「主人公」とは?

関連ニュース

ドラマ『電影少女』映像解禁、西野七瀬の上半身裸のようなシーンも - 12月15日(金)22:47  news

同作は、漫画家・桂正和の代表作で累計発行部数1,400万部を誇る『電影少女』を初の ドラマ化。原作漫画の25年後である2018年が舞台となる。原作の主人公・弄内洋太の 甥である高校生・弄内翔(野村)が、叔父の家で見つけた1本のビデオテープを再生する と、封印されていた"ビデオガール・アイ"(西野)が飛び出し、3カ月間の共同生活が始まる。 今回公開された予告編では、西野が「おれ、天野アイ。よろしくね」と語りかけてくるアップ で始まり、ブラウン管のテレビからアイが出てくる衝撃的なシーン、野村演じる弄内と...
»続きを読む
カテゴリー:

年齢重ね、主人公にふさわしく 内野聖陽さん一問一答 - 12月15日(金)21:40 

 17日に放送されるドラマ「ヘヤチョウ」(朝日系、夜9時)で、主人公の刑事・釜本宣彦を演じる内野聖陽さん(49)。原作者の飯田裕久さんは警視庁捜査1課の元刑事で、退職後に警察ドラマの監修などを担当、ド…
カテゴリー:

仲間由紀恵「試行錯誤して演じた」『明日の約束』ついにクランクアップ - 12月15日(金)19:23 

井上真央主演の連続ドラマ『明日の約束』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)。14日、自殺した男子高校生の“毒親”吉岡真紀子を演じる仲間由紀恵と、主人公・藍沢日向(井上)の恋人役・本庄和彦を演じる工藤阿須加が、それぞれクランクアップを迎えた。本作は、井上演じる主人公・日向が人間関係に葛藤しながら、男子生徒・吉岡圭吾(遠藤健慎)の死の謎を究明するヒューマン・ミステリー。仲間演じる真紀子は、過干渉で束縛の激しい“毒親”と言われる存在で、息子の死を学校のバスケ部のいじめが原因だと考え、マスコミや弁護士をも巻き込んで日向らを攻撃。学校側を糾弾したにもかかわらず、その後、圭吾への“精神的虐待”が知れ渡り、娘からも見放され、圭吾の自殺の原因が自分にあったのではないかと思い詰める真紀子。そして最終回では、圭吾の死の真相や親の愛のあり方について、日向と最後の対峙を見せる。仲間は、複雑な家族問題の舞台となった自宅での撮影でクランクアップ。スタッフの拍手を受け、「今回、すごく難しい役どころを頂いたと思っていたのですが、真紀子は視聴者に問いかける役割の人なのだと思い“こんな風かな、あんな風か”と自分の中でも試行錯誤しながら演じさせていただきました。最終回は、視聴者の皆様もご自身の心の中と照らし合わせながら、是非ご覧いただけたら」とコメントした。一方、日向と結婚まで考えていた本庄を演じた工藤。両...more
カテゴリー:

仲間由紀恵、毒親クランクアップ 工藤阿須加も感無量 - 12月15日(金)19:06 

 女優・仲間由紀恵が、出演中の関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『明日の約束』(毎週火曜 後9:00)をクランクアップした。劇中で自殺した男子高校生の“毒親”吉岡真紀子を演じた仲間は、複雑な家族問題の舞台となった自宅での撮影を終え、スタッフの拍手を受けると「今回、すごく難しい役どころを頂いたと思っていたのですが、真紀子は視聴者に問いかける役割の人なのだと思い『こんな風かな、あんな風かな』と自分の中でも試行錯誤しながら演じさせていただきました」と達成感をにじませた。 【写真】井上真央VS仲間由紀恵がついに対峙  同ドラマは、主人公で高校のスクールカウンセラーである藍沢日向(井上真央)が、男子生徒の死の謎を追いながらも自分の家庭問題とも向き合っていく様をスリリングに描くミステリー。仲間は自殺した吉岡圭吾(遠藤健慎)の母親役で、息子を愛し過ぎるがゆえに過度に束縛してしまう、その不気味な“毒親”ぶりが話題を集めた。  これまで圭吾の自殺の原因は、生徒によるいじめや、日向ら教職員によるプレッシャーにあると主張し、学校側を糾弾していた真紀子。その後、自分の圭吾への“精神的虐待”が知れ渡り、娘からも見放され、圭吾の自殺の原因が自分にあったのではないかと思い詰める。そして最終回では、圭吾の死の真相や親の愛のあり方について、日向と最後の対じを見せる。  一方、井上の恋人役・本庄和彦を演じた工...more
カテゴリー:

JJエイブラムスが『スター・ウォーズ/エピソード9』に復帰する理由を説明 - 12月15日(金)18:15 

Image: Kathy Hutchins/Shutterstock J.J.エイブラムス、再び。『スター・ウォーズ/エピソード9』の監督・脚本にコリン・トレボロウ監督の降板を受けて、J.J.エイブラムス監督が返り咲くというニュースが発表されました。でも、なぜ戻ることに決めたんでしょうか? Rolling Stoneでエイブラムス監督は、なぜエピソード9の監督を引き受けることにしたかを語っています。この決定で主人公レイを演じるデイジー・リドリーは嬉し泣きしてしまったとか。彼女は「次のエピソードもライアン・ジョンソン監督だと思っていたから、とにかくびっくりしたわ。事務所に一緒にいた3人と『オーマイガー!』って嬉し泣きちゃったの。」と話しています。エイブラムス監督はかつて『スター・ウォーズ』シリーズに戻る気はないと話していたのですが、自分が始めた三部作を自分で締めるという提案にはやっぱり揺らいでしまったようなんです。自分たちで作りあげた新しいキャラクターと三部作を自分で終焉させるっていうのは、前作よりもっといいものが作れる可能性を与えられたように感じたね。この映画からはたくさんのことを学んだし、やりきれなかったことをやるいいチャンスだと思った。これまでに学んだことを活かしつつ、自分たちの始めた新しいキャラクタ...more
カテゴリー:

「トドメの接吻」キスボの正体は志尊淳!山崎賢人のかわいい後輩役に - 12月15日(金)22:10 

2018年1月7日(日)より、日本テレビ系にてスタートする新ドラマ「トドメの接吻」。同ドラマで、山崎賢人演じる主人公・旺太郎の後輩役として、志尊淳が出演することが明らかになった。 【写真を見る】“かわいい後輩”役の志尊淳が何やら意味深な表情/(C)NTV 誰も信じないホスト・堂島旺太郎(山崎)が、突然現れた“キスで殺す女”(門脇麦)によって、「時間」と「死」を繰り返していく同ドラマ。山崎が自らの野望のため金と権力を追い求めていく“クズ男”を演じることや、「キスでタイムリープする」という斬新な設定などが、早くも話題を集めている。 堀田茜、唐田えりから4人の“キスマーク”に続いて、公式ホームページにて公開された「キス音(=キスボ)」。それが誰のものかをめぐって、SNS等でさまざまな予想が繰り広げられていたが、今回発表されたのは志尊淳。 志尊が演じるのは、旺太郎の後輩ホスト・小山内和馬。旺太郎とは以前同じ店で働いていたこともあり、何かと旺太郎に懐いている「かわいい後輩」という役どころだ。また、“キス女”の出現におびえる旺太郎の良き相談相手となっていく。 志尊は「今回、素晴らしいキャストの皆さんとご一緒できること、とても光栄に思っています。台本を読ませていただき、『これはエッジの効いた作品になるな』と強く感じました。ホスト役は初めての挑戦になので、試行錯誤しながらいい作品を作れるように精進...more
カテゴリー:

予告編もまた驚異の映像美! リュック・ベッソン最新作『ヴァレリアン』 - 12月15日(金)21:07 

『レオン』『フィフス・エレメント』『LUCY/ルーシー』などの話題作で知られるリュック・ベッソン監督が手がけた最新SF映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』の映像美を凝縮させた本予告編と本ポスタービジュアルが解禁となった。 解禁となった予告編は、ある平和な惑星に巨大な何かが落下するシーンからスタート。続いて主人公でイケメンエリートのヴァレリアンと、彼のパートナーでクールビューティーなローレリーヌが上官から「10時間で全種族を救え」という任務を言い渡されるシーンが映し出される。 その後は「ヴァレリアン まっすぐよ」というローレリーヌの指示に従い、近道を通って敵を追いかけるヴァレリアンだが、彼女が示す方向には壁があって行き止まり。それでも「早く」とせかされ、壁を突き破って強行突破したヴァレリアン。その先には、最新のVFXによる驚異の映像美な世界が待ち受けている。 また、同時解禁となったポスタービジュアルは、「これは劇薬!」のキャッチコピーとともに“体感型ギャラクシー・アドベンチャー!”を感じさせる疾走感あふれる仕上がりになっている。 『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』は2018年3月30日より全国公開となる。 【関連記事】 リュック・ベッソン監督が放つ最新SF映画の邦題と2018年3月の公開が決定 驚異の映像美! リュック・ベッソン最新作『ヴァレリアン』特報解禁 ミラジョヴォ...more
カテゴリー:

仲間由紀恵「試行錯誤して演じた」『明日の約束』ついにクランクアップ - 12月15日(金)19:20 

井上真央主演の連続ドラマ『明日の約束』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)。14日、自殺した男子高校生の“毒親”吉岡真紀子を演じる仲間由紀恵と、主人公・藍沢日向(井上)の恋人役・本庄和彦…
カテゴリー:

HKT48宮脇咲良、前代未聞の14時間耐久試写会にエール「寝ずに頑張って」 - 12月15日(金)18:25 

 アイドルグループ・HKT48の宮脇咲良、兒玉遥、松岡はなが15日、東京・新宿バルト9で行われた短編映画『東映 presents HKT48×48人の映画監督たち』の特別先行試写会に登場した。映像総尺11時間41分、休憩を含めて約14時間耐久の試写会直前とあり、宮脇は「皆さん最後まで寝ずに頑張ってください」とエールを送って観客を笑わせた。 【場面ショット】宮脇咲良、兒玉遥らが出演するシーン  本作は、HKT48の1stアルバム『092』(27日発売)の特典映像として、48人の映画監督が全48人のメンバーそれぞれのため撮り下ろした短編映画。福田雄一監督は指原莉乃主演のバラエティー作品『指原の乱 冬の陣』(27分)、清水崇監督は宮脇主演のホラー・サスペンス作品『見えない棘』(17分33秒)といったように、各監督がメンバー1人を主人公にしたラブストーリー、青春ドラマ、コメディー、ヒューマンドラマ、ファンタジーなどさまざまなジャンルの作品を制作した。  48作品の映像の総尺はなんと11時間41分。この日の試写会では、アルバム予約者の中から抽選で220人を招待し、午後5時開始の舞台あいさつから翌16日午前7時頃までオールナイトで全48作品を一挙上映する。  清水監督は、「皆さん『スター・ウォーズ』の公開の日に、こっちに来てくれてありがとうございます」と笑いを交えて感謝。宮脇は「いよい...more
カテゴリー:

カーアクションに挑んだ藤田玲が作品に懸ける思いを語る! - 12月15日(金)18:02 

窪塚俊介や窪田正孝が主演を務めたヤンキー映画「ガチバン」シリーズや山田裕貴、青木玄徳らが出演し話題となった映画「闇金ドッグス」に続く“AMG・アウトロームービー・ユニバース”の最新作「ボーダーライン」が12月16日(土)に公開される。 【写真を見る】今作に懸ける思いを語る藤田/(C)2017「ボーダーライン」製作委員会 今作で主演を務めた藤田玲に、主人公・我妻アベルのキャラクターから、カーアクションや見どころなど、今作に懸ける思いを語ってもらった。 ――主演を務めるに当たって、どのような気持ちで演じられましたか? 「ガチバン」や「闇金ドッグス」シリーズを見た時に、いい意味で僕が好きだったころの日本映画みたいだなと思いました。バイオレンスが多めで、せりふは少な目、そういう作品に通じるものを感じました。そこに今回、自分が飛び込めるということで、わくわくしました。これまでに比べれば少なくなっているタイプの作品だと思うし、しかもオリジナルということもすばらしいと思いました。 ――今回は、カーアクションがまず大きなセールスポイントだと思いますが、いかがですか? カーアクションは、相当大変だと思うんですよ。なので「ボーダーライン」攻めたなって思いました。そもそもロケーションがよく見つかったなと思って。車をドリフトさせていい場所ってそうそうないですし。撮影は刺激的で本当に楽しかったです。 ――主...more
カテゴリー:

もっと見る

「主人公」の画像

もっと見る

「主人公」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる