「主人公」とは?

関連ニュース

『下北沢ダイハード』夏菜が谷間を存分に…体当たり演技に賞賛殺到 - 08月19日(土)16:30 

(C)テレビ東京「最悪の一日」をテーマに気鋭の劇作家たちが11通りのストーリーを書きおろし、ネット上で大いに話題になっているドラマ『下北沢ダイハード』(テレビ東京系)。18日放送の第五話のタイトルは「最高のSEXをする女」(脚本:ピチチ5福原充則)。主人公を演じた夏菜の体当たり演技に賞賛の声が集まっている。■12年支え続けたバンドマンの彼氏の浮気(C)テレビ東京主人公・麻子(夏菜)はバンドマンの彼氏・時村孝治(和田聰宏)を売れない時期から支えてきた。交際は12年に及び、現在彼女30歳に。長年の支えもあり、孝治はドラマのエンディング曲を担当するまでに。母親からかかってきた電話に対し、「テレ東の深夜ドラマだからね」と言いつつも、喜びは隠せない様子の麻子。しかし、そんな最中、孝治の浮気が発覚。SNSで若い女性と仲睦まじい様子で歩いている写真がアップされていたのだ。本人が爆睡しているのをいいことに、指紋認証で彼のスマホを覗き見ると、麻子とは別れるとのメールが浮気相手に送られていた。■復讐方法はまさかのアレすると、冷蔵庫の中からもうひとりの麻子が現れる。それは自分の本音が具現化したもので、麻子は彼女と対話。「捨てられる前に捨ててやる、それも一生後悔する方法で」と考えた結果、「最後に最高のセックスをして、いつまでも忘れられないようにする」という流れに。(C)テレビ東京■色んな邪魔が入ってなかな...more
カテゴリー:

「トランスフォーマー」超危険スタント映像公開!“あのシーン”はこうやって撮られた - 08月19日(土)16:30 

世界的ヒットシリーズの最新作「トランスフォーマー 最後の騎士王」(公開中)の新たなメイキング映像が、公開された。バンブルビーが車から変形する際、主人公のケイド(マーク・ウォールバーグ)が道路に放...
カテゴリー:

期待の新人アンセル・エルゴートが舞台挨拶でオスカー俳優との驚きのエピソードを披露! - 08月19日(土)15:40 

全米では公開から5週連続で興行収入ランキングのベスト10入りを果たし、1か月半かけて興行収入が1億ドルを突破する息の長いヒットを記録中のエドガー・ライト監督の最新作『ベイビー・ドライバー』。日本公開の初日を迎えた19日、新宿バルト9で行われた舞台挨拶に、現在来日中のアンセル・エルゴートが登壇した。 【画像を見る】これが世界を沸かせた『ベイビー・ドライバー』ポーズ! 本作は、幼少期の事故の後遺症で耳鳴りが止まらない主人公ベイビーが、強盗の運び屋として裏社会に手を染めていく姿を描いたクライム・アクション。耳鳴りを解消するために彼が聴く音楽に合わせて、台詞やアクションが展開するという異色な作りに、全米をはじめ、すでに公開されている47か国では口コミで話題が広がっている。 「こういう作品に関われたことをとても嬉しいと思う」と笑顔を浮かべたアンセル。「撮影現場でも、出来上がった作品を初めて観たときも、特別な作品だと思った。こんな作品を作り出せるエドガー・ライト監督は天才であり、素晴らしいビジョンの持ち主だよ」と、これまで『ショーン・オブ・ザ・デッド』(04)などの話題作を手がけ、最近ではマーベル・シネマティック・ユニバースにも関わっているイギリスの俊英を大絶賛した。 さらに「今のハリウッドは超大作のシリーズ作品や原作ものが多い中で、本作のようなオリジナル映画が成功することで、もっとハリウッド...more
カテゴリー:

「プレデター」「48時間」ソニー・ランダムさん死去 - 08月19日(土)15:10 

 映画「プレデター」や「48時間」で知られる米俳優でスタントマンのソニー・ランダムさんが8月17日(現地時間)、米ケンタッキー州レキシントンの病院で鬱血性心不全のため死去した。76歳だった。米バラエティが報じている。  1941年2月ジョージア州カントン出身のランダムさんは、1970年代に成人向け映画でキャリアをスタート。ウォルター・ヒル監督の「ウォリアーズ」(79)に端役で出演し、同監督の「48時間」(82)では攻撃的な犯罪者ビリー・ベアを好演。アーノルド・シュワルツェネッガー主演のSFサバイバル「プレデター」(87)では、主人公率いる特殊部隊の一員ビリーを演じ脚光を浴びた。その後の出演作に、「ロックアップ」「帝王伝説」「狼たちのカーニバル CARNIVAL OF WOLVES」などがある。  2000年代に入ると政治家に転向し、ケンタッキー州知事選や同州議会上院選に出馬。国政も目指したが、当選は果たせなかった。  「プレデター」で共演したシュワルツェネッガーは訃報を受け、「共演は楽しかった。才能にあふれ、一緒にいるのがとても面白楽しい人だった」とTwitterに追悼メッセージを寄せた。 【作品情報】 ・プレデター 【関連記事】 ・【作品情報】「プレデター」 ・【作品情報】「48時間」 ・リブート版「プレデター」に「ミスト」トーマス・ジェーン 写真:Everett C...more
カテゴリー:

舞台『北斗の拳』原作ファンにはおなじみザコだけのビジュアルついに解禁! - 08月19日(土)15:00 

 漫画『北斗の拳』(原作:武論尊、漫画:原哲夫)の初の舞台化作品『北斗の拳 -世紀末ザコ伝説-』が、9月6日~10日まで上演。原作ファンにはおなじみのやられ役”ザコ”が主役である本作のキャスト陣、磯貝龍虎、河合龍之介、寿里、花園直道、林野健志、水希蒼(A応P)らのキャラクタービジュアルが解禁された。【関連】舞台『北斗の拳 -世紀末ザコ伝説-』キャラクタービジュアル フォトギャラリー 漫画『北斗の拳』は、80年代の「週刊少年ジャンプ」(集英社)黄金期を支え、アニメ化もされた格闘漫画。劇中では、核戦争によって荒廃した世界を舞台に、主人公である北斗神拳の継承者・ケンシロウが繰り広げる死闘の数々が描かれた。 今回、解禁されたキャラクタービジュアルは6名それぞれのソロショットと、ザコたちが集結したグループショット。原作ではケンシロウに一撃で一蹴される“ザコ“達であるが、舞台版のビジュアルからは、一転して凛々しさも感じられる。 尚、本作ではアニメの予告ナレーションを担当した千葉繁も声優として出演。この他、青山フォール勝ち(ネルソンズ)、キャベツ確認中(キャプテン★ザコ、しまぞう Z)、街裏ぴんく、大岩主弥、福島悠介、吉野哲平、円盤ライダー(渡部将之、冠仁、賢茂エイジ、森田和正)、KPR、開幕ペナントレース(高崎拓郎、 G.K.Masayuki、森田祐吏)らの出演の決定している。 舞台『北斗の...more
カテゴリー:

「トランスフォーマー」超危険スタント映像公開!あのシーンはこうやって撮られた - 08月19日(土)16:30 

 世界的ヒットシリーズの最新作「トランスフォーマー 最後の騎士王」(公開中)の新たなメイキング映像が、公開された。バンブルビーが車から変形する際、主人公のケイド(マーク・ウォールバーグ)が道路に放り出されそうになるアクションシーンの撮影現場を明かす内容になっている。 ・「トランスフォーマー 最後の騎士王」メイキング映像はこちら!  マイケル・ベイがメガホンをとり、アンソニー・ホプキンス、ローラ・ハドック、タイリース・ギブソン、ジョン・タトゥーロらが出演する第5弾。人類とトランスフォーマーの戦いが激化するなか、新たに正義の集団オートボットのリーダーとなったバンブルビーの前に、トランスフォーマーの創造主によって洗脳されたダーク・オプティマスが立ちはだかる。  映像では、特別な仕掛けが施された黄色のシボレー・カマロに乗り込んだウォールバーグが、市街を走る車から座席ごと車外に飛び出す危険極まりない撮影の様子が切り取られている。「トランスフォーマー」シリーズのみならず、メキシコ湾原油流出事故を描く「バーニング・オーシャン」では自分の衣服に火をつけるなど危険なスタントに次々と挑戦してきたウォールバーグは「新しい危険もあるけど、とにかくこれはマイケル・ベイが生んだ“発明”さ」と語っている。  スタントドライバーのジョーイ・フレイタスは「時速70キロで走る車から身を乗り出し、マイクは楽しん...more
カテゴリー:

武田杏香、人気グループ脱退後の歩み 「女優になりたい」初心忘れず映画初主演 - 08月19日(土)16:20 

 「ミスiD 2017」グランプリに選ばれた女優の武田杏香(たけだきょうか)が、『血を吸う粘土』で映画初主演となる。演じた主人公・香織と自分と比べると「全然違う」そうだが、唯一の共通点は「行動力があるところ」だと話す。その行動力は、「女優になりたい」という初心を大切に、3年前、女優活動に専念した時にも大いに発揮され、いまはその歩みを着実に進めている。【関連】『血を吸う粘土』フォトギャラリー 「第4回 夏のホラー秘宝まつり 2017」の中で上映される本作。美大受験生・香織(武田)は、予備校の倉庫に置いてあった、乾燥した水粘土の粉に水をかけ、粘土に戻してしまう。それは無残な死を迎えた彫刻家の激しい怨念がこもった悪魔の粘土だった。その粘土・カカメは、生徒たちを一人また一人と取り込んで怪物と化していく…。 武田は今回がホラー初出演。ホラー作品については「苦手です。まったくダメです」と苦笑いする。だが、この作品は少女たちが夢に向かって頑張る姿を描く物語にもなっている。香織について「クラスに一人はいるような普通の女の子で、だからこそより怖さが引き立つのかなと思います。もしかしたら自分の身にも起こるかもしれないと…」という。 監督からは恐怖シーン以外の平常時も大事に撮りたいと言われたとのことで、「それを観ている方に届くように演じないといけないと思いました。それがあるからこそ後半のちょっとせつなく...more
カテゴリー:

191センチのイケメン俳優アンセル・エルゴートが登場! 『ベイビー・ドライバー』の主演俳優が来日 - 08月19日(土)15:24 

 映画『ベイビー・ドライバー』の初日舞台あいさつが19日、東京都内で行われ、主演のアンセル・エルゴートが出席した。  本作は、犯罪組織の天才ドライバーが、恋した女性のために足を洗おうとする姿を描いたクライムアクション。エドガー・ライト監督がメガホンを取り、ケビン・スペイシーやジェイミー・フォックスらも出演している。  すでに世界中でヒットしている本作。弱冠23歳で今後の活躍が期待されるエルゴートは「こういう作品に関われてうれしいです。撮影現場でも、完成した作品を初めて見た時も、特別な映画だと思いました。エドガー・ライト監督が天才で、素晴らしいビジョンを持ってるからだと思います」とコメントした。  続けて「ハリウッドでは今、超大作のシリーズや原作物を作ることが多いけど、この作品はエドガー・ライト監督が思い描いていたオリジナル脚本の映画なので、この作品の成功を見て、もっとオリジナルの物も作るようになればいいなと思います」と映画業界への希望も話した。  また、演じた主人公については「普通のアクションヒーロータイプではなくて、まだ若者らしさもあって、犯罪的な行為はしているかもしれないけど、本当に悪い人間ではなくて。最初に脚本を読んだ時からデイテールも含めて好きなキャラクターです」と笑顔で紹介した。  劇中では音楽を聴くことが重要な要素となっているが、「僕もヘッドホンでその時に流れている音楽...more
カテゴリー:

僕のヒーローアカデミア 2期 第10話(23話) 「轟焦凍:オリジン」 【感想レビュー】 - 08月19日(土)15:07 

僕のヒーローアカデミア23話「轟焦凍:オリジン」、皆さん観ましたか?今回、ついに待ちに待った主人公緑谷出久VS轟焦凍!
カテゴリー:

『Yahoo!映画』で実写版に酷評の誤爆が多発! アニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」公開 - 08月19日(土)14:00 

8月18日、アニメ映画の「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」が公開された。 岩井俊二監督によるテレビドラマと映画を原作とした作品で、広瀬すずさんと菅田将暉さんが主役の声優をつとめている。 『Yahoo!映画』には19日13時30分の時点で約900件のユーザーレビューが寄せられ、5点満点中の平均2.1点とあまり芳しくないようである。 参考: 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? (2017) https://movies.yahoo.co.jp/movie/358994/ 映像や音楽の評判はいいものの、 「なぜ声優を使わないのか?」 「頼むから、声優使ってくれる?」 「主人公の配役ですべてが台無し」 と、キャスティングに関して不満があるという感想が多くみられた。 一方、かつて公開された実写作品の方にレビューを誤爆する例も。 参考: 打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか? (1993) https://movies.yahoo.co.jp/movie/152607/ 広瀬すずさんや菅田将暉さんの演技に言及するものや、「クソアニメ」というタイトルのレビューなどが誤って投稿されている模様で、 「【注】ここは原作(実写版)のレビューです」 「こちらは原作の方のレビュー板なんてすが。」 と、注意を促すレビューも投稿されている。その中で 「アニメ版のレビューは削除してくだ...more
カテゴリー:

もっと見る

「主人公」の画像

もっと見る

「主人公」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる