランプ氏は、前任者のシュルキン氏を公金不正使用問題で3月に更迭。後任に主治医だったロニー・ジャクソン氏をいったん指名したが、ジャクソン氏も沈痛用麻薬を大量に処方して配った疑惑が浮上し、指名を辞退していた。 【時事通信社】
カテゴリー:

【ニコ生】重度の精神障害者が元気に温泉巡り、有料配信でボロ儲け!「本当に病気か?」と疑問の声が続出 - 05月17日(木)16:18  news

ニコニコ生放送などの配信者には、重度の精神障害であると認定されて、障害年金を受給している人々がいる。 そうした人々の活動に対して、「まるで健常者と変わりないかのように元気に配信しており、本当に重度の 障害なのだろうか」と疑問視する声が、以前から当サイトに定期的に寄せられてきた。 「フグちゃん」と名乗る男性配信者に関する情報は、特に多く寄せられる。昨年の記事では、精神障害2級である彼が、 ふわっちでの配信にて30万円近くも荒稼ぎしたという件を扱った。精神障害2級は、「日常生活が著しい制限を 受 ...
»続きを読む
カテゴリー:

福田明日香、2歳の娘が急性肺炎と診断され即入院「珍しい菌に感染してしまった」 - 05月16日(水)15:49 

歌手の福田明日香が15日に更新した自身のアメブロで、2歳の娘が急性肺炎と診断され入院していたことを明かした。 ある晴れた日に、屋外で開催されたワークショップに参加したという福田。「暑かったけど、とても楽しんでいた様子でした」と、打楽器を叩く子どもの後ろ姿を公開した。しかし、その翌日になって娘が40度の熱を出してしまったといい、「病院で検査した結果、マイコプラズマ感染症の検査で陽性反応がでました」と明かした。 その後も娘は数日間にわたって39度前後の高熱を出し、ひどく衰弱していたため大学病院に連れて行ったところ、急性肺炎と診断されて即入院になったという。入院2日目でも食事ができず、点滴をする姿などが写真とともに報告されている。 入院4日目にして「ムクッと起きて、メロンパンを半分食べて牛乳もちょっと飲めた!」と、自力で食事ができるまでに回復できた様子。さらに、「精密検査をしていくうちに、今まで飲んでいたお薬はまったく効かない種類の菌に感染していた事が判明」したといい、「すぐに、抗菌薬の種類を変えてもらい、みるみる回復していきました!」と治療に進展があったこともつづった。そして8日間の入院で、主治医から退院の許可が出て迎えに行ったことを報告した。 福田は「それにしても、そんな珍しい菌に感染してしまったとは、かわいそうに」といたたまれない様子で、「わが娘よ、災難だったけど、試練を乗...more
カテゴリー:

宮崎駿「身体のために煙草やめください」高畑勲「やめます」→宮崎「パクさんの傍でタバコ吸ったろw」 - 05月16日(水)07:50  news

 パクさんは、95歳まで生きると思い込んでいた。そのパクさんが亡くなってしまった。自分にもあんまり時間がないんだなあと思う。9年前、私たちの主治医から電話が入った。 「友達なら、高畑監督のタバコをやめさせなさい」と真剣な怖い声だった。主治医の迫力に恐れをなして、僕と鈴木さんは(鈴木さんというのはプロデューサーです)、パクさんとテーブルを挟んで向かい合った。 姿勢を正して話すなんて、初めてのことだった。 「パクさん、タバコをやめてください」と僕。「仕事をするためにやめてください」これは鈴木さん。...
»続きを読む
カテゴリー:

無事に生まれた奇跡に感謝。ハイリスク妊娠である前置胎盤の出産体験記 - 05月20日(日)10:00 

みなさんは前置胎盤という言葉を聞いたことがありますか? 日本産科婦人科学会では、 胎盤が正常より低い位置に付着し、胎盤が子宮の出口(内子宮口)にかかっていたり覆っていたりする状態を「前置胎盤」といい、その頻度は、全分娩の0.3~0.6%といわれています。また、前置胎盤のうち5~10%では、胎盤と子宮が癒着して胎盤がはがれない「前置癒着胎盤」となる可能性もあります。 胎盤は、お母さんと赤ちゃんをつなぐ血液・酸素・栄養のとても豊富な組織です。前置胎盤は、胎盤が赤ちゃんよりも子宮の出口付近に位置しているため、ほぼ100%帝王切開で分娩となり、お母さんにとっても赤ちゃんにとっても危険性の高いハイリスク妊娠なのです。 と定義されています。 秋篠宮妃の紀子さまが悠仁親王を出産する際、前置胎盤と診断されていました。 実は筆者は、お母さんや赤ちゃんにとって危険性の高いハイリスク妊娠である前置胎盤と診断された一人です。自分が前置胎盤と診断されるまで、健康な妊婦生活を送り出産することは当たり前だと思っていました。 妊婦健診では順調と診断されるような心配事がない「普通の妊婦」だった 結婚して2年ほどたった頃、仕事をしながら第1子を妊娠。妊娠初期から、大きなトラブルもなく、つわりもそうひどくなかったため、”普通”に仕事と妊婦ライフを両立していました。 妊娠5か月ごろには初めて胎動を感じたり、性別が...more
カテゴリー:

私の夫と結婚してください 受け取ったバトン、その先に - 05月18日(金)17:50 

 20年前。ゆかりさんは、ある子宮がん患者の主治医になった。 その年の春から、川崎市の病院で緩和ケアを担当。入院してきた患者のゆり子さんと、夫の雄二さんはむつまじかった。夫は病院に寝泊まりしながら仕事…
カテゴリー:

コレステロール管理の究極ガイド - 05月16日(水)20:00 

コレステロールと、その数値を管理する重要性は、みなさんすでにご存知ですよね。しかし、どうしたらよいかという大切なところはうやむやにしてしまっていることが多いかもしれません。ご心配なく、それはあなただけではありません。2017年4月、アメリカ心臓協会はコレステロール高めの人は、どう体調を管理するかわからず自信がないとという調査結果を発表しました。そして、心臓病または脳卒中の病歴またはその危険因子をもつ回答者の47%は、コレステロールを1年以上測っていませんでした。ニューヨークのコロンビア・プレスビテリアン病院の循環器科および内科の医師、ジェニファー・ヘイズさんはこう話しています。「コレステロールについては学会の間でデータの矛盾があり、患者にとってコレステロールのあるべきレベルとそこに到達するのに何をすべきかを正確に知るのが難しくなっています」。やや高めのコレステロール値、というだけでも、将来心疾患を引き起こす可能性はあります。コレステロール値を管理するために知るべきことのすべてを紹介しましょう。コレステロールは悪者にされがちですが...... コレステロールは、体のあらゆる細胞で見つかる、脂肪のような物質で、米国国立心臓・肺...more
カテゴリー:

「責任全うしたい」 翁長知事退院 痩せた印象も - 05月16日(水)09:58 

 15日午前10時半すぎ、沖縄県の浦添総合病院の正面玄関。しっかりとした足取りで現れた翁長雄志知事は主治医らと固く握手し、集まった多くの報道陣と向き合った。膵臓(すいぞう)の腫瘍が見つかり、浦添市内の病院に入院してから41日。時折、笑みを浮かべ「体力をしっかり回復して一日も早く公務復帰し、任され...
カテゴリー:

夜中に2回以上は要注意。夜間頻尿はLOH症候群のサインかも - 05月16日(水)06:00 

夜に何度もトイレに立つなど、生理現象として見過ごしがちな症状が、男性の更年期、いわゆるLOH症候群発症のサインになっていることがあるという。夜間頻尿とLOH症候群の関係について、泌尿器科医師の大岡均至さんに聞いた。 ■今回のアドバイザー 独立行政法人国立病院機構神戸医療センター 泌尿器科部長 大岡均至さん 神戸医療センターにて、泌尿器科部長、感染対策室特別顧問(ICD)、抗菌化学療法指導医を併任。腎癌分子標的療法から夜間頻尿など、専門分野は多岐に渡り、患者に寄りそった診療を心がける。 LOH症候群による精神状態の変調や睡眠障害が夜間頻尿の原因に? 多くの人が悩んでいる尿トラブルのひとつ「夜間頻尿」。夜間頻尿の原因はさまざまだが、独立行政法人国立病院機構神戸医療センター泌尿器科部長の大岡均至さんによれば、なかには男性更年期障害(以下、LOH症候群)の発症が深く関わっていることもあるという。 「LOH症候群は、男性の加齢にともなう精巣機能の低下、すなわち男性ホルモン・アンドロゲンの分泌が低下することで引き起こされる症状を指します。LOH症候群の具体的な症状は、以下の3つとなります。 (1)精神・心理症状(抑うつ、不安、疲労感、イラ立ちなど) (2)身体症状(関節・筋肉関連、骨粗しょう症、発汗、ほてり、睡眠障害など) (3)性機能関連症状(性欲低下、勃起障害、射精感の減退など...more
カテゴリー:

もっと見る

「主治医」の画像

もっと見る

「主治医」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる