「中選挙区制」とは?

「中選挙区制」の画像

もっと見る

「中選挙区制」の動画

Wikipedia

中選挙区制(ちゅうせんきょくせい)は、一つの選挙区から複数人(おおむね3人から5人)を選出する選挙制度であり、1994年に廃止されるまで大選挙区制非移譲式単記制が採用されていた。なお、「中選挙区制」とは日本独自の呼称である(後述)。

概説

一般に次の2つの時期に採用された日本の衆議院議員総選挙(以下「総選挙」)の大選挙区制非移譲式単記制の選挙制度が中選挙区制と呼ばれている。

  • 1928年(昭和3年)の第16回総選挙から1942年(昭和17年)の第21回総選挙まで
  • 1947年(昭和22年)の第23回総選挙から1993年(平成5年)の第40回総選挙まで 戦前の中選挙区制度では、厳格に定数が3から5と決まっており、1人区は存在しなかった。戦後の中選挙区制時代の総選挙では、議員定数是正による増減によって、2人区や6人区が少数の選挙区で存在していた。また暫定措置で奄美群島が本土復帰した際に1人区(事実上の小選挙区制)として奄美群島選挙区がおかれていた。しかし、大選挙区制と小選挙区制の中間の制度という意味から「中選挙区制」と呼ばれていた。
  • 同じく複数の候補を制限連記によって選出する制度が採用された時期のうち、

  • ...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる